BLOG PHOTO GALLERY PROFILE  

2007年06月29日

「後付けってうれしいよね」

 最近はあまり書くことが少なくなったが以前よく書いていた34歳になってやっと見つけた自分にとっての「生きる目的」。

見つけた「生きる目的」に関してブレはない。一ミリも・・。ただ「生きる目的」との付き合い方にブレはあった。

実際は「生きる目的」と関係のない事に心を乱される事が少なくなかった。日々の生活の基本的な路線は変わらないものの時折道を外れてはまた戻る。そんな感じであった。要するに「生きる目的」とは関係のない様々な誘惑に負けていた。脱線すれば脱線している自分に気がつきまた元に戻る。この繰り返しであった。

人間馬鹿でない限り学習能力はある。脱線している自分を省みることで脱線する頻度、脱線の深さも徐々に小さなものになっていった。具体的にどのタイミングか分からないが「地に足をつけて本線を歩んでいる」時にそれまで脱線の原因となっていた誘惑の元が本線をしっかり歩むことで勝手にいい風に転がっている事に気がついた。

この事実をしっかりと心で感じた瞬間「生きる目的」に集中するのみ。後の事は勝手についてくる、という1本の軸が出来た。

「男はやることしっかりやってりゃいいんだよ!」となぜか関東弁でチームメイトのM君に上記のようなことをよく話していた。M君も自分を見つめる事が嫌いな人ではないからきちんと話は聞いてくれる上に的確な相槌をうってくれる。彼に話すことで自分の考えを整理してるわけ・・。

つい先日上記のようなことが書いてある本(題名は忘れた)に出くわし興奮気味に「いい本を見つけた!」とM君に見せると出てきた言葉が「後付けっていいよね」という言葉。えらそうに語ってるが要するに「後付け」がないと心の中で確信がもてないんですな・・。まだまだやな・・。

トレーニング後の帰路車の中でこんな事を考えながらFMを聞いているとゲストの矢沢永吉がまた面白いことを言っていた。
「世の中変な考え方する奴が大多数になってきてまっすぐな考え方をした時に少数派の変な奴に見られる事がある」と・・。一部の熱狂的な「えーちゃんファン」がいる事は知っていたが正直よくは知らなかった。この一言でぐっと引き込まれて真剣に話に耳を傾けた。最後には「あんたやっぱすげぇよ」ってまた関東弁でつぶやいてた。

長くなったが要点をまとめると

「男はやることやってればあとの事はついてくる」
「無理やり世の中に迎合せず自分なりの価値観を持って時にはマイノリティーでいる事に喜びを感じろ」

ですか????  

Posted by masa_52 at 21:52Comments(18)TrackBack(0)

2007年06月26日

矢野東&皆川賢太郎

 昨日追手門大学の試合後そのまま東京に残り今日雑誌「ターザン」編集部を訪れてきた。意外に早く「ターザン」の仕事が終わったので場所が近いということもありお世話になってるD社を突撃で訪れてみた。目的は当然社長のY氏にお会いして日ごろのお礼を言おうと思ったのだがあれだけの会社の社長が突然行って何もしてないと言うわけはなく少し待たされるはめに・・。
 ただ待ってるのも時間の無駄なので社内にあるジムでトレーニングをしようと向かうと男前の兄さんがジムにおりました。どっかで見たことあると思った男前・・。
プロゴルファーの矢野東選手でした・・。ジャンクとか最近良く出てますな・・。男前な上に話も面白い、昨年度の賞金ランキングも20位前後(金持ってるな)、トレーニング後にゴルファーのトレーニングについて質問するとまぁトレーニングに対してもどん欲・・・。欠点のない人間がいるわけがない・・。これから深く付き合っていつか弱みを握ってやる・・。
 矢野選手の意見で一番興味深かったのがゴルファーのスイングは「絶えず変化している」という事。何十年とさかのぼってビデオを見ても2度同じスイングは絶対にしていないという。それだけ微妙な体のコントロールを要求されるからこそメンタルスポーツと言われるのだろう。

 矢野選手は「理想はガンガン筋力をつけてタイガーウッズとかに勝てるようになりたい」そうだ。自分が海外挑戦している時に「黒人選手といかに勝負するか?」というテーマでトレーニングをしていた事を伝えると目の色を変えてトレーニングの事を聞いてきた。

 正直カルチャーショックにも似た感覚を受けた。ゴルファーとウェイトトレーニングが結びつかなかっただけに・・。話をしていて体の感覚も高いと言う事も分かった。トレーニングの重要性もわかっている。頭の回転も速い。28歳と若い。トレーニングの方法さえ間違わなければ(これが一番怖かったりするが・・)世界を取る日も遠くないのではと素直に思った。

そんな深い話をしているとまたどこかで見たことのある顔が・・。
スキーのワールドカップで入賞も果たしてる皆川賢太郎選手。
こちらは本気トレーニングをしに来たこともあってゆっくり話はできなかったがフィードバックディスクだけは使ってもらった。ここで書くとあれなのでまたBLAFのページで書くが相当いい反応を示してくれた・・。

二人とも本当に気さくな選手で思いっきり馬鹿話にも付き合ってくれた。是非またお会いしてゆっくりお話がしたい。

たまたまD社を訪れて本当にいい出会いがあった・・・。
  
Posted by masa_52 at 00:04Comments(12)TrackBack(0)

2007年06月22日

藤井かすみ一発ツモ

 以前テレビの麻雀番組でご一緒した女子プロゴルファーの藤井かすみさんが腰痛で困ってるので何とかならないかとスポーツ新聞の記者から連絡がありフィードバックディスクを届けてきた。
 
場所は東条湖近くのゴルフ場。今週末にプロミスレディースが行われるマダムJゴルフクラブ。
本戦前日のプロアマトーナメントを終えたゴルファー達がレンジで一斉に練習している光景は壮観であった。アスリートの女性たちはゴルフのスイングは当然だが立ち振る舞いも美しい。ゴルフにうとい自分でも知ってる女子ゴルファーが何人もいた。不動ゆり、福島あきこ・・・。

藤井さんも練習中ということもあり軽く挨拶してすぐにディスクの説明に入った。

まずは膝に貼って膝の抑えを感じてもらう。
「えっ何これ?」さすがプロである一瞬で感じてくれた。
続いては肩甲骨に貼って胸の回転とフォロースルーのスムーズさ。
満面の笑みを浮かべてくれた。
最後に腰痛対策にへそ下に貼ってもらった。貼った瞬間足を上下させながら
「足が軽く上がる、腰が楽、回転がスムーズ」
こちらが驚くくらいのパーフェクトな反応を示して満面の笑みで行進するかのように
足を高々と上げながら練習へと戻って行った。

先日も男子プロに試してもらった所、体のチェックの仕方や感想の表現等が面白いくらい似ていた。どんなスポーツでも極めて行くと同じような体の感覚に陥るのだろう。昨日の日記でも書いたがいろいろな事を「食わず嫌い」せずに自分もフットボーラーとして体をどんどんチューニングしていかなければと改めて考えさせられた。  
Posted by masa_52 at 14:18Comments(20)TrackBack(0)

食わず嫌い

 ディスクの営業をする中で出会ったオーダーメイドのインソールの会社の方に熱烈に薦められるので一足分作っていただいた。インソールが大事と言うのは良く聞いていたがこれほどまでに効果があるとは!!!

同じ頃アサヒ飲料のチームメイトが全く別のところでオーダーメードのインソールを履き始めて自分と同じような事を口にしていた。

地に足がしっかりと着いている感覚。
姿勢がよくなり直立している時でさえ体にかかる余分な力が抜けているのが分かる。
足が安定するので切り返しの時に体がぶれないので今まで以上に力を切り替えしの動作そのものに集中させる事が出来る。

同じ頃ヨガをかじらしてもらった。ほんの45分ほど、おそらくベーシックなヨガだとは思うが(ヨガの知識はゼロに等しいので)真剣にやってみた。これまた「ヨガ」という言葉をちまたで聞き出してからずいぶんと経つがこれほど効果があるとは!!
ここ数週間悩まされていた背中の突っ張りが翌朝ウソみたいになくなってた。

インソール、ヨガ、以外にも運動能力向上に役立つと聞くものは沢山あるが今までほとんど実践せずに自分がやっているトレーニングに固執しすぎていたように思う。まさしく「食わず嫌い」。
  
Posted by masa_52 at 01:20Comments(12)TrackBack(0)

2007年06月20日

フィードバックディスク@全国東急ハンズ。

 フィードバックディスクの取り扱いが全国の東急ハンズで始まります。大阪心斎橋店では今週末23日(土)に実演販売をしてから、その他全国の東急ハンズでは一週間か10日後を目途に取り扱いが始まります。みなさんよろしくです。
 前回の実演販売は少し顔を出しただけですが今週の土曜日は終日おります。食事、トイレ休憩くらいは取りますが・・・。今回は土曜日だけですのでお間違いなく・・。  
Posted by masa_52 at 19:24Comments(17)TrackBack(0)
Copyright (C) 1996-2005 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.