BLOG PHOTO GALLERY PROFILE  

2008年01月31日

スーパー

 スーパーボウル中継の為アリゾナに旅立ちます。3年ぶりのスーパー生観戦です。
世間は「最強ペイトリオッツ」の声が多いが・・・。
覚醒したイーライ・マニングがプレーオフの好調を維持。
ストレイハン、ユメニオーラ、タックらDL陣がブレイディーにプレッシャーを与え続ける。
ジャイアンツの勝利も充分ありえる。

まぁ俺の予想は当たらないで有名。
でも「どうせペイトリオッツ」と言うふうには微塵も感じない。
お祭り的要素の強いスーパーボウルは味気ない試合も多いが今年は違う。
相当クオリティーの高いフットボールゲームが見れそうな予感。

NHK−BSで解説します、ご覧下さい。

28−24でジャイアンツ勝利!

はい!皆さんも勝手に予想どうぞ・・。  

Posted by masa_52 at 11:53Comments(29)TrackBack(0)

2008年01月10日

松坂投手遭遇。

東京NFL解説、プレーオフのエネルギーは凄まじい。

収録後とある人と食事、ここでもエネルギーをもらう。

翌日D社Y氏に新年の挨拶と人生相談に行くと当然のように
胸のつかえがとれる。エネルギー充填。

たまたま訪れてた松坂投手とご対面。拝み倒してトレーニングを見せてもらう。
松坂投手の体の秘密発見(詳しくは書かない、書けない)。一流選手は動きが
美しい。美しいものを見ると当然エネルギーアップ。

本日朝昨日の興奮を押さえきれずにFBDの営業。素晴らしい話を頂く。エネルギーアップ。

少し時間が空いたので車で読書をしていると興奮して今シーズンチャレンジャーズに
勧誘している某選手にTEL。熱い話でエネルギーをもらう。

追手門大学の学生と昼飯を食べながら今シーズンのチームの作り方を話していると興奮が更に増して来た。

もう一つのFBD営業でこれまた素晴らしい話を頂きエネルギーアップ。

夕方は母校立命館大学のスーパースターと食事をしながら勧誘。彼が来てくれることを
考えるだけでエネルギーアップ。

そして今チャレンジャーズフィールドにたどり着いた。これだけエネルギーに満ちていると
相当にいいトレーニングが出来そうだ・・。

年末のK−1といい昨日の松坂投手といい一流は持ってるエネルギーが違う。
  
Posted by masa_52 at 22:58Comments(26)TrackBack(0)

2008年01月04日

スポーツベッティング

アメリカ人がスポーツに熱狂する理由の一つにスポーツ・ベッティングがあげられる。
アメリカ人の成人男性の60パーセントが何らかのスポーツ・ベッティングに関わっているとの記事を読んだ事がある。
確かに何かを賭けると熱くなる。
今日は日帰りでサンケイスポーツ新聞のお仕事としてライスボウルを見に行ってきた。
テレビの解説ではないのでどこで見ようが自由である。
プライドを賭けることが大好きで有名なA氏と観戦する事になった。
14点のハンデをあげてA氏とプライドを賭けて電工を応援する事にした。
こちらはプライドが掛っているのでいい意味で仕事を忘れて試合に没頭した。
「何故攻めない?」
「何故攻める?」
「何故このプレー?」
様々な疑問に勝手に仮説を立ててひたすら自分のプライドの都合のいいように試合展開を予測する。予測が当たるたびに「ふむふむ」。外れるたびに「何故外れたか?」を検証する。全ては自己中心的な観戦。
それでいいのだ。
コーチの腹の中なんか分かる訳が無い。
憶測で楽しむ。
それがアメフト。

電工さん
関学に対してリスペクトして終始試合に負けないように安全策をとりながらリードは絶対に死守。
「リードはあるし少しくらい進まれてもどこかでミスしてくれるだろう、点差を詰められるまでは引いて引いて守ろう」
「なかなかミスしないねあのQB」

関学さん
電工のリードを守る姿勢にひたすらミスすることなく食らいついていた。リードされても勝負所はまだまだ先。「三原なら計算が立てやすい」「もらえるものはもらっておこう、その守りの姿勢にどこかでつけこむからね・・」

終始こんな感じか?

前半終了間際に関学が時間が無いのに無理して攻めたと多くの人が指摘していたが自分はそうは思わない。「あそこで3点でも返せれば後半試合をひっくり返せる」と考えても全くおかしくない。あの場面で無理をしてでも3点を取りに行ったのは試合全体を考えると全くおかしなことではないと思う。それくらいのリードを既に許していたからしょうがない。

と妄想した。

試合後には東京在住の学生さん3人とご飯を食べながらチャレンジャーズに勧誘を試みた。思いは伝えた。後は彼等が決めることである。

いやーっ関学さんのオフェンスは本当に試合の流れから逸脱する事がない。試合が終わる頃には全てのつじつまがあってしまう・・。
立命戦、日大戦、負けたとはいえ今日の電工戦。
3試合を通じて強く感じる事はオフェンスのプレーを組み立てている人の試合全体の大きな流れを把握する力がすごいというかなんというか・・・。オフェンス・コーディネーターって仕掛けるほうやから色々楽しそう・・。

と妄想した。

やたらと「妄想」を繰り返すのは「妄想」に対して色々反論を書き込まれてもそれにじっくりと対応する時間も無さそうなので・・。
NFLプレーオフ解説、チャレリクルート、追手門大学、FBD営業、トレーニングと年始から忙しい・・。幸せである。  
Posted by masa_52 at 01:21Comments(22)TrackBack(0)
Copyright (C) 1996-2005 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.