BLOG PHOTO GALLERY PROFILE  

2010年01月31日

スーパーボウル@マイアミ

NHK解説の為マイアミに乗り込みます。
いい試合になる事だけを願って・・・。

現地では様々なメディアを通じて膨大な事前資料を入手出来ます。
が・・そういったネタをしゃべる必要が無いくらいいいゲームを期待したい。

仕事でスーパーボウルを生で見れるとは・・ほんまに幸せな奴です。
全力で解説します。
よろしくです。

スーパーボウルの予想を皆さんどうぞ。
勝者と点差を・・。
ビンゴの方にはもれなく素敵な名声をプレゼント。


  

Posted by masa_52 at 21:05Comments(48)TrackBack(0)

2010年01月23日

イチロー遭遇

イチロー選手のトレーナーのご好意で練習見学をしにスカイマーク・スタジアムへ。
有名人のイチローに会いたいミーハーな気持ちはほぼ皆無、
どんな体の使い方をしているのか?
何を考えているのか?
昨夜から興奮しっぱなし。
現役選手の体の事なのでこの日記ではぼかしてしか書けないが・・。

穴があくほど見るとはこの事。

ストレッチ見学
凄い筋肉の使い方してますね、特定の筋肉だけを使う事に非常に長けたストレッチの仕方してます。ちょいとビックリ。

ランニング
やっぱり野球選手だけに体の使い方はシンメトリーではないですね・・。
具体的にどこが強い、弱いは書けませんが・・・。

バッティング
遠くで見ているときはいつものテレビで見るイチロー選手。
ゲージの真後ろに移動してみるとありえない事が起こってました。
2,3ありえないポイントを発見(この時点では仮説)。
基本スポーツ選手の練習中に話しかける事は絶対にしないのだが・・。
我慢できずに話しかけると「よくそこに気がつきましたね」と
色々話を聞かせてくれた。

詳しくは書けないし、書かないが
仮説が正しかった事を確認した後
「でも使い方を説明されて納得してもこの使い方は出来ないですよね」
と投げかけると
「僕の知る限りやってる野球選手はいませんね」との返事。

「そら無理やわな」と思う次第・・。
あの体の使い方をしようと思うと
「ここの筋肉鍛えて、あそこの筋肉を意識的に緩めて」と自分で仮説を
立てて見よう見まねでやるのだが大変な作業ですな・・。

いやーっ久しぶりの「サブいぼ」
人生の中でももっとも濃密な10分だったかもしれない・・・。


  
Posted by masa_52 at 01:17Comments(14)TrackBack(0)

2010年01月19日

NFLプレイオフ(ディビジョナル楽しみにしている人は読まないで下さい)

詳しく書いてたら朝になりそうなのでなんとなく・・。
反論、ご意見もなんとなくでいいですよーー。

ダラスの勢いは本物と思ってましたが・・・。
ミネソタさん、ファーブさんさすがです。ホームでのゲーム、プラスQBの経験値の差って感じですか・・・。

コルツ対レイブンズも似たような印象かな・・・。

カージナルズは完全に疲れとりましたな・・。
セインツは第一シードのメリットをフルに生かした感じか?
あんなブッシュは久しぶりに見た・・。

なんと言ってもジェッツですな・・。
「オールド・スクール」・・・ちょっとレトロなフットボール。
強いDEF,強いランニング・ゲーム、堅実なQB。
堅実なQBと言うより堅実なプレーコール。
敵地でサンディエゴを撃破。
ジェッツはあの勝ち方以外できなかったろうに・・・。
少しでも何かが狂ってたら負けてただろうな・・。
テレビゲームのようなオーディブルしまくりの昨今のNFLは少し食傷気味
だっただけに痛快です。
最高のゲームでした。
さすがにコルツ相手には厳しいか???

あと3試合(本気のNFL)・・。
寂しいっす。  
Posted by masa_52 at 01:19Comments(22)TrackBack(0)

2010年01月09日

NFLプレイオフ

いよいよNFLプレイオフが始まります。
NFLに興味のある方々にはいまさらプレイオフの面白さを説明する必要も
ないでしょうが・・。
国内のフットボールしか見たことがないという方にぜひ見ていただきたい。
今シーズンのJXBやライスボウルとかのロースコアゲームを楽しんで見られた方々には間違いなく楽しめます。

アメリカンスポーツの面白さはポストシーズンに現れます、
とりあえずはワイルドカード・プレイオフから・・。

G+でダラス・フィラデルフィア戦を、
GAORAでグリーンベイ・パッカーズ戦を解説します。
よろしくです。  
Posted by masa_52 at 19:11Comments(24)TrackBack(0)

2010年01月04日

ライスボウル

誰が命名したか知らないがいいネーミングですね。
米食は日本の大事な文化です。

てな事はいいとして・・。
いいゲームでしたねぇ・・。
いまだにフットボールの新しい魅力を発見する毎日です・・。

あれだけ個人の力の差があるのにゲームが最後までもつれる・・。
これだけでおもしろいじゃないですか。
学生の試合で誰も止められなかった関大のQBが簡単にタックルされてました。
関大ゴール前での鹿島ディフェンスのプレッシャーによるセーフティー。
関大DLなんか鹿島のOLにくちゃくちゃにされてました。
それでももつれるんですねぇ・・・・。

一言で言うと
絶対に負けないように試合運びをする鹿島に必死のパッチで食らいついた関大。
こんな感じのゲームですかね。

鹿島の
試合序盤の様子見・・・
試合中盤の仕掛け・・・
試合終盤の帳尻あわせ・・・

鹿島の森コーチ楽しいだろうな・・・。

「今日は20点差をつけて勝ちなさい」と指令があれば鹿島は勝てたのではないだろうか?ただそういうゲームをすると何回かに一回は今日の関大にも負けるのがアメフト。
今日の鹿島の戦い方は絶対に負けられない戦い方をしていたように思えた。

しかし学生の雰囲気は独特。
必死で食らいつく姿や思い切りのよさ等々・・。
知らず知らすのうち完全に関大を応援していた。

ところで鹿島ゴール前でのインターセプトがミスジャッジになったプレー。
ひどすぎますね。
オーロラビジョンで明らかにミスジャッジが分る時は覆してもいいんじゃなかろうか?
頑固おやじの集団じゃあるまいし・・。
毎度やってたらきりがない・・、試合会場によって出来る時と出来ない時がある・・。そういう意見も加味した上での意見です。テレビで見てるとボール半個分位地面から浮いてましたから・・。
鹿島RBがゴールライン付近で関大DFのスーパーなストリッピングによって
ファンブルしたシーンもテレビで見てると怪しかったなぁ・・。こちらはカメラアングルの問題もあるのでよく分りませんが・・・。あまりにも見事なストリッピングだったもので・・・。


  
Posted by masa_52 at 01:05Comments(33)TrackBack(0)
Copyright (C) 1996-2005 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.