BLOG PHOTO GALLERY PROFILE  

2007年04月11日

Talk with the pads

 アメリカ人コーチが良く使うフレーズです。アメリカ人コーチが使う時は決まって練習や試合で相手と喧嘩になった時になだめる時に「プレーでやり返せ」と言う意味で使う。アメフトを知らない人の為に説明すると「pads」はショルダー・パッド、防具の事ですね・・・。
 ここで言いたいのはもう少し深い話。
 先日のlook for something good の日記で書いた嬉しかった事の中でやはり実際にチームメイトとヒットをした瞬間に感じたカテゴリーは深く心に残る。まさしく「Talk with pads」
 フットボールプレーヤーとして男として「こいつやるな」と感じた瞬間そいつに興味がわく。興味がわくとフィールドを離れてもその選手のことを色々と知りたくなり積極的にコミュニケーションを取ると「ええ男」やなぁと感じるもんです。
逆もしかりでフィールドで対峙すると全力で向かってきてるのか?びびってるのか?手を抜いてるのか?相手が強い、弱いに関係なくほぼ100パーセント分かります。断言出来ます。まさしく「Talk with pads」です。
 全力で向かってくる奴は当然ですが「手を抜いてるな」と感じる奴は「まぁそんな時もあるやろ」で済ませれる。問題はびびる奴。フットボールをしていて「びびる奴」と言う人種には本当に興味がわかない。それでもチームメイトであるからオフ・フィールドで接する機会があり話をしてみると面白いくらいに皆共通している。
話をしても当たり障りのない話。

口から出てくる答えが本人ではなく何かの教科書がしゃべってるみたい。
人当たりはすごくいい。
問題があっても首を突っ込まない(たとえそれが自分にとって理不尽に不利益をこうむる事があっても)
一度打たれると這い上がってこない。
自分を主張しない。

確かにフィールドを離れるとあたりさわりがなくいわゆる「いい人」なのだがこういう奴らは日常生活でさえいざと言う時に絶対に足がすくみ傍観者になる。
NFL・レイダースの黄金期のDL ライル・アルゼイドの忘れられない一言がある。
「フットボールを楽しいと言う奴はうそつきだ。フィールドは戦場なんだ。戦場に向かうのが楽しいと言う奴はうそつきだ」

戦場に「びびる奴」と向かうのはごめんこうむる。
オフ・フィールドにだって戦場の場面はいくらでも出てくるはずである。
戦う男になって欲しい、せつにそう思う。

「Talk with pads」・・・「Only pads will speak」





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masa_52/50747285
この記事へのコメント
フィールドに一歩入ると日常とは全く違う世界です。
あの線を跨ぐ跨がないは選手として男として大きく育てます。
私とて正直、高校1年や大学1年の時はぶるってました。

あのフィールドでの緊張感はいいもんです。

aki#23
Posted by #23 at 2007年04月11日 10:20
#23さん
#23さんが緊張感持ってプレーしてるの見た事ない・・。
Posted by マーサ at 2007年04月11日 11:05
心に響きました☆
せっかくハートやスイッチの入れ方を教わったんで、戦う男目指します。
Posted by a former#21 at 2007年04月11日 19:04
former#21さん
追手門か?????
Posted by マーサ at 2007年04月12日 01:24
そのように見せないようにしてました。嘘

Posted by #23 at 2007年04月12日 14:36
#23さん
さては変わったな人間が・・・。29日楽しみにしてます。
Posted by マーサ at 2007年04月12日 16:48
デフェンスは楽しくありません。0.1秒でも早くフィールドからベンチに帰ってきたいといつも思っていました。生まれ変わったらオフェンスプレイヤーになりたいと思います。
#23さんはちゃんと仕事してますか?
Posted by uetaku at 2007年04月12日 18:28
そうです☆
今年からこっそりフットボール復帰して楽しんでます。
また試合見に行きます☆

Posted by a former#21 at 2007年04月12日 20:42
マーサさん これは実に興味深い話題でした。

フットボールに限らず、社会人生活を考える上でも、考えさせられますね。
フットボールはぶつかりあうことでお互いの無言のコミュニケーションができるということがあるのでしょう。「こいつやるな」とか「いいからだをしているのにもったいない」とか。

>一度打たれると這い上がってこない。
>自分を主張しない。

フットボールははい上がらないとそのまま放っておかれるだけ。
自分を主張しないとだめ。

う〜ん。奥が深い。
Posted by b at 2007年04月12日 23:50
UETAKUさん
ライル・アルゼイドばりですね・・。
楽しくない事にあえて首を突っ込む。そして男になる・・。
former21さん
おう!そうか!紹介文でも書いたけどぎりぎりセーフやったな・・。
bさん
30そこそこの自分が言うのもおかしいですが自分を主張しなくても命までは取られない、そこそこの生活を送れる。むしろ主張しすぎる方が損をする場合もある・・。そういう世の中なんでしょうね・・。昔はもっと遮二無二生きなければいけない時代もあったんでしょうね・・。「無礼者!」とか言われていきなり叩き切られる世の中も嫌ですけど・・。
Posted by マーサ at 2007年04月13日 00:48
ライル・アルゼイド……。懐かしい名前ですね。
小生はガキの頃からのBlack&Silverのファンです。アルゼイドの名前を聞くともう懐かしい!
Posted by Black&Silver at 2007年04月13日 22:21
BLACK&Silverさん
アルゼイドがインタビュアーを指差しながら眉間にシワ寄せて上記のせりふを言うシーン。自分は高校生でたまらなくかっこよく思ったのを覚えてます。
Posted by マーサ at 2007年04月14日 01:20
ヘタレの河口です。道がなければ、道をつくればいい。自ら道を切り開いたなでしこはホントすばらしいです。自分は偽者フットボールのマイナーリーグでも通用しなかったへタレなので世界一のスポーツ、真正フットボールのサッカーが大嫌いなんです。だからサッカーにはなんでもかんでも言い掛かりをつけたくなります。国民的英雄なでしこにも強烈な嫉妬心から言い掛かりをつけてしまいました。本当に自分は情けない小物です。

Posted by ディオン・サンダース at 2011年10月11日 23:17
前のコメントでは河口つネさんの悪口でした。

河口正史さん応援しています。
Posted by サンダース at 2011年10月15日 17:17
草アメフトレベルの河口正史さんを応援しています

アメリカの高校生より劣るヘタレ河口正史さんを応援しています

NFL下部リーグでも三流だった河口正史さんを応援しています

49ersの試験を見事不合格の河口正史さんを応援しています

名門49ersに受かるはずないのに無駄な努力をした河口正史さんを応援しています

アホでどうしようもないヘタレ河口正史さんを応援しています
Posted by 河口さん応援しています at 2011年12月22日 13:27
前のコメントでは私の友人で同姓同名の正史(ただシ)の悪口でした。
Posted by 河口さん応援しています at 2011年12月31日 19:45
テレビで文句を言って人としての道を切り開くのではなく自ら閉ざしてしまったなでしこ。あれは全く興味ありませんがこのブログで知ってしまいました。でも河口さんは「文句言うな」と正されて、それを知った時は河口さんは本当に偉大な人物だと思いました。河口さんのご活躍を楽しみにしています。
Posted by 河口さんは正しい at 2011年12月31日 19:55
アメリカの素人兄ちゃんにも負けるミジメな日本のアメフトwww













NFLプレイヤーは未だにゼロくそワロスwwwwwww

Posted by 河口正史応援団 at 2012年01月12日 19:54
日本のアメフトに憧れています、本当は。

だから前のコメント(19:54)で河口正史応援団を名乗ってしまいました。
Posted by 河口正史応援団さん、すいませんでした at 2012年01月18日 23:47
 
Copyright (C) 1996-2005 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.