BLOG PHOTO GALLERY PROFILE  

2012年09月22日

煮るなり焼くなり

今年の3月からトレーニングを見ている某プロゴルファーの身体チェックの為パナソニックオープンの会場へ。
ほんの少しの身体の変化で大きく結果に差が出るゴルフ。
ツアープロの中でも変態的にこだわりの強いプロからもっとも大事なタイミングである試合前と後に「百パーセント任せます」「煮るなり焼くなりどうぞ」と身体の調整をさせてもらった。トレーニングを見出して半年だがこんな嬉しい言葉はない。泣きそうになった。若干泣いてたし(笑)。信頼してもらえれば後はそんなに難しい事ではない。今月か来月には一発目の大きな結果を出す。また報告します。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/masa_52/52278626
この記事へのコメント


毎日最高!

🌾

河口正史さん最高!

Posted by GOLFUT at 2012年09月22日 21:52
最高の言葉ですね!涙出る位嬉しい気持ちわかります!ビジネスシーンに関わらず、人と人とを繋ぐ鍵となるもの・・・それは「互いへの信頼」だと私も思っています!頑張って下さいねー、応援しています\(^o^)/
Posted by NT at 2012年09月22日 23:10
                    BOLTUPSANDIEGOCHERGERS
Posted by SEASONFL at 2012年09月24日 05:38
どちらかと言うとこだわりの強い人というのはどうしてもこちらからは近寄り難い存在のように感じたり何かにこだわりを持つことが少ないように思われる人に比べて受け入れてくれる率が半分ぐらいに感じたりするものです。こだわる分ひとのこともこだわるのではないかと。相手のことではなく自分もこだわればこだわるほど人との距離を多少置いて没頭し追求し良い成果あげたくなることもあると思います。ですからそのような人にそう言われればうれしさも倍になりますよね。しかしこれは一般的な普通的な概念だと思いますから「近寄り難い」とか「受け入れにくい」などの思いは河口さんとプロゴルファーにとっては初めからなく必要外な論外なことでしょう。あったとしてもそのような過程はすぐに実力で越してしまうのではないかと思います。信頼関係を実感し確認できることの大切さと楽しさを考えさせられました。でもなかなかそうならなかったりする場合もあると思いますのでそれをやり遂げたということが凄いと思いましたしこのような出来事も試合で勝ったり良いプレーができたということと同じくらい価値のあることではないかと思いました。
Posted by でもやっぱり河口正史さんは、最高! at 2012年09月24日 10:10

       NHK BS1      
  Program Guide     
  ━━━━━━━
       October1     
  0:00am-2:49am
  ━━━━━━━
     Philadelphia
       EAGLES            
  ━━━━━━━    
     丁

  ━━━━━━━                 
  
     FUTBOL
  ━━NFL━━
    AMERICANO

  ━━━━━━━

     〇
  ━━━━━━━
        Arizona
    CARDINALS     
  ━━━━━━━
      Masafumi     
     Kawaguchi     
  ━━━━━━━
      Hisatsugu
       Funaoka
  
Posted by PHIARI at 2012年09月24日 11:11

                     BaltimoreRavens
                       ClevelandBrowns
                      CincinnatiBengals
                          PittsburghSteelers 

                            N    BuffaloBills
             DenverBroncos            MiamiDolphins 
              KansascityChiefs W AFC E    NewEnglandPatriots 
               OaklandRaiders              NewYorkJets 
                SandiegoChargers  S            

                                                 HoustonTexans
                                   IndianaporisColts
                                       JacksonvilleJaguars
                                           TennesseeTitans
Posted by NFLCONFERENCE at 2012年09月24日 22:24

                            ChicagoBears  
                       DetroitLions
                      GreenBayPackers
                          MinnesotaVikings

                               N    DallasCowboys
            tArizonaCardinals             NewYorkGiants
              SanFrancisco49ers W NFC E    PhiladelphiaEagles 
               SeattleSeahawks                WashingtonRedskins
                SaintLouisRams         S            

                                                     AtlantaFalcons
                                       CarolinaPanthers
  
                                           NewOrleansSaints
                                               TampabayBuccaneers
Posted by NFLCONFERENCE at 2012年09月24日 22:25
松下電器を語る
その1「ブレンビー」

私はソニーファンだった。「だった」と過去形になったのは申し訳ないし、その理由はまたいつか語ることにする。もしかしたら今でも過去形ではないかもしれない。いつもsomething newだったソニー。そのファンが恐れていたメーカー。それが本家いつもsomething newのパナソニックだった。

「ブレンビー」とは1990年ごろにパナソニックの社名で発売された小型家庭用ビデオカメラのこと。ナショナルの技術の中で一番すごいのは何かとなれば、私は「ブレンビー」だと思う。なぜブレンビーなのか。それはブレないビデオムービーだから。そう、世界初の「手ブレ補正機構」搭載。これは本当にすごいと思ったしソニーファンにとってはショックであった。

家庭用だからビデオカメラは小さければ小さいほうがいい。しかし大きいとカメラを肩に乗せて撮影することになり、ある程度安定するが、小さいと肩には届かず安定して撮影するには両手でしなければならないが、肩ほど安定はしない。それにやはり両手で撮影するより片手のほうがなんとなくかっこいい。
ブレの多い映像はとても見にくい。
Posted by Nationic at 2012年09月26日 10:29
松下電器を語る
その1「ブレンビー」の続き

ブレた映像をどうやって補正するのか。その簡単でわかりやすい説明をCMでやっていて「なるほど」と思ったが、一つ一つ補正しながら補正しながらやっているらしい。当然、発売当時に家電屋に行ってどんなものかと確かめに行くわけだが、補正しながら映し出されるので、ほんのすこしだけ遅れて映し出されているのがモニターを見てわかった。本当にこれっぽっちも絶対にブレることはない映像を見た時、魔法を見ているかのようだった。

そこまでブレないのなら、普通はあり得ないが、カメラをわざとしかも早く何度も振るとどうなるか?やってみたが、それでもブレない。どんな映像になるかと言うと、カメラを早く左右に振ると、パッ・パッと画像が切り替わる。だからあくまでもブレた映像にはならないのだ。これに改めてすごい!と思った。
Posted by Nationic at 2012年09月26日 10:31
鬼才・河口正史⛳

鬼才・松田稔🐟伝心伝承
Posted by 鮎 at 2012年09月26日 12:36
松下電器を語る
その2「 ×6  ダブルカセットデッキ」

2台の機械が必要なく、カセットテープからカセットテープへ録音(ダビング)できる、テープを2ヶ所入れて録音再生できるメカ「ダブルカセット」が流行り、その後は特にラジカセにおいてはそれが当たり前になった。

ほとんどのカセットテープメカがダブルになる中で、高級クラスのデッキはダブルではないものが多かった。
それは高級クラスに興味をもつオーディオマニアは、2台のカセットデッキを使うというのがツウであるからだろうし、二つよりも一つでこのメカは勝負してるんだみたいなもののほうが興味が湧くからだろう。ボタン一つでダビングが始まるという利便性もいいが、やはり好みのカセットデッキを2台選び、それをアンプにつないで録音するほうがかっこいい。

今回の本題は、冒頭の「×6」のことである。
なんと6倍速でダビングできるカセットデッキが、80年代にテクニクスから発売されたのだ。これには驚いた。テクニクスは松下電器のオーディオ部門の社名。広告には「×6」の文字が大きく書かれていたのが魅力的だった。ダビングモードは普通は「ノーマル」と「ハイスピード」だけ。しかしハイスピードだと音質は劣化する。しかしこれは6倍速でも劣化がほとんどないというのが広告に書かれてあった。6倍なら46分テープをダビングするのに7.7分だけ待てば良い。

Posted by Nationic at 2012年09月28日 20:34
僕は松井秀喜さんが好きです。
松井秀喜さん国民栄誉賞おめでとうございます。授与された2013年5月5日は端午の節句という野球にふさわしく、この日は長嶋茂雄名誉監督も国民栄誉賞を授与されたので、よりいっそう印象的な日になりました。
長嶋茂雄さんと松井秀喜さんは授与される何年も前からアスリートの頂点の頂点でしたので、「もっと早く授与するべきではなかったか」との声も上がりましたが、賞が見えなくなるほどの大活躍でした。
松井秀喜さんはヤンキース入団で世界進出を果たした2003年にワールドシリーズ進出を達成、2009年にはついにワールドシリーズチャンピオンそして世界最高選手の証であるワールドシリーズMVPおめでとうございます。
MLBは世界中からすごい選手が集まったリーグですので毎日世界大会のようなものですが、2003年ヤンキースは、162試合中101試合勝利、松井秀喜さんは全試合出場されましたので2003年だけでも101試合勝利、MLBトータルで少なくとも700試合以上の勝利。
松井秀喜さん世界大会700試合勝利おめでとうございます。
Posted by 松井秀喜さん最高 at 2015年01月27日 15:33
 
Copyright (C) 1996-2005 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.