月イチ仏像ガイド&仏像講座 政田マリのブログ

関西・広島で仏像ガイド、仏像講座を行っている
政田マリのイベント告知用のブログです。

お仕事の依頼、各種お問い合わせはmarimary1124@yahoo.co.jpまでお願いします

◉テレビ新広島『ひろしま満点ママ!』金曜コメンテーター出演中!

◉旅行情報サイト『トラベル.jp』にて旅行記事執筆中!
http://guide.travel.co.jp/navigtr/857/


〔監修本・宝島社〕
なぞるだけで心が癒やされる 写仏入門
1日1枚心がやすらぐ 仏像なぞり描き帳 (TJMOOK)
〔監修本・三交社〕
見るだけですっきりわかる仏さま


【過去の出演】
・京都ぶらり歴史探訪(BS朝日)
・新日本風土記(NHK)
・ぶらぶら美術博物館(BS日テレ)
・ひるまえ直送便(NHK)など
【雑誌等】
・月刊『茶の間』
・季刊『KYOTO』など

☆★広島カルチャーセンター講座★☆
『楽しく学ぶ 京仏像と歴史』
・毎月第4金曜日13時〜14時30分 現在15名在籍中!
 (中途参加もできます)
https://www.culture.gr.jp/detail/hirosima/itemview_36_36000650.html

☆★月に一度、素敵な仏像を訪ねる『月イチ仏像ガイド』★☆
毎月1日に翌月開催コースの詳細発表を行います

プレイバック當麻寺コースを開催しました

9月の特別編、1月のプレイバック開催となる「當麻寺」コースを9月18日に開催しました。

ミツバチの巣が無事取り除かれた仁王様のいらっしゃる東大門に集合し、いざ二上山麓の當麻寺へ!


8か月ぶりの開催。
今年の月イチ仏像ガイドの「聖徳太子伝説」はここから始まりましたよね。

今回はその聖徳太子ゆかりの當麻寺で、普段は非公開の聖徳太子像が9月3日〜10月11日まで公開されているとのことで、これはぜひみんなで拝観したい!との思いから開催しました。

その聖徳太子像は宝物殿で凛とした姿で立っていらっしゃいましたね。

頭から被る法衣が聡明なお顔を引き立たせ、
吸い込まれるような玉眼、
左手に持つ経典から何かを見出したかのような右手の印、
しかもゆかりが法隆寺だなんて、、、、

本日7歳になったうちの息子と比べ・・・いや、重ね合わせて拝観いたしました(笑)

幼児期から少年期への成長を感じることができる素敵な聖徳太子像です。



その後、中之坊様に先導していただき、
曼荼羅堂、講堂、金堂と拝観しました。

やはり何度伺っても金堂の弥勒仏、四天王の空間は異次元ですね!

ドラえもんがいなくても、扉を入れば時空を超えられます!!



台風接近で参加者のみなさんには諸々ご心配をおかけいたしました。
思ったほどの影響もなく、無事に開催できました。ありがとうございました。


大好きな當麻寺は、また個人的にも、月イチ以外のまち歩きツアーやバスツアーでも伺おうと思っています。
みなさんもぜひまた訪れてみてくださいね。

石馬寺コースを開催しました

更新遅くなってすみません!

9月仏像ガイドは滋賀県東近江市の「石馬寺」でした。

バスが30分に1本だったので、乗り遅れにドキドキしておりましたが、バス組、車組とも無事に集合時間に間に合い、石馬寺の300段もあるという石段を上がりました。

この時期、どの山岳寺院でもそうですが、名残ゼミの声が少し切なさを感じます。。。

そんなセンチメンタルな気分を吹き消し、現実に連れ戻されるのが大量の蚊!!

虫対策のお知らせはメールにて送らせていただいていましたが、緑が多い寺院では10月中旬くらいまでは必須ですね。


そして、少々息をあがらせながら石段を登りきると、

IMG_1981

大きな大仏宝殿が見えてきました!!
こちらに平安仏がたくさんいらっしゃるんです。

庫裏で拝観の手続きをして、いざ大仏宝殿へ。

髪際高の丈六阿弥陀如来を中央に、
ほぼ同時期製作なのにタイプの違う十一面観音、
2対の謎多き二天王、
静と動のバランスが絶妙な大威徳明王、
三尊像としてパイオニア的な役行者像、、、、

そんな話をさせていただきました。


近江仏教寺院の歴史の奥深さを見せつけられましたね!
江戸時代の江州と奥州との接点も興味深いところです。


という、神聖な観音さまのおわすお山へのプチトリップでした。

IMG_1975

聖徳太子さんの駿馬はまだ入り口にいらっしゃいましたね。


太子建立の謂れのある繖山の石馬寺、またご開帳の時に訪れましょう!



IMG_1985
心が清められたからか、お山を下りてくる姿がみなさん神々しかったです
(翌日の筋肉痛が大変だった方が何名かいらっしゃいましたが・・・)

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。


次回は10月31日(日)聖徳太子関連寺院の集大成となる、太子の墓所「叡福寺」です。
お楽しみに!!

《募集中》2021年10月31日(日)大阪太子町【叡福寺】聖徳太子御廟所で金堂・宝蔵を拝観!

【注意!】お申し込みの方は必ず最後までこの記事をお読みいただき、下部に記載した キーワードを件名に記入して、メールにてお申し込みください(受付は先着順です) 【注意!】お申し込みの際、yahooアドレスからのメールが届くように設定をお願いします。(ドコモの方は要確認!)


こんにちは、政田です。
2021年10月の月イチ仏像ガイドのご案内です。

今年は聖徳太子1400年遠忌。ゆかりの寺院や美術館・博物館で関連の事業が行われます。

というくだりを数ヶ月続けてきましたので、このご案内でケリをつけたいと思います(笑)


聖徳太子シリーズの最終章は、もう直接会いに行くしかない!
ということで、聖徳太子御廟所でもある大阪府大阪府南河内郡太子町の「磯長山 叡福寺」に行きます。


今から1400年前に亡くなった聖徳太子(厩戸皇子)は、1年前に亡くなっていたお母様と、前日に亡くなった奥様とともに磯長廟に眠っています。

その後、奈良時代に聖武天皇により七堂伽藍が整備され、隆盛しました。
鎌倉時代には太子信仰が盛んになり、多くの霊跡巡拝者が訪れる「ゆかりの地」として成長しました。

今回は金堂を予約内拝し、お寺の方のお話と、本尊の如意輪観音(やっぱり如意輪観音!)、脇侍の不動・愛染明王、周囲を護る古仏の四天王像をゆっくり拝ませていただきます。
また、聖徳太子ゆかりの宝物が並ぶ宝蔵にも伺います。
(太子像のある聖霊院には参拝できません)

日本に根付いた仏教の根本に触れられるコースですので、ぜひ今年の太子関連寺院巡りの締めくくりとして一緒にお参りしましょう!


img_i1

《月イチ仏像ガイド》大阪太子町【叡福寺】聖徳太子御廟所で金堂・宝蔵を拝観!

階段:ほとんどなし
歩行距離:1km以内
コース難易度:★
☆(ほぼ平坦)

◉日時/2021年10月31日(日)
《午前コース》10
時00分〜12時00分 ※受付終了
《午後コース》13時00分〜15時00分 

◉場所/叡福寺
◉集合場所/山門前駐車場周辺→MAP
◉アクセス/下記参照
◉料金/2,500円をご準備ください(ガイド料1,900円+拝観料600円)
◉定員/各コース20名


交通アクセスですが、最寄駅からは、

近鉄南大阪線「上ノ太子」駅下車、金剛バスで8分(歩いて25分)
午前/9:27喜志駅前行き 午後/12:27喜志駅前行き 「聖徳太子御廟前」下車

※喜志駅からもバスが出ています。
山門前に駐車場があります(15台)。

詳しくは、
叡福寺HP《アクセス》をご覧ください。
https://eifukuji-taishi.jp/access.php



参加ご希望の方は、件名にキーワード『叡福寺』と必ず入れて、本文に、        

◉お名前
◉お電話番号
◉ご参加人数
◉ご希望コース(午後のみ)
◉御朱印希望(する or しない)

をご明記いただき
marimary1124@yahoo.co.jp までお送りください。
↑クリック!

※記入漏れのないようにお願いいたします。
(記入漏れがある場合は受付できません)


《要確認!》お申し込みをいただいて24時間以内に受付完了メールをお送りします。24時間経っても返信がない場合はメールが届いていない可能性がありますので、お手数ですがもう一度送信して下さい。(その旨をTwitter、Facebookのメッセージでお知らせいただけると確実です)
 
※御朱印は希望される方は事前にお知らせください。
※小雨決行ですが警報発令の場合は雨天中止の場合があります。中止は開催2時間前までに告知します。
※必ず歩きやすい格好でお越しください。雨具、お茶や水などもお持ちください。
※ホトケ部会員証(スタンプカード)をお持ちの方はお忘れなく

※今回の参加でスタンプカード33個結願しそうな方はご連絡ください(粗品を用意しますので)

※複数人でお申し込みの場合、代表の方のみにご連絡いたします。参加者がキャンセルされる場合は代表の方がご連絡をください。 
※キャンセル料/開催日前日より:50% 


お申し込みをお待ちしております!
プロフィール

マリィ

ギャラリー
  • 2011年度上半期 ホトケ部交流会(という名のカラオケ大会)
  • 比叡山延暦寺ガイド、終了しました!
  • 比叡山延暦寺ガイド、終了しました!
  • 比叡山延暦寺ガイド、終了しました!
  • 大報恩寺仏像ガイド終了しました!
  • 大報恩寺仏像ガイド終了しました!
  • 平等院ガイド終了しました!
  • 平等院ガイド終了しました!
  • 奈良仏像ガイド、終了しました〜☆
QRコード
QRコード