水切りかご

洗った食器を置く水切りかご。
場所を取るので置かないようにしていたのですが、あえて復活させました。

購入したのはこちらの白。
側面に穴が開いていて、水が流しに流れるようになってます。

水切り中

重ねて入れると、こんなにたくさん入ります。
食器だけでなく、お鍋も。

水切りカゴを復活させたのは、たくさんの食器や鍋を置く場所がなかったから。
キッチン台の上に重ねておくのは限度があります。
大量の食器を洗うと、洗っては拭き、を繰り返す必要がありました。

ふだんは二人暮らしなので、そんなに食器はありません。
ただ、定期的に開催している「健康そしょく会」などを開催したときは、たくさんの食器を使うため、水切りかごがあると便利なんです。

側面から水が排出するようになっている水切りかごでも、食器を入れっぱなしにしておくとかご内が乾燥せず、ぬめりの原因になります。

ある程度食器の水が切れたら、食器は布巾で拭いて片付けます。

洗いかごの水を切るため、蛇口の上にかけるなどして逆さまにして内部を乾燥させます。

水切りカゴ乾かし中

食洗器を置けば、こういう手間はないのかもしれませんね。

京都に引っ越してから、食洗器を置くことは辞めて食器は手洗いするようになりました。

漆器は食洗器で洗えないし、グラスも丁寧に手洗いした方が細かなキズがつく心配もないかな?と思ってます。

手荒れ防止に少し高めのゴム手袋をつけて、食器洗いを楽しんでます。

関連記事:食器洗いを快適にしてくれるゴム手袋、もう手放せません!


LINE@はじめました!
更新やお得な情報をお届けしますので、下記から友だち追加をどうぞ。
LINEで無料マネー相談をやってます!
友だち追加