まさだ嫁日記 livedoor版

自分らしくラクに過ごせる、お金をたくさん必要としない、環境に配慮する、からだを気づかう、 こんな生き方(省エネライフ)をテーマに書いています。

まさだ嫁日記 livedoor版 イメージ画像

京都暮らし

出張で東京に行くときに撮った富士山。富士山と対面したければ、新幹線の座席は「E」を予約ですよ!平日の始発から2番目の新幹線は、関東方面へ向かうビジネスマンで満席でした。早起きしたので新幹線で寝ようかな?と思っていたけれど、結局寝られず本を読んでしまいました
『京都に住んで東京に通う』の画像

稲荷駅から伏見稲荷大社を通り過ぎて、商店街を直進していくと、昭和レトロなおかき屋さんがあります。 おかき まつい堂 ガラスの引き戸をあけて店内に入ると、これもまたレトロなショーケースにおかきが入って並んでます。七味のおかきと山椒入りのおかき、100グラムずつ購
『山椒の味がクセになるおかき まつい堂』の画像

千本鳥居で有名な、伏見稲荷大社の隣に引っ越しました。写真は、金曜日の午後。たくさんの観光客の方々が。散歩が趣味といいながら、京都に引っ越してからあまり歩かなくなっていました。健康のため、伏見稲荷大社を毎朝お散歩しようと思ってます。再婚してからまだ三年経っ
『伏見稲荷大社の隣に引っ越し』の画像

大根と大豆ミートの煮物、紅くるりの酢漬け。大根かぶりなおかずでした・・・。健康そしょくの投稿をInstagramでしています。京都に引っ越してから、お肉を一度も買わず、自宅では菜食です。我が家では、それを「健康そしょく」と呼んでます。ヴィーガンとかベジタリアンでは
『2019年も健康そしょくで!』の画像

秋といえば、食欲の秋?運動の秋?わたしは、読書の秋です。最近買った本たち。本を読む時間でベストなのは、電車移動です。京都に引っ越してから、電車移動が以前より減ったため読書時間も減ってしまいました。さらに、だんなさんが在宅のときは、「出かけるなら送っていく
『あなたは、秋といえば何の秋?わたしは読書の秋』の画像

結婚25ヵ月、自家製梅ソーダとお酒で乾杯しました。ほんとはハワイで迎える予定でしたが・・・。関連記事:初めてのハワイ旅行が台風21号で吹き飛びました(涙)せっかくなので、京都  一乗寺にある「唯食いかわ」さんにごはんを食べに行きました。豪華なお通し。お酒を飲ま
『結婚25ヵ月 ハワイの予定がなくなり京都で乾杯』の画像

京都市内のカフェは、東京に比べるとスペースが広くゆったり過ごせるような気がします。そんな京都カフェ事情ですが、先日さらに穴場なカフェをみつけました!BLUE LEAF CAFE (ブルー・リーフ・カフェ)au京都の地下にあります。 看板が通りに出てましたが、通る人にはau京都
『京都 四条通の穴場カフェ BLUE LEAF CAFE (ブルー・リーフ・カフェ)』の画像

京都 大原の朝市で買ったお花、一束200円だったので4束購入。800円也。大原の朝市は、毎週日曜日の朝6時から開催してます。里の駅 大原と国道沿いの2か所で開催。京都大原観光保勝会朝市は、新鮮な野菜がお手頃価格で手に入ります。パンや巻き寿司、ちらし寿司などの食べ物も
『京都移住して丸4ヵ月経過 これからも住むのは京都で』の画像

うすいえんどう、東京で暮らしているときには知らなかった野菜です。スナップえんどうとおなじぐらいの大きさ。うすいえんどうのさやは固く、実を出して食べます。出した実を、軽く塩ゆでしたところ。ゆでたお豆をいきなりお水にさらすと、お豆にしわがよってしまいます。ざ
『関西の旬の味 うすいえんどう。東京では味わえないおいしさ』の画像

水道局なのに、酒屋さんみたい!蛇口からお酒が出るのは、冗談です。京都 伏見は、酒蔵が多い町。17箇所もあるとか。伏見のどこかの酒蔵。ノンアルライフを継続中なので、お酒を飲むことには関心ありませんが、こんな建物を見つけながらお散歩するのは、楽しいです。こちらで
『酒蔵の多い伏見では蛇口からお酒が出るの?!』の画像

京都市民になりました。「東京は東の京やろ」 と、京都びいきでいくつもりです。さて、早速ごみ問題です。今まで住んでいたのは、東京都世田谷区。世田谷区のごみの分け方は、都内でもかなりゆるいとか。ほとんどのゴミが、燃えるゴミになるため分けるのも出すのもカンタン
『京都市のごみの出し方はキビシイ』の画像

いよいよ、明日から京都暮らしがスタートします。東京で生まれ、人生のほとんどを東京 世田谷で過ごしてきました。初の関西、それも京都。「京都に引っ越します」というと、「京都は旅行で行くのはいいところだけど、住むのはね…」と言われる事多々でした。どうなんでしょう
『京都暮らしがスタート!』の画像

京都 錦市場に若冲の絵を発見してパチリ。若冲といえば、江戸時代の絵師。着付け教室に通っていたころ、着物や帯に若冲の絵が使われていて知りました。なぜ錦市場に若冲なの?と調べてみたら、伊藤若冲が京都錦の青物問屋の生まれという事実はひろく知られている。若冲が描く
『知らなかったのは私だけ?錦市場と若冲、そういうことでしたか!』の画像

だんなさんは結婚前から、故郷である大阪に引っ越したいと言い続けていました。大阪に引っ越す予定で、住む地域も決めて、その周辺環境を見に行ったりもしてました。が、昨年の終わりに京都に引っ越すことに変更となりました。大阪のおばちゃんになる予定でしたが、京都のお
『大阪のおばちゃんになる予定から京都のおばちゃんになることに』の画像

↑このページのトップヘ