(株)才志堂 CEO 金澤政弘のブログ

世の中の発見と感動をみつけ、可能性を広げよう!


どんなことにチャレンジしているのだろう?


資格?仕事?プライベート?恋?etc...


様々だろう。


●●をやってみたいなーなんて思っている人も多くいることだろう。


できたらいいなと思っている人、やれたらいいなと思っている人もいるだろう。




私は、チャンレジしている人、行動をおこしている人を高く評価している。


だって、結果はわからないのに、失敗するかもしれないのに、


何かを失うかもしれないのにトライしている。



言っているだけの人、人よがりの人(自分ばかりの話をする人)、


は、個人的には、あまり興味をもてない。。


トライした結果を、どうのこうの言う人ほど醜いものはないと思う。



経験したこと、失敗したことは、とてつもない財産であることは間違いない。


自分にも言い聞かせているが、まだまだチャレンジ精神が足りないと自分は思っている。


もっとビジョンとプロセスを明確化しつつ、メンバーと共有していかなければならない、


メンバーや仲間が、それぞれいい方向に向けて議論をしてくれ、


チャンレジしていく姿勢をみていくと、ワクワクが止まない


「来年から頑張ろう!」とか、「来年の抱負は~」など言っている前に、


今やれているかを確認してみよう。


その上で、次のステップを考えたほういいはず。


目標が(ない人は、目標を定めよう!)ある人は、どのステージに今自分がいるかを


再確認する日をつくり、批判を恐れることはなく、過去の成功は捨てて、


チャンレジし続けよう!!


きっと叶うと信じていれば、きっとなんとかなるはずだ。


さぁ、はじめよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


この映像は、生涯忘れることはないだろう。。個人的な話だが。





2018年ロシアワールドカップの決勝トーナメント 日本の初戦、



日本 vs ベルギー での試合だ。



2点先制後、ベルギーがアディショナルタイムで逆転するという、



日本がワールドカップで初のベスト8がみえた試合でもあった。





高校一年生のときに味わった、「ドーハの悲劇」と同様のものだ。




みなさんは、どう感じただろうか?



他のスポーツでもあることだろう。



ま・さ・か、な出来事がおこってしまうとき、



相手側からすれば、奇跡のシーンということはわかるのだが、



やられた側からすると時間が止まってしまい放心状態になる。



言葉では表現しづらい、無力感。




悔しい気持ちを忘れることができないが、j時間が経てば薄れてしまう



気持ちであることも否めない。



サッカーだけでなく、決して忘れてはならない悔しい思いがあるはずだが、


悔しい思いを乗り越えて、達成したときに、



「ほら見ろ!」なんて浅はかなことを思ってほしくはない。



やったぞ!ってことも考えてもらいたくない。



そう思っている人は、目標設定を見直したほうがいい。



私なら、こう思う、



やっとここまできたか!まだまだこれからだ!はい次次~。


と。


悔しい気持ちと、憎しみはイコールではない、



次のステップへの一つの壁だ。



憎しみからは何も生まれないと坂本龍馬が述べていた。



綺麗事で結構!



壁を一つ一つ越えて、先に進もう!



悔しんでいる暇は我々にはないから。



さぁ、はじめよう!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


私の嫌いな言葉、文章の一部、


・だから言ったでしょ!
・前に言ったじゃん
・知らないの?
・この業界に●●はないから
・俺●●さん知ってるから紹介するよ



まずは、


「だから言ったでしょ!」


そんなに未来がわかるんですかねw


言われたことありますよね?


なんで、そんなことを言うのかが私には全くわからないのですが、


「正解!」っていってもらいたいんですかね?


クイズじゃあるまいし。。本人がやってみたいことを否定するのではなく


肯定するアイディアはないんですかね???




次に、


「前に言ったじゃん!」


それ言われてもさぁ、、覚えてないから、、、。


そんなにいつも記憶に残ってることってある??


こちらとて、忘れないようにメモしたりして


忘れないとする姿勢は大事だけど。。


ただ、それでも忘れてしまうことがあるから、


教えてください!笑


とっても大切なこと、重要なことを忘れてしまっているは別の話ねw


コミュニケーション不足も要注意!




さらに、


「知らないの?」


うん!知らない!


から、早く教えてよ~~~~




あと2つ、


「この業界に●●はないから」


耳が痛くなるし、やる気が一瞬でなくなる言葉。


世界の同業種のこと知っているんですかね??


たとえば、小売業であれば、ブラジルの小売業知ってるの?


テクノロジーと進化しているインドの小売業とかわかるの?


無人の小売業のニーズや利益、万引き減った値、画像認識のレベルなど、


わかるんですか??


業界のよくわからない否定的な意見。


いらないよね~。


もし、そんなこと言われたら、チャンスだ!


気にせずにすぐに自らやってしまえばいい。




最後に、


「●●さん知ってる?知り合いなんだ」


最近は、相当減ったがまだ言う人もいるし、ちょっと変な紹介をする人がいる。


これもに困る。。。


以前には、著名・有名な方を知ってる風な方には困った。


だって、向こう(著名・有名)の方は、あなたのこと知らないんだも~んw


あと、変な紹介(マッチング)をする方。


合うと思って。。いいんだけど、テーマがなくて。。。どんな風に会えばいいのかもわからず。


もっと丁寧に紹介してよ~。雑!


丁寧って、言葉とか段取りじゃく、"会う目的"を事前に紹介してほしい。





などなど、そんな嫌いな言葉集だけど、


この言葉を使っている人たちって、結局自分のステータスなんですよね。


私には、1mmもステータスは必要ないのでいいのですが、


あまりそんな自慢にもならないステータスを目の前でみせられると、


言いたくなってくる。


"それで?"


と、それでも生産性もなく何か言ってくると、


もう話をしても仕方がないと思うから、離席したくなるし、話を逸らす。



今回の話をしているのは、主に今までお世話になった方々に向けて発している。


自分もそうだが、あなた自身も常に変化していかないと!


年内は、準備し来年からは更にチャレンジだ!


さぁ、はじめよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


「だから、言ったでしょう!」



なんて、未来予測をできるようなことを言う人がいるけど、


そんなことは、たまたまの結果論だ



何百回言われただろう私自身も。。


それを間に受けていた10代の時があった。


今でこそ思う。



やって結果を出せば、周りが勝手に変わってくる


何かいう人がいれば、静かに外野は試合をみていろと思っておけばいい。



何も言う必要はない。


どちらも未来はわからないのだから。





一生懸命にやっても多分、何も報われないこともたくさんある。


運も必要だ。


もう一つ重要だと思っているのが、「徳」だ。


何をするにしても一人では限界があるし、色々な人がいることで、


できることがきっとある。



一生懸命の努力+運+徳=目標達成



だと、私は思っている。


でも、私の意見なので誰にも強要はしない。



そんなことを自分で言いながらも、未来は誰もわからないのだから、


やってみて考えてみればいい。


失敗を何度もして、後ろ指を刺されてばいい。


成功だと思えば、すぐに成功論は捨てればいい。


それでも、実現に向けて走ればいい。


誰がなんと言おうとも。


さぁ、はじめよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


私は今まで、本当に恵まれていたと思う。


これらかも恵まれていることを祈ってはいるのだが 笑笑



何かが足りない、どうにかしてクリアしないといけない壁が現れたとき、


策を練ることはもちろんあるのだが、どうしても策が出てこないことが何度もあった。



どうすればいい・・・どうすればいい・・・。


寝る前、 夢の中でも考えてしまう。


朝一番で起きた瞬間にも考えはじめている。


出勤中、MTG中、作業中、どんなときでも考えてしまっている。


突破しなければ、みんなも路頭に迷わせてしまう。。。


あと、1週間でクリアできなければ、、、。


と、その時々で、神が降りてくる。




本当に、ラッキーな出来事がたまに起こっていた。


これは一体なんなんだろう??


と、思うが深くは考えないことにしている。。


運だと思っているし、何かをしたからラッキーなことが起こっているなんて


思ってしまうと、こんなことは起きない気がする。




ただ、これだけでは思うのだが、


日々誰かに、何かできないかと思いつつ、


自分たちのビジョンに向けて行動をしている。


その困った方への問題解決ができたときの


恩返しなのかも知れない。(と、言われたことがある)



有り難くこの出来事はいただきつつも、


ビジョンを達成しろ!という事を言われているのだろうと前向きに捉えている。




ラッキーは、結果論だ。



ラッキーを求めたり、待っていたりするのではなく、



自ら動き、「相手のため(自分以外のため)」の行動をすることが、


大切な事だと信じている。


それを求めたり、還ってくるものだと思って行動したら、


何も奇跡なんて起こらないだろう。


無になり、必死になって「相手のため」に行動をとろう。


すれば、何かが起こる!


さぁ、はじめよう! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ