先週・今週とかなり新規の体験の生徒さん・面談ご希望の親御さんが多かったのですが、一段落つきまして、来週(6日月曜日)あたりからまた通常通りの感じに戻りつつあります。

今日、とある生徒さんの親御さんとお話ししていて改めて感じたのですが、中学受験の算数と大学受験の数学は内容が極めて近くなってきているように感じます。
結局、中学算数のある程度以上のレベルの学校(いわゆる「最難関中学校」と呼ばれるレベル)になると、入試問題で問われてくる内容というのは、結局大学受験で問われてくる内容(を中学受験レベルに下ろしてきたもの)ということになるような気がします。(まぁ、「そういう」問題が出来る子が欲しいわけですよ・・・)

以前なら「数論」に関わるような内容の問題というのは、中学受験でもあまり問われることもなかったように思いますが、大学受験数学で「整数」の単元が教科書に入ってきて、大手を振ってそういう問題を大学入試で出せるようになってからは、いろんな中学校でも「数論」がらみの問題が出されているような感じがします。

「本質的には同じ内容」でも大学受験数学ならxとかyとかzを使って解説することを、中学受験算数なら〇や□や△を使って解説をしているのです(笑)。
結局それ以上簡単に解説しようがないので、本質的には大学受験数学レベルの内容を、少し表現を軟らかくして中学受験算数でも解説するわけです。

他にも灘中レベルのコースの教材だと、場合の数の問題など、大学受験数学の一番難易度の高い参考書にバンバン載っているような問題を換骨奪胎して(表現だけ少し変えて)「中学入試用の問題」と称して平気な顔して出題してたりしますよね。

まぁだから中学入試の算数というのはレベルが高いですし、しっかり自分のモノにすることが出来れば、大学受験にもこんなに役立つモノはないということです。
逆に言うと、そんな難しい内容ばかりを扱っているので、大半(=95%くらい)の生徒さんは消化不良になっていることも当然だと思います。

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

今月から配布いたします

今日で今年も早くも1ヶ月が過ぎてしまいました。早いものです。

思考研では今月から「思考研通信」と題したお手紙を皆さんに配布させていただいております。
塾内生の皆さんへのお願いや、このブログでは書きにくいことなど、より内輪向けの内容にしていこうと思っています。

IMG_4102

月に一度、頑張って(?)配布して参りますので、どうぞお読み下さいますよう、よろしくお願い申し上げます<m(__)m>

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

思考研では新中学1年生(現小学6年生)の生徒さんについては、中学1年生の先取り学習を進めていってもらっています。

まぁ中学受験を終わられたばかりの生徒さんにはいくら何でもすぐにそういう勉強を勧める、などということはありませんが、公立小学校に通っている生徒さんについてはそういう形で、中学の勉強を先取りする形で数学・英語に関してはもう小6の3学期からそういう勉強を勧めさせていただいています。

普通の公立小学校に通っておられて、中学受験をしない生徒さんであれば、できるだけ早い時期から中学の内容に入っておくことをおすすめしますし、思考研ではそのカリキュラムをご用意して待っています

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

思考研の「大学2次試験数学入試予想問題」はこんな感じ!!

いよいよ大学入試2次試験の出願受付が始まりましたね。

思考研でも、数学の大学入試予想問題を配布しています。

IMG_3724
          これは京大バージョンです

京大バージョンで言えば、京大でよく狙われる「外〇〇と〇接〇の問題」とか、狙い目の「フェ〇〇〇の問題」「2次〇〇〇と〇〇解の問題」(<m(__)m>今年は受講生がおられるので、ブログで書くわけにはいかないのです)などいろいろテーマ性を持った問題を入れています。

今のところ、京大用・阪大用・神大用・大阪公立大学用が作成済みです。その他の大学の予想問題につきましては思考研(072-743-6052またはinfoアットマークsikouken.jp)までお問い合わせ下さい。

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)


予報によると、箕面近辺では明日(1月27日)もとても寒く、朝から昼にかけて雪も降るような予報になっています。

昨日・一昨日のような状態になることが予想されますので、少し遠方から来られている方で、道がスリップする恐れがある、など心配がおありの方は無理をせずに振替を検討されて下さい。

こんな極寒の寒気が先々週の今頃(入試の直前期)にやってきていたら・・・と想像するとおそろしいものがありますが、それでもおとといのJRの電車閉じ込めなどを見ると天候がちょっと変化しただけで人間は無力だと思い知らされますね。

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

昨日の夜から、箕面でも雪が降りましたね。
ちょうど私もS先生も帰宅時間あたりに雪が本格的に降り始めて、あと1時間遅れていれば帰るのに難儀したかもしれない状態でした。

確かなことは言えませんが、私のこれまでの印象では「寒くなると、その少し後から感染者数の波が大きくなる」気がしています。やはり寒くなると、感染症に打ち勝つ免疫力が弱くなるのだと考えます。
皆さん、どうぞ寒すぎる環境に身をさらすことなく、体調管理にご注意なさってください。

実際、先週あたりからインフルの患者さんも増えつつあります。
今年は(過去2年と異なり)、インフルに対しても気をつけないといけないのかもしれません。

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

一昨日のブログに対して、あるお母様からご指摘いただいたのですが、14とか15とか17といった数字にも(ひょっとしたら答にも!?)意味があるのではないか?ということを教えていただきました。

すなわち、1/14、1/15、1/17はそれぞれあの中学校の入試日・合格発表日、ということなんですね!
うわー・・・確かに言われてみればそうですね。
解答の「51」もひょっとしたら「(この学校に)来い!(=51)」とかけているのかもしれません(そこまでいくと「デキスギ」ですが・・・笑)。

一見したとき、14,15,17は何の意味があるのか、全然気にもかけていなかったのですが、
「2023、1,14,15,17、81,(51)」とすべての数字に意味がある問題なんておもしろいじゃないですか!

あの学校の先生、この問題を思いつかれたとき、今年の入試日程を確認しながら小躍りされたんじゃないか?と思いますね。さすが、あの中学校!お見事です

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)


2023年は81回生(のはず)

今年のあの中学校の入試問題、思考研からは受験した子はいませんでしたが、一応問題を眺めていました。文字のフォントが変化していて、少し驚きましたが、そういう意味では京大の入試問題のフォントも私が受けていた頃とは2,3回変化しているように感じます。

さきほど、小学校低学年の生徒さんが新聞に掲載されたあの中学校の入試問題が掲載された新聞を持ってきてくれて、1番を解いたといって見せてくれました。そして81期生がどうのこうの・・・と言うので、私も「何を言うてるの??」とはなしてみると、そうなんです!
今年のあの中学校の入試問題1日目の1番には秘密が隠されていたのです!(笑)
image0 - 2023-01-21T172150.542

私の計算では、確かに今年入学されるあの中学校の新中学1年生は「新制81回生」になるはずなんです(私も当然「新制」です・笑)。
あの中学校の入試問題の1日目1番は毎年年号にちなんだ問題を出題されることで有名ですが、今年はそこに「81回生」にちなんだ数字まで入れてくるとは・・・!

ちなみにその生徒さんの書き込んだ答えは見事正解です!

2023には気づいていたんですが、81には気づいていませんでした。
Hくん、さすが身内にこの学校の卒業生がいらっしゃるだけあります。教えてくれてありがとう

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)





ありがたいことに新年度を見据えて、新規入塾を考えて体験授業・面談を希望してこられる方が増えてきています。

面談はこちらと保護者様の都合が合う限りできるだけのペースでこなしておりますが、体験授業は他の生徒さんがすでに多くいらっしゃる時間帯は受け付けることが出来ません。
体験授業の希望曜日・時間帯が合わない場合、他の希望曜日・時間帯をお願いするか、今の受験生諸君が卒塾した後に受け入れ可能となります。

少しの間、ご不便をおかけするケースも出てくるかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします<m(__)m>

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

今日は大学入試共通テスト2日目です。
昨年鬼門だった数学も実施されますが、皆さんの健闘を祈るばかりです。



さて、思考研では今年も
各大学別数学入試予想問題を作成します。

今年は事前にこちらで作成しているのが、
京大用・阪大用・神大用・大阪公立大学用になります。
(その他の大学につきましては、お問い合わせください)

毎年、必ず内容がよく似た問題が出ております。
過去の実績では、京大・神大・大阪市立大学で本当にドンピシャリの内容が出題されました(←過去のブログをご参照ください)

思考研のような小さな塾の規模では考えられないような的中率を誇っている、「大学別入試予想問題」です。
各大学で費用は16,500円(税込)で、予備校の直前講習を受講するよりもよほど的中率・密度ともに高い内容を誇っております。

お問い合わせは思考研(infoアットマークshikouken.jp)または思考研の電話番号072-743-6052までお願いいたします。

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

早いものでもう入試がやってきました。

毎年、受験生を指導させていただいて、いわば「手塩にかける」思いで指導し、毎週の学力アップを見させていて来ているので(そういう意味では個人指導で直に成長を見させてもらっている生徒さんには余計に感じるかもしれませんが、まぁ皆さんに対して同じ思いです)、入試を迎える日にはとにかく「アクシデントなく無事に頑張って終えてもらいたい」という思いしかないんですね。

今年ももちろんそうです。

受験生の皆さん、いまさらやってきた以上の力を発揮してきてくれ、などと願うことは毛頭しませんが、とにかく無事に乗り切って来て下さい。
それだけが1年間(数年間)指導させてもらってきた者としての願いです。

ぐあんばれぃ!!!

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

最近、たまたま思考研のホームページの「問い合わせ」ページに記入して送信された方が、「メールしたけどもそちらに届いていますか?」(こちらには届いていないけども・・・)ということがあり、おそらくの原因として「お問い合わせ」の「送信」を1回押しただけで終わっている場合がございました。

お名前やお問い合わせの内容を書かれて「送信」を押した後、もう一度お書きになった内容の確認のページが出てきて
送信内容をご確認の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
修正する場合は「戻る」ボタンをクリックしてください。
というページが出てくるのをご確認にならずに終了されているケースが多いように思われます。

正しくはそのページを確認の上、もう一度「送信」を押していただく必要があり、押していただいた段階でこちらに届く手はずになっております。

まさに2度手間になってしまうのですが、何卒最後の最後にお書きになった内容をご確認の上で、もう一度「送信」をクリックしていただければ・・・と思います<m(__)m>

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

天気予報によると、14日15日の大学入試共通テスト・中学入試の実施日において、天気がやっぱり晴れにはならないみたいで、毎年「試験の時期は天気が悪くなるなぁ・・・」という法則(?)が今年も当てはまってしまうようです。

なぜ毎年、学生さんが試験の日に気持ちよく天気にならないのか、ほぼ毎年疑問に感じるのですが、今年もそれが当てはまってしまうようです・・・。

特に東北地方や北海道などでは、豪雪のために試験時間自体が遅れてしまうことがよくあります。
まぁ関西ではそこまでの事態にはなりませんので、そういう意味ではまだマシですが、それにしてもやはり普段とは異なる用意が必要になるでしょう。

試験当日、とても寒くなることやその他さまざまな突発的な事態が生じることがありえます。そういう事態に備えて、明日は(試験前日として)万全の準備を整えてもらいたいと思います。

保護者の方としても、ヤキモキする部分がありましょうが、どうぞ生徒さん達が力を100%に出来るだけ近く発揮できるような「側方支援」をしてあげていただきたいと思います。
受験生の皆さんが、悔いのない入試を迎えられんことをお祈りしています。

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

大学入試共通テスト・中学入試まであと4日になりましたが、ある特定の分野に集中特化して点数を上げる(本当に特化する形になります)以外に、点数の上げ方があります。

それは『ムダな失点をしない』ということです。
しかもこれは今から苦手な分野に取り組まないでも点数を上げることが可能なんです。

おそらく生徒さんの中では、『ほぼカンペキ』という人はほんのわずかだと思いますし、そういう生徒さんは、もうおそらく合格するでしょう(笑)。

問題は『合格するかどうか絶対の確信はないのだけど・・・』という生徒さんで、私はそんな状態の生徒さんに対して申しています。

しょうもないケアレスミスをしていませんか?
文字が判別しにくい文字を書く癖がありませんか?(←塾の模試では〇がもらえても、入試では減点されるかもしれませんよ?)
国語の答案で、理由を聞かれているのに「~であること」とかって書いていませんか?(正解は「~だから」「~なため」という書き方)
マークをするときに、一気にすべてマークして、全部1つずつズレてしまって肝を冷やしたことがありませんか?(大問1つずつマークするのをおすすめします)

挙げればキリがありませんが、各生徒さんにおいて『間違え方の傾向』があるはずです。
『受験校の傾向』ももちろん大切なのですが、それはこれまで散々やってきたはずで、
それよりも各自の『間違え方の傾向』を分析し、そういうミスを減らすことの方が、よほど入試当日の得点をアップさせることが出来るかもしれませんよ?

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)



いよいよ、大学入試共通テスト・京阪神の中学入試が始まります。
受験生におかれましては、最後の最後まで調整に余念のないことと思います。

毎年指導させていただいていてしみじみ感じるのが、「本当に最後の最後まで伸びる!」ということですね。
いま思考研の生徒さんでも、個人指導していて11月くらいからグググッ!と伸びてきている子がいて、過去に学んだひとつひとつの事柄がどんどんつなぎ合わされてる感じがあるんです。

その他の生徒さんでも(全科目とは申しませんが)思考研で毎週授業している共通テスト数学の出来もだんだんと固まってきている感じで、「えっ⁈こんな問題もできるようになってるの⁈」ということがあります。

今日を入れて残り5日ですが、本当にまだまだ伸びる科目・分野はありますし、「入試までの最後の上乗せ」をしてもらいたいと思います。

https://shikouken.jp/
(思考研のホームページです!)

https://www.youtube.com/watch?v=rVkKiHQIFFA
(思考研の動画CMです!)

https://amzn.to/2MeCtKz
(思考研代表 永井の著作「灘高・京大卒の元研究者が、思考研という塾を作って見つけた『伸びる子・伸ばす環境の法則』」が購入できます)

このページのトップヘ

見出し画像
×