2017年06月13日

100点対決 恐ろしい結果に驚愕!ドミナスvsレアム ザ・バード 2013

IMG_3710
100点とは、有名ワイン評価のWA誌が発表した点数なのです。似たような評論家や雑誌も有りますが、レコード大賞と駅前商店会主催「のど自慢大会」くらい権威が違います。恐ろしい結果にワイン好き、100点好き、ソムリエ達が驚愕の事実を知ることになりました。この後すぐ人気blogランキング

お客様やゲストに合わせて、魅力的なワイン会を小さく開催しております。
今回は、100点のワインを飲み比べながら!
という、少し下品ですが夢のようなディナーなんのです。

すいません。下品です。

仕事柄、100点ワインを年間に相当数飲む機会に恵まれています。
日本で有数だと思います。

そんな中で、色々思う事が有ります。

残念な100点も多数見て来ました。

ってなワケで、白ワインからスタートします。

m名称未設定-1
一同驚愕したムルソー シャルム プルミエクリュ[2009]です。

「こんなに美味い白ワイン、初めて飲んだ・・・」


と、失禁寸前のお客様もいらっしゃいました。

m名称s未設定-1
先日、フランスにて訪問したドメーヌです。
ブルーザー・ブロディ似のミシュロJrから、色々教えて頂き仕入れいたしました。
自信をもって提供しました。
2009年です。

ミシュロのワイン造りの最大の特徴は、ブドウの樹が本来持つ抵抗力を向上させる栽培方法です。
出来る限り除草を行わず、あえてブドウの樹の水分吸収を妨げるようにします。こうしたストレスを与えることで、樹は養分吸収をしようと地中により深く根を生やすようになり、これが本来のテロワールの特色を際立たせることになります。
また、ミシュロでは減農薬農法を取り入れていますが、ブドウの樹の抵抗力を高めることで、自然と農薬の使用も控えることが可能になります。
収穫は手摘みで行われ、畑で選果をした後、醸造所まで運びます。

ムルソーのテロワリスト!
名称未設定-ss2

ムルソー最高の畑と称されるシャルム畑。
ムルソーとピュリニー・モンラッシェの境目の丘陵地の中腹に位置するこの畑は、赤色の土交じりの粘土石灰質土壌。
ワインは柑橘類の香りに加えて、繊細で美しいミネラル感にあふれ、重々しさを感じさせないコクがある。

「コントラフォンのシャルムに勝るとも劣らない出来・・・マジで、モンラッシェ以上か?!これ以上美味しいシャルドネを探すのは無理! The Judgeか、DRCのモンラッシェクラスだわ」

と、神様のようなワインエキスパート保持者で日本一100点ワインを飲んでいる先生談。

IMG_3727
その後に、こんな変態チックなDomaine du Pegau の白最高峰モノです。
品種はクラレット、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ !
ただ、お値段はミシュロムルソーの2倍いたします。
思った通りの味わいでした。満足。
IMG_3734
厨房にも緊張が走ります。

さていよいよメインイヴェント!
ジャイアント馬場 王者の魂♪が聞こえてきます。
IMG_3741

ドミナスエステート 2013 100点満点
名称未設定-3
ワイン界の伝説と言っても過言ではない名匠クリスチャン・ムエックス氏!
川端康成をこよなく愛し、一番好きな作品が「眠れる美女」というから驚きです。
変態文学の走りとして、注目された作品でして、家で裸で眠らされている少女の横で興奮する老人の描写を永遠と書き綴る変態小説です。
ま、どうでもいいですが、ムエックス氏の話に戻ります。
彼は魅了された、ナパ・ヴァレー最上の地、ナパヌック・ヴィンヤードで造られるドミナスをてがけます。
世界的地位を確立しているオーパス・ワンと共にプレミアム・ナパワインとして世界中の愛好家を魅了し続けています。しかし、ブランドイメージはオーパスワンに大きく水を開けられました。

今回リリースされたドミナス30周年の記念ヴィンテージである2013年は、カリフォルニアの歴史的グレートヴィンテージの恩恵も受け、パーカーポイント100点を出しました。
名称未sssss設定-3

3流評論家と言われている人達も、横並びで100点を連発!

ついに本家ペトリュウスを抜き、スクリーミングイーグル、ヴェリテ、アロウホ、ボンド、スケアクロウ、インシグニアなどパーフェクトワインたちと互角以上に渡り合うと言われていますが、どうなの?


しかも、自分の顔をラベルにしちゃっている出たがり屋さんです。自分大好きです。
JCBで有名な、ジャン シャルル ボワセ様 並みの出たがり屋さんです。

さて、この2013ドミナス!

ムエックス氏は
「谷崎潤一郎の文学に出てくるバイオレントな男性の様な、非常に力強い味わい。
50年の熟成のポテンシャルがあり、ワインのレジェンドになり得る。」
とコメントしています。

飲んでみると、普通な感じでした。

100点なんだこれで・・・・

「この味わいだと、値段を考えればセカンドのナパヌックで十分ですね」後藤ソムリエ談


このあとにレアム ザ・バード レッドワイン ナパ・ヴァレー[2013]
登場です。

ドミナスより知名度はかなり低いです。
プロレスラーのような名前です。

IMG_3751
共同オーナーに、ハーラン・ボンドの財務を経験した多才なスコット・ベッカー、ワインコンサルタントにミッシェル・ローラン、そのミッシェルからカリフォルニアに派遣され、アンディ・エリクソンで修業したブノワ・トゥケがワインを造る。
1111-4
ボルドー右岸のドライで黒系をイメージさせるキュヴェ。 ナパカベの典型とは一線を画す曲者が正体を現した品種・畑 カベルネ・ソーヴィニヨン90% /ブレア・ヴィンヤード(カリストガ、スリーパームスに隣接)、ファアラ(クームスヴィル)、ハウイ(プリチャード・ヒル)、ウェイツ(オークヴィル)プティ・ヴェルド7% & メルロ 3% /ラークミード・ヴィンヤード(カリストガ手前、ダックホーンのスリーパームスの近く)
1111名称未設定-5
2013年  最高の区画から選りすぐった。
カベルネ・ソーヴィニヨンの最上級の畑を贅沢にもブレンドしたナパ・ヴァレーの宝石箱のようなワイン。
誰でも財力さえあれば出来ることではなく、長いレアムの下積みがこれら銘醸畑から最良の葡萄の調達を可能にした。そして見事なまでのブレンドと芸術的な仕上げ。
IMG_3707

素晴らしいワインでした。
レアム ザ・バードを目隠しで飲んでも高評価されると思います。
複雑味を帯びて、洗練された力強いスタイルが見事に表現されてます。

滑らかながら力強いタンニンに柔らかく繊細な酸が、リッチな果実味と共にまるで花火のようにはじけ口中に広がり、何層にも積み重なるキャラクターは複雑味を帯びた深い味わいを演出。素晴らしい余韻はいつまでも長く続きます。

これ以上のカベルネは見当たらない・・・・
悶絶必至の100点満点ワインでした。

コルギン、スケアクロウなどと共通した凄まじい旨み。まさに100点ワインです。



に対して、
ドミナス2013には疑問の声が多い!

IMG_3746
政治?金?
ドミナス好きにはいいかもしれませんが、この2013年はお値段が高い設定となっております。
それを考えると残念な味わい・・・・涙。

100点ワインを飲むときには、DRCのワインと同じような心掛けで飲んで頂きたいです。

「絶対に期待しない」

ワインもミシュラン評価も、目隠しで楽しむと絶対に違う結果になります。

やはり自分の舌と懐具合を考慮しましょう。(笑)

※小規模なワイン会も手掛けています。
テーマやゲストに合わせて、もちろんご予算に合わせてご相談ください。人気blogランキング


ただし、持ち込みワインは受け付けておりません。
持ち込みワイン歓迎のお店も多数ありますので、ぜひそちらへ。
Posted by masahitovolvo at 11:06│Comments(0)