2017年09月13日

HENRI GIRAUD ARGONNE 2008 披露会 京都 高台寺

IMG_9616
アンリ・ジローが日本全国から39名の同胞を集め、京都祇園の高台寺において新商品アルゴンヌ2008のお披露目会を開催しました。度肝を抜くお持て成し!素晴らしい料理、日本の伝統芸能、文化、そしてアンリ・ジローの哲学を多いに学べました。この後すぐ人気blogランキング
IMG_9610
宿泊旅館から歩いて行きました。北政所である、ねね様が歩いていたねねの坂の途中にある高台寺。
豊臣秀吉とねね様、ゆかりの寺院で行われるイヴェントに胸が高鳴ります。
名称未設定-1
豊臣秀吉の妻・北政所「ねね」さんが秀吉の没後、亡くなるまで19年間過ごしたお寺です。
北政所 ねねさま-2
イメージです。
私のねね様像、やはり鈴木京香が大好きです。
IMG_9611
ねねの道の門から入りました。
唐門をくぐると、方丈前庭が広がります。
IMG_9628

アペリティフ Esprit Nature(エスプリ・ナチュール)マグナムが振舞われました。
庭園の池を眺めながら、後方には庭園越しに八坂の塔を眺めます。格別。
IMG_9635
世界を代表する日本料理の神、京都吉兆嵐山の徳岡邦夫さんも来場されておりました。
徳岡さんがお店にいる時に、ぜひ本店に行きたいです。無類のシャンパンラヴァーとしても有名で、シャンパン騎士団でも同胞です。
IMG_9624

高台寺、現住職も愉しんでおられました。
IMG_9655

IMG_9642
ソムリエ界の重鎮、リーガーロイヤル大阪 ビバレッジ最高責任者である岡昌治(おか まさはる)氏も来場!
20年前くらいに大変お世話になりました。
6年間、ソムリエ協会の会長をされ、現在は名誉会長です。
その仕事と、人柄に同業者のファンが多いのです。恵比寿さんのような笑顔に癒されます。
IMG_9668
日没になってくると、京都を代表する芸妓さんが登場しました。
踊りを披露。
IMG_9684
続いて、舞妓さん、芸妓さんが登場して、絢爛豪華、艶やかな踊りを披露してくれました。
お歌に合わせ、三味線に合わせ、京の風情が楽しめました。

舞妓・芸妓は、今から約300年前の江戸時代に、この辺りの東山周辺の、神社仏閣へ参詣する人や街道を旅する人にお茶をふるまった水茶屋の茶立女(ちゃたておんな)にルーツがあるようです。
お茶や団子を提供していたものにそのうち酒や料理が加わり、その店で働く彼女達が、歌舞伎芝居を真似て三味線や舞踊を見せるようになったのが始まり。
IMG_9702
来場者一同、興奮!大喝采でした。
場所はお座敷に移動!
IMG_9732
当主 クロード・ジローの挨拶にて乾杯!
新商品 CHAMPAGNE HENRI GIRAUD ARGONNE 2008
通して飲み放題ディナーです。
IMG_9743

ボトルデザインとパッケージは
世界的な建築家、坂茂建築設計の- Shigeru Ban 坂 茂先生が造りました。
IMG_9774
祇園ぎをん菱岩さんのお料理です。
創業は天保元年(1830)だから、驚きます。
料理長川村岩松氏が心を込めた品々。
原点の味を軸に、様々な料理が螺旋を描きます。
IMG_9751
嵐山吉兆の徳岡さんや、リーガーの岡さん、ポンテヴェッキオの山根さんも来場されて、そういう方たちに出す料理を作るって、すごいプレッシャーでしょうね。
IMG_9717
八幡巻(やわたまき)が美味しい!
八幡村(現在の京都府八幡市)の郷土料理だかららしいです。
そして、祇園祭で有名な鱧寿司です。北海道では食べれない。
歯ごたえよく、寿司シャリの固さも素敵です。
4品パーフェクト!
IMG_9804
舞妓さんとも楽しく会話させて頂きました。
「玉乃光 おいしょうすぇ」という昔のCMを思い出します。京都の言葉に惹かれます。
京都には5つの花街(祇園甲部・宮川町・先斗町・上七軒・祇園東)があり、舞妓さんの数は100人前後で、舞妓さんとは芸妓になる見習いの期間のことをいいます。
IMG_9791
椀物は、海老真蒸とゆずです。ふわふわですが、旨みが後からジワ〜っと追いかけて来ます。
後味が心地よかった。パーフェクト!
IMG_9846
これだけの艶やかな京美人に囲まれて、殿方たちは、当たり前ですが顔が緩みます。
IMG_9830
肴です。
アワビと帆立、酢のジュレです。
アワビの食感が驚くほど柔かで旨みもスパークしております。パーフェクト!
IMG_9863
クロード・ジロー氏も大喜びで終始ご満悦です。
私も真向いの席でした。
両脇には美女を従えておりました。
IMG_9840
焼き物は、鯧(まながつお)味噌幽庵焼きです。
幽庵地(醤油・酒・味醂の調味液にユズやカボスの輪切りを入れたもの)を用いた魚の付け焼き。
江戸時代の茶人で、食通でもあった北村祐庵(堅田幽庵)が創案したとされるからこの名前のようです。
ユズの香りが華やかで、凛とした印象が残る品です。パーフェクト!
IMG_9873
右側、ピアニストであり、ワインコーディネーターでもある山田久扇子(やまだくみこ)さんも来場。
クロード氏の隣りのお席でした。
IMG_9818


IMG_9842

松茸ご飯です。香りが鼻腔をくすぐります。
パーフェクト!
IMG_9870
岡さんと、ポンテヴェッキオの山根大助シェフです。
関西の重鎮たちとの交流も、楽しかった。

これだけの舞台と演出、素晴らしい料理に大変な努力が感じられます。
関西ソムリエ陣の見事なサーヴ、演出、素晴らしい!
驚きの連続でした。

夫婦でお招きいただき、本当に感謝!
有難うございました。人気blogランキング



IMG_9703


Posted by masahitovolvo at 11:04│Comments(0)