2019年11月04日

島牧村 美瑛 ひだか 素晴らしい食材 続々!

E-_DCIM_114CANON_IMG_9935
季節の素晴らしい北海道の食材がラ・ブリックに届けられ、厨房は大喜びです。人気blogランキング

IMG_9939

何度か書いている、島牧村の中村道由さんの食材が届きました。
北海道では温暖な後志(しりべし)の最西部に位置する島牧村で命がけで獲って来た食材です。
0000-25
野生キノコでも大変お世話になっております。
日本一を誇るブナ原生林に、方位磁石を頼りに命懸けで入山しています。
清澄度の高い清流で獲った、ヤマメです。
名称未設定-26
日本海に注ぐ泊川の上流5キロで、支流になるから更に支流になる、カモイ川の上流3キロくらいの極秘スポットらしいです。
カモイ川は、アイヌ語でカムイから来ています。
kamuyは、アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在のことです。
ヒグマもカムイという存在として言われています。
つまり、ヒグマもこの川にやって来ると思って間違いありません。

11111-1
狩場山系に広がるブナ原生林の面積は10,700haで日本一の面積です。
キノコ狩りやふきのとう、ギョウジャニンニクを目指す愛好家、あこがれの地です。
このブナ原生林を目指して遭難し、命を落とす老人は北海道では数知れず・・・・
島牧村のブナ原生林は、日本海から吹く湿った風が山にぶつかり、絶妙な自然環境!
北海道でも屈指のスポットなのです。

鬼の、 陸上自衛隊第7師団のレンジャー部隊でさえも恐れる場所です。
名称未設11定-2
(イメージ画像 レンジャー部隊)

この恐ろしい山に、定期的に入山し、我々に自然の宝を届けてくれます。
魂のこもった北海道の逸品の数々、旨みが違います。

近年、入山者にはリスクも高くなってきました。
北海道は、熊の大型化が著しく目立ってきました。
マタギの間で有名な、三毛別羆事件以来の大型熊もあちこちで目撃、捕獲されております。

冬眠前の熊には気を付けろ!
冬眠前のクマが餌を求めて活動が活発化する時期を迎えて来ました。

冬眠期は絶食で穴の中で暮らすので、冬眠前に栄養と脂肪を蓄えるためにたくさんの食物を食べます。体重の3割ほどが脂肪になるのです。
ドングリ、やクルミ、山ブドウ、ナナカマド、コケモモ、ウド、タラなどを利用し、サケ、マスが遡上する地域にいる個体はサケを捕食します。
この時期もキノコ狩りやヤマブドウ狩りに来た人間との事故が多くなっています。
10月から11月にかけて、襲われる確率が高いのです。

本州のツキノワグマと違います。
名称未設定-10

ひぐま大型化する凶暴なヒグマ!
今回のヒグマは、三毛別羆事件以来の大きさだとか!400キロ以上です。
デントコーンを食べて大きくなったようです。

北海道のヒグマは時速50キロ以上で走ります。
100メートル走は、6秒台です。
そして嗅覚は犬の10倍です。


陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥でも、逃げれません。
リーチマイケル選手でも勝てません。



さて、そんなヒグマを恐れずに、猟銃も携えないで入山するのが島牧村の中村道由様(ご本人写真NG)です。
カモイ川に入ると、携帯電話がつながりません。
電波が届かない場所なのです。
北海道は、電波の届かない場所の方が面積が広いと言われています。

ヒグマも恐れず、山中に入って行く事がライフワークになっている中村さん。
熊よけの鈴を鳴らしながら、至宝の食材を命と引き換えに探しに行きます。
必死(読むがごとく)で捕ったヤマメがこちら。
IMG_9934


IMG_9941


IMG_9948
キュペルリー シャンパーニュ
IMG_9959
美瑛、青木さんのかぼちゃ。
IMG_9977
日高の銀聖のテリーヌ アルザスピノグリ。

こんな素晴らしい生産者の方たちと、お取引出来て料理長以下、スタッフ一同感謝至極です。
北海道の美味しさをお届けします。

自然と生産者に感謝です。人気blogランキング

Posted by masahitovolvo at 01:16│Comments(0)