2018年05月20日

マザーテレサのように


 

IMG_8998









マザーテレサのことをおもう。


しゃしんをみる。それだけで、なんか、たいせつなきもちを、むねのなかにひろげれるようなこころにしてもらえるよ。


マザーテレサ。どんなひとだったんだろうな。やさしさ。ぬくもり。ひとのために。そういうものを、つつみこんで、もっともっととおくまであるいていったひとだよね。なんか、なんか、もっと、こころのなかの、ずっとひっかかっているものを、マザーテレサのことをもっとちかく感じて、感じて、こころをうごかせれたら、そのひっかかってるものがとれて、しゅーっと、あったかいたいようのひだまりみたいなところに、しゅーっといけそうな気がするんだ。



じぶんをささげること、いたいほどだれかのためになれること。そこに、またちがったけしき、こころのせかいがある気がするよ。自分を守ろうとして小さくちぢこまっていないで、もっと、ひとつになれるように、じゆうに、ひとつになって、よろこびも、いたみも、ひとつのなかにとけて、そこにひろがるつながり。もうひとつ、もうひとつ、もっともっと、まえにすすんで、なにげないことにもっとふかくこころをちかづけられる。マザーテレサのようになりたいな。


















masakarikatsuida at 13:35|Permalink きもち 

2018年05月19日

たちどまる






ゆっくりいきたい。生きたい。いきようとおもえば、いまからでもそうなれるんだよ。でも、こころのなかは、ちょっといきいそいでるバージョン。バージョンは、すぐにはかわらない。かえられない。


ゆっくりいきたい。ふとおもいついたときにおもいついたことをパパッとできるゆっくりさ。ふとおもいついたことを、ササっとのこしておけるゆっくりなきもち。こころのすきま。ひろいしかい。いちにちをいちにちでくくってしまわないおおらかなしぜん。


たちどまり、またあるきはじめて、またたちどまる。それぐらいの、それぐらいの。それぐらいのかんじ。たちどまり、たい、な。
















masakarikatsuida at 07:20|Permalink きもち 

2018年05月18日

ベッドを・・・




りんご箱のうえに



のせてみました 笑





FullSizeRender





FullSizeRender





















masakarikatsuida at 20:14|Permalink にちじょう 

しぜんへとびらたち








ひいたくさに、米ぬかと牛フンをまぜて、みずをかけてたい肥をつくります。



FullSizeRender



きょう、手をあてたら、あったかくなってた。くさも、1日なのに、かれたようにこげ茶色。物置のハウスのなかが、あまい香りがしてる。なんか、うれしい。発酵がうまくすすむとうれしくなるね。温度があがって、あまい香りがして。土や牛フンのなかにいる菌が、米ぬかをエサにしながら、草を発酵してるらしい。この草のかたまりのなかで、そんなことがおこっているんだね。想像することしかできないけど、自然はいくつ扉をあけても、まだまだ奥がありそうな。こうだと思っても、こうだと聞いても、でも、きっとそうとはかぎらない。想像もつかないようなことが、そこでは起こってそうな気がするよね。想像もつかないようなことだけど、自然のなかで決まったことがおんなじようにくりかえされているんだよね。

想像しかできないけど、すこしでも自然のことを深くしりたいな。




masakarikatsuida at 11:18|Permalink

2018年05月17日

ハリー・クラーク


ハリー・クラークという絵かきさんのことをおしえてもらいました。いま、ハリー・クラークの画集がてもとにとどく。




IMG_8970





IMG_8971






IMG_8972





IMG_8974





IMG_8975





IMG_8976





IMG_8977






IMG_8978





IMG_8979














なんという、なんという、こころのうごかされかたなんだろうね。白と黒の絵。細かい線、どっぷり深い黒。いろんな形の線。深く心をかけめぐる。こんなふうにかいてみようって、いろんなおもいが頭のなかにうかんで、絵をかきたい。きっと、いろんな絵がうまれる。自分の絵をひろげてくれる。すきな世界で、せなかを押してくれる世界で、であえてよかったな。

色のついた絵もすき。色合いがすき。あったかくて、ロマンチック。やさしいぬくもりの女の子と、ファンタジーにひたる男のようなかっこよさ。色も、また自分の絵をまえにすすめてくれそうだね。

ひとつの絵かきさんの絵とのであいが、自分をおおきくまえにすすめてくれる。そんな大きな広がった世界に、ありがとうと思う。ちからと、道しるべをいただいたようなきもちです。




















masakarikatsuida at 21:26|Permalink

2018年05月16日

ふたりでひとつのことを












ようくんがトラクターでたがやした田のうえを何ヶ月後に俺がたたく。ぼぉっと、トラクターにのって、なにをかんがえているのか。おなじところ、おなじやまを視界にいれながら、とおったあとをなぞるように。不思議だね。ようくんはなにを考えていたんだろう。俺はなにを考えているんだろう。時間をこえてかさなる。過去だけど、いまかさなる。ふたりでおなじことをする。もっとそのことを大切にしたいよ。たのしく。いっしょに。そのこころのおくのほうで、じんわりするきもちだけ、たいせつにできるように。























masakarikatsuida at 12:05|Permalink

2018年05月15日

すくなくちいさくふかくふかく





みっつのあなをほるのよりも、ふたつのあなをほるほうが、それぞれのあなはふかくほれるように。ふたつのあなよりは、ひとつのほうが、ふかくほれるように。

おおきなあなをほるよりは、ちいさなあなをほるほうが、ふかくほれるように。

かぎられたことを、なるべくちいさく。そして、ふかく、ふかく。

ふかいものを。

ふかいものを、こころふかくにとどけて、こころふかいつながり、こころふかいあんしん、こころふかいじかんをすごす。

あんしん、あんしん。

なるべくすくなく、なるべくちいさく、すすんでいきたい。




















masakarikatsuida at 10:23|Permalink きもち 

2018年05月14日

ゆっくりねむる






ゆっくりねむるって、たいせつなことだよ。きっとね、きっと。きっと、ゆっくりねむると、ゆっくりねむると、ひらめく。たくさん、ひらめく。いいひらめき。あいでぃあ。まえむきなきもちもおこりやすい。あんていして。ゆっくり、いろんないいことのちからをかりながら、ゆっくりすすむような。ゆっくりすすむような。そんな。おきてるじかんはすこしへるかもしれないけど、でもおきてるじかんは、エネルギーいっぱいのおきてるじかん。あたまスッキリのおきてるじかんに、なりやすい。きっと。きっと。




















masakarikatsuida at 18:12|Permalink きもち 

2018年05月12日

きりはり3


五百亀記念館のフライヤづくり

つづきです。


間があいて

このまえの勢いがないよう。


タルーンとなりながら

じわじわすすめてます。





FullSizeRender














masakarikatsuida at 21:34|Permalink

2018年05月11日

エゴンシーレ



図書館でエゴンシーレの画集をかりてきました。近くの図書館に、エゴンシーレの画集がある。なかなかないのにね。おおきな画集。なんかラッキーなきもち。


なにがすきなのか、どこがすきなのか、わからない。かっこいい、クールなのににんげんくさい。なまなましさ。とおりすぎても、よいんにつかまって、またひきかえして、どっぷりつかって、つきうごかされる。かっこいいな、エゴンシーレ。








IMG_8956










IMG_8942










IMG_8944










IMG_8945









IMG_8946










IMG_8947










IMG_8948










IMG_8949











IMG_8950











IMG_8951











IMG_8952











IMG_8953










IMG_8954











IMG_8955























masakarikatsuida at 19:51|Permalink

学校





学校という映画をみた。夜間学校のおはなし。さいごの、幸福ってなんだろう?ってみんなではなしあうところ。なんだか、なんだか、だけど、ちょっと、わかったような気がした。ことばにできないくらいだけど。みどりっていうふりょうっぽい女の子が、さみしく校門のまえですわっていたとき、くろちゃんって先生が、がっこうにはいりたいの?って声をかけた。そのとき、みどりは、なんか幸せになれるかもしれないって感じて。そこがすごいいっぱい気持ちがあふれてきた。くろちゃんは、あったかいひと。がっこうにはいりたいの?っていう声だけだけだったかもしれないけど、みどりは、そのくろちゃんのあったかさに、安心したんだよね。さみしかったり、きずついたり、だからこそ、安心して、みをゆだねられる人がいる。なにもとくべつなことなんてなくて、とくべつなことなんてしなくても、安心して、信じていられる。それだけでいいような気がした。さみしさもやわらぐし、きずだっていえる、きぼうだってわいてくるし。それで、もう、しあわせだっておもえるくらい安心してる。なんか、そのみどりのはなしてるところをみてたとき、なんか、あったかくしっとりなった。くろちゃんみたいなひと。なんでもないようで、みんな、きっと、くろちゃんに安心してる。そんなひと、すごいな。みどりのさみしさ、やわらぐ、安心してそこにいれる、そういうの、なんかホッとする。























masakarikatsuida at 07:55|Permalink

2018年05月09日

かいてるとちゅうの絵たち










FullSizeRender













FullSizeRender













FullSizeRender















FullSizeRender









FullSizeRender










FullSizeRender












FullSizeRender





あつかん































masakarikatsuida at 19:28|Permalink とちゅうのえ 

あっぱくかんのあるてんとうむし




なんか


あっぱくかんのある



てんとうむし





FullSizeRender
















masakarikatsuida at 17:05|Permalink

2018年05月07日

きりはり2




こんなになってきました。あたらしい感覚です。できあがっていたものが、またあたらしくうごきはじめる。かいたりけしたりするんじゃなくて、あったものをもってくる。パズルのような、シルバニアファミリーのような。絵にも、なんかいきてきたらいいです。




FullSizeRender

















masakarikatsuida at 21:44|Permalink

きりはり



ひちがつにある五百亀記念館で絵をかざるときのフライヤーをつくってます。今回はいままでかいてきた絵のなかから、きりはりして1枚の絵にしようと思って。そらのした つちのうえの絵が、いまなんか近くにある。なんとなく、この絵を中心にしようと思って、すすめています。ちょっとまえにすすみはじめたかな。うまくしあがってくれたらいいな。





FullSizeRender
























masakarikatsuida at 20:07|Permalink

おばちゃんのラーメン







バスの店っていうラーメン屋さんがあって。ラーメンたべたくなったら、バスの店にいくのです。おばちゃんのラーメンおいしい。やさしい味。元気がでる。ね、なんか、おなかをいっぱいにしてくれるだけじゃなくって、根っこに水をやってもらえてる感じのおばちゃんのラーメン。


おばちゃんとはじめてゆっくりお話ができたよ。なんか、ホッとした。おばちゃんのお話。


おばちゃんはお店に毎日、自分の意思できてるんじゃないんだよ。こさせてもらってるんだよ。なにか不思議な力がはたらいて。おばちゃんはあやつり人形みたいなの。


そんなことを話してくれた。うまく書けない。


もう70歳をすぎてるみたいで、足もいたいみたいで。でも、毎日、ラーメン屋さん、あいてる。




なんでも不思議なことなんだよ。お客さんがきてくれることも。このときに、このひとがきてくれるっていうことも、なにか意味があるんじゃないかと思うの。そう思うと、なにもかも不思議なことのような気がして、不思議なことをずっと思っていたら、最後はありがとうになっていくんだよ。



なんか、ぜんぶ、大切なことなんだよね。なにげないことも、うれしいこと、たいへんなことも、であえるひと、わかれも。なにか、おおきくながくみて、じぶんや、じぶんのまわりのひとにとって、もっと大切ななことや、もっとじぶんのこころの大切なことをおしえてくれるために、あるのかな。あやつり人形、そうだよね。なにかが、せなかをおして、いろんなことをとおして、いいじぶんにつれていってくれてる。じたばたせずに、こだわりすぎずに、もっとらくに、もっときもちにすなおに、すごしていけたらいいな。






おばちゃんのラーメン、おいしかったよ。










masakarikatsuida at 06:24|Permalink

2018年05月06日

チカチカ パッパ




よぞらのむこう、ちいさくかがやく星より、まだむこうの、どこかの星にむけて、ひかりのしんごうをおくる。


チカチカ、チカチカ、パッパ、パッパ。


あか、あお、きいろ。


とどくのか、とどいてほしい。いまのこのじかん、いまのこのこころ。ひかりにのせて、いつかの、どこかの星でくらす、だれかのこころがキャッチしたら。


そらにしんごうをおくる、しんごうにきもちをこめる。


こめるきもち、いいきもち、こめたいな。







masakarikatsuida at 08:31|Permalink きもち 

2018年05月05日

Vertマルシェ









Vertマルシェ、おわって、じぶんのへや。なんか、やまのうえからおりてきたかんじ。またやまにのぼりたいな。しごともあるし、にちじょうにかえらないとね。あんまり、ほどでもないけど、じゅうろっかっけいぐらいのかたちのきもちでじゅんびしてた。だんだん、まるくまるくなってきて、よかった。まにあったね。


かいてる絵のおんなのこの目が力をくれた。こっちもしっかりしなきゃって、おなじような目になりたいと思って、ちょっとこころがつよくなれた。


つくえのうえ、かみのうえに、あたまのうえをゆれる木のはっぱのかげがうごいていて、絵のうえで、かげがうごいているのを感じながら、絵をかく。いつも、じぶんの手とペンと紙と線をみてかいているから、そこにうごくかげがくわわると、なんか、ホッとした。うごくものはいいね。木とたいようと、風。目でかんじられる。ホッとする。



絵をたくさんみてもらえて、やっぱりきょうもうれしかった。なんか、おわるとさみしいね。そんなきもち。また、いっぱい絵をかこうと思うきもちがでてきた。かきたい、かな。かきたい、だ。ちゃんとねむって、ちゃんとねむったら、おきて、畑もちゃんとして、なるべく絵をかけたらいいな。


木がならんでいて、その木のあいだを、ちいさな道がくねくね。こかげとよぶのにちょうどいいひざしとかげのまざりあい。すてきなおみせがたくさんならんでて、ちょっときんちょうしたけど、なんか、こころがゆっくり、1時間が1時間20分に感じるくらいの、しんぞうが30秒に1回ゆっくりうつくらいの、そんな時間のながれ。絵をかこう。じっくり、たくさん、かけたらいいな。












FullSizeRender









FullSizeRender









FullSizeRender








FullSizeRender









FullSizeRender



























masakarikatsuida at 21:09|Permalink

おんなのこ




またあたらしくかきはじめてしまった


あさひがあたってきれい





FullSizeRender





















masakarikatsuida at 06:37|Permalink とちゅうのえ 

2018年05月04日

ひふこきゅう








しらさぎが、みずをはった田んぼにたってたよ。空がはんしゃして白くまぶしいみなも。とおくの山をみつめてるしらさぎが、なんだかかっこよかったな。なんだか、もう、しぜんとひとつじゃないかとおもった。どんなふうに、しぜんをうけとめてるんだろうね。きっと、もっと、もっと、しぜんをやわらかくうけとめているんだろうな。おはなも、木も、むしも、もっと、もっと、こまかく、ふかく、しぜんをしってるんだろう。ふくをぬいで、はだかになるように、あたまをからっぽにして、かんかくだけになれたら。てもとばっかりみてないで、しぜんにもっとこころをよせれるように、そんなふうになれたらいいなぁ。


























masakarikatsuida at 18:03|Permalink きもち