2007年05月22日

「完治」


柴田の拳が完治した。

パンチングミットを打たせると?

案の定、パンチの威力が恐ろしく倍増していた。

脚も使えるようになり
移動しながらの連打も可能。

この2カ月間
みっちりとフットワーク、シャドー、体捌きを行っていた結果だ。

握りも出来たところで
来週からはグラウンドも開始。

次の試合も見えてきた!
前進あるのみ。


      船木誠勝

masakatsu_funaki at 02:00|この記事のURL

2007年05月11日

「結合」


柴田のパンチ 脚、腰、背中がようやく結合した

前回の野外トレーニングでは、あと一歩のところで結合できず

パンチが結合したとき
まるで子供が初めて補助車を外して自転車を運転できるようになった瞬間を見たかのように感激した。

結合は完了
次はそのパンチとフットワークを一体化させる作業へと移る。


      船木誠勝

masakatsu_funaki at 20:48|この記事のURL

2007年05月10日

「ゴールドジム」

b0444a73.jpg
















「ゴールドジム」さんにお邪魔させて頂き
マシンを使った筋肉トレーニング。

近代のマシンは短時間で筋肉への刺激を得る事が出来
やっているそばから筋肉が痛くなってきます。

柴田も「ア゛〜ア゛〜」と唸り声をあげながら筋肉に刺激を与えておりました。


      船木誠勝

masakatsu_funaki at 17:10|この記事のURL

2007年05月09日

「青空トレーニング」

f2096977.jpg
















今日は青空の下
conditioningdashとミット打ち
フットワークと体捌き

暑くなってきましたね。

久々にトレーニング風景をビデオで録画して
客観的に観察してみたのですが
フットワークに体捌き
パンチの回転が本当に良くなりました

あとは脚、腰、背中が結合したパンチを習得し
もう一段階上を目指してもらいます。

明日からは器具を使ったハードな筋肉トレーニングも開始
柴田の体はますます磨きがかかる事でしょう。


      船木誠勝

masakatsu_funaki at 20:30|この記事のURL

2007年05月05日

「肉体再生」


拳の握りもだいふ出来るようになってきた柴田
しかし、まだまだ油断は禁物
ここで無理をしてしまうと再び拳を痛めてしまう。

握りが出来てきたところで
来週から本格的に筋肉の再生作業に着手。

強い負荷をかけられなかった為、この1ヶ月は維持のみ。

もう一度本格的に筋肉へ刺激を入れ
筋を強靭にし、戦闘用の肉体に戻す。

六週間後には古代パンクラチオンに出場する競技者のような肉体になれるよう頑張ろう。


     船木誠勝

masakatsu_funaki at 21:37|この記事のURL

2007年04月28日

「昔のプロレス」


gymへ行く車の中で、柴田とよくプロレスの話をする。

今日の話題は"昔のプロレス"

現代のプロレスとは形の違う昔のプロレス

猪木/ゴッチ戦は面白い

ローランドボックは強そうだ

技の攻防にも説得力がある

その攻防に対してのお客さんの反応…。

柴田は言う 「昔のプロレスは面白いです!」

どうやら、自分と柴田の古巣"新日本プロレス"のルーツは
旗揚げ戦のメイン"猪木/ゴッチ戦"に隠されているようだ。

そして、ブームになっている総合格闘技のルーツは"木村政彦/エリオグレイシー戦"
"力道山/木村戦"に隠されている。

毎日毎日、二人でそんな事を話しながらgymへ向かっています。


    船木誠勝

masakatsu_funaki at 00:27|この記事のURL

2007年04月27日

「conditioning-dash/ 整体」


週に一度、柴田のコンディション確認の為
川沿いでの野外トレーニングを行っている。

歩行やステップ
シャドーなど、脚を使ったトレーニングを広い場所を使い約1時間。
仕上げは、短距離ダッシュと様々な運動を組み合わせた
"conditioning-dash"

このトレーニングで柴田の今の体調が確認出来る。

本日の体調"良し"

一昨日、山さん(山田学元選手)のところ(B+)へ行き
体を整体してもらったようで
その日以来、体の血行が良くなり肉体がスムーズに動くらしい。
動けば動くほど汗も出てきて、正に健康体そのもの。

骨の歪みと筋肉の張りをほぐすと
人間の体は正常に働くようになっているのです。

体の機能が正常に働いていないと思う方、
是非、整体をお勧めします。


    船木誠勝

masakatsu_funaki at 00:35|この記事のURL

2007年04月23日

「練習用ギプス脱出」


"祝"練習用ギプス脱出!


    船木誠勝

masakatsu_funaki at 23:29|この記事のURL

2007年04月21日

「結合間近」


約1ヵ月のフットワークトレーニングの甲斐あって
相対シャドーの時の柴田はまるでローラースケートを履いているような勢いで相手を追い詰める
随分とバランスが良くなった。

昨日はパンチの質が変わった事を確認
後は"腰"

腰の柔らかさがもう少し増せば下半身と上半身が見事に結合したパンチを繰り出せるはず
しかし、これが一番難しい。

いよいよ来週は練習用のギプスを外せるかも?

あの試合以来右手でものを殴っていない柴田
さぞかしストレスがたまっている事だろう。

もう少しの辛抱。


    船木誠勝

masakatsu_funaki at 22:45|この記事のURL

「パンチの質向上」

e8088842.jpg












パンチの質が徐々に向上してきた
拳が完治するまでにあと何回パンチの素振りを繰り返す事だろうか?
素振りは多ければ多い程良い
下半身と上半身の動きを結合させ
柴田は今まで以上のパンチングパワーを身に付けるはず。


    船木誠勝

masakatsu_funaki at 00:03|この記事のURL
Profile
船木誠勝

弘前大学付属中学校卒業後「新日本プロレス」に入門。15歳で史上最年少デビュー。19歳でドイツ、オーストリア、イギリスへ海外遠征後20歳で「U・W・F」へ移籍。同団体解散後22歳で「藤原組」へ入団。同団体解散後24歳で格闘技団体「パンクラス」を設立。第4・6代キング・オブ・パンクラス」無差別級チャンピオンとなり、2005年5月ヒクソン・グレイシー対戦後引退。2004年自ら設立したパンクラスを退団。現役引退後俳優を中心に活動。