5/11に中野港へ行った時の話です。

IMG_20190511_124558
副会長夫婦が作業していたのでちょっとお話して、漁業の現状を聞く。
聞いて思ったのが未利用魚(捨ててる、市場で評価されない魚)の魚名を聞き取る(エソ、カナガシラ、エイ等)。

IMG_20190511_124602
夫婦で仲良く作業中!


例えば以下
1557490710389
未利用魚(写真は定置のアイゴ)ヒレすべてに毒がある魚

Screenshot_20190512-021925
こんな魚

IMG_20190510_141623
下した身の状態、悪くはない。手間がかかるだけ。
使えると思った。



この日に事務局長は思った。

もう漁村市も7年目、ダラダラ魚を売ってるわけではない。
こういう魚(未利用魚)を少しでも流通、現金化して沿岸漁業者が儲かる仕組みを考える。

例えばオコゼなど市場では普通の価格で、飲食店では高級など、矛盾があるのでその矛盾を小さくして少しでも沿岸漁業や魚に注目される仕組みノドグロやモサエビのようにヒットを構築したい。

今年度の目標がハッキリ頭に降りた瞬間でした。

                                       事務局長