(新)さかいみなと中野港漁村市

ブログ引っ越しました。 沿岸漁業者と境港総合生が主役の沿岸漁業活性化! 沿岸漁業を地域で支えている模様を事務局長が報告します。 過去の記事はhttp://blog.zige.jp/nakanokou/でご覧ください。

2019年06月

6/8に行われた第2回漁村市の報告です。


7時過ぎ会場到着(まだ雨模様で風少し強し)
お客さん来るのか、魚もいろいろ用意してるとの漁師から情報


IMG_20190608_074931
7時50分頃、養殖赤水(キジハタ)会社の人も早めに準備
この魚(陸上養殖赤水)は一般売りはしてないので気軽に買えるのは実は漁村市のみ!
違っていたらごめんなさい。

IMG_20190608_074937
火をおこします

IMG_20190608_074956
厨房内も岩ガキ用に湯を沸かします

IMG_20190608_075153
何がいけないのか、タッチングプール用の1tタンクの海水が見事に濁っている
魚が見えない死んだ個体が水を汚すのか。

IMG_20190608_075306
茹でて蓋を外し、水洗いして焼く動線も漁業者が来るまでに事前に用意、


8時頃漁業者が到着して売り場内のテントやテーブルなどを外に出して実行委員会とテント立ててくれ


IMG_20190608_083152
8:30頃岩ガキ到着、仕込み開始

IMG_20190608_083520
漁業者から岩ガキいくらで売るか相談があり、1000円で販売することに落ち着き

IMG_20190608_084652
漁師の奥さん連中で構成されるお魚を食べる会もメイタガレイのから揚げの仕込み

IMG_20190608_085842
9時前 境港総合技術の海洋科は事前に神経抜きした魚で試食用に切りつけ

IMG_20190608_085927
赤水(キジハタ)到着

IMG_20190608_091606
9:15分 まぐろ団子汁も完成して

IMG_20190608_091727
POPの神様もエントリーがないのサプライズ登場してフル活用でお願いして、

IMG_20190608_091842
魚の売り場(入口側より)アジ、オコゼ、

IMG_20190608_091846
メイタガレイ

IMG_20190608_091850
レンコダイ

IMG_20190608_091854
チダイ、バトー

IMG_20190608_091859
タイ、メッキ、チカメキントキ、ホウボウ、ボッカ

IMG_20190608_091907
ヒラメ、カレイ、本メタ、チカメキントキ

IMG_20190608_091909
ネズミゴチ(写真右側袋)

IMG_20190608_091912
カワハギ、ベニズワイガニ

IMG_20190608_092828
殻のサイズ13センチくらいあったので「夏輝」ラベル置いて販売
IMG_20190608_092846
9:28分 聖心幼稚園の歌「うみ」開始
いつもは音源だけど、キーボードで生演奏、今までにないパターンでこれもありだなと思っちゃいました。(誰か来月どうですか?)

IMG_20190608_093048
9:30 境港総合の校長と食品ビジネス科の有志の生徒と撮影

IMG_20190608_093414
9:35 たまたま車にまぐろ包丁取りに行った満車でした
(普段はこうなんだ、駐車場係の方いつもありがとう)
 
IMG_20190608_093443
タッチングプールも栽培漁業センターとかにっこ館のダブル体制

IMG_20190608_093621
厨房内では漁師が岩ガキ焼いてたり、

IMG_20190608_093634
鳥取県栄養士会は人参でご飯炊き、仕上げに板わかめ入れた「あかね御飯」の試食製造中!
IMG_20190608_093739
続いてなかはま保育園は「エビカニクス」

IMG_20190608_093824
今回は未就学児が2園参加なので、歌う間にもう1園が魚売り場の見学

IMG_20190608_094036
大人気、メイタガレイ唐揚げ(2枚入り300円)

IMG_20190608_094702
なぜかまだ入札中なのにイレギュラーでまぐろがあったり、

IMG_20190608_095154
赤澤衆議院議員も飛び込みでご挨拶し、そのあと水産事務所長が新しい市場PRの挨拶し、両園の園児代表の鐘で販売開始

IMG_20190608_100039
10時 魚の販売開始と同時に振る舞いスタート
写真は来週6/16に行われるまぐろ感謝祭で販売するまぐろ団子汁の振る舞いバージョン

IMG_20190608_100249
美保湾で行われるセーリング世界選手権のPR

IMG_20190608_100258
出店者の皆様
左から こめや産業、みなとまち商店街、絣工房、手作り小物販売
IMG_20190608_100300
仁多米の餅とおこわなどもあり、

IMG_20190608_100324
食品ビジネス科も大盛況!

IMG_20190608_100327
生徒4名でフル回転

IMG_20190608_100340
毎回行列のできる干物販売

IMG_20190608_100350
海の生き物に触れるタッチングプール(かにっこ館)

IMG_20190608_100357
タッチングプール(県栽培漁業センター)

IMG_20190608_100404
市場PRで缶バッジ作成&配布

IMG_20190609_015436
こんなバッジ 境港の新しい市場のPRロゴマーク。

IMG_20190608_100516
10:05分 メイタガレイのから揚げ、焼き岩ガキ販売のブースも行列

IMG_20190608_101403
10:20分頃 まぐろの解体ショー開始

1559979569897
事務局長が解体します

1559979584118
頭も余すことなく脳天、ホホ肉、目玉、のど肉などを取る様子
後ろでは料理長が柵どり(写真奥のオレンジ色の機械は昨年購入したラップマシン)
いつ何があっても対応できるように事務局長は準備しております。

IMG_20190608_105709
10:50分すぎ 売り場の魚もほぼなくなり、

IMG_20190608_105956
まぐろもお祭り価格の1パック500円で販売

IMG_20190608_112006
11:20分 まぐろでてんやわんやで忘れていた昨日仕込んだホシザメのから揚げ(試食用)を
お魚を食べる会に揚げてもらう。感想はまさに鶏のから揚げでした。
次回は湯引きして酢味噌とか。
 
未利用魚かもしれないが十分に美味しい。
私的には定番の魚もいいけどたまには未利用魚も普及させたいという明確な目標でお店で出してもいいなと再確認しました。

皆で片付けして使う前よりきれいにをモットーに

実行委員会と関係者で報告と挨拶して解散


13時過ぎ
IMG_20190608_131102
1人で最終在庫、物の位置など確認しつつ、

IMG_20190608_131117
昨日よりきれいに、

IMG_20190608_131129
鍋も洗い、タオルも干して

IMG_20190608_131425
すでに駐車場はいつもの光景

IMG_20190608_131553
祭りの後の静けさ、遥か奥にはクルーズ船も見える、漁村の風情漂う風景

IMG_20190608_132243

お客さんからの指摘で日付が違うと。
よく考えたら昨年度のチラシでした。その場では気づかなかったけど、
よく考えたら今年度は縦バージョンの広告。そりゃお客さんが混同するわけだ。


IMG_20190608_185000
メイタガレイは実はこんなに脂があり、非常に美味です。
この脂の乗りは干物かひと塩して身を締めて焼き物にしようかな。


次回は7/13(土)です。
お待ちしております。

来場者は意外に多く、1600名のお客様にご来場いただきました。
出店者、視察など興味がありましたらメッセージをお願いします。


短時間に複数のことやプラスになるありがたいイレギュラーなこともありましたが
何とか無事終えることができました。

本業は放心状態で足がフラフラですが、いい経験させていただいてます。
今夜はぐっすり眠れそう。

                                   事務局長


今日は漁村市前日ということで会場で1人ごそごそ準備してたら、岩ガキを獲る漁業者より「岩ガキを焼くテストしたい」と言われまして、その様子他を書きます。話しているうちに現状の課題も少し見えてきました。


IMG_20190607_133652
①蓋つきバージョン(時間がかなりかかる 20分くらい掛かった)

IMG_20190607_134219
茹で焼きバージョン 1~2分茹でて、

IMG_20190607_134617
半茹での岩ガキの殻をむき、水でさっと塩気を洗いグリルへ、

IMG_20190607_135940
なかなかいい感じで

IMG_20190607_142911
こうなりました。
このバージョンに決定 お祭り価格のなんと100円で販売
※写真ではわかりづらいですが小ぶりの岩ガキです。


IMG_20190607_142234
通常サイズの小さめも今後のために焼きました。
事前に蓋を外した王道バージョン

IMG_20190607_142954
5分くらいで身がふっくらして貝柱の下辺りのミルクの所が普通にうまい、
酒が欲しくなる塩加減


当日は厨房を複数(栄養士会、漁業者の奥さん連中で構成されるお魚を食べる会)のグループで共用するので、手順など含め協議した結果、岩ガキの漁業者が焼くことになりました。



さかなの売り場には見慣れない1tタンクがあり、中をのぞくと、
IMG_20190607_132046
ヤドカリ、ネコザメ、カスザメ、ヤドカリ、アカエイ、ミシマオコゼ、ホシザメ、ウチワエビもいたような・・・  タッチングプール用のさかなです。


漁村市の会長が来て、「俺が提供するタッチングプール用のさかなはどげなっちょーか見に来た」
IMG_20190607_153845
と言い、自身で海水を入れ替える意識の高い会長(さすがです)

IMG_20190607_152751
奇麗な海水を得て元気に泳ぐカスザメ

IMG_20190607_152756
向かってくるというか、平泳ぎのように頭を浮かすカスザメ
焦ったというかビビった!

画面右上には6月から新しい市場で使用禁止になった中古箱(これに関しては最後に書きます)


IMG_20190607_153942
ネコザメも元気に泳いでいた

IMG_20190607_125352
まぐろの中骨10匹分の身を叩き団子の種用にして、

IMG_20190606_155616
わが愛車でデートカーでもある、ハスラーに10匹分の解体した直後のまぐろの中骨(木曜日の光景)


ホシザメ
IMG_20190607_162511
腹を見せて弱っていたので持ち帰り、

IMG_20190607_163021
3枚下し(おろしやすい、軟骨だらけでマンボウの様でした)

IMG_20190607_164417
ほんのり脂ものってるので、

IMG_20190607_231324
唐揚げ用にして10:30頃漁村市で試食で出そうかなと!

未利用魚、5月エソに続く第2弾はホシザメ。



ここからは漁村市を仕掛けた事務局長(魚のエンドユーザーで飲食店)の持論というかボヤキです。

6/7に沿岸漁業者数名と現場で話していて感じたことですが、6/1開場の新市場で魚価も上がることを期待していましたが、魚価はそのまま、木箱や中古箱が使えないので経費が余計にかさむ。
現実的な意見です。これを誰か汲んでほしい、今は何でもない小さいたわごとですが、じわじわそのうち沿岸漁業者に来ると私は思います。

せっかく新しい市場もできた。高度衛生対応型なので木箱や中古箱使用不可も理解ができる。
そろそろ本腰で沿岸者のパワープッシュしたいけど、これがビックウエーブになるにはどうすればいいのか・・・

個人事業主でもある漁業者にはたった数十円の経費増も大きい。
プラスチック箱を使いまわすのも少人数で行う沿岸漁業者は手間だし、どうにかして魚価が上がれば一番ですが、なんとかしてせめて新しい箱代くらいは捻出出来るように収益を上げてほしい所ですが・・・


消費者と沿岸漁業者が直接対話する県内初の取り組みでもある漁村市ではお客さんも多数来場し、モニタリング的な要素も行ってはいますが、なぜか市場では魚価が上がらない、そのあたりを追及すると原因(さかなの処理が手間が、ゴミの問題、共働きでさかなを構う時間がない、魚料理は店で食うもの)要は「魚離れ」など時代の変化もあろうかと、でもモサエビやノドグロ、松葉ガニなど観光面からアプローチすればまた別の切り口が見えるかなと。


漁村市の参加する沿岸漁業者は中野港全員ではなく、小型底引き中心の15名程度、岩ガキをお祭り価格で出したり、タッチングプール用のさかな獲ったり、沿岸漁業者の代表として儲からないことをあえて行い7年目。

今振り返ると、
初年度1回目は予算0円、当日プレゼンがあり何とか予算が付き、小型底引きのある10か月試しに行う
2年目は5月から9月になり水産祭りも出張漁村市で初参加
3年目で私が病に伏し8月は気温が高く魚が傷むので休止
4年目で停滞して漁業者から辞めようかの声も出て
5年目で起死回生で知事も来賓で来場、2回目の水産祭りに出て今後もやる方向になんとなく決定
6年目は5年目の勢いを継続しつつ、日韓水産セミナーで漁村市の狙い、現状などを説明
7年目、未利用魚を有効活用、飲食店では高級魚のオコゼの浜値向上(入口と出口の価格差という矛盾を埋める
よくこんな未知数なことに参加してくれました。

せめて漁村市に関わる沿岸漁業者だけでもいいので試験的にでもプラスチック箱の助成、スーパーの本気の産地視察、生産者の指名買い、トレーサビリティーとかなかなか踏み込めないことをやっていただきたいところですが・・・


美保湾ブランドのロゴは2年目に公募してデザイナーさんの作った素晴らしいロゴも完成して、このロゴを生かした儲かる沿岸漁業、代替わりした奥さん連中のお魚を食べる会(旦那のさかなを販売、未利用魚を食として提供)など下地はできております。
でもハード、拠点を作る予算がないんです。
図1

2年目から『漁村カフェ』構想は持ってます。
拠点があればもっと小回りの利く、斬新な何かができる、大山を望み漁村の風情漂う沿岸漁業の基地、中野港、漁村カフェで黄昏るもよし、未利用魚、旬の魚を使った食事もよし、顔の見える手作り干物、マイナス60度で冷凍し、時化に弱く、少量多種な魚も安定して出せる拠点が欲しいですね。


沿岸漁業のモデルになるような私みたいな思いの強い、調子に乗るわけではないですが、民間がかかわることによりモデルになるようなことができるはず、この漁業者たちとならきっとできるはず。

みたいな・・・
最後ボヤキですみません。


今深夜1時、風はビュンビュン吹いていますが、朝にはきっとやむでしょう。
第2回漁村市9:30~11時ですよ!
お待ちしております。

6/8(土)は漁村市です。

6月解禁の鳥取県産岩ガキ『夏輝』なつきも販売されます。
Screenshot_20190607-001802~2

その他オコゼやレンコダイ、メイタ、シラス、本バイなんかもあると思います。
未利用魚のセットとか売るのかな。
あとは当日のお楽しみ!

Screenshot_20190607-001336~2
こんなのも振る舞います。
さっぱり塩味のまぐろ団子汁(スッと体に染み渡るやさしい味です)
翌週開催される「第9回まぐろ感謝祭」では100円で販売します。


IMG_20190605_184452
お魚を食べる会(漁師の奥さん)はメイタガレイのから揚げの他に
下火グリルも購入したので岩ガキとか焼いて売るかなと思います。


他の出展者
・大海 干物販売(毎回行列でお買い得品盛りだくさん)
・みなとまち商店街(野菜販売)
・奥出雲ふるさと会(仁多米つきたて餅、おこわ販売)
・こめや産業(ののこめし販売 境港の郷土料理、油揚げの中に御飯が入った味ご飯)
・フリースタイル(車展示、車検の相談など 車のことならなんなりと!)
・絣工房 浜木綿(絣小物販売)
・まつぼっくり事業所(たこ焼き他)
・手織り工房あじさい(手作り小物展示販売)
・鳥取県セーリング連盟(世界選手権PR、Tシャツ販売)
・三光(陸上養殖赤水ここだけでの販売 一般流通していません!)
・境港総合技術高校 海洋科(赤水神経締め実演試食)
  食品ビジネス科 (イチゴジャム、鯖缶販売 共に360個驚きの価格で販売)
・鳥取県境港水産事務所(市場PR/缶バッジ作成)
・鳥取県栄養士会(あかね御飯試食 人参ご飯のことです)
・栽培漁業センター、かにっこ館(海の生き物に触れるタッチングプール)

※境港総合技術高校の食品ビジネス科は販売実習なのでくれぐれも殺気立たぬよう係員の指示の上、おお買い求めください。

今回は未就学児と高校生の頑張りを見てほしい所です。

今回は未就学児が2園参加しますのでオープニングでほっこりして、試食して各ブースを回遊して、最後は沿岸のさかなを購入してほしいです。


漁村市は毎回試食もあるし、超短時間ですが内容は非常に濃いイベントです。
9:30(準備ができ次第販売可)~11:00(屋内の魚の販売は10時~売切れ次第終了)
です。

お待ちしております。

                                    事務局長

↑このページのトップヘ