(新)さかいみなと中野港漁村市

ブログ引っ越しました。 沿岸漁業者と境港総合生が主役の沿岸漁業活性化! 沿岸漁業を地域で支えている模様を事務局長が報告します。 過去の記事はhttp://blog.zige.jp/nakanokou/でご覧ください。

カテゴリ: 事務局長の想い

ブログに大変ありがたいコメント頂きました。


初コメントです✨
中野港漁村市毎年どんな魚があるかな?とか
色々楽しみでいつもワクワクしてます。

水産祭りが終わり、出張漁村市も終了し
次の漁村市は春かぁーと思うと
いつも待ち遠しくなってます(笑)

お店に並んでいる魚じゃなくて
珍しい魚が色々出てる所がいいと思います。

ヒメジやメイタカレイ、みしまオコゼ、エソ等々
漁村市で魚を買って色んな調理方で試して食べてみて
美味しいと思ったものばかりです。(好みはあるかもしれませんが、、、)
珍しい魚ももう少し置いてほしいです✨

やっと(何年か振りです🤣)振る舞い食べれました😺
マグロの団子汁とても美味しかったです🎵

次回も楽しみにしてます&行きます♪


と言う、次回も頑張らねばと思わせるコメント頂きました。


以下写真は主な未利用魚(抜粋)
IMG_20190608_091907~2
写真左上(ヒメジ)らしき魚 唐揚げがうまいらしい

IMG_20180424_124649
ダツ(昨年4月)

IMG_20180424_124921
ダツ(昨年4月 下ろした身)

IMG_20190608_112006
6月のホシザメのから揚げ(試作品)

IMG_20190518_091105
5月エソの天ぷら

IMG_20190630_160027~3
7月の市報裏表紙
書く人もよく理解していますね。

IMG_20190620_144356
と言うことで令和元年、

第3回漁村市は今度の7/13土曜日9:30~11:00頃まで
(魚の販売は10時から)開催

ご来場お待ちしております。

事務局長

今日は漁村市前日ということで会場で1人ごそごそ準備してたら、岩ガキを獲る漁業者より「岩ガキを焼くテストしたい」と言われまして、その様子他を書きます。話しているうちに現状の課題も少し見えてきました。


IMG_20190607_133652
①蓋つきバージョン(時間がかなりかかる 20分くらい掛かった)

IMG_20190607_134219
茹で焼きバージョン 1~2分茹でて、

IMG_20190607_134617
半茹での岩ガキの殻をむき、水でさっと塩気を洗いグリルへ、

IMG_20190607_135940
なかなかいい感じで

IMG_20190607_142911
こうなりました。
このバージョンに決定 お祭り価格のなんと100円で販売
※写真ではわかりづらいですが小ぶりの岩ガキです。


IMG_20190607_142234
通常サイズの小さめも今後のために焼きました。
事前に蓋を外した王道バージョン

IMG_20190607_142954
5分くらいで身がふっくらして貝柱の下辺りのミルクの所が普通にうまい、
酒が欲しくなる塩加減


当日は厨房を複数(栄養士会、漁業者の奥さん連中で構成されるお魚を食べる会)のグループで共用するので、手順など含め協議した結果、岩ガキの漁業者が焼くことになりました。



さかなの売り場には見慣れない1tタンクがあり、中をのぞくと、
IMG_20190607_132046
ヤドカリ、ネコザメ、カスザメ、ヤドカリ、アカエイ、ミシマオコゼ、ホシザメ、ウチワエビもいたような・・・  タッチングプール用のさかなです。


漁村市の会長が来て、「俺が提供するタッチングプール用のさかなはどげなっちょーか見に来た」
IMG_20190607_153845
と言い、自身で海水を入れ替える意識の高い会長(さすがです)

IMG_20190607_152751
奇麗な海水を得て元気に泳ぐカスザメ

IMG_20190607_152756
向かってくるというか、平泳ぎのように頭を浮かすカスザメ
焦ったというかビビった!

画面右上には6月から新しい市場で使用禁止になった中古箱(これに関しては最後に書きます)


IMG_20190607_153942
ネコザメも元気に泳いでいた

IMG_20190607_125352
まぐろの中骨10匹分の身を叩き団子の種用にして、

IMG_20190606_155616
わが愛車でデートカーでもある、ハスラーに10匹分の解体した直後のまぐろの中骨(木曜日の光景)


ホシザメ
IMG_20190607_162511
腹を見せて弱っていたので持ち帰り、

IMG_20190607_163021
3枚下し(おろしやすい、軟骨だらけでマンボウの様でした)

IMG_20190607_164417
ほんのり脂ものってるので、

IMG_20190607_231324
唐揚げ用にして10:30頃漁村市で試食で出そうかなと!

未利用魚、5月エソに続く第2弾はホシザメ。



ここからは漁村市を仕掛けた事務局長(魚のエンドユーザーで飲食店)の持論というかボヤキです。

6/7に沿岸漁業者数名と現場で話していて感じたことですが、6/1開場の新市場で魚価も上がることを期待していましたが、魚価はそのまま、木箱や中古箱が使えないので経費が余計にかさむ。
現実的な意見です。これを誰か汲んでほしい、今は何でもない小さいたわごとですが、じわじわそのうち沿岸漁業者に来ると私は思います。

せっかく新しい市場もできた。高度衛生対応型なので木箱や中古箱使用不可も理解ができる。
そろそろ本腰で沿岸者のパワープッシュしたいけど、これがビックウエーブになるにはどうすればいいのか・・・

個人事業主でもある漁業者にはたった数十円の経費増も大きい。
プラスチック箱を使いまわすのも少人数で行う沿岸漁業者は手間だし、どうにかして魚価が上がれば一番ですが、なんとかしてせめて新しい箱代くらいは捻出出来るように収益を上げてほしい所ですが・・・


消費者と沿岸漁業者が直接対話する県内初の取り組みでもある漁村市ではお客さんも多数来場し、モニタリング的な要素も行ってはいますが、なぜか市場では魚価が上がらない、そのあたりを追及すると原因(さかなの処理が手間が、ゴミの問題、共働きでさかなを構う時間がない、魚料理は店で食うもの)要は「魚離れ」など時代の変化もあろうかと、でもモサエビやノドグロ、松葉ガニなど観光面からアプローチすればまた別の切り口が見えるかなと。


漁村市の参加する沿岸漁業者は中野港全員ではなく、小型底引き中心の15名程度、岩ガキをお祭り価格で出したり、タッチングプール用のさかな獲ったり、沿岸漁業者の代表として儲からないことをあえて行い7年目。

今振り返ると、
初年度1回目は予算0円、当日プレゼンがあり何とか予算が付き、小型底引きのある10か月試しに行う
2年目は5月から9月になり水産祭りも出張漁村市で初参加
3年目で私が病に伏し8月は気温が高く魚が傷むので休止
4年目で停滞して漁業者から辞めようかの声も出て
5年目で起死回生で知事も来賓で来場、2回目の水産祭りに出て今後もやる方向になんとなく決定
6年目は5年目の勢いを継続しつつ、日韓水産セミナーで漁村市の狙い、現状などを説明
7年目、未利用魚を有効活用、飲食店では高級魚のオコゼの浜値向上(入口と出口の価格差という矛盾を埋める
よくこんな未知数なことに参加してくれました。

せめて漁村市に関わる沿岸漁業者だけでもいいので試験的にでもプラスチック箱の助成、スーパーの本気の産地視察、生産者の指名買い、トレーサビリティーとかなかなか踏み込めないことをやっていただきたいところですが・・・


美保湾ブランドのロゴは2年目に公募してデザイナーさんの作った素晴らしいロゴも完成して、このロゴを生かした儲かる沿岸漁業、代替わりした奥さん連中のお魚を食べる会(旦那のさかなを販売、未利用魚を食として提供)など下地はできております。
でもハード、拠点を作る予算がないんです。
図1

2年目から『漁村カフェ』構想は持ってます。
拠点があればもっと小回りの利く、斬新な何かができる、大山を望み漁村の風情漂う沿岸漁業の基地、中野港、漁村カフェで黄昏るもよし、未利用魚、旬の魚を使った食事もよし、顔の見える手作り干物、マイナス60度で冷凍し、時化に弱く、少量多種な魚も安定して出せる拠点が欲しいですね。


沿岸漁業のモデルになるような私みたいな思いの強い、調子に乗るわけではないですが、民間がかかわることによりモデルになるようなことができるはず、この漁業者たちとならきっとできるはず。

みたいな・・・
最後ボヤキですみません。


今深夜1時、風はビュンビュン吹いていますが、朝にはきっとやむでしょう。
第2回漁村市9:30~11時ですよ!
お待ちしております。

3日前の水曜日
事務局長は休みですが、打ち合わせが2つあり、空いた時間にちょっとずつ備品搬入で日中にガスやらを搬入して、
IMG_20190515_201754
まずはポロシャツの在庫チェック(残りわずか!)

IMG_20190515_203111
そして夜に寸胴やら購入した箸やらを搬入

IMG_20190515_210621
日中にコンビニで拡大コピーしたやつを

IMG_20190515_210729
ガラスに貼り付けて

IMG_20190515_210920
タオルもセットして、

IMG_20190515_210923
ゴミ袋や出入口のやつ出して、

IMG_20190515_210927
厨房や準備もこの日はバッチリ。

IMG_20190515_210935
魚の会場も軽く掃除して3日前は終了!


そして、2日前、木曜日の動き
IMG_20190516_095808
朝10時に弓ヶ浜水産へ(間違えて会社の裏に出た。ちょうど水揚げ中で、ここからフィッシュポンプで工場へ行きます)

IMG_20190516_125405
ドーン サーモンのアラ20キロ。
そして、漁業者の会長からお願いしてた「エソがあるよ」と電話があり、サーモンの帰りに中野港へ、

IMG_20190516_101253
未利用魚でもあるエソを入手!

IMG_20190516_101307
これもついでにあげると。ラッキー!

IMG_20190516_125354
これがエソ(ニギスに鱗が付いたイメージ)

IMG_20190516_125700
ついでにもらった魚たち(アンコウ、メイタ、アンカチ、デンボ他)

IMG_20190516_125439
試食で出すサーモン3本(弓ヶ浜水産様、ありがとうございます)

IMG_20190516_145805
13時~サーモンの処理開始
ケーブルテレビの取材をマイクつけて受けつつ、箱を開けるところから。
開けてビックリ、中骨多数、てっきり頭とかと思ってました。

IMG_20190516_145810
予想外の中骨多数だったので、中落ち取ってからあら汁変更して団子汁になりました。
単調な作業に結構時間がかかる(取材は1時間ほど、結局2時間かかった)
5/23の中海テレビニュースの特集で放送予定!

IMG_20190516_170621
夕方カニを水槽に取りに行ったら、なんと・・・

IMG_20190516_170624
駐車場にラインが引いてある(午前中はなかった)
市役所さんいい仕事してます。感謝!

IMG_20190516_212235
夕方以降、お客さんしながらエソを下す作業

IMG_20190516_212304
下ろしていきます。

IMG_20190516_212819
皮を外したエソの身

IMG_20190516_221923
ミンチにします。

IMG_20190516_221932
ミンチになりました。
調べたら、実はエソはかまぼこの原料にもなる高級魚らしい。
この時点でエソはまだ・・・

IMG_20190517_021723
試しに団子汁を試作!
表面に浮いているのはサーモンの脂とごま油を少々と白ネギとしめじです。
さっぱり飲める塩ベースの汁です。


今日はここまで!


そして前日5/17金曜日の動き

IMG_20190517_105938
日本海新聞(会長、まさかの枠内で顔写真)
事件起こしたかと思う(笑)

IMG_20190517_110344
山陰中央新報(黄色枠内)

日本海新聞にも折り込みが境港市全戸と米子市の一部に入り、
Screenshot_20190426-173119
(写真は修正前バージョン)

IMG_20190517_111204
中海テレビモーニングスタジオ電話出演(6:50頃)

IMG_20190517_164844
サーモン団子汁の材料と頭が少し(これは味噌汁)にする、を車に積んで会場冷蔵庫へ!

この後、急遽エソを漁師の奥さんがさつま揚げで出すことが決定!
「会長直伝、佐々木家、さつま揚げ(仮称)」急遽販売です。
価格はまだわかりません。


IMG_20190518_003833
NHKふるさと伝言板でも告知
高校生と沿岸漁業者の絵、素晴らしい!

真っ暗な中野港
IMG_20190518_001005
24時過ぎに本日3回目の会場へ
最後の搬入

IMG_20190518_001456
段取り考えて、サーモン315切れ切っちゃいまして(サーモン買う方に試食していただきます)

IMG_20190518_001451
サーモン団子、刺身、エソすり身、他全て冷蔵庫に入れて搬入終了!



数時間後の漁村市を待ちます。



漁村市は9:30~11:00(売切れ次第終了)
魚の販売は10:00より

サーモンは100本追加の300本、漁村市限定価格の1500円で(鮮魚販売の並んでいる方限定で出口付近で一人限定1本)境港総合の生徒が販売します。
おつりの要らないようにご協力ください。

それでは数時間後に中野港でお待ちしております。

                                    事務局長

5/11に中野港へ行った時の話です。

IMG_20190511_124558
副会長夫婦が作業していたのでちょっとお話して、漁業の現状を聞く。
聞いて思ったのが未利用魚(捨ててる、市場で評価されない魚)の魚名を聞き取る(エソ、カナガシラ、エイ等)。

IMG_20190511_124602
夫婦で仲良く作業中!


例えば以下
1557490710389
未利用魚(写真は定置のアイゴ)ヒレすべてに毒がある魚

Screenshot_20190512-021925
こんな魚

IMG_20190510_141623
下した身の状態、悪くはない。手間がかかるだけ。
使えると思った。



この日に事務局長は思った。

もう漁村市も7年目、ダラダラ魚を売ってるわけではない。
こういう魚(未利用魚)を少しでも流通、現金化して沿岸漁業者が儲かる仕組みを考える。

例えばオコゼなど市場では普通の価格で、飲食店では高級など、矛盾があるのでその矛盾を小さくして少しでも沿岸漁業や魚に注目される仕組みノドグロやモサエビのようにヒットを構築したい。

今年度の目標がハッキリ頭に降りた瞬間でした。

                                       事務局長


一人でコツコツ空いた時間に準備しております。

IMG_20190508_133420~3
市報掲載

IMG_20190508_142252
ポスター15枚のうちの1枚(味処美佐)

IMG_20190507_155901
もう1枚(境港商工会議所)、の他、県庁1枚、西部総合事務所1枚、市役所3枚、境港水産振興協会1枚、境港総合技術高校2枚、御宿野乃1枚、みやべそば1枚、テレビ用1枚と、

IMG_20190509_142858
残りの2枚貼るためにセロテープ跡をスチールタワシで取ります。

IMG_20190509_143805
ゴシゴシ

IMG_20190509_145433
作業台も錆びてるのでゴシゴシ

IMG_20190509_150655
ラップして終了!

IMG_20190509_153039
残りの2枚貼ってみました。

IMG_20190509_153039~2
何かさみしいので29年の会長の記事を張り付け、左右にミニのぼりおいてみたり(笑)


IMG_20190509_193426
夜は仕事を抜け出して「市民活動推進補助金」のプレゼン、19:40からのはずが20分押し。

不安そうな私を残業で残る知り合いに撮影依頼。
応接の電気つけてもらい、表情見るに不安で仕方ない様子(笑)


結果は来週かな。

一人で地味に来週の漁村市に向けて調整、予算取り、会場掃除を空いた時間にしております。

それと漁村市やまぐろ、カニ汁振る舞いなどでお手伝いして頂けるボランティア募集中。大人の部活として『やり甲斐、達成感』などを分かち合いたい方、打ち上げで飲みたい方など居ないと思いますが居たらこちらもお願いします。
                                        
                                        事務局長

↑このページのトップヘ