なぜ松葉ガニが高いのか、Gotoトラベルやってた昨年以上に!単なる店独自コロナの補填値上げじゃない、辛い理由を知ってほしいから書きますね。

KIMG3191
写真左松葉ガニ(ズワイガニ)、右ベニズワイガニ



以下、
良くベニズワイガニは松葉ガニと比べてボリュームないねとお客様に言われるので店主的からみた解説です。

・脚に厚みはなく全体的にスマート
・その分ベニは価格はお手頃
・ベニのカニ味噌は濃厚で身はしっとり甘い
・松葉1枚に対しベニは複数枚食べれる
・松葉が期間限定の男性、ベニは女性と認識
・ロットが大きく30キロのコンテナ単位(加工用だから)
・ベニは800m以下でしか獲ってはダメなカニなので鮮度落ちが早く、9割が加工用、残り1割がボイル等の姿売りでタグ付きの『活ベニ』は貴重!


当店使用 カニの姿の写真
KIMG3195
甲羅の大きさは同等で違いはと言うと、

KIMG3197
活ベニ(小A)大体400~500グラム

KIMG3196~2
松葉ガニ15立(500~600グラムまでの中くらいのサイズ)

それぞれ脚の厚み、味噌の入り具合の違い、重さと価格でしょうか。じっくり考慮して考えてみてください。

価格がちょっとなという方には
ベニズワイガニコース(1枚コース税込4950円~)でも十分堪能できます。

KIMG3194~2
割とセンセーショナル『高値の花、悲鳴、ため息』などぼやきっぽく書いてありますね。
記事後半は店主のコメント記載してあります。

ネットニュース(←リンク)


私の知る限りでは
・鳥取県の松葉ガニは昨年の65%程度の資源
・冷凍海外のズワイガニ漁が禁止なので日本のズワイガニの引き合いが増えた。
・島根のかご松葉が時化で遅れている。
・燃料代高騰と資源が少ないから出漁見送りの船も居るとかいないとか。
・それに比例してベニズワイガニのも同調


私的には松葉ガニもベニズワイガニのように資源管理しながら今だけでなく未来永劫にする転換期なのかもしれません。


要は需要と供給のバランスが変わって、地元向けは高くなりました。これでは『蟹取県』としては、地元店として非常に厳しい状態です。

その他消耗品、ガスまで値上げ!

上記の理由で当店もやむ無く、1100円までの範囲から2200円までの範囲に11/25から改訂しました。


お客樣には大変申し訳ございませんが
活松葉ガニ1枚コース税込10450円~12650円の範囲(上限あり)で『時価』ではなく、もちろんうちも努力、犠牲払います。
で活きた松葉が1枚付いたコース提供いたします。

直売施設で買ってご自宅で調理、その他の料理、片付け考慮しても安いと思います。価格は定期的に一般人に扮して定期的にチェックしに行ってます。


なんのために今までテイクアウト等で辛抱してきたか、挽回のチャンス来るかなぁ?


新聞記事のコメントは少し度が過ぎましたね笑 でも予定が多少狂ったのは確かです。


よろしくお願いします。