2014年02月

2014年02月28日

image

大腸癌治療で死ぬのを回避したけど!

死ぬぞこれ
88-49-116 37.2℃

体調整え再度測定。
image

やっぱり死ぬぞ(ToT)

96-50-127 37.1℃

体温、血圧、血液成分量、各種検査なんてこんなもんです。
image

これが原因?
その時の、体調や生体反応によって測定値なんざいつも変化します。

 ギャーギャー騒ぐなってことです(^-^)v

今度、170代の血圧値の画像もアップするよ。

170代の血圧値を見て、降圧剤を処方され、飲み見続けていたなら、今頃低血圧症状で、危篤状態だと思われます。(^_^;)

まあ、心拍数に反比例している訳で、ドキドキすると低血圧で、ゆったり構えていると高血圧になります。

 ジキルとハイドな訳です、人は皆。

だから、くれぐれもぎゃーぎゃー騒ぐなっての ^0¥

image

測定する毎に違うのです。(^_^;)
97-56-123 36.4℃
image

血圧が低いと、自覚症状としては、脂汗が出て頭がフラフラして呼吸が荒くなります。運転してたら、すぐに停車して、安静が必要です(^-^)v

image

image



にょっきmasaki0kon at 23:08コメント(0)トラックバック(0)memomemo自己責任 

2014年02月27日

入院前に、ヤフーオークションで落札した時計
image

入院中に届いてた。
image

この有り様(*^^*)
今日の血圧139-81-79 快調!体温36.5℃。
ここは、病院かっ(;゜0゜)、?
自己責任で自己管理は、大事なのです。

どうするかって?(;゜0゜)、
見込みあるやつビカビカに磨いて、電池交換して売る(^з^)-☆
後は、ばらして部品どり。d=(^o^)=b
誰か買って!安くしとく(電池代位で)。

そう言えば、小さい頃、目覚まし時計ばらして、部品余して怒られてた記憶が・・・・・・・・・
 あくまで、自己責任で。

にょっきmasaki0kon at 12:43コメント(0)トラックバック(0)memomemo妄想 

2014年02月24日

 今日、又々もうひとり、つわもの患者を発見。
 昨日の夜、明らかに不審な患者、入院パジャマで堂々と正面玄関から右手包帯グリグリで入って来た。その手には、明らかに買い物袋を下げて?

 今、さっき謎が解けた、今度は、堂々とパジャマ姿で出ていくじゃありませんか。(;o;)
 我輩も、パジャマ姿で外には出るが、おっかなびっくりなのに。
 そこで、跡を尾行、探偵ごっこです(^-^)v。
なんと、隣接する立体駐車場から、怪我した右手で運転し、堂々と脱走した!で、買い物済まして堂々と御帰還って訳です。


我輩、燃えてきた。d=(^o^)=b
 明日は退院予定なんだが、決めた事は、やらなきゃ気が済まない困った性格です(^-^)v。
脱走ルートの確認しました。
 近くのLAWSONの位置も確認しました。
手稲区役所の向かいに有ります。
image

 無人の診療受付の待ち合い室の隅に、脱走グッズを仕込む。(*^^*)
image

 後は、∥WC∥ヽ(^^ゞ。。。。で着替えて、脱走実行。
 何か、(・・;)))こそこそですが・・・・・・・・・・・・
image

脱走実行、到着。

今回の目的は、あくまで社会復帰に向けて、病院内の平らなフロアーを歩くのではなく、新鮮な外気を吸って、凸凹の滑る雪面で鍛える事です。
 決して、ライターと煙草が無いから買いに行った訳ではなく、たまたま、あったコンビニでついでに買い物しただけ。

image



 ましてや、思わずプレミアモルツに手が伸びそうになったなんて事は、気のせいです。(*^^*)
image



にょっきmasaki0kon at 20:12コメント(0)トラックバック(0)ネタmemomemo 
 今日になって,大腸ポリープとの闘いの成果が見えて来たようだ!

 もうまともな排便は出来ない腸の状態を抱えながら、病院を取っ替えひっかえして何ヵ月も医者と喧嘩し、断食を繰り返しながら努力して来ました。

 自分が希望し、納得出来る治療をして丁度、今日で1週間。

 やっと今日で、出口が見えてきた!

理想に近い大便が,大量にありました。(*^^*)
恐らく、一年ぶり位で見た気がします。

 写真撮ったから見る?(;゜0゜)、え?要らん?そうですか  (/--)/
 看護師に、見る?と聞いたらおおうけだったが、結局見なかったからなー(ToT)

 後、一歩!

これでまた、プレミアム・モルツが飲めるぞ!

我輩の辞書から、反省の文字は消したナリ。

人間、努力が必要です (^-^)v

 8時に執刀医の回診があり、本日退院しても良いですよ、とのこと。
 手術前に食事を長期間に亘り全々採ってないのにも関わらず、驚異の回復力だそうだ。
 そら、そうだ、自分の体は自分で決めたやり方で、自分で治す努力が報われたのだ。

 手術跡も、綺麗ですね。


image

image

 当たり前だ。前に紹介した『湿潤療法』'傷口は消毒するな、乾かすな'を自己責任で看護師には内緒で実践した成果なのだから。
 乾かさず、傷口から分泌される湿潤液(例の黄色いグチュグチュ液)を治癒のために傷口に留めるやり方。
 白色ワセリンを傷にタップリ塗り、自家製のパッドで乾かない様に蓋をするだけ。
 自家製のパッドの作り方は、キッチンペーパーを重ねて、台所用の生ゴミの穴あき水切りビニールシートで包むだけ。
 これで、今までの傷口治療の数倍の早さで、傷口も綺麗に治ります。台所用品は、偉大です(^-^)v】


 今後どうなるかは、解らないけどね♪その時考えよう。

 もう、生活に支障が出る症状がない限り病院には行きません。
 人間ドッグも行きたくないんだが。(-。-)y-~

いい情報がある。人間ドック当日に、今回は胸部と胃腸のレントゲンは、やりませんでOK。
 理由は聞かれないが、もし問われたら、最近撮影したばかりと言えば後はOKです(^-^)v

 放射線被曝から我が身を守ろう。
さもなくば、我輩みたいに、正常細胞がぐれて異常細胞となり、癌と診断されて癌治療まっしぐらは間違いない所。

 医者からの癌治療攻撃に、打ち勝つ自信が無いなら病院行くな、レントゲンは断る事です!

にょっきmasaki0kon at 06:09コメント(0)トラックバック(0)memomemo病院医療シリーズ 

2014年02月23日

入院していると、医師と看護師と患者に成りきっている人しか回りには居ない。
image

 でも中には、患者に成りきらないで治療に疑問を持ち、退院を望んでいる人も居る。
 前に紹介した、つわもの妊婦さんで、自己責任で煙草吸っている煙草仲間です。

image

image

デスノートじゃないよ、ガンノート。
ゴールデンバット バージョン (>.<)y-~
計画通り、次はおまえだ・・・・・(by:医療関係者)

 医師と看護師に希望を聞いて貰えないで、疑問に思っているみたいで、それもストレスかも。

 ストレス解消に煙草と、煙草仲間の会話が役に立てばと思います。

 赤ちゃん産んだ事無いので(当たり前)良いアドバイスは出来ないけど、替わりに『医者が患者を騙すとき』をプレゼントしましょう。
(-。-)y-~

 我輩も、同じ感覚の患者に成りたくない人とのお付き合いは、退屈な病院内での息抜きです(^-^)v
 なんせ、入院している人の中で、話をしたのはこの人だけ、お見舞の人(全々知らない人だけど)とか外来患者さんとは、話かけられたりしてよく会話するんですが
┐('~`;)┌

にょっきmasaki0kon at 22:44コメント(0)トラックバック(0)病院医療シリーズmemomemo 

2014年02月22日

 今回の、癌治療拒否、ポリープ切除だけを望むという患者の意志決定を尊重してくれた医師の事を飯山一朗翁に、報告した。

 おそらく、担当医とその上司にあたる医長のコンビネーションがあったから実現したとの分析を、成る程と頷いてくれた。

 担当医は、こちらの意見を、成る程、貴方の意見も一理ある、ご希望の治療をしましょうと
応じてくれた。


 二人の医師は、日本の医学学会や医療機関から遠ざかっていたから、日本の癌治療の悪しき呪縛から自由であったと思われる。

 ひとりは、沖縄米海軍病院勤務、日本医学学会の肩書きは、一切なし。上司に至っては、3つのアメリカ医療機関を経た後、ここの病院に勤務した経歴で、日本医学学会の肩書は1つだけ、アメリカ学会の肩書が圧倒的です。
 担当主治医がいくら患者の意志を尊重しても、上司に依っては握り潰される可能性もあった訳だ。

 上司の医長は、回診に来て、随分勉強なさったんですねと、おそらく褒め言葉らしき事を言い、驚くべき回復ですねと嬉しそうに仰る。

 そら、そうだ、飯山氏からは、医者と議論はするなとのアドバイスだったが、我が身の事、真剣に勉強し理論武装をして臨んだ結果です。

 運良く、同時期に数少ない医者二人に廻り合い、通常は有り得ない好結果となったが、諦めず6件目の医療機関で叶った訳で、此処も駄目だったらまだまだ探す気満々だった。

 心無い癌宣告を言い渡された方々も、直ぐに治療に走るのではなく、じっくりと、自分の価値観を解ってくれる医師もいることを信じて諦めないで真剣に探すのが良いと思う。

 因みに、ここの看護師からもどういうお考えなのか教えて欲しいと、3人ほどから聴かれたので、延々と15分程、患者の価値観をお話しした。今までに経験した事が無い内容が、まかり通ったのが理解できないので聴いて来たようだ。まあ、医者の決定に従わない患者は、稀だということか?理解してくれたかは、不明だが、その内の一人は、『患者よ癌と闘うな』の書籍を知っており、この本沢山読まれているんですよね?と言っていた。
 もうひとり聞きに来た。癌放置療法に付いて、調べて勉強したいとの事です。道新の医療シリーズに連載されていた記事で、慶應義塾大学病院の近藤 誠医師で検索したらいいと教えた。偉い先生ですか?と聞くから、医療関係者に喧嘩売っているので、定年間近なのに肩書は、助手みたい、です(^-^)v。と答えて置いたゑ(-.-)

 まだまだ、末端は、医学村に洗脳されていないってことだろう。経験を積み、肩書を取得し職階が上がるのに比例して、癌の呪縛が強固になる医療関係者が、殆どなのではないか?

 飯山氏は、手放しで喜んでくれ、貴方も大したもんだし、その医者も偉いよ!と言って貰った。その年齢で、自分の命を守ったしとは、うんと長生きするとのお墨付きだ。

 数打ちゃ当たる、諦めるな♪

最後に、望み通りになったが、腸を切ったので、断腸の思いですと落ちを言ったら、ガハハと笑ってくれた。

 今度、北海道に来たときは是非ともお逢いしたいと再度固く約束した訳です。

 此方から、志布志市に逢いに行くとは言わなかった、ちょっぴり卑怯な我輩なりよ。(*^^*)

にょっきmasaki0kon at 15:25コメント(0)トラックバック(0)memomemo病院医療シリーズ 
まあ、病院を探索中ですよ♪

ここは、平成の初期に設立され、建て増しの連続で、第6サティアン位あって、スタッフでもたまーに迷うそうだ。今も、建て増し中ですよ。
image

壁に穴開けてるし
強度大丈夫?
image

image

喫煙所裏口で、雪だるまを造ってみた。(^^)v
こいつが溶ける前に、退院します(-.-)y-~
image

隣のベッド、尿とりパッド。(-_-;)

 只今、医長の回診。
順調ですとのこと。手術後とは思えない程、元気だそうだ。(^^)v
 因みに何㎝切ったか聞いてみたら、10㎝位とのこと。最初、4~50㎝の予定に比べたら、ま、いっか。\(^o^)/

さっき、つわものの妊婦さんの画像を撮らして貰ったけど、アップロードするの忘れて美人の画像がふいに成りました。
 退院前にもっかい撮らせて貰い、アップロードしようと思う。(^^)v
image

病室で、カバーを裏返して読んでいる、ふとどきものの患者です(^-^)v
image

書庫のこの辺にぶち込んで置く?
image

第6サティアン連絡通路、便利な様で、迷う原因の通路。三階しか繋がってなく、地下通路が無いため迷う。何処にもいけないじゃん(ToT)
image

スタッフルーム、とナースステーション、普段は全員ノートPCとにらめっこ、パソコンがお仕事相手みたいです(^-^)v
image

第9病棟でゲット!第1病棟には書庫は無いぞ!コラ?
image

image


ドクターヘリコプター到着。ここの病院は、ドクターヘリの指定ヘリポートがあるので。只今、急患の緊急処置が始まる。見に行くのは不謹慎なので止めるが、ドクターヘリコプターに乗りたいようなそうでもないような。
 誰が乗るかよ! (怒

image

手稲ハイランドスキー場、恐怖の45度斜面はあの辺か?
image

五分粥から始まって七分、全粥でもう鮭飯だ。
夕食は、炊いてない米が出そうな勢いだな♪
image

雪だるま溶けた。退院します(-.-)y-~。って無理(ToT)
image

今、吸っている煙草は、セイコーマートでしか売っていない、アメリカンスピリットなんだが、煙草は一切売らない方針か?ああ解りましたよ!
image

抗がん剤治療で、毛が抜け落ちた患者用のバンダナ。買いたく無いぞ!
image

PM2時から、病院ロビーコンサート。
 取材中ですよ♪北海道新聞社の記者です
(^-^)v
image

あ、あおい山脈きゃ。
image

付いて行けん、早く帰りたい(T_T)
image

思いっきし、置いてるじゃねーか!

半日潰せた。
今度はもっとマニアックな探索をしよう。
遺体安置室とかね(;o;)

にょっきmasaki0kon at 09:52コメント(1)トラックバック(0)memomemo病院医療シリーズ 

 癌治療を巡り、医者と患者との関係を整理。

 異常細胞を、癌と命名し、マニュアルに従って医者が考え患者に提案する事。

 此処では、直腸癌と診断してしまった場合に限定すると、医者は標準療法という大義名分?(*^^*)から、癌根治療法として抗がん剤治療と直腸を全摘出し人口肛門を提案します。

 患者は、医者から他の選択肢が示されないため、内心は不本意ながら、ほぼ百パーセント人口肛門をつけられ、生命の尊厳を傷つけられたまま、辛く暗い人生強いられるのです。

 医者にとってのベストが、患者にとってのベストでは無いわけで、他の選択肢が示されたならどうでしょうか?

 例えば、腫瘍部分だけを切除し、人口肛門は回避して、癌再発のリスクは残るが様子を見るという選択肢が同時に示されたならどうでしょうか?

 個人的に言いますが、おそらく百パーセントの人が、人口肛門を回避し様子を見る選択をすると思うのは、我輩だけなのでしょうか?

 価値観は、各々違うという前提であれば、自分の価値観にそぐわない選択肢をも示すべきではないのでしょうか?

 医療は、仁術なり。仁を尽くすなら、あらゆる可能性を示して、患者が納得いく選択を手助けすべきではないでしょうか?

 解りやすく、人口肛門の例ですが、他の臓器も全く同じで、女性の尊厳を丸々削り取る乳癌しかりです。

 今回、我輩は、医者が示してくれなかった選択肢を医者に示した訳ですが、それって逆だろう!
 と言っても無駄なことで、現在の医療産業組織の体質がそうなのであって、他の誰が何色だと言っても、組織が黒いと決めたものは白でも黒となる訳で困ったもんです。
 これが、癌治療を強力に推進する現状です
       ( ̄▽ ̄;)は 
 


にょっきmasaki0kon at 07:19コメント(0)トラックバック(0)病院医療シリーズmemomemo 

2014年02月21日

時のお話しです。

毎日、あるところから、貴方の時間銀行に86,400円が振り込まれます。
 貴方は、全額下ろし使おうとします、何しろ次の日には繰り越せないから。
 全部使わない手はありません。


それでも、全部を有効に使う事は難しい。

86,400秒。

 一年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみると良いでしょう。

 一ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみると良いでしょう。

 1週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみると良いでしょう。

 1時間の価値を理解するには、待ち合わせしている恋人たちに聞いてみると良いでしょう。

 1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみると良いでしょう。

1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避ける事が出来た人に聞いてみると良いでしょう。

 10分の1秒を理解するには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみると良いでしょう。

 時は与えられ、誰も待ってはくれない。

86,400秒を使えるのは、貴方だけです。

 今現在は、英語では、プレゼント(present)と言います。

 貴方へのプレゼント、どう使うのかは貴方次第。(^^)v

 なんてね、ソチに向けてパクって来ました。



にょっきmasaki0kon at 16:15コメント(0)トラックバック(0)memomemoこれどう? 
そもそも、妊婦は病人なのか?どう見ても健康の塊にしか見えないんだが。
 動きが、穏やかな健康人です(^-^)v

 入院中で裏口の処で、タバコを吸っていた妊婦さんとお話しが出来た。
「安静にするので通院希望したが、駄目。30日入院と言われた。煙草も禁止されたが、ストレス溜まり、体に悪いので隠れて吸いに来てます。」とのこと。あんた偉いよ!
 自分の体の事を知っていて、自己責任。

 家事は、旦那に全てやらせ、何もしないで寝ているからとでも言ってみたら通院希望は叶うのかどうなのか?

 妊娠なんて、病気でもなんでもないし、健康な人の証明みたいなもんで点滴なんて不要だろうが。早く退院した方が身のためというもんです。
 切迫流産なんて脅かすから、パニックになるんであって、体に無理かけると子宮の出血あって早産の可能性が有るから、何もしないで布団に横になって安静にしましょうね♪位の話なのに何故か入院、点滴になってしまう不思議?

 まあ、煙草は一切禁止と知っていて入院した筈が、何故かポケットに煙草が入っていたのは何故か?
 そんな時に、彼女からの(ここなら、スタッフのひとも何も言わないですよ)の情報提供。
 今、一服していられるのも、彼女のお陰な訳です。ちと寒いのは、気分転換と気持ちを切り替え満足、ストレスを溜めない生き方ですな♪
image


image



image



image

23日、ジッポのoil切れ、吸えないよー(ToT)
どうする?ライター貸してなんて気が弱くて言えんし、メチルアルコールを入れてみる?(*^^*) もっと無理(ToT)
喫煙所裏口に、誰か吸いに来て、(-.-)y-~
工事中の作業員に、火を借りた (あはっ
 次の作戦は、∥WC∥で着替えて、脱出、セイコーマートでお買い物。ドキドキするわ(>_<)
手稲区役所 向かいにLAWSON発見。



 此処の<ここだけとは言えないが>患者は、医者と看護師と薬や治療に頼りっぱなしで、自分の健康を自分で守ろうという意志が稀薄です。
 自己責任の欠片もない、具合が悪いのも痛いのも薬のせい、医者のせいと思っています。
 自分の命を守るという強い意志!
努力が必要なのにね♪

 手術跡の傷口を、湿潤療法でワセリンベタ塗りしていることはまだ、看護師にも医者にもばれていません。(^^)v

 傷口も自分で、早期に治します。
そして直ぐに退院します。

 そんな事より、食事なんだが、2月1日にカツカレー食べて以来、20日ぶりの食事ですよ♪
image

image


喰うの疲れる。(^^)v30分掛かって半分喰ったけど、胃腸はパニックフル運転中。暫く寝ます!(-_-;) 喰うのは、体力使うのだ!

 食事をしないって事は、消化に使うエネルギーを他の生命活動に使えるってことです

(^-^)v 体の治癒とかにね。(^^)v

にょっきmasaki0kon at 12:09コメント(0)トラックバック(0)memomemo病院医療シリーズ 

2014年02月17日


本日、手術入院です(^-^)v
標題の病名は、ここの診断結果で付いた病名。
その前の診断結果は、癌の疑いが有ります。
更にその前は、良性ポリープです(^-^)vだった。

何だか、いい加減にして欲しいもんです。

でも、診断結果が違っていても共通しているのは、念のため、癌治療をしときましょう、という事なので、儀式的に検査はするが、結果はどうでも良くて、癌治療をするための手続きに過ぎません。

そこで、闘いの始まりです(^-^)v

執刀医との話し合い。「再発や転移の可能性があるので、標準治療である広範囲切除と、抗がん剤治療を考えている」
『ポリープのみを取って欲しい、再発のリスクは承知の上で最小限範囲の切除を望む。最悪、再発しても転移しても後悔や文句は言うわけがない。自分で決めた事だから。可能性は有るので、その時になったら、ゼロから考える。』
 と言ったところ、「その考えも、一理あり選択肢のひとつですので、強く希望されるならそうしましょう。」と、(゜ロ゜; あっさりokです(^-^)v

 まあ、言ってみるもんだ、というより、今までの医者は、その様な事をほのめかしただけで、不快感を顕にし、此処では治療はしない、他の病院を探してくれ、もう二度と来るなと言わんばかりの傲慢な態度でした。

ネットで探せるだけ探し決めた病院なので、いまのところビンゴかなぁ♪

今後の展開は、解らないが!更に経過を記録していく。

癌治療は、お断りします

image

他の病院と違う事、一リットルの点滴を、19時間掛けて注入するとのこと。

他では、同じ点滴を3リットルを9時間のペースでした。

1㍑19時間<6㍑18時間(-_-;)

6倍のペースで、商売繁盛ですな♪
血管痛いし、小便が頻繁に出る苦痛は、病院の商売繁盛に貢献させるために無理強いしていたことが、判明しました。┐('~`;)┌ (激怒

主治医の経歴を調べてみた。で、納得しました。
卒業年次H20年、前任医療機関は、沖縄何とかクリニックの後は、沖縄米海軍病院だそうだ。
医学学会には経験不足で未加入。職階は、医員、まあぺーぺーですな♪

我輩の正論をねじ伏せる経験も、脅しと恫喝のテクニックも無いんでしょう。

 我輩の、希望がすんなり通る訳だ。(^^)v

先程、消化器主任医長の回診「主治医から聞きました、かなり勉強されましたね。
貴方の意志決定を尊重します。」との事。癌治療を断る患者は、まあ珍しいだろうね!

 因みに、この医者もアメリカ大学病院と、米学会で鍛え上げられてきたみたい。
自分の我を押し通すアメリカ人テイストに慣れてるって事か?
 まあ、他の病院では、癌治療をする気がない事をほのめかしただけで、もう、うちには来ないでくれに比べたら、雲泥の差であって、で癌と付き合うのかは?今後の展開に待つ!
image


image

JR手稲と、手稲ハイランドスキー場が見えます。






にょっきmasaki0kon at 19:02コメント(0)トラックバック(0)病院医療シリーズmemomemo 

2014年02月11日






手段や結論は、一緒だけどその理由が違います。

医者、悪性の大腸癌だから癌治療の為ポリープを除去する。

我輩、固形物が詰まってお腹が張って苦しい、痛いので原因のポリープを除去する。

医者は、最早、先々の治療を思い描いて金儲けに努力(まあ、本人は患者の為と考えていて自覚は無いのだが)してます。
除去すれば、大腸がんは完治しますが、念のため、抗がん剤治療を。なんて言う訳です。

我輩は、症状が有るのは腹痛なので、除去し良くなれば余計なことは、一切してほしくない訳です。

念のために行う、リンパ節除去とかその後の抗がん剤治療は、医者に命を削られる第一歩な訳で、異常細胞を全て癌と呼ぶ医者にとっては選択肢が無いんでしょう。

現代医学では、癌の定義自体が出来ず、異常細胞は癌と呼び癌治療に邁進する習わしらしい。

人体を死に至らしめる、本物の癌は、現代医学では治療出来ない、という事は一部医学会では常識で、延期の為の手術、薬物、放射線治療と自己正当化していますが、治療しないと巨大医療産業が成り立たない、強いては自分の生活が懸かっているので、患者を騙すのです。

患者も、癌治療の今の常識から抜け出せず積極的に、自分の命を削ってくれと、お願いしてその通りに早死にしている構図です(^-^)v

今回の診断は、ポリープを除去してから、次を決めましょうという事なので、黙ってはい♪と答えておきました。

医者も、薄々感づいているようで、薬物治療も患者さんの希望もあるでしょうからとごり押し姿勢は無かったです(^-^)v

断る気満々の、オーラが出ていたのでしょう。

いよいよ、19日にオペの日程が入りました。

堂々と、患者の希望と意思を言う番です。

癌治療は望まない!当然抗がん剤は飲まない、最小限のポリープ部分の切除を望む。念のための広範囲の切除をするな!勿論、リンパ節にも手を出すな!
 て事を、穏やかに主張するつもりです(^-^)v

医者も面喰らうでしょう!医者の決定に従わない患者は初めてかもしれませんから。

 これで断られたら、次は七件目。(T^T)

あー疲れる。


にょっきmasaki0kon at 23:58コメント(0)トラックバック(0)病院医療シリーズmemomemo 

2014年02月04日

 昭和48年、千島喜久男が、70歳でそれまでの研究成果の集大成として発表した「千島・革新の生命医学全集10巻」がある。

 所謂、 「千島学説」である。

 それまでの生命医学では常識とされていた学説をことごとく否定し、賛否両論が渦巻いたが、結局のところ、それまでの医療産業にとって不都合な説であったため業界一丸となり、これを圧殺し、古い学説がまかり通って現在に至り、医療産業の現在の繁栄?がある。

 現在の医学や栄養学は、産業にとって有利な利益を生む学問であり、利益を生まない説はことごとく抹殺してきた歴史である。

 栄養学にしても、医学にしても疑問に思い、よく調べれば間違った常識はいっぱいある。

さて、千島学説とは、どんな説なのか?大きく8つの説を解説しているが、ここでは5つ掲げる。

①赤血球分化説
②組織の可逆的分化説
③バクテリア・ウィルスの自然発生説
④細胞新生説(細胞分裂では各組織は増殖しない)
⑤腸造血説

標題だけで、え?と思われるだろう。

 かいつまんで言うと、血液は腸管組織で生成されて、白血球やリンパ液や様々の細胞組織になりうる。
細胞組織も、元の赤血球や白血球に戻る。ウィルスにさえなるという説である。

STAP幹細胞なんて騒いでいるが、上記の変幻自在の細胞の分化進行や後退過程の段階的一部分を観察したに過ぎない。

 赤血球が集まり、皮膚細胞になったり、骨髄液が先祖返りし赤血球のなったりする訳だ。

今までの学説では、血液は骨髄で造られることになっているが、根拠はニワトリの骨髄を解剖したら赤血球で一杯だった、だから血液は骨髄で造られるというものだった。

 なんの事はない、栄養状態の劣悪なストレスまみれで死にそうなニワトリが生き延びる為に、骨髄液を退化させ足りなくなっている赤血球を補給している瞬間の状態でシャッター切ったという事。

 トリガーは、ストレス・極限状態・エマージェンシーにある。

生命体から切り離されて培養液で観察すれば、切り離された細胞は、死滅を恐れ分裂もするし他の細胞組織にも容易に変化する。益してや、酸性環境に置かれたら、幹細胞に変化する事は当然と言えば当然の事である。
 これは、生命体の中で状況に合わせて生命組織が都合のよい様に様々な細胞に変貌するということであり、千島学説の主張するところである。

 細胞分裂、増殖説は千島の説を受け入れず、間違った観察結果の間違った解釈の帰結である。

元々は血液が、色んな細胞に分化するのであって、分化した細胞も必要あれば元の血液に戻る。

 生命とはうまくできているとしか言いようがない。

 そういう観点から、癌細胞の爆発的な増殖という、現在信じられている常識は全くの誤認である。

変幻自在の正常細胞が異常細胞(一般に癌細胞と呼んでいる)に変化する事も説明がつく。

もともと、自己(生命体にとっては異常であろうが正常であろうが自己細胞)の細胞が条件次第で自己を守る組織に必要があって分化していると捉えるならば、ガンと呼んでいる細胞は、自己の生命を維持するための自己防衛の変化である。異常細胞は、見た目が悪いだけで、決して悪者でも生命を脅かすものでもなく、その逆なのだ。生命を維持する為に、正常細胞がどんどんガンと呼ばれている細胞に変身・分化する。

 がん化する環境変化のトリガーは、放射線被爆、毒性物質(発がん物質)であり、これらから生命を守る作用である。

 ここで、癌細胞が何故生命維持のために変身するのか、その理由を記さなければ説明にならないし納得いかないであろう。

 細胞内には、ミトコンドリアが共生している事は生物の授業で習ったが、1京8000兆個も居るそいつの働きは何なのか?ということである。遺伝子に傷がつくからではない本当の理由。

 ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー物質を生成しているのがミトコンドリアである。
ATPは生命維持には必須な物質であり、ミトコンドリアが減少すると生命に危機が訪れる。

 ミトコンドリアが比較的少ない臓器で、正常細胞が癌細胞に変化する。

トリガーは、放射線であり発がん物質であり、ミトコンドリアが著しく減少するとそれに替わってATPを生成する必要がある。その役割を担うのが癌細胞である。

 ここで疑問が湧くと思う。ミトコンドリア自体に変化すれば済む事ではないのか?と。

実は、コイツは自己ではない、それ自身が生命体であり異物、それを細胞内に取り込んでうまく飼いならして働かせているのが現在の人間生命体。

 ミトコンドリアがいなくなると、替わりに働くものが必要で、それが癌化した細胞と言う訳なのだ。

ガン化は、ミトコンドリアとおつきあいしてなかった太古の頃の細胞の機能を持った姿。

 正常細胞の先祖返りということができる。

ガンとは、ATP製造工場で働き手がいなくなった時に登場するボランティアみたいなもの。

 心臓癌なんて聞いたことがない、それは他の臓器に比べて圧倒的な数のミトさんが居る心筋である為、ボランティアの必要がないからなのだ。

 ミトコンドリアをいじめすぎると、最終的に悪者扱いされている癌が登場する訳だ。

癌細胞は、生命活動を少しでも維持しようとする生命にとっての味方の反応。
 全くのパラダイムシフトである。
       
                          だから、↓なのだ。



患者よ、がんと闘うな (文春文庫)
患者よ、がんと闘うな (文春文庫) [文庫]

STAP細胞の報道が、千島学説の証明の端緒になればと願う。



さて、医療シリーズですが、5件目の病院の生検病理検査で、癌の疑いありと診断され、大腸を切除と言われました。

ガンなんてどうでも良いからポリープだけを切除してくれればそれでいい。

と言ったところ、うちでは治療しない、他の病院を探してくれとのこと。

探し当てました。

先進医療で、腸管の切除無しでポリープだけを内視鏡で除去できる治療が3種類もありました。

レーザーメスで粘膜を剥離、粘膜を生理食塩水で浮かせ焼切る粘膜切除、大腸ステントを挿入残置し通りを確保する術式。

まあ、調べてみるもんです、これだけの選択肢がある訳ですから。

今週、金曜日にそこの病院勤務の名医ベストの上位に載っている医師の診察です。

結果、最悪腸の切除となったとしても、調べずに除去するよりは数百倍、後悔しないと思います。






にょっきmasaki0kon at 19:37コメント(2)トラックバック(0)memomemo病院医療シリーズ 

2014年02月01日

image

作りかけの木工芸。
ルーターあるので、製作意欲が湧いて来た。
image

まだまだいくぜい!結構良い感じです(^-^)v

にょっきmasaki0kon at 09:03コメント(0)トラックバック(0)木工品これどう? 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ