2014年10月

2014年10月15日

1/720 LZ129 ヒンデンブルグ 飛行船


1/720 LZ129 ヒンデンブルグ 飛行船 [おもちゃ&ホビー]


何故ヒンデンブルク号の話題かと言うと。(ブルグは違うブルクが正しい)←どうでもいいが。

最近、元素についての本を見いて、興味があった。
ヘリウム(He)と、水素(H)の違いの記述です。

ヘリウムは、イナークガスといって、非常に安定した元素。
一方、水素は不安定。
Heは単独の原子の状態で存在するが、Hは、2個くっついて分子でしか存在できない。H2分子ね。

つまり、Hは単体では不安定で、科学反応してH2になり、安定する。
言い換えれば、化学反応し易いってことになる。

化学反応をしないイナークガスは、溶接に使われている。

Tig溶接(タングステン・イナーク・ガス、ウェルディング)。
溶接部を、アルゴン(イナークガスの一種)で覆い、酸素を遮断し、溶接部の酸化を喰いとめる。

そんな優れもののイナークガスのうち、ヘリウムについて筆者はこう書いていた。

飛行船ヒンデンブルク号が、水素で浮力の稼いでいたため、あの悲劇が起こった、ヘリウムだったらあの事故は無かったのです。と。事故は、水素のせいだ!と言っている。

そこで、色々調べた。

事実と、状況を掲げて、それらの点を繋げ、線にし、面にし、立体にして本当はどうなのか?を検証する作業だ。

①、理科の実験で水素を発生させ、爆発させる実験で、事故が起こり生徒が怪我をしている
②、①の場合、100%の水素ではなく、空気(酸素)と水素が混合されている
③、水素の爆発臨界は4~93%(水素濃度)である
④、臨界濃度未満や超える時には爆発(正確には燃焼)しない
⑤、程良い混合比率(酸素との)の場合激しく燃焼する
⑥、ヒンデンブルク号の注入水素の濃度は、99%である
⑦、水素の燃焼の色は、うすい青白である、微かに認知できるほどの濃さ
⑧、写真(当時の白黒写真)には、災が写り込んでいる
⑨、⑧の写真からは、オレンジから赤と推測できる、青白ではこうは写らない
⑩、ヒンデンブルク号の船体を覆う布には、あり得ない塗料が使われていた
⑪、⑩の塗料には、テルミット(鉄粉+アルミ粉)という燃焼材料が含まれている
⑫、事故時の写真では、明らかに、船の外側の爆発により船体が内側に押されている
⑬、水素漏れで酸素と混合され、激燃焼したなら、内側から外に向かって膨らむ
⑭、燃焼のきっかけの火花は、静電気か雷(タバコとかエンジンの火ではない)どちらも可能性はある
⑮、色々と、陰謀説があるがどれも、憶測の域を出ていない

以上の項目を繋げると、なんらかの火花が塗料の発火剤のテルミットに燃え移り、それによって、水素格納嚢が破壊されたのではないか?と読み取れます。

更に、⑮の陰謀説について触れて置きます。

・映画にもなった、ナチスの工作員の破壊
・ヘリウムの唯一の生産国のアメリカが、輸出を拒んだため水素を使った
・飛行船の製造会社、ツェッペリンとの確執
・アメリカとナチスドイツとツェッペリンとの駆け引き


まあ、何にしても、炎上しその後の飛行船は、終わった訳です。
今は、宣伝用の飛行船とんでいるけどね。

という訳で、水素は不安定。ヘルウムは安定。という筆者の解説には、納得している。



にょっきmasaki0kon at 18:51コメント(0)トラックバック(0)ネタ妄想+ 

2014年10月14日

温故知新(おんこちしん) 平成4年醸造(純米大吟醸・21年古酒)


温故知新



葱色空間を紹介する。

今は亡き、BBSを細々とやっているサイトだ!

葱人のつぶやき、が掲示板のタイトルだ。

葱がコンセプトで、初音ミクの葱ダンスに先駆けること、10年前からやっている。

なかなか、秀逸なサイト。

化石のような、との見方もあるが、化石探しも楽しいもんだ。


例えば、こんな風だ。・・・・・





[転記開始]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[852] 補足
投稿者:コロ助なり 投稿日:2014/10/14(Tue) 19:05 [121.115.88.215] 

著者は、量子化学と、医学を学んでいるので、医者の立場の記述が結構あります。
 現代医学や栄養学を疑っている自分としては、量子化学の現象の説明は、そうだったのか!です。が、

 解釈として栄養学や医学からの解説には、貴方の立場からそう解釈するのは当然かもしれない。

 でも、自分はその現象については、こう考える。という読み方をしています。

 例えば、内部被爆の原因の元素を、常に取り込んでいるが、人体に影響はないレベルです。

 は、成るほど、内部被爆を常にしているなら、問題がないレベルとかではなく、癌と呼ばれる細胞が発生する事があるってことか!という具合で、それも新鮮な発見であり、医学・栄養学の勘違いがはっきり読み取れます。

 更にじっくりと、読んでいきます。

久々の、お得な買い物です。



[851] うほほ
投稿者: コロ助なりでしかも 投稿日:2014/10/14(Tue) 17:53 [49.98.145.119] 

買ったんだ!
じゃあ、ネタバレにならないよう、続編無しね(⌒0⌒)/~~

あ、一個だけ。

人間の血は、何故?コバルトブルーの血液。
カブトガニの、、、。

を、キーワードとして書いときます♪



[850] 高評価
投稿者:みかりん 投稿日:2014/10/14(Tue) 13:58 [210.131.219.38] 

「元素周期表で世界はすべて読み解ける」amazonで見てみたけどすごい高評価だね。

中古で買ってみた。
そのうち届くだろう。

今、年末用のやまねこをどうにかしようと思っている所。
誰も気づいてないし気にしてないと思うけれど
その年最後の話題は「時間」についてという事にここ数年しているんです。

で、さぁてどうしよう。
って思っている所。




[849]
投稿者:コロ助なり 投稿日:2014/10/14(Tue) 12:48 [60.36.186.44] 

はまっている書籍。

元素周期表で世界はすべて読み解ける。

 宇宙、地球、人体の成り立ち。
水兵リーベ僕の・・・ってあれね。
 丸暗記させる教育は間違っている!こんなに奥深く素晴らしいものなのに・・・と著者は言います。

 量子化学の研究で、生命も含めた宇宙の現象が説明出来る、という面白い話です。
 シュレディンガー方程式を使い、色々解明していく学問。

 鉄が一番、安定した元素であり、チャンスがあれば、水素もウランも鉄に成りたがり、核融合や核分裂を繰り返している・・・・

 地球で元素は生成されないし、消滅もしない。元素は全て宇宙由来。水素と酸素の化学反応で、水だが、元素自体は不変である。

 宇宙に存在する元素の有りようと、人体にある元素は、ほぼ同じで、人体は、宇宙の有様を映し出している。

宇宙も人体も、周期表に従って存在する。

 ここまで読んだ。この話、続編を書くかも。きっと。
 



[848] 寒い
投稿者:みかりん 投稿日:2014/10/14(Tue) 08:29 [210.131.219.38] 

8度だ。
冬から春にかけての8度は暑いけど
秋の8度は寒いよ。

真冬はプラス気温が憧れだけどね。
同じ気温でも体感温度が全然違う~。


ハシビロ耕作みた。
なんじゃそりゃだ。(笑)



[847] ハシビロ耕作
投稿者:コロ助なり 投稿日:2014/10/13(Mon) 13:25 [121.115.88.215] 

アニメです。¥^o^¥
hhttps://www.youtube.com/watch?v=KDuDnrWu3wM


[846] ハシビロコウさん
投稿者:みかりん 投稿日:2014/10/12(Sun) 22:36 [210.131.219.38] 

NHKスペシャル ホットスポット 最後の楽園 season2 を見た。
アフリカのハシビロコウさんがハイギョを捕まえていた。
ハイギョは数時間に一度どうしても水面に出て空気を吸わなきゃならない。
それを待っている微動だにしないハシビロコウさん。
福山雅治とにらみ合うこと1時間。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[転記終わり]






どうだい?貴方も投稿してみないか?懐かしい、掲示版に。

 チャットとか、SNSとかLINEとかに慣れきっている、貴方にお勧めだ!新鮮だぜい!

ふるきをたずね、あたらしきをしる。(漢字は、忘れた。)

投稿数1,000を目指しているのは、気にしなくともいい。(吾輩だけが、きにしている)


にょっきmasaki0kon at 19:35コメント(0)トラックバック(0)ネタこれどう? 

2014年10月13日



DSC_0068
梨の実が、落ちている。そこに何やら・・・・
DSC_0070
蜜採取していたコガタスズメバチ捕獲。もう、気温が低いのでいづれ死ぬのです。
DSC_0071
サンプル作成しました。冷蔵庫で安楽死させたあと・・・


にょっきmasaki0kon at 20:32コメント(0)トラックバック(0)育てる 生命色々やってみる 

2014年10月09日

アインシュタインは語る



840

 ノーベル賞の馬鹿騒ぎが、続いていますが、アインシュタインの場合を調べてみました。

当然の事のように、「相対性理論」によって受賞したと世間では思われているが、実は違います。
「光量子仮説」、光は粒である、という説。ここから、量子力学が発展していくのですが、まあ、画期的と言えばそうです。
 そんなアインシュタインも、量子力学を認めず、重力場理論を考え量子力学と闘ったが、消化不良のまま死んでしまいます。


 しかし、「相対性理論」は、「光量子仮説」と比較しても何千倍も画期的であって、何故受賞対象にならなかったのか疑問です。
 さまざまな背景がありますが、あまりにも画期的過ぎたのがその理由です。
 それまでの物理学の常識を覆す理論に、選考者たちは、ついて行けなかった、理解できなかった。しかし、世論は、当然、相対性理論はノーベル賞に値するという雰囲気だった。
 しかし、ユダヤ人である。授与したくない選考委員。

 苦肉の策が「光量子仮説」による授与でした。
1部門に1回の受賞の決まりなので、相対性理論は、ノーベル物理学賞の対象にはならなくなったそうです。

 このように、厳格な審査で正しい評価を下されているとは限らないのです。

 そんな例は、いくらでもあります。

 アインシュタインとも親交のあった、オットー・ウォーバーグは、3度もノミネートされたのですが、最初の時は授与されず、フィービガーの「線虫による癌化」が受賞しました。線虫が癌の原因?
 「癌組織解糖作用」が、オットーのノミネート対象でした。どちらが、素晴らしいのかは明白です。癌が解糖をする事は、今や常識です。

 オットーが、5年後に、ご褒美にもらったのは、「生体酸化における鉄ポルフィリンの触媒作用の発見」でした。どうでもいいや!

 戦争やっているオバマが、ノーベル平和賞を受けたのも、ノーベル財団の都合によるものです。知られたくない事情と真実。

 真に世のため人のためになる研究や功績は、ノーベル賞をもらえないと考えれば、色々と辻褄があってきます。

 今回の、青色発光はどうか?
青いダイオード発光は、人体に・・・・・・・
 パソコン用に、青色光を遮断するグラスが売られています。

 IPSが○で、STAPが×。
なにか、裏事情を知りたくなってきます。

その辺まで、たどり着きました。

 因みに、オットーは、ロスチャイルド一族の一員で、ユダヤ人です。





にょっきmasaki0kon at 22:30コメント(0)トラックバック(0)リアこれどう? 



[740] なんばの話を、しましょう。
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2014

雪の便りを知って、思い出しました。

 なだらかな丘陵に挟まれて、ポン貫気別川の清流の川岸は、豊な雑木林となっていて、昆虫やその幼虫と共存しているヤマベの魚影が濃いそんな谷でした。

 留寿都の黒坂の谷と呼ばれる、穏やかな谷に住んでいる穏やかな老人が、穏やかに穏やかに暮らしているのでした。

 山菜を採り、たまにヤマベを採り、酪農を営んでいる生活。

 私は、こんな豊かな生活に憧れ、老人の元に幾度か訪れ、その穏やかな生活や、穏やかな考え方を伺い、大変に心休まったものです。

 そんなある冬のことです。

林の中や、畑を渡り、岸部をお話ししながら歩いたのです。

 深い雪を、移動するのに、カンジキを貸して貰い、深い雪の上を歩いたのです。

 老人の、歩みは、それほど速い訳ではなく、どちらかというと自然をしっかり踏みしめる様なペースでした。

 しかし、私は、その歩みに汗だくになりながら懸命について行ったのを思い出したのです。

 体力の差ではなく、カンジキに対する慣れの違いだと、自分で納得させようと思った気がします。

 ここまで思い出した時に、何故そんな些細な事を今、頭に思い浮かべるのかといぶかしく感じました。

 更に、記憶は続きます。

 あの時も、雪の無い地面を歩く時も、老人は両腕を背中に組んで歩いていた事に気付きました。

 私はというと、両腕を振り子のように振って、それを前進の為の推進力のように、地面をつま先で蹴って歩いています。

 勿論、雪のカンジキ歩行もそうです。老人に遅れまいと、体を捻って歩くのでした。

 ここで、今の私には、全てが合点に至りました。

 右足が前方に踏み出される時、右の腰は右足と共に前方に突き出されます。
 右肩はその時どうなのか?

 老人の、後ろ手に組んだ状態では、右肩も前方に突き出されるのです。

 しかも、雪を蹴る足の動きではなく、雪を踏みしめる動きだったのです。

 見ていると、非常に派手な動きではなく、地味で穏やかな動きと、見た目には写るのです。

 一方、私はというと、派手で元気でつま先で雪を蹴り、腕を振り回しパワフルと勘違いする動きです。

 腰は右前方、肩は左前方で体の芯の背骨を中心に捻じれた位置関係にあります。

 これでは、おそらく体力以前の問題で、無駄な動きと合理的な動きで、歩けば歩くほど、疲労と距離の比較では離れていくばかりです。

 そんな事を、今は気付いています。

 原住民のなんば歩きに気付いた今、原住民ではない、日本の穏やかな谷に暮らす、穏やかな老人のなんばに想いを馳せるのです。

 黒坂の谷の、黒坂爺ちゃんは、実に自然になんばで歩いていたのです。

今でも、穏やかになんばで生活していることでしょう。



 という訳で、後ろ手に組むか、腰に手を当てるかして、腰と肩を同期させて歩く訓練をしましょうよ。みなさん

 周りから、奇異の目で見られる事、請け合いですが。


「ナンバ歩き」で驚異のカラダ革命―古武術の動きが、頭とカラダを劇的に進化させる! (Rippu best mook)





にょっきmasaki0kon at 19:00コメント(0)トラックバック(0)リアこれどう? 

2014年10月08日

パーツ女優のからだ図鑑 (美人開花シリーズ)




最近、mixiに嵌まっている。コミュニティ広場。「片手袋」だ。

忘れ去られた片方だけの手袋を見つけ、その物語を妄想する。

投稿作品を、掲載しよう。

DSC_0024


DSC_0030

DSC_0060

DSC_0056 (1)

DSC_0057

DSC_0062 (1)

DSC_0061

DSC_0063


これらに発見状況との解説と、考察、妄想を加えて投稿する。
そして、分類額を駆使し、各々のケースを分類していく。

分類が進み、データが揃ったら、分類図鑑になるそうだ。
もう既に、イベントで、作品展も開かれた。

あなたも、良い作品を投稿しませんか?


にょっきmasaki0kon at 20:15コメント(0)トラックバック(0)妄想+風景 

2014年10月06日

DSC_0034

蕎麦喰いに行ったんだ。

DSC_0035


なにか、普通の親父だけど、よく見ると、日ハムの栗山監督だ!


DSC_0055

秋だ!どこから採ったかは秘密なのだ!


DSC_0052
地面から生える、ヤナギ茸。きっと、地中には、切り株があるに違いない。

DSC_0054
ヤナギ茸の隣に居る、カボチャ。こういうコラボは、なかなか見られない。


腑に落ちないのは、こちら↓

車庫無題
何故に、ひとんちの車庫の備品まで写して、公開しているんだ!
プライバシーもへったくれも無い!
グーグルのストリートビュウ。


という、秋。


にょっきmasaki0kon at 20:18コメント(0)トラックバック(0)リアこれどう? 

2014年10月02日

工作キット オリジナル凧制作キット 十連凧


高校の美術教師、U。

 兎に角、ユニークな先生だ。

授業では、生徒に凧を創らせる。自由な凧たち。

一反木綿凧や、骸骨凧、Yシャツ凧なんかもあった。

U先生は、和紙に版画でデザインをして、それを何百と繋げる連凧の名人だ。図柄はアイヌの酋長だ。

このタコ先生が、夢を語った。今度、凧で魚釣りをすると、熱く語るわけだ。

普通に釣ればいいじゃないの?と思った生徒が大半だったが、自分は尊敬した。

君達は、甘い!先生は、常識を捨てろと言っている。どんな下らないと思える事でもやってみるんだという事を伝えたいんだ。

その時、聞いたのは、どっかの原住民のら族は、蜘蛛の巣で、凧を造り、飛ばして魚を釣っているという事。

先生は、原住民に、ら族になりたかったんだ。ら族の気持ちを理解するために・・・・・

まあ、いい!

凧で…は、新聞のネタにもなったんだ。
話しだけではなく、実際にやっている♪
夢のある教師だった。

正確には、凧で魚釣りをする、なんだが、上手くいけば、蛸だって夢じゃあない。発想が素晴らしくて、それを実行するところが偉大だと思った。

それは、こうだ!!

連凧を、沖に向かって飛ばす。
凧糸と一緒に何か見える。
あ、魚釣りのテグスじゃないか♪

その先には、当然、針と餌だ!

目標に到達したら、仕掛けを、投入♪

釣れたら、回収って訳だ!

その日は、カレイが何枚か釣れたって 、新聞で知った。

好きなポイントで、釣りが出来るけど、山風の時しか、釣りにならない短所もある♪

海風の時は?キノコでもひっかけるサ!



にょっきmasaki0kon at 17:56コメント(0)トラックバック(0)ネタリア 

2014年10月01日

あつまれ!じどうしゃ―ファミリーカー スポーツカー RVカー サイレンカー 働く車 ユニークカー (こども写真ひゃっか)


今日、スーパーの駐車場出口から、車道に右折で出ようとした時のこと。

 Tの字で-が車道、|が駐車場出口だとしよう。

右折をしようと、左右を確認したら、左から右折の合図をして、交差点(交差しますから)に入ってきた。

 道路交通法第36条と37条が関係するらしいが、面倒くさいことはさておき、自動車学校では、左方優先という事を教わった。

 お互いに右折同志でも、自分は左方優先を守る。

で、左方車の対応が違うのである。

 当然のように、先に右折してくる運転者と、いつまでたっても右折して来ない運転者が居る。

自分と同じ認識同志では、非常にスムーズだが、違う考えの運転者とは、険悪だ、お互い睨み合いになる。

 どちらも、お先にどうぞの!の合図を送り、「何考えているこいつ」とか、互いに思っている。

 そんなの嫌だから、こちらが注意しながら先に右折し、トラブルを回避してきた。

ところが、今日は、虫の居所が悪かったのか、自分が正しい事を主張し、先に右折をする事はしなかった。

 お互いに、正しいと思って主義を変えないのだから、もう大変である。

5分間は、お互いねばっていたが・・・・・あほらしくなって、こちらが折れました。


  さあ、あなたは、どちらが正しいと思うか?

コメントもらった上で、続きを書きますネ。

 これ、実際に裁判で出会い頭事故として、かなりの訴訟の記録があるみたいです。

にょっきmasaki0kon at 18:55コメント(0)トラックバック(0)これどう?ネタ 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ