2014年11月

2014年11月30日

 自分が子供の頃に聞かされた、父親の光夫さんの
子供の頃の話だ。

どさんこの話題だ。

彼は、北海道千歳の生まれで、酪農家の3男だ。だから、光夫?

牛以外にも、馬を飼っていて、自家畑の農耕に使っていたのかもしれない。

馬とは、とっても仲良しで、友達みたいなもんだったと云う。
きっと、どさんこだったと想像する。

その馬との、想い出話をしてくれるんだ。
小さい頃、機嫌を損ねたどさんこが、後ろ足を跳ね上げ、運悪く光夫少年の頭部に当たり、
死にかけたそうだ、今でもその時の蹄の跡がある。

でも、恨んではいないそうだ。どさんことは、友達だ。

中学校の時、高校に進学したかったが、貧しくて断念した。

でも、口惜しくて、辛くて、どこにもぶつけられない感情。
どさんこ、に感情をぶつけたそうだ。
何と、どさんこの首筋を、力を込めて、ギリギリと噛んだ!

友達は、声を上げるでもなく、じっとしていたそうだ。

そのとき、気付いた。鳴き声を上げず、じっとしていたどさんこの大きな眼差し長い睫毛からボロボロとこぼれる涙を。

泣きながら、謝った。ごめんよ!ごめんよ!

こんな話を思い出した。それで気持ちが救われた、仲が良かったという話。頭を蹴られたことよりも、馬に助けられたって話だ。



DSC_0188 (1)

宮沢賢治が、北海道旅行で詠んだ詩「うま」
これもきっと、どさんこだと思う。

http://blog.livedoor.jp/masaki0kon/archives/1235434.html

岩手県の南部曲がり家は、うまと一緒に住んでいた家屋様式だ。家族だったんだ。

うまと人間が、うまくやってきた文化は、文明によって壊れていくってことですね。



にょっきmasaki0kon at 21:47コメント(2)トラックバック(0)妄想これどう? 

2014年11月28日

広辞苑 第六版 (普通版)



一度だけ参加したことが有るゲームを紹介しよう。

点取りゲームなのだが、点の獲得の方法が独特で、いかに他人を騙すかが
ポイントで、頭を悩ます知的ゲームだ。別名、妄想と嘘つきが日の目を見るゲーム。

まずは、ゲーム主催者が準備を周到にする事からがスタートだ。
主催者は、ディーラーであり、ゲームには参加しない。主催者は、参加者を
騙さないのが最初のルール。

使う物は、紙と鉛筆と広辞苑である。それと、頭。

まずは、主催者が、広辞苑を隈なく眺め、誰も聴いた事も無いような語句を選ぶ。
そして、広辞苑の解説を、かいつまんで2,3行で紙に書いておく。マージャンで
言えば、積み込みだ。

さあ、ゲームの開始だ。ディーラーが、聴いたことも無いような語句を出題する。
「〇〇について、その意味を広辞苑的に解説してください」
例を出して、やり方を解説する。
『「昼行灯」のお題では、〇〇・・・・・・・で、〇〇の様子を表す比喩。主に〇〇のような時にこう
表現することが多い。と言う風に書いて下さい。』勝手に妄想して、広辞苑に成り切れという事。
自己の妄想を、妄想ではなく確たる主張と解説にまで高めよという、何か危ないゲーム。

「昼行灯」皆さん、成り切って解説してみましょう。
昼行灯くらいなら、意味を知っている人も多いから、もっと難解なお題となる。

そして、皆が言葉からイメージする妄想を書き終わったら、主催者が紙を回収。
正解の紙を加えて、発表する。本当の広辞苑の解説だと思う回答に投票する訳だ。

全て主催者の解説に投票する場合も多々あるが、広辞苑の解説以上の回答もある。
主催者の回答以外の回答に投票された数だけ、ポイントが貰える。

つまり、騙し切れば勝ちだ。広辞苑に成り切り、自信たっぷりに解説すればポイントとなる。
解説が全くの嘘であっても。やっぱり、怪しく危ないゲームである。何か、間違っている気が・・・

妄想と、嘘が上手い人が勝ちだなんて・・・・・・・・・・・・・

因みに、この時の優勝者は吾輩だった   Orz


にょっきmasaki0kon at 18:26コメント(0)トラックバック(0)これどう?紹介 

2014年11月25日

劇画家畜人ヤプー【復刻版】



 読んだのは、ポット出版の復刻版、石ノ森章太郎作、沼正三原作、2010年発行である。
1983年の、辰巳出版の復刻版だが、既に、1971年には、都市出版社より発刊されていた。
約40年前の劇画版が今も、発刊されている事実。

小説は1956年から連載掲載され、書籍原作小説は、1970年に発刊。その後も、改訂を続け、1999年幻冬舎全5巻が発行されている。 異色の作品であり、日本4大奇書で、戦後初の奇書らしい。
 何も知らず読んだら、おそらく10ページで投げ出すだろう奇書である。体はSM・SF小説だ。


石ノ森章太郎が、漫画家として売れ出し、多忙の中でも骨身を削って劇画化した作品である。

 この作品が、何故生き残り、改訂を繰り返しているのかを考える。

表面的な、表現やグロテクス以上に、本質的な裏の内容が読み取れるなら、当然かも知れない。

 その当時の日本社会を憂い、近未来を想像し、何も感じないまま遥か未来まで進んだ事を書いている。
遥か未来からの、俯瞰として日本社会の憂いを炙り出している。

 このままじゃあ、日本の未来は絶望的だと言っている。言葉尻とか、難解な単語、表現はわざと直接的では受け止めず、比喩と思っていい。自分で受け入れられる違う言葉、表現で置き換えて読み進むと見えてくる。

 何を言わんとしているのか。それにしても、奇書である。まだまだ、奇書であり続けるであろう。色んな解釈が出来る、廃れない書、なんだろう。

 



にょっきmasaki0kon at 22:00コメント(0)トラックバック(0)memomemoこれどう? 

2014年11月24日




北海道の登別温泉に、一泊だった。

遠くに、クマ牧場の看板。
野生の熊と、飼われている熊の話を思い出した。

飼われている事に慣れてしまったか?
虎視眈々と、熊の本能を尊厳を持ち続けている個体
も居るのだろうか?
 我慢の先には、慣れっこしか残らないのだろうか。
当たり前と、思う事の恐ろしさの感覚がなくなって行く。


先程、長野県で、震度6の地震速報があった。

我慢を強いられている、日本人(人間)の話をしよう。

わが町にも、毎年、福島キッズキャンプといって、福島の子供達が来る。

とても子供らしく、数日遊んで、嬉しそうなのだそうだ。

でも、楽しい時間は過ぎ、又、福島へと戻る。
どんな気持ちで戻るのか?戻らなきゃ駄目なのか?このまま、居りゃあいいのに。

今でも、放射能は発生し、報道さえも未だ、本当の事を言わない。
そんな所に、また返す。何の為の、楽しい数日間なのか?
我慢のご褒美なのか。

戦争の時、児童疎開があって、将来ある子供達は、安全な場所に避難させた。

今の日本の礎となった人材だ。
それが、大人のやるべきことだ。どうせ、先の短い大人よりも、
将来がある子供を守らなくてどうする。

政治が、国がやるべき事を目先の利権で動く、官僚国家日本。

3・11の時の、異常な報道。何日も、まともな報道はなかった。
公共広告機構の、不気味な広告しか映らないテレビ。本当の事は、言えなかったのであろう。

 違和感を感じた人は、多いが、もう忘れてしまっている。

家畜化された、日本人。本当の事は、伝えない。
「ただちに、健康被害は無い」「福島はアンダーコントロール」。

本当なのだろうか?

福島も、国民も我慢しているのか。我慢の先には何が待っているのか。
日本は、もうこれまでの国ではなくなる。

我慢する事が美徳ではない。騙されずに、我が道を尊厳を持って生きていくしか、道は無い。
 



にょっきmasaki0kon at 08:30コメント(0)トラックバック(0)memomemo思うこと 

2014年11月16日




中国化とは何であるのか

012


コガタスズメバチの巣途中




縄文時代から続く、日本民族の優秀さ、「発展のみ」の日本史。
歴史とは、為政者の都合のいいストーリーなのは、家永三郎の日本史教科書裁判で最高裁まで争われた事実がある。

 鎌倉時代の以前に誕生した、中国宋朝は、未だにその根幹部分で中国は宋朝のままだ。

一方、日本は、秀吉⇒家康⇒明治維新⇒大正維新⇒大東亜戦争⇒55年体制⇒現代に至る政治

と、中国化と江戸時代化の両方に、振り子のように揺れ動いてきた。

そして、3・11が起こる以前から、日本は発展ではなく、破滅の道を辿っていつづけている。

何も、福島原発事故が決定的ではなく、事故は破滅に向かっている象徴に過ぎない。

「西洋化」「近代化」「民主化」は、もうその役割を終え、最早「持たない」のであって、次の「・・化」にシフトを移さねば、行き詰る。そういうことである。

 日本だけではなく、アメリカも欧州も、先進国?は、もう持たない体制で死にかけているってことだ。

 中国化というのは、何も今現在の日本と中国を指していう言葉ではなく、歴史上、世界から見て中国宋王朝の体制が優れていて、未だに本質の中国は、宋っぽい。経済力が№1になるのは、もう明らかだが、遅すぎたくらいだ。

 現在の中国が、優れていると言っている訳ではない。
官僚王国の日本では、もう破滅していくという事だ。

地球人口の爆発で、人類はどうなっていくのか?それを阻止する優性学とそれを実践する権力者。

 なんとしても、生き残るための、競争時代なのか?

日本は、今後、放射能の影響で死んでいく人で溢れるだろう。

それでも、生きてなんとか、「中国化」を目指し、少しはましな国にしていかなければ日本は、もう持たない。


にょっきmasaki0kon at 17:04コメント(0)トラックバック(0)memomemoこれどう? 

2014年11月11日



先日、頼まれて研修会でプレゼンした。
何か、不満が残った。そこで、買った↓

image

 順序が違うだろうって?ああ、確かに違う。
 おさらいだ。

プレゼンの仕方をプレゼンする企画!

 これは、目次ではない。自分の為の解釈だ。後から点検できる。思い違いも、正しさも。
例によって、ブログの長所である、後付け更新をしていく。
アメーバーの様に、変質していくだろう。

1.よいプレゼン
   ・①誰に何を?            伝える事を理解する
   ・②聴くメリットは?         相手の立場で考える、何が知りたい?
   ・③正しいよりも、分かり易い   相手のメリットを伝える
   ・④論理よりも因果関係      論理5W1Hよりも、何故?何?の2W。
   ・⑤面白い=興味          なんだか面白そう、と思わせる自分の工夫
   ・⑥得、楽、興味           得して、楽に聞けて、もっと聴きたい が良いプレゼン


2.プレゼンストーリー
   ・①提案?選択?示唆?     どれで行く?
   ・②KISSの原則           keep it short and simple
   ・③ミニスカートの法則       短すぎるのも問題
   ・④聴き手が、はっとする情報  無意識に思っていた事を気付いて欲しい
   ・⑤キーワードを           プレゼン後も頭に残るキーワード
   ・⑥聴く時間、聴かない時間   中間は聴いちゃあいない
   ・⑦最初と最後にキーワード   ポイント、キーワードを伝えるチャンス


3.事前準備
   ・①何人?共通認識は?     相手を知る。複数の違う相手の共通の認識。
   ・②時間の問題、機器。      時間は大切。長いほど不利。機器も確認を。
   ・③会場の条件。          見え方、見せ方の作戦を。
   ・④プレゼン者の印象。       個人差がある。大丈夫か自分の印象。

4.資料づくり
   ・①文章⇒要約⇒キーワード    まず自分で消化する
   ・②短い言葉で伝える        何を捨てるか?捨てても伝わるなら捨てるKISSの法則。
   ・③「たとえ」は効果的        イメージを伝える。プレゼンとは、ウィルスみたいなもの。感染してなんぼ
   ・④イメージを沸かすには       画像・映像が絶大効果。一目瞭然
   ・⑤イメージを与えると        覚えている。イメージは記憶に強烈に残る
   ・⑥たとえとイメージは        チョイスを 間違えるとマイナス。厳選して 誤解しないたとえ
   ・⑦イメージを伝えたら        イメージに繋がるキーワードも提供 胃がん>映像>ピロリ菌
   ・⑧プレゼンの内容を         キーワードで最初に示す 目次を教える。頂上を見せて置く

5.スライドのコツ
   ・①箇条書きスライド         と図表等の説明スライド
   ・②背景は黒              文字は白が見易い
   ・③Zの法則 左から右       上から下  Zの順で頭としっぽに重要な内容を含ませる
   ・④表もZの法則で          頭としっぽに見せたいデータをぶちこむ
   ・⑤グラフもZの法則         円グラフは、Z法則である。視線を戻させない順番で作成
   ・⑥最初の説明のどの部分が   次の説明と関連するのか解るように
   ・⑦プレゼンは、階段を登る    のと同じ。何段で一階から2階に行ける?適切な段数で
   ・⑧連続ドラマよろしく        次の展開に含みを持たせる、どうなるんだろう?効果

6.いけない資料
   ・①箇条書きのシートが      センタリング⇒左詰めに 視線の負担軽減
   ・②表の数値が中央揃え⇒    右詰め 大小を解り易く
   ・③センタリングすべき事項    キーワード、項目名、タイトル、図表のキャプション
   ・④重複文字は避ける       短い箇条書きにする工夫 削る努力 枝葉を払い幹を語る
   ・⑤図表の色は単純に       赤青黄色白黒 ややこしい色の説明をするのは無意味で無駄
   ・⑥グラフは、プレゼンの      内容主旨に合わせて並び替える
   ・⑦奇をてらったスライド       誰も理解しないし、無意味、一部の受け狙い
   ・⑧各スライドはスッキリ       詰め込まないで単純に

  7.良い資料
   ・①ここ、マニアックすぎるので、省略。以下同。
   ・②
   ・③
   ・④
   ・⑤
   ・⑥
   ・⑦
   ・⑧
   ・⑨

8.テクニック
   ・①相手を見て。スクリーン見ない       身振り、話のトーン、プレゼンの中身の順に印象が大きい  
   ・②プレゼン本題の前の、トーク       聴き手とのつながり空気を掴む、距離を縮める。
   ・③スライドは、邪魔な時には消す     スライドではなく、プレゼン者が主役。
   ・④手振り、身振りで視線は集まる     プレゼン者の上半身、顔口目に。

にょっきmasaki0kon at 17:53コメント(0)トラックバック(0)memomemoこれどう? 

2014年11月07日

image


にょっきmasaki0kon at 18:13コメント(0)トラックバック(0)ネタこれどう? 

2014年11月03日

[メレル] MERRELL Grassbow Mid Sport GORE-TEX M J24549 DarkGrey/Orange (DarkGrey/Orange/8) [ウェア&シューズ]

まあ、これだ。
その他に、2足分のインナー買った。散財だ。

何の為に?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[900] いやね・・・
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2014/11/03(Mon) 14:52 [121.115.88.215] 

トレッキングシューズ買ってしまいました。アマゾンで。
人混み耐性無いので、自分の判断でチョイス。
まあ、返品可能なのでいいか?とも思う。メレルってメーカーだった。^0^¥

自分で決めた事を、後悔したことは、ありません。
最近はね。自己責任です。

食事店に入ったら、大抵3秒で注文きまります。
「せっこき」なのです。反省しない訳ではないと思うのですが、反省する暇が惜しいのでしょう、不味くとも学習したと前向きです。

熱中し易く、冷めやすい・・・熱伝導率が最も高い・・・・・

「銀」みたいなもんだ。

今、はまっているのは、世界の歴史。
10世紀の宋朝、から変わらぬ中国の体制。
14世紀のルネッサンス。
16世紀の銀による世界通貨とそれに続く「金」の世界支配。
江戸時代から現在に至るまでの、日本の歴史。

東日本大震災以降の日本はどうあるべきか?

世界のトップは、今後中国になるのは明らかです。
アメリカやヨーロッパが、覇権をふるっていたのは何かの間違い。アジアが、トップになっていく。(日本はどうか?)
という、常識的には、とんでもな話ですが、現在の歴史学ではほぼ定説であるらしい。
 都合の悪い史実は、なかなか表に出ないみたいです。

日本が教育され、報道され続けるアメリカ西洋感、中国ロシア・アフリカアジア感は、どうやら見直しの時期が来ているのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アポイ岳に登るために買った。
アポイ岳は、こちらを参考に。



いつもの、衝動買いだが、反省はしていない。^0^¥


にょっきmasaki0kon at 15:54コメント(0)トラックバック(0)色々やってみるネタ 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ