2015年03月

2015年03月24日

新聞ダイジェスト 2015年 04 月号 [雑誌]




ネットオークションで、古時計を買うのが好きです。

そんな、同趣味のこの方のいい話。

Cooの腕時計さん のサイトから

転記開始)

この話は以前に実際に、私のオークションであったお話です。

時は2001年12月24日クリスマス。

時計の好きな方なら毎年、時計メーカーから「クリスマス限定」が
発売されるのをご存知と思いますが。この限定モデルにまつわるお話です。

2001年12月24日、イブの午前中に落札(レディス自動巻のメタルバンド/2001Limited)
この時期の購入は、クリスマスプレゼントに間に合うかどうかが問題なので、
落札されるとボクらは緊張するものなのです。また、そういった方に限って
メール返事が遅かったりで困るものなのですが。

オークションIDを見るとお得意様。まずはひと安心。d(^_^)どうみても
プレゼントなので返事を待たずに送ってあげようかとも迷ったのですが
「出張中」の多い方なので返事を待つ事に。

返事が来たのは25日で、メールの内容は下記。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

××さま、こんにちわ!いつもお世話になります。
またいつもオークションを楽しく拝見させて頂いております。
取り込んでいたもので、お返事遅く成って申し訳ございません。
この時計は娘へのプレゼントです!(;^_^)

今回は何点か我がままを聞いて頂ければ幸いです。

まず、プレゼント包装をお願い出来ますでしょうか?
それとベルト調整もお願いしたのです。
送り先はいつもと同じでOKです。(時間指定はありません )
まず包装希望なのですが、出来れば12月24日の新聞紙で包装。
なるべくそちらの地元紙で包装して頂けると嬉しいです。
その上から普通の包装をしてください。
リボン等は要らないですから「誕生日おめでとう」
とカードを添えて頂ければ助かります。
それといつも自動巻はネジを巻いて送って頂きますが、
今回は動かさないでカレンダーを「24日」にして発送ください。

でわ!到着お待ちしておりますね。(^.^/)))~~~bye!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普段はメールのやり取りですからお得意様でも年齢や顔は分かりませんが、
自動巻の時計をはめる娘さんが居る年齢だったのだなぁと。

そして地元紙「神戸新聞(12月24日付)」に包んで発送しましたが・・・・

「ベルト調整」と「カレンダーを24日、表示」これは意味がわかりますが、
娘に「新聞で包装」?
その意味とは・・・・ それは続きを。

その翌日「届きました!メール」が。(実際のメールは、個人的な内容も多いので
抜粋ではなく、内容をこの私が要約したものです)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○○○○さん、こんにちわ。
今、届きました! 今回、色々ご無理聞いて頂いてありがとうございました。
普通の店なら(失敬!(;^_^A )こんな事、頼めないですが○○○○さん、
ならやってくれるだろう今回甘えましたm(..)m

箱は開けていないですが、カレンダー24日にして頂けましたよね。

今回の要望、さぞかし意味不明なものであったと思われます。

実は先日24日に娘が生まれまして。今回の時計はその娘へのプレゼントです。
あの日、妻の出産でメールの返事が遅れて申し訳ございませんでした。

今回の時計は「2001年X'masリミテッド」。「娘の誕生日が2001年12月24日」

この時計は娘が丁度「二十歳」になるまで箱は開けないでこのまま置いておきます。
そして「二十歳の誕生日」に、この時計をプレゼントしようと思っています。
そのときに娘に
「 この時計はお前が生まれた年に作られた時計だよ。
この新聞紙はお前の生まれた日の新聞だけど、
関西の○○○○さんって人から買ったのだよ」と言う積もりです。

今回、色々有り難うございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このメールを読んだ後、ボクはもう涙でモニターが見えなかったです(;_;)

しかし・・・・ベルト調整の意味は何だったのだろう・・・・・

とにかくは「Merry Christmass!」

                                   転記終わり)

さて、平成32年には、まだまだです。


   似たような事をしました。
子供の生まれた日に、買えるだけの各誌新聞を購入したのでした。お前の生まれた日の世の中・・は。

 後は、言うまい。

もう一丁オマケ← クリッコしてみて→次、こっちネ



にょっきmasaki0kon at 18:46コメント(0)トラックバック(0)これどう?紹介 

2015年03月10日

アマチュア無線ってのがある。
自分もやっていた、その想い出から書こう。

札幌近郊に三角山っていうのがある。
その山中からの登山者が発した無線の会話を傍受したことがある。

「今、遭難しかけています。帰る予定が道に迷っています。今、
日も暮れて一晩ビバークして日が出たら帰るつもりです。家族は心配していると思うので
伝えて欲しい。」という内容でした。

「食糧も充分だし、心配しないでくれ。捜索願いも無用。」
『了解しました。伝えます。』『ご家族には、伝えました。了解とのことです』
という内容でした。

あー凄いな、自分の身と関係者を守るツールがあると思いました。

携帯電話でいいんじゃね?と思うかもしれません。


じゃあ、もっと昔の話です。
携帯電話なんて無い頃の話です。

有る峠で、通行できなくなった。事情は、坂道のカーブで衝突事故があって、
ライダーが中央車線で倒れてピクリともしない、で通行不能になってしまった。

事故加害者の人が、救急車を呼ぶため無線アンテナを掲げていた私の車に来て
無線を使って救急車を呼んでくださいと、必死の訴えでした。

電波管理法ってのがあって、緊急時には無線を勝手に(法を犯して)使って良い
って規定があって、緊急時違法交信をしました。
 で、救急車が到着して自分は役目を果たせたなって想い出があります。



何故、こんな話をするのか。


3・11です。

あのとき、福島で起こった震災時には、北海道に住む自分も携帯電話が使えなかった。

北海道でさえ使えなかった、携帯。東北ではもっと酷かったはずです。
そんな時に、活躍したのが、アマチュア無線だったそうです。

被害状況、救済要請、一般メディアとか一般通信網が麻痺した時に、活躍した
アマチュア無線網。

 そんな、情報です。
自分の身を守るのは、誰でもない。自分自身なのです。
そんな事を言いたかった。


にょっきmasaki0kon at 21:58コメント(0)トラックバック(0)思うこと自己責任 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ