2013年07月30日


退院時に、いいだけ脅かされました。
大腸ポリープが消化を阻害しているので、固形物(普通の食事)を採ると小腸が詰まって大変な事に成ると。



入院する前は、普通に食べて何も支障がなく過ごしていたので、
入院してから悪化したという事なのか?

と、思いたくなるのですが、まあ、
流動食しか採っては駄目というので、少しはいう事聞いて、
流動食を続けてポリープを縮小させる事にしました。

ポリープが縮小し、普通食が食べれるようになったら、件の病院に行き
「死ぬとまで言われた、大腸ガンもどきが凄く調子いいんですが何故だか診察してください」
と言いたいところですが、時間と金と労力の無駄ですので止めとくわ。  ^-^

で、病院で出された重湯は味が無くいただけないので、自分の好みの専用流動食を造ってみた。


image


先ずは、重湯の原料は米1:水10で炊く訳ですが、ある程度米が柔らかくなったら、右奥にあるミキサーに掛ける。

そこで、再び鍋に掛けて味を整える。

味の原料は、
①先ずは、ミネラル添加の為、左手前のニガリです
②味を整えるのは、右にある天然粗塩
③鶏ガラスープとコンソメスープで味を加え
④保険の意味で、甜菜オリゴ糖も入れとく
⑤最後に味を見ながらじっくりと沖縄の天然黒砂糖(波照間島産)

美味しいよこれ!でも、きっと直ぐに飽きるから更なるレシピを考えなきゃね。




image


カロリーを補うのには、ゼリー状の物や、医薬品として処方されるドリンクがあります。

真ん中水色の缶が医療用のエンシュア・Hという奴、250mlで375㌔㌍らしい。バニラアイスの味がして、こんなの毎日1000~1500mlを飲めとか書いてあるが、身体に悪そうです。
しっかり保険摘要品で立派に副作用ありと書いてある  ^0^
1mlが1.12円だから(1500ml/日×1.12円/ml=1680円/日、で一日当たり2,250㌔㌍)と値段も摂取カロリーも高い。病院で処方してもらう気はさらさらないので、代替え品としてドラッグストアで買ったのが廻りの奴。

こちらも、何だか胡散臭いので、次の手を考えましょう。

そろそろ、家の畑で生るであろう無農薬・無肥料の野菜達に応援を求めるつもりであった。



にょっきmasaki0kon at 21:40コメント(0)トラックバック(0)病院医療シリーズ | memomemo 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ