2015年08月15日


登山行ってきました。手稲山ってところです。
朝、雨雲レーダーで見たら、その山だけに20mm以上の降雨あり!
他も検討しましたが、晴れ男の実力・運試しに取敢えず行ってみました。

image


おお!頂上見えてるじゃん。やはり、晴れ男だなって小躍りしながら登ったよ。

image

あと、4Kmか。

image

これ、登山口にあった、片手袋。これを探しに来たんです。
片手袋コミュニティってあります。
この間、タモリ倶楽部で2回に分けて放送されましたよ。片手袋に出会い、妄想を膨らますっていう、なんじゃそりゃって活動です。

image

山頂です。実は、8合目位から、雨が降り出し下山までかなりの雨量です。1023mです。
カッパ着たけど、汗で中はべちゃべちゃで(晴れ男返上)辛かった。

image


image

滝だらけです。ルアーと釣竿もってくるんだった。^0^
image



さて、ここからが登山に纏わるいい話と、怖い話です。

良い話は短い。

降りで辛すぎて、岩に深く座って休憩。
その時、スマホをおとしったぽい。

気付いた時には、かなり下山してた。諦めました。
FBでもう、登山の様子はUP済み。
探しに、また登るなんて無理無理。

休んでいると、後ろから降りて来た小父さんが、「スマホ落としませんでした?」
おお、ラッキー。丁重にお礼を言いました。

登山する人は、いい人だ!(自分の事言ってないか?)


次、怖い?話です。

休んでいると、カップルが追い越して行きました。

20m位先で立ち止まり、彼氏はこっちを見ています。
彼女は、しゃがんで何か探している?
スマホ落としたか?(自分と一緒にしない!)

ずっとこっちを見ているので、何か用?一緒に下りたいの?と思い
近づいて行ったら、2人してさっさと降りていきます。
何だ?さすがに若いだけあって、ズンズン降りて行きます。

まあ、じいさんはゆっくり降りる事にする。

暫く降りて、休んでいたら後ろから気配がして、振り向いてビックリした(樋熊熊じゃないよ)
登山口に樋熊目撃情報は貼ってあってビビッタ(熊避けスズ、忘れたんだよ)

何時、追いついたんだか若者が追い越して行ったんだ。
そして、10m位先で立ち止まり、こっちを見ている。?

その時、またもや背後からガサガサと音がします。
振り返ると、若いヤマガール。
ハッとしました、だってガレ場を降りて来るのに、笹薮漕ぐガサガサは無いだろう!

二人が揃ったカップルの姿を見て、気付きました。
黄色いシャツの彼氏と、ブルーのシャツの彼女。特徴のある柄。
追い抜く時に、一言あった「大変ですね」「カッパの中はびしょびしょですよ」

カッパも着ていないので、ハタと気付いた、さっき追い抜いて行ったカップルじゃあないか!

気にもしなかったけど、下りながらよくよく考えてみました。
考えながら、思った。

この登山道は、一本道です。他にコースは無い!

追い抜かされたけど、抜き返してはいないぞ?

エー、又今度、後ろからカップルが追いつて来たら・・・・・・・・・・・・


段々、変な考えが頭を過ぎる。


暫く降りたら・・・・・・・・・・・・・・

何か臭う。線香の香りだ。
鳥肌が立つ。急いで降りた。足首がかなりのダメージなのに・・・・・・・


これを読んだ人は、どう思いますか?

結局、後ろから追いつかれることもなく下山出来ました。


今の時期に、相応しいネタでした。

ネタなのか!?って思ったでしょう。



きっと、こうです。


先に追い越したけど、彼女がお腹の調子が悪くて、
お花畑状態(登山では、排泄をこう言います)
彼氏は傍にいてあげた。

それを、気付かず追い越した。

線香の香りは、登山口にお寺があるので漂ってきた。
何せ、終戦記念日ですからお線香も焚くでしょう。


こんな日に、登山なんて・・・・って言う同僚の言葉が、正解です。^0^¥



にょっきmasaki0kon at 19:51コメント(0)トラックバック(0)トレッキング | ネタ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ