2016年02月05日

image

登山で、木の後追いというのが有るそうです。  そう言えば・・・・・・

十勝岳の登山で、はっと思い当たる事が有ったので書きますね☺

写真は、十勝岳の避難小屋です。

ここに来るまでの事でした。

登り始めて、少しのこと、段々と傾斜がキツクなって来たころです。

登りが切れて、平らになるのが見えました。

何百メートルか先を目指してどんどん登ります。あの木まで行ったら平らで一息だ!

目指す木は、ぽつんと立っています。下を向いてグングン登ります。

もう少しだな。あれ?目指すピークに目をやると、さっき見た木の距離と同じ見え方

でした。

おかしいな?かなり登ったはずなのに・・・・・・・

またグングン登ります。上を見ると景色が全く同じです。???????

そんな事を、3,4回繰り返し・・・頭をひねったものです。

またグングン登ります。気が付くとあっという間にピークでした。

その時は、何か変くらいでしたが、「木の後追い」を知った時、あーそれだったんだと納得

しました。 進めど進めど、景色が変わらず、同じ木が同じ距離で向こうにいる。


木の後追いは、下山の時の現象で、いくら下っても木が後を追いかけて来る状態。

だから、後追いなんですが、登りの場合は「木の先走り」と名付けました。^0^¥


そして、下山の時は降りるコースを間違えた訳です。↓




http://blog.livedoor.jp/masaki0kon/archives/8949344.html

にょっきmasaki0kon at 18:54コメント(0)トラックバック(0)トレッキング | これどう? 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ