蕎麦うちシリーズ

2014年04月30日

image

image

image

image

今、ここ。まだまだ続く税。

にょっきmasaki0kon at 00:28コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月27日


image

磨いて、洗う。
image

ガンガン磨く!
image

image

今、ここ

にょっきmasaki0kon at 00:29コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月17日


image

この間届いた、電動ドライバー。
汚れが酷いので、これで磨きます!
無駄な物は、無い(>_<)


image

ウーン、天秤はピカピカですよ。
image



にょっきmasaki0kon at 18:40コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月16日

ヤフオクでゲット。
image

梱包を解いてみる。楽しみの時。
image

image

image

image

これだけ違うので、まあ満足した(*^^*)
50kgは有りそう。
image

機械式天秤と、電子天秤です(^-^)v
image

機械式天秤と、電子天秤です(^-^)v。
image

おまけ?
これ好きです(^-^)v蟻さんの体重測定するのです。
image

平成17年代までは、現役で活躍した薬剤調合用の計量器ですよ!
image

因みに、平成26年の合格証シールをゲットして、付加価値を付け高額で転売しようと企んだ。
 まず、特定計量器検定費用。天秤本体は200円なり。10mg以上の分銅@20円なり。10個あるので、200円です。こりゃあ、
 検定取るしかない!(^-^)v
更に検査機関は、?
 貼ってある東京都薬剤師会の合格証は、適正計量管理事業所で行っている自主検査の合格証シールでした。
 つまり、製造過程で使う計量器は、特定計量器では無いので、検査が不用。
 しかし、特定計量器と同じ管理を敢えてしているらしい。こりゃあ、素晴らしい!(^-^)v
 シールに、計量法の規制クリアーの意味は無いってことです。
 する必要ないけど、念のためしてるんだって!
 諦めないぞ、検定済のシールをゲットするため、他の裏技を探ってみる!(-.-)y-~
 でも、粉を計って悪いことするのが目的と勘ぐられそうですが、シールをゲットするのが目的なのだ!

にょっきmasaki0kon at 20:52コメント(0)トラックバック(0) 

2013年11月18日











image

隙間ゲージで計り、用途を決めましょう。
image

まあ、粒径2.45㎜位です。三十目で使える。

image

image

これは、1.0㎜。これまた、五十目。
image

これじゃ駄目。
image

ノギスと針で0.55㎜と出ました。七十目。
中華とあるやつで間に合わせる、篩は買わないでやってみる,。

image

これが、
image

アップしてたらこう見えます。
image

縫い針の先端。
網目バラバラじゃね?
やっぱり百均はこの程度ってことか(^3^)/


にょっきmasaki0kon at 19:58コメント(0)トラックバック(0) 

2013年11月17日

篩を買わなきゃなんだが・・・・・・・・・
目の粗さというか細かさが問題で、用途によって何種類か選ばなきゃならん。

メッシュというのは、欧米のJIS基準で1インチ24.5㎜の目の数なんだが
目という、和製仕様は一寸30.3㎜の目の数らしい。尺貫法ですな。今や米英鬼畜(^0^)に駆逐されつつある。

つまり、こういう事。←あー、まんどくせー。線材の太さで、篩分けられる粉の粒子径が違うってことか?

今持っている、百均で買ったケーキ用の篩が中華製のため表示なし。
image
どうする?日本。訳解らなくなってきた。奥が深い篩と、石臼と、蕎麦の実、総じて蕎麦打ちの世界。
まあ、実際使ってみて自分で判断しろってことらしい。
あ、吾輩けっして暇なわけじゃあナイナリ!探求心が旺盛なだけ。(やっぱ暇人)
玄蕎麦から造るには、5種類の篩が必要みたい。
オープニング(粒子径)  http://www.kwn.co.jp/engineering/screen/es_02.html
30、50、70目で決まり、でメッシュでいうと、25、40、60だな。
中華製は不明のまま・・・・・・


にょっきmasaki0kon at 17:35コメント(0)トラックバック(0) 

2013年11月15日

image

玄蕎麦と脱穀した丸抜きの実です
image

玄蕎麦の実は何か、栽培用の種です。
挽くには篩が必要みたいです。
来年蒔こう。
それと、蕎麦カイワレが出来そう、今からやってみる。
image

水に浸けた種です。
このまま、放置。

にょっきmasaki0kon at 12:50コメント(0)トラックバック(0) 

2013年11月06日



石臼がちゃんと性能を発揮するか試す。
image

豆腐用に買った、 とよまさり で、きな粉を挽いて見ましょう。
蕎麦の実を購入するのは、その結果次第だね。
単なるオブジェになってしまうのか、グラインダーで溝目を切り直すのかの分かれ目です。
image

まあ、30分でこれしか挽けない。
きな粉でさえ、こうだから、と言っても後には引けなくなってる。
image


image

何か変。何かが違う。
image

原因は、大豆は炒ってから挽く。
道理で、生臭いしくっつく筈です。
image

完全に失敗、明日再度チャレンジ!
image

炒ってやると、粉が出ます。
image

百均で、掃けと篩、ケーキ用のやつ。
image

新鮮なきな粉になりました。
けど、不満、溝目が駄目、重さが足りない。
この二つの解決案を考えましょう。


にょっきmasaki0kon at 20:50コメント(0)トラックバック(0) 

2013年10月29日

image

本日が、二回目の蕎麦うち。短いしボソボソだし、固かったり、フヤケタのが入り混じったりの酷いもの。

ボソボソ、短い、太さ不揃いが手打ちの特徴、なんて嘘。要するに、ちゃんとそばを打てていない結果です。

金貰っても、こんなの喰わん。というか、蕎麦じゃあないこんなもん!

と、嗚咽しながら、自己責任で捨てずに飲み込んだ訳です。という訳で、断食は中止です。

何が悪い?
まあ、全てでしょう。
image

水加減、かき混ぜ、捏ねかた、伸し方、切り方、ゆで方。全てでしょう。
初心者だから、失敗は成功の元としておきます。

所謂、ずる玉というやつ。水加減が多すぎて、伸ばすのにはとっても楽チンでした、「おお、吾輩、職人みたい」と思ったのは、ズルっ子して手を抜いたので、最終的に手抜きが結果として現れ、蕎麦じゃあなくなったのです。

でも、つけ汁は上手く行った、って好みだから自画自賛だが・・・・・・・・・・。
上手くやれる様になったら、動画(´-ω-`)アップしてやる。クッソ!


石臼

石臼をオークションで買っちまった

と言う事は、玄そばも買わなきゃ。
挽いたそば粉、まだ4kg程残っているんだが・・・・・・・・・・・
しかも、賞味期限切れてます。



にょっきmasaki0kon at 21:27コメント(0)トラックバック(0) 

2013年10月09日

蕎麦うち道具と、蕎麦粉はあるんだが。
まだ、そばがきしか造ってないぞ。
解説書を読むと、麺棒が3本要るそうな。

一本しかない。延棒一本と巻き取り棒二本。

巻き取り用 91㎝30φヒバ材¥7700×2=15400

げ、蕎麦うち道具セットと同じ値段。詐欺だ

image

米ヒバ集成材 192㎝30φ ¥998買って来た。康い。ヤスリかけかけて、出来た?

image


出来上がり。
さあ、これで蕎麦が打てるぞ!
どうなることやら・・・・・・・・・・・・・・




にょっきmasaki0kon at 19:51コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月07日

Amazonで買っちまった。
image

蕎麦うちセット。

image

きっと、直ぐに飽きるかも。




現在、返し熟成中。



これも要るか?

にょっきmasaki0kon at 21:50コメント(0)トラックバック(0) 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ