トレッキング

2017年08月29日

[画像:697d7a99-s.jpg]
[画像:061142be-s.jpg]
[画像:b6c376bf-s.jpg]
[画像:fd63511c-s.jpg]
[画像:bb6797ae-s.jpg]
[画像:41550b69-s.jpg]
[画像:22c5163b-s.jpg]
[画像:b70e3a9b-s.jpg]
[画像:378e2a9f-s.jpg]
[画像:f4ae784e-s.jpg]
[画像:ff43cb15-s.jpg]
[画像:c1043c74-s.jpg]
[画像:5c30207b-s.jpg]
[画像:e7f7ac17-s.jpg]
[画像:1939ad86-s.jpg]
[画像:35da9a68-s.jpg]
[画像:1141e1c8-s.jpg]
[画像:92888147-s.jpg]
[画像:f102e126-s.jpg]
[画像:5447fe46-s.jpg]
[画像:52799d8e-s.jpg]
[画像:e0e5bee2-s.jpg]
[画像:4591dcba-s.jpg]
[画像:8f6a5eef-s.jpg]
[画像:27c9914e-s.jpg]
[画像:c477e3e6-s.jpg]
[画像:4cbf22fe-s.jpg]
[画像:dab2fb52-s.jpg]
[画像:be3c43ca-s.jpg]
[画像:ce03408b-s.jpg]
[画像:f5dc9c45-s.jpg]
[画像:54097f6f-s.jpg]
[画像:5b435508-s.jpg]
[画像:19453843-s.jpg]
[画像:69fab979-s.jpg]
[画像:2cb429fa-s.jpg]
[画像:4dcfc324-s.jpg]
[画像:40a2fa9c-s.jpg]
[画像:572b3b62-s.jpg]
[画像:164b78ac-s.jpg]
[画像:8bd5d8a0-s.jpg]
[画像:38306d4a-s.jpg]
[画像:5d5b44c3-s.jpg]
[画像:a005740c-s.jpg]
[画像:63f1bd80-s.jpg]
[画像:5ec37dc5-s.jpg]
[画像:b25bd7ee-s.jpg]
[画像:a114ff7b-s.jpg]
[画像:47ed9c2c-s.jpg]
[画像:2cdb567d-s.jpg]
[画像:84d1d183-s.jpg]
[画像:611eb036-s.jpg]
[画像:d6c8bb7d-s.jpg]
[画像:77c7cf81-s.jpg]
[画像:f8b8bacf-s.jpg]
[画像:953d477b-s.jpg]
[画像:53b560ca-s.jpg]
[画像:4d24d1c6-s.jpg]
[画像:1c13809a-s.jpg]
[画像:2e1d6078-s.jpg]
[画像:c832ccaf-s.jpg]
[画像:27ccb4d8-s.jpg]
[画像:63d274a5-s.jpg]
[画像:31e6da81-s.jpg]
[画像:6365c9e3-s.jpg]
[画像:2cb92929-s.jpg]
[画像:3a1fa48f-s.jpg]
[画像:bf72725f-s.jpg]
[画像:1d620411-s.jpg]
[画像:417df1cd-s.jpg]
[画像:6859bd07-s.jpg]
[画像:8cf7d372-s.jpg]
[画像:68232833-s.jpg]
[画像:869f759b-s.jpg]
[画像:aa93e869-s.jpg]
[画像:260c672e-s.jpg]
[画像:2a747ccb-s.jpg]
[画像:19cd0d5b-s.jpg]
[画像:3081e773-s.jpg]
[画像:7490c4a1-s.jpg]
[画像:460c99b2-s.jpg]
[画像:e539bf33-s.jpg]
[画像:75a556d8-s.jpg]
[画像:64d90519-s.jpg]
[画像:49fcc541-s.jpg]
[画像:eaeed4da-s.jpg]
[画像:f225ad99-s.jpg]
[画像:608b7919-s.jpg]
[画像:1145357d-s.jpg]
[画像:719681ab-s.jpg]
[画像:34baaf86-s.jpg]
[画像:1283dccb-s.jpg]
[画像:8ca149e1-s.jpg]
[画像:dfbd56e1-s.jpg]
[画像:45172655-s.jpg]
[画像:d6316f08-s.jpg]
[画像:fdc42b94-s.jpg]
[画像:f3e90936-s.jpg]
[画像:810ea3ae-s.jpg]
[画像:22630ed1-s.jpg]
[画像:8263fefd-s.jpg]
[画像:1787d786-s.jpg]
[画像:7f8ef401-s.jpg]
[画像:0d688956-s.jpg]
[画像:1d593788-s.jpg]
[画像:b207a1cf-s.jpg]
[画像:a1ae5578-s.jpg]
[画像:5e07c032-s.jpg]
[画像:72ade6fd-s.jpg]
[画像:ae0bc751-s.jpg]
[画像:49c9e222-s.jpg]
[画像:0264efc6-s.jpg]
[画像:3622e042-s.jpg]
[画像:4b70b23f-s.jpg]



にょっきmasaki0kon at 22:21コメント(0) 

2017年04月08日

2016年に世界ジオパーク認定されたアポイ岳です。

認定されたら、込み合うと思って2015年夏に登ってみたけど、ヘロヘロで惨敗。

そこでリベンジしてきました。
image

この時期、雪は無いとの情報で行ったらこの有り様ですか*****

岩場とアイスバーンと深雪が交互に来て、ヘロヘロに*

またもや、返り討ちです。

麓では、熊🐻出没の看板あり
熊避け鈴わすれて、さんざんでした。

地元の管理のおじさんが、今年は雪多かったからなと教えてくれました。
それでも雪あってもアイゼンは使わないそうで、さすがです。

再々リベンジ決定😅



にょっきmasaki0kon at 19:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月08日

慰霊碑のある山🗻
登山途中にも、慰霊碑があり、高校生の遭難らしいです。

image
慰霊碑

さあ、明けて来ました。
image
朝焼け

左のが山頂、右のが夫婦岩です。
山頂でさえ厳しそうです。
夫婦岩は、絶対無理。
それでも、ロッククライマ-は登るらしい。
image
芦別岳です

皆さんえ、てっ皆さんへだと思うが古い表現。

image
登山口

登山片手袋です。下山時にも有ったので
下山の安心感で落としたのでしょう。
倒木に置いた、介入の片手袋(*´・ω・`)b。です。

image
片手袋

やっと半分かな?
image
反面山🗻

近くで見ると、心が折れる。
これ登って行けるの?
image
山頂

ポケモン居た。
でも隣のピークがスポットらしいけど
もう一度降りて、再度登り直した。
疲れた😣💦⤵
image
ポケモンいた

さすがの絶景です。
足がすくんで ますが

image
絶景

この後、が酷かったです。
下山で、汗かきまくり脱水症状で体が動かない。
反省点です。水が無くなりアウツでした😅

にょっきmasaki0kon at 08:57コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月31日

あ雲
image

登山口
image

雲海
image

登り
image

山頂
image

片手
image


image

image

image


晴れ
image


にょっきmasaki0kon at 15:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月18日

7月29~30日に、我がワンダーフォーゲル部で富士山に登るので、練習兼ねて登って来ました。
蝦夷富士🗻

登山口は、倶知安、京極、喜茂別、真狩とあり
ここは、京極です。
image


各コース特徴ありですが、京極は、とてもシュールです。

image



6合目から少し登って辺り一面雲海がみえた。
一瞬。
image


でも、9合目でもまだ樹林の中。

image



image
image


image


image


にょっきmasaki0kon at 21:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月16日

image

行って来ました、恵庭岳。
朝、出発前に急遽決まった登山です。
予定では、別の山だったけれど、変更です(*´・ω・`)bよ🎵
登山口駐車場に片手袋。
軍手の上に、革手袋で、きっと林業作業員の
物でしょう😃


image

前の日に買った登山靴。
一緒に買ったワックスが起毛革には使えない
っていう説明書、店員、只じゃおかねーぞってなもんで、ニュウ登山靴デビューはならず。
ネットで購入したけど、何時届くもんだか?💤



image

頂上です🎵
登山禁止の表示があるエリアです。
でも自己責任で、死んでもクレーム付けなきゃ
登るのは黙認だそうです。
要するに、責任の使い回し。
あんたの責任で、こっちに責任はないという論法w

image

隣のピーク。
今居るピークは、もっと高いし、斜度も
同じです。
これを登ろうと思うのは何故なんだ?
と、登った後に思っている不思議 。

image

ご褒美の支笏湖です、風不死岳が、湖面に映える!絶景です👽

image

ワックスかけかけ。お手入れ前後が判ります。
後、2回かけかけします。
まだまだ履けない(*´・ω・`)bよ‼
image

ワックスセット収納した❗

にょっきmasaki0kon at 21:12コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月12日

image

これ、地元の山です。
標高274mかな?これからトレーニングで登ります。

image

しかし!登山口に行くまで道を間違えて、早くもプチ遭難しました。^0^¥30分ロス

image

ここ第一ピーク。

image

ワンゲル部員。


image

登山記帳所にあった片手の手袋です。
前回もあったけど、今日は袋に包まれています。
袋に包まれている手袋。変なの^0^¥

image

次のピーク、長官山です。
長官が登った山が、長官山だそうで、全国、長官山だらけだな!

image



長官山という次のピークに向かう途中で片手袋発見、皆からおいてけぼり、寂しい。


にょっきmasaki0kon at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月05日

image

これ改造した輪かんじきです。
これで、北海道小樽の塩谷丸山に登った
のです🎵
image

風無し、気温0℃、雲無しで最高の登山日和。

景色最高です。羊蹄山も見えました。

しかし、体調が最悪。

地元の登山者に依ると、数日前に降った雪で
凄く登りづらいとのこと。

踏み跡無いし、深雪でラッセル状態です🎵
ラッセルの直ぐ跡を付いて行ったけど、
輪かんじき履いて歩くの初めてです👽

辛くて筋肉が悲鳴を上げた。


足が上がらない!
辛かった‼

でも、また行きたい❗

恐怖の新雪ラッセルでした

image





にょっきmasaki0kon at 22:49コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月20日




せっかく買った冬用登山グッズの訓練に、近くの山に登ってみた。

北海道の長沼町という町の山。馬追山です。
馬追の山水が噴き出す場所から登ります。
image

散策コースが一杯。今度、全コース制覇もやってみるか?
image

おや?なんだろう?綺麗に樹皮が剥がれている・・・・・・・
なんていう木?火種口に使えそうだな^0^(持って帰る)
image

おお!木の名前!ふむふむ。キハダ・・如何にも木の肌って感じ
image

ホオノキ。ほっぺたが沢山あるのか。
image

オヒョウ。どの辺がおひょう?(何か魚を想像してる)
image

オニグルミ。鬼?を想像。何が鬼?鬼のように実が生る^0^¥
image

名札はバネで縛ってるので、木が成長しても大丈夫。
image

を?トンネルだ!上に道路が在るんだね。
image

シナノキ。朽ちた親木が守るように若木が育ってます。
image

モクセイ科アオダモ。もう、訳わからん。

image

アサダ。真央?樹皮がスパイラルしとるがな。TOT
image

これ、ハンノキだと思うんだが、樹液が青いんだ。何故?
誰か知っている人居たら教えて腸よ。周りのハンノキは樹液なし。
鉄砲の弾が当たったのか?
まあ、幹だけ見て覚えられる訳もなく、葉や枝の見れる時に全体を見なきゃと思った次第。
image

着いた。山頂。靜台。天測点って何?
image

へー凄いんだな。
第1号って刻印してある。二じゃね?違う!一だって!今度一緒に見に行くか?
image

柵の向こうは、陸上自衛隊長沼ナイキ基地がある。ミサイル基地です。
北朝鮮のロケット発射を非難する立場じゃないと思った。
最高裁判所の案件、長沼ナイキ基地訴訟をご存知の方も居るでしょう。
憲法裁判です。
image

山頂登山ポストに、片手袋発見!いやー、登って良かった収穫大杉。^0^¥

『片手袋』は、こちらからご覧あれ!
image

トン汁。早く涌け!
image

あ、危ない!・・・・ふー、間に合った。汗ふきふき。
トン汁うまうま^0^
image


という訳で、訓練の成果は、簡易アイゼンはやっぱり糞です。
靴の間に雪が噛む、で外れる。
ワカンは、使う場面無かった。
バーナーは、気温がプラスだったので何とも言えないしウェアも同じ。
さあ、来週は何処に行こうか!

にょっきmasaki0kon at 16:20コメント(1)トラックバック(0) 

2016年02月10日

image

冬山登山用の輪かんじきの改造です🎵

調べたら短所が色々有るようで!
①雪が付着し雪だるま状態になる。
②ステンレス歯とナイロン紐が擦れる。
③ナイロン紐の向きが、装着時拠れる。
④運搬時の、歯の保護を、工夫。

です。

image

④から行きます
附属のビニールのカバーの代わりで
革で保護を、しました!
image

③装着時、よじれ無いよう改造です🎵
image

②擦れ無いよう、100均のコードグリップ
で保護です🎵
image

①アルミの輪に、100均のスパイラルカバー
装着です。滑滑の塩ビなので雪が付着しません😃


後は!これを実戦で使うため練習に行くのが
最後の仕上げです。
明日、そこいら辺の小山に行くか?

完成の姿は、こちらです。

image


にょっきmasaki0kon at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月05日

image

登山で、木の後追いというのが有るそうです。  そう言えば・・・・・・

十勝岳の登山で、はっと思い当たる事が有ったので書きますね☺

写真は、十勝岳の避難小屋です。

ここに来るまでの事でした。

登り始めて、少しのこと、段々と傾斜がキツクなって来たころです。

登りが切れて、平らになるのが見えました。

何百メートルか先を目指してどんどん登ります。あの木まで行ったら平らで一息だ!

目指す木は、ぽつんと立っています。下を向いてグングン登ります。

もう少しだな。あれ?目指すピークに目をやると、さっき見た木の距離と同じ見え方

でした。

おかしいな?かなり登ったはずなのに・・・・・・・

またグングン登ります。上を見ると景色が全く同じです。???????

そんな事を、3,4回繰り返し・・・頭をひねったものです。

またグングン登ります。気が付くとあっという間にピークでした。

その時は、何か変くらいでしたが、「木の後追い」を知った時、あーそれだったんだと納得

しました。 進めど進めど、景色が変わらず、同じ木が同じ距離で向こうにいる。


木の後追いは、下山の時の現象で、いくら下っても木が後を追いかけて来る状態。

だから、後追いなんですが、登りの場合は「木の先走り」と名付けました。^0^¥


そして、下山の時は降りるコースを間違えた訳です。↓




http://blog.livedoor.jp/masaki0kon/archives/8949344.html

にょっきmasaki0kon at 18:54コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月28日

image

藻岩山です🎵南京錠を、カップルで施錠すると
絶対に別れる事が無い!😢💔💔
ほんとか👽

image

1組のカップル👫

image

ボルダリングです。

image

筋肉痛が酷い😱

image

登山に持って行くナイフの鞘を作成中

☝が、レザークラフトに嵌まる切っ掛けでした🎵


にょっきmasaki0kon at 14:19コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月29日

別BBSに投稿引用>

[1485] 納会
投稿者:コロ助 投稿日:2015/10/29(Thu) 21:56 [58.93.168.137]  

本日、ワンダーホーゲル部の納会でした。

部長が知らないうちに企画され、驚く。~0~

更に、部のチームTシャツの製作デザインも準備
していた。
 勿論、速乾性の生地にプリントするという。

良いデザインだが、ちと引っかかる^0^

山は、どう見てもフジヤマだろう?
そして、御来光の太陽のシンボルに山頂に向かう

鳥のシンボル。(ワンゲルって、渡り鳥の事らしい)

これって、富士山登山Tシャツじゃね?

『いえいえ、そんなことはありません』って本当かよ?

現在、部員は9名。もっと増えそうです。

もともと、アポイに登る為に冗談で言っていたワンゲル部。

こんなことになるなんて驚きですよ。

来年は、恵庭岳、芦別岳、羊蹄山・・・富士山だそうです。

昭和新山も言っとった。TOT(;´・ω・)

今年は、16座の山と出会えました。

内、部で登ったのは5座。やっぱり、ソロがいいんだけど

皆のダシに使われるのも悪くはないですよ。

足指のグーチョキパーのトレーニングしなきゃです。


<引用終わり




で、ブログ更新手抜きと責められました。
image
徳舜瞥とホロホロ山に登った!
image
辛かったです🎵
image
image


にょっきmasaki0kon at 22:14コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月22日


image

滑落事故救助が年数回らしい。
image

低いけど、険しさスリル満点。
image

すぐそこの峰はほぼ90度。見てすげーな・・・
稜線の両脇はあんな感じか・・・落ちたら只では済まないよね
image


八剣山は、スリルあるね。
9:30には、麓の茶屋で手造りジュースを
飲んでた。中央から登り素直に降りた。

登りの途中から、青年と一緒に登った。
大場君だ。
下の観光農園に何年も勤務してるけど、一度も
八剣山に登ったことが無かったそうだ。

立ち入り禁止の表示だらけ、で聞いてみたら
僕も初めてとのこと。
話ながら頂上付近まで登った。
「僕もう帰らなきゃ。遅刻したら殺される。」
シンデレラか?
毎年、数人は滑落とのこと、ヘリがホバリング
するとまたかと判る。まあ、滑落以外の出動もある
のでしょう。

今日は、すれ違うだけではなく、再会もした。
頂上で、話した、6月から登山始めたお父さん。
小学生の娘と登るため下見登山。

山の色んな事。「アポイ岳は登ったことは?」
聞いてきた、道新の一面を見て興味もったんだろう。

さあ大変、アポイの知る限りの魅力をしゃべり倒した。
「娘さんと登れ!」迷惑な爺、ごめんね。

中央を降りて、南ルートの分岐すぎて少し。
さっきの山頂お父さんが登ってきた。
「また登るの?」思わず聞いた。
南口→山頂→西口→中央→南口分岐→南口
おとうさんあんた凄いよ、ヨレヨレの靴で。

そして、茶屋で大場君と再会。
登ったかっこうのまま、働いている。
「下りが怖くて大変でした。大丈夫か
 心配でした。お疲れ様。」
やっぱり、頼りない爺さんに見えたんだろうな。
心配してくれて有り難う。

 また、来るよ!一緒に登ろうな!山頂まで!

明日は、赤岳。どんな出来事があるんだろう・・・
ちょっぴりワクワク。


にょっきmasaki0kon at 13:37コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月29日

北海道の、十勝岳に登ります🎵
image

おお、あれか?
2077m。日本百名山の一つですね!

image

避難小屋です。
避難なんてしねーよ😺

image

頂上到着。
一瞬、雲が切れて絶景が見れました。


image

火口から上がる噴煙と硫黄の匂い。
これが見たかった。
さあ、帰るか。

ズンズン降りる❗
順調です。
でも、さっきからなんか違和感が、
あれれ、こんな色の石有ったっけ?
こんな斜面登って来たっけ?
気付きましたよ。
行く先にそびえる山🗻
これは違うだろ!コース間違えた🎵
標高差100mも降りちゃった🎵
またまた、頂上を目指し登る。
1日、2回頂上を極めた🎵
一粒で2度美味しいです。
image


疲れた😣💦⤵
image

精神的なショックと、小一時間の
登り降りで、参りました。
後、2kmの緩斜面が長い事。
とぼとぼ降りて来ました❗👊
やはり、降りるの苦手。
訓練するぞ❗
って、先ずは、コース間違えるなって
話しです。

にょっきmasaki0kon at 20:59コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月15日


登山行ってきました。手稲山ってところです。
朝、雨雲レーダーで見たら、その山だけに20mm以上の降雨あり!
他も検討しましたが、晴れ男の実力・運試しに取敢えず行ってみました。

image


おお!頂上見えてるじゃん。やはり、晴れ男だなって小躍りしながら登ったよ。

image

あと、4Kmか。

image

これ、登山口にあった、片手袋。これを探しに来たんです。
片手袋コミュニティってあります。
この間、タモリ倶楽部で2回に分けて放送されましたよ。片手袋に出会い、妄想を膨らますっていう、なんじゃそりゃって活動です。

image

山頂です。実は、8合目位から、雨が降り出し下山までかなりの雨量です。1023mです。
カッパ着たけど、汗で中はべちゃべちゃで(晴れ男返上)辛かった。

image


image

滝だらけです。ルアーと釣竿もってくるんだった。^0^
image



さて、ここからが登山に纏わるいい話と、怖い話です。

良い話は短い。

降りで辛すぎて、岩に深く座って休憩。
その時、スマホをおとしったぽい。

気付いた時には、かなり下山してた。諦めました。
FBでもう、登山の様子はUP済み。
探しに、また登るなんて無理無理。

休んでいると、後ろから降りて来た小父さんが、「スマホ落としませんでした?」
おお、ラッキー。丁重にお礼を言いました。

登山する人は、いい人だ!(自分の事言ってないか?)


次、怖い?話です。

休んでいると、カップルが追い越して行きました。

20m位先で立ち止まり、彼氏はこっちを見ています。
彼女は、しゃがんで何か探している?
スマホ落としたか?(自分と一緒にしない!)

ずっとこっちを見ているので、何か用?一緒に下りたいの?と思い
近づいて行ったら、2人してさっさと降りていきます。
何だ?さすがに若いだけあって、ズンズン降りて行きます。

まあ、じいさんはゆっくり降りる事にする。

暫く降りて、休んでいたら後ろから気配がして、振り向いてビックリした(樋熊熊じゃないよ)
登山口に樋熊目撃情報は貼ってあってビビッタ(熊避けスズ、忘れたんだよ)

何時、追いついたんだか若者が追い越して行ったんだ。
そして、10m位先で立ち止まり、こっちを見ている。?

その時、またもや背後からガサガサと音がします。
振り返ると、若いヤマガール。
ハッとしました、だってガレ場を降りて来るのに、笹薮漕ぐガサガサは無いだろう!

二人が揃ったカップルの姿を見て、気付きました。
黄色いシャツの彼氏と、ブルーのシャツの彼女。特徴のある柄。
追い抜く時に、一言あった「大変ですね」「カッパの中はびしょびしょですよ」

カッパも着ていないので、ハタと気付いた、さっき追い抜いて行ったカップルじゃあないか!

気にもしなかったけど、下りながらよくよく考えてみました。
考えながら、思った。

この登山道は、一本道です。他にコースは無い!

追い抜かされたけど、抜き返してはいないぞ?

エー、又今度、後ろからカップルが追いつて来たら・・・・・・・・・・・・


段々、変な考えが頭を過ぎる。


暫く降りたら・・・・・・・・・・・・・・

何か臭う。線香の香りだ。
鳥肌が立つ。急いで降りた。足首がかなりのダメージなのに・・・・・・・


これを読んだ人は、どう思いますか?

結局、後ろから追いつかれることもなく下山出来ました。


今の時期に、相応しいネタでした。

ネタなのか!?って思ったでしょう。



きっと、こうです。


先に追い越したけど、彼女がお腹の調子が悪くて、
お花畑状態(登山では、排泄をこう言います)
彼氏は傍にいてあげた。

それを、気付かず追い越した。

線香の香りは、登山口にお寺があるので漂ってきた。
何せ、終戦記念日ですからお線香も焚くでしょう。


こんな日に、登山なんて・・・・って言う同僚の言葉が、正解です。^0^¥



にょっきmasaki0kon at 19:51コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月09日

2015/6/20から始まった無謀な登山。北海道 樽前山。
2015/6/27尻別岳
2015/7/4風不死岳
目指すは、凝っている訳だが辛い。
2015/7/11 アポイ岳の橄欖岩、これを見に来た。

image

山ガール。OK。
image

おやじ、NG。


image


その後、7/18藻岩山です。^0^

image


8/1小樽の塩谷丸山
image


とうとう、北海道最高峰の旭岳。
image

噴煙の向こうに頂上が見えます。
image


頂上。絶景です。
image

次は、あの山かなー?
image

地獄谷。今も怒っている。舐めんなよー!って感じ。
image

地球は、生きているのが実感できます。
image

又、来たいです。


にょっきmasaki0kon at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月04日

雲海―翠黛迷路
 
今日は、北海道の樽前山の隣の山、風不死岳に登ってきた。

もう、ヘロヘロで降りて来た。

1,100m位の山なんだけど、人生3回目の登山としてはハード
過ぎた。

登り3時間、途中にロッククライミン級の崖があり、鎖を頼りに
登る訳だ。転落したら只では済まない。10メートルはあろうかという
垂直に近い壁だ。聞いたら、北海道では鎖場あるのはそんなに無いらしい。

登山に向かう途中、ポツポツ雨が落ちてきて、今日は止めようか?
と思ったけど、雨も止んで登り始めたんだ。

しかし、先が見えないくらいの濃霧の中ズンズン進む。
登りは得意なんだ!降りはへなちょこだけれどね。

山頂付近まで来たとき、霧は無くなり、日が射している。

そして、山頂にたどり着き見渡したらビックリだ!
足元が真っ白なのだ!

テレビとか写真で見て、すげーなと思ったあの光景が
足元に展開している。

富士山とか登らないと見れないと思っていたが、目の前に広がる雲海!
富士山だって、運が良くないと見れる保証は無い!

 そうして奇跡が更に続く。ポッカリと山頂だけ顔を出している樽前山、恵庭岳
恐竜の背びれみたいな恰好の山、遠くに見える青い山頂だけが雲からニョッキリ
見えている。

 程なくして、雲海が無ければ見える支笏湖が綺麗なんだが、ここの山頂から
支笏湖を見下ろす方角の雲海が、ドーナツよろしくポッカリと雲が消え始めた。

奇跡だ!

目の前に広がる光景。支笏湖と、雲海と遠くの山頂と、自分が立っている山頂。

雲の更に上に立っているんだぜ!おお、素晴らしい!

朝方の雨等、気象条件が重なってのミラクルだ!

回りの山の登山者も、雲海は見ていただろう。

しかーし、支笏湖は見えてなかっただろう。吾輩の普段の行いが・・・・・・・

山頂で一緒に居た、超ベテランぽい人が、こんなのは初めてだという。

こっちで、雲海の見られるチャンスの解説しているヨ↓

雲海の出来る気象条件

ここで挙げている条件に、合致している。名前のとおり、風は全く無かった!

そこまで言うなら、写真をUPしろって?

無いよ!撮れなかった。

寝る前に折角準備しといたのに、忘れた、だから無いよ。

まあ、頂上の誰かにスマホ借りて、撮影し、自分のメルアドに送信するって
手もあったが、まあいいや。

写真見せても、すげーなってなるけど、実際見た素晴らしい!とは質が違う!
(スマホ忘れた良い訳)

と言う訳で、降りて来たんだが、途中、膝が抜けた状態になっていう事をきかない足。

だましだまし、とはこういうことだ。一歩も降りられない状態を休み休み降りた。

途中、ロープ場の一枚岩で、踏ん張りがきかなくて、転落したよ。良く降りてこられた
もんだ。

 雲海も見せてもらったし、岩場で背中から転落しても怪我してないって事は、まだ
お前は、死ぬ時ではないって言われてるみたいだ。
 と、どこまでも脳天気で前向きな、吾輩です。

で、膝が弱点が判ったので、登山屋さんで膝サポーターを買った。
あと、ユニクロ上下で登っているのは、吾輩くらいのもんなので高いけど
ウェア買った。


アポイ岳に登ろうと思ったきっかけがこちら↓の記事です。

来週の予定は、決まっている。vol.208を読んでね^0^¥


再来週は、何処に登ろうか今、考え中です。












まあ、おまけも付けとく。読めば?^0^¥
[1330] 2回目の
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/07/04(Sat) 22:49 [114.180.30.225] 

実際に自分で体験しなければ、人には熱く語れない。
大収穫だったみたいで、良かったね。

支笏湖温泉に浸かって来ました。
みかりんは、セミナー、自分は温泉。
どちらも大収穫だと思います。

雲海と、雲海の切れ目から見えた支笏湖を見ながら。

ミラクルは、mixi日記とブログで語ったので、見てください。
また、別の話をば。

 3回目の登山。
経験しなけりゃ判らない事だらけだ。


 自分の体力と技術の無さ。
 山を嘗めていた事。
 登山の楽しみ方は、無限な事。
 何故、登山に人気があるかってって事。

 何からいこうか?
登山のルートって、目の前の登山道ね。
次に右足を何処に踏み出すか、右手はこうって
ルートを先読みし、スイスイ登って行く。

クサリ場で追いつかれたじいちゃんが、クサリを掴まないで
左の壁を登って行く、しかもスイスイだ!技術以外の何物でも
ないな。

道で嫌いなのは、クサリ場・ロープ場・ガレ場・人造の階段。
好きなのは、根っこ階段だ。

樹木と、風・雨・雪・そして登山者とが造る根っこ階段。
樹木にとっては、迷惑な話だ。
風不死岳には、根っこ階段が多い。
だから、なるべく根っこを踏まない様に優しく登るんだ。

登山はなんばだ!自分は意識してなんばで登山。
良く見ると、他の登山者の足跡、身体の使い方は、なんば歩き。腕の振り方は、バラバラだけれど、体幹の動きはなんば的
だ。
軍隊歩きは、身に滲みているけれど、ホモサピエンスのDNAは
なんばなんだろう。
 DNAが求める動きが出来る登山に人気があるって仮説だ。

体力不足を痛感。補うグッズはいくらでもある。高いけどな。
身の丈に合った登山を楽しむよ。

今回に限らず、山に登る度にいろんな気付きがあるんだろうな
と思う。それだから、山を目指すのかな?
 



[1329] 登ったさきに
投稿者:みかりん 投稿日:2015/07/04(Sat) 08:16 [210.131.219.38] 

さて。
今日は抽選に当たった公開セミナーに行ってくる。
良い話が聞けると思う。
楽しみ~。

ここんとこ天気がパッとしないね。
アポイ岳登山、晴れるといいねー。
海辺の山だから晴れると太平洋の青い海が綺麗だよー。

アポイ岳の短所は、遠いところなんだよね。
遠いから札幌からの登山者が気軽に行けないのが長所にもなってるけれどね。

ベトナムって、フランス植民地の経験があるから
アジアの食材がフランス料理の影響をうけて食べ物がものすごくおいしいらしい。

日本語が上手な外人さんってすごいよね。
お相撲さんとかすごいなーって思う。



[1328] あでいいの?
投稿者: コロ助なりでしかも 投稿日:2015/07/03(Fri) 20:41 [49.98.155.192] 

ベトナムは、行くって約束した国だ!
いや、なにね、ベトナムから、千歳市の
工場に出稼ぎに来ているベトナム人と
仲良くなった。2年なのに日本語上手かった。

ベトナムの友達を、由仁温泉に連れて来たんだ。
話しが弾んだ。友達3人と、自分。
彼が、通訳して盛り上がった。

日本とベトナムの違い。
ベトナムは、温泉は無い!
蛇料理が旨い!
ベトナム来たら、自分が美味しい蛇を捕ってご馳走
してくれるそうだ!
どう見ても20代だが、子供は3人居るって事だ。

連絡は、里親てきな札幌の会社社長を通じ取る。
名刺交換したよ。

もし、社交辞令が実現したら凄い!

学生時代、アルバイトした店でベトナム人
の留学生も居たが政府高官の息子って言ってた。


明日は、風不死岳にのぼる。
来週は、アポイ岳だ!

メンバーも増えた、先週末アポイ岳に
登る計画が,雨天で中止になったという
山ガールが是非連れていってという訳で
車両2台で行き、アポイ山荘から登り
幌満お花畑コースを下る贅沢登山です。

あー、登山嵌まって来た。
でも、飽きっぽい性格だから、いつ飽きる
のか、不明です。








[1327] 台湾かぁ。
投稿者:みかりん 投稿日:2015/07/03(Fri) 09:22 [210.131.219.38] 

しりとり的に「台湾」では終われないので「かぁ」を付け足す。(笑)

台湾いいよね。食べ物おいしそうだし。
ビビアンスー可愛いし。

私は行きたい外国、いろいろ考えるけど、一周まわってハワイかな。
ハワイのスバル天文台。

ほかにはロシアのバイカル湖とかも憧れだな。
アフリカはものすごく興味あるけど、病気とか怖いし。
とりあえず沖縄のマングローブの林とちゅら海水族館と八重山の水牛の牛車だな。

ベトナムもいいな。
水牛で田んぼを耕してるの。
水牛ってすごく好き。
見た事ないけど水牛いいなぁ。

家畜として働く水牛が好き。



[1326] パンチの効いた
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/07/02(Thu) 20:17 [114.180.30.225] 

勇蔵さん。
台湾からですか。

行きたい国のひとつです。
後は、インドと北朝鮮です。

各々、理由は、やはり自分で見てみたいってことですが、
台湾は、日本に好意的・インドは、理解不能な文化・北朝鮮
は、マスコミ情報のとおりなのか?って全部そうですが
鵜呑みにはしたくは無いです。

 その他、お勧めの国ってありますでしょうか?
世界中を回って、自分の身体で感じた国。

 是非とも紹介して頂きたいです。




[1325] 熱波?
投稿者:みかりん 投稿日:2015/07/02(Thu) 07:47 [210.131.219.38] 

勇蔵さん。

こっちはずっと低温だよ。
今週はじめなんか網走の方で0度だよ。
6月のはじめで0度って…。

勇蔵さんはいろんな所から書き込むのが面白すぎだよ。(笑)



[1324] いやあ、37℃って言われてもね、、、
投稿者:勇蔵、 投稿日:2015/07/02(Thu) 05:24 [103.4.125.25] 

8月とかどうなるの?@台湾高雄。




[1323] なんと、すごい
投稿者:みかりん 投稿日:2015/07/01(Wed) 23:21 [210.131.219.38] 

すごいねワンゲル部。
今週末はそれぞれ自主練なんだね。

風不死岳、つられた。(笑)
最初どこが間違ってるか気付かなかったよ。 
え?どこか間違った?って。

夏山登ってると色々な人に会うでしょ。
で、中には本州から道内の山に登りに来ている人にもよく会うんですよ。
その人たちの話を聞くとね、北海道の山ってすごく良いって。
大きな違いは、人がいないこと。

本州は人気の山はふもとから頂上まで行列ができるらしい。
富士山なんかずっと人の列だもんね。
人ごみ耐性がない私はそんなとこ嫌だし。

北海道の山だけで私は充分だと思っている。



[1322] ばれたな!
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/07/01(Wed) 20:24 [114.180.30.225] 

勉強不足でした。
風不死岳でした。

みかりんもつられて、いたな。

今週末、風不死に登り、とうとう7月11日には、アポイ岳が

実現します。

ワンゲル部のメンバーには、みかりんメルマガ配りました。
皆、やる気満々で、今週末はそれぞれ、練習登山に行くみたい。

 7月24日に富士山の吉田口から登る奴は、7月4日に樽前で
ウオーミングアップするみたいです。

 ワンゲル部始動です。
富士山登りたい。

けど、北海道の山をもっと登りたい。欲張りだ。^0^¥



[1321] ニラレバ
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/06/30(Tue) 21:30 [114.180.30.225] 

題名しりとり
結構キツイな だから好きなものはニラレバです。
と言ってみる。
レバニラとの違いが判らないけどね。

本題だ!
ユニクロで買った、機能性下着と、トレッキング下着
かぶっていないか?って事です。

尻別岳に登った時、すれ違った人たちは山オールドガール、オールドボーイだったです。

 自分の様に、普段着の人居なかった。(でも、準備はしてました、雨具とか、照明とか、防寒具は背負っていた)

みかりんの言うように、山とか自然をなめちゃいけないですよね。

この次は、7月4日不風死に決めた!鎖場体験したいぞ!
その後、夕張岳ね!

アポイは何時になるんだろう?^0^









[1320] 慎重に
投稿者:みかりん 投稿日:2015/06/30(Tue) 09:16 [210.131.219.38] 

あー。コロさんもアレだ、中高年で急にハマる登山の人。
このタイプが異様に多いんだよ。
私もだけど。

今まで登山なんかまったくしていない人が
何かのきっかけでハマる中高年。
この層が登山ブームを支えている。

若いときは、登山のような地味で疲れるもの嫌なんですよ。
もっと派手でキラキラしたものに興味が行くんですね。

登山グッズは商魂たくましいという一面だけじゃないんだよ。
たとえば山ガールって一時話題になったよね。
山ガールっていう層はあまり登山経験がいないけれど
登山グッズで身を固めているイメージ。

でね、この登山グッズにはやっぱりいちいち意味があってね、
何かあった時に(突然の雨とか予定外のビバークや軽めの遭難とか)、
生死を分けるものにもなるんだよね。

マメに登山用品屋に通うと、去年の型とか時々安く売ってるよ。

あ、それから中古でも気にならないなら
大きめのリサイクルショップに行くと、シャツとかザックとか結構揃っているよ。

私は、型落ちとかリサイクルショップとか利用している。


不風死は、一箇所、クサリ場があるよ。
なんとか登る事ができた時に、帰りの降りるときはどうするんだろうって思うけど
まぁ、降りるときもなんとかなるもんだ。

クサリ場っていうのは、尻別にロープ場があったでしょ、あれのもっと急なヤツ。
まぁ、崖だね。そこに垂れているクサリを使って登るの。

筋肉痛がないってすごい。


おー。サイカニアか。
好きな恐竜って答えられる人ってあんまりいないんでちょっとうれしい。(笑)




[1319] しー
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/06/29(Mon) 22:48 [114.180.30.225] 

来週はどこに?って考え中だ。
不風死なんてどうかなって思って居る。

筋肉痛が無いんだよ、尻別のとんでも坂を登ったり降りたり
したのにね。
だから、鍛えられてるのかって思う。

今は、野菜どころじゃないぞ^0^¥おいら。
登山に嵌まりかけている。
いかんぞ、登りたいから登る。登るグッズがありすぎる。

逢った人達は、何か登山書に載っている写真の恰好している。
普段着のままで登れる山は、数少ないのかもしれない。
 嵌まったら、登山産業の思う壺?だって、信じられないくらい高額のグッツばかりだ。
 
 尻別の急勾配には参りました。

アポイ登山では、みかりんのメルマガ読もうと思って居たよ。皆に配るよ!

恐竜では、サイカニアがかっこいいな。
全身が骨の鎧の植物食恐竜。




登山前に、熊よけ鈴ないんだよなーって職場で話していたら、今日鈴をもらった。
 善意だ。娘が100均で買ったドラエモンの青い鈴をもういらないからあげると言って、貰った。

有難うと言った、迷惑なものだ。しーだ。^0^



[1318] ネッシー
投稿者:みかりん 投稿日:2015/06/27(Sat) 10:50 [210.131.219.38] 

羅臼岳や斜里岳は晴れていたら頂上からの眺めは凄いらしい。
このふたつと利尻富士は憧れだな。
どっちも遠いので、最低でも1泊かけなきゃだし、当分は無理だな。

それにしても暑くない夏だな。

庭の野菜たちも伸び悩んでいる。

ワンゲル部。いいねー。
熱意が形になってきたね。

私は一人かふたりとかそのくらいの人数の方が性に合ってる。
団体行動はやればできるし平気だけど、少人数かソロで動くのが好き。

尻別岳は樽前山と全然ちがうよー。
たぶん急坂で「なんじゃこりゃ、ウソでしょ」ってなると思う。(笑)

アポイに行く前に、私が書いたアポイ岳のメルマガを馬内度読んでいくといいと思う。
あの号に載せている参考にしたサイトにも
目を通しておくとよりいっそう理解が深まっていいと思うよ。

山は地球の歴史が作った形状で、
そのほんの先っぽに乗ってその頃に思いを馳せる事ができるものと思う。


今回書いたネッシーの話。
恐竜と水棲爬虫類はちょっと違うってとりあえず書き足してみた。
最初はプレシオザウルスは恐竜と同じ観点で語った原稿にしてたんだけど。
説明がめんどいから。(笑)

でもなー。
そりゃいかんでしょ。と思い直して。

こないだも似たような事やったんだよ。
インパラやトムソンガゼルはウシの仲間なんだけど
ラジオではイメージしやすいようにシカの仲間と言ったんだ。

でも、メルマガではちゃんとウシの仲間に原稿を書き直した。

こんな事しちゃダメだよなって反省して、水棲爬虫類と急流は違うとだけ書いた。
理由はめんどいから説明ナシで。

ドラえもん「のび太と恐竜」のプレシオザウルス科のフタバスズキリュウのピー助は恐竜ではないんです。
ホントはタイトルに異議ありなんです。




[1317] いいね!
投稿者: コロ助なりでしかも 投稿日:2015/06/25(Thu) 21:11 [49.98.155.192] 

公開セミナーか、いいね。
選ばれた人だ。

昨日、職場の飲み会だった。

若い奴らと話した。アポイ岳を
熱く語ったんだ!

そしたら、羅臼岳に登ったとか言いやがる

別の奴は、何と、富士山に登る計画
もあるみたいだ!

急遽、ワンゲル部を立ち上げて、
アポイ岳ツアーを進める事になった。

参加者は、2桁になりそうです。

本当は、1人か、二人で登ってみよう
って思ってたよ。

まあでも、登山の楽しみと、アポイ岳
の普及の為だ。

アポイ山荘の温泉も楽しみだ。

尻別岳、着々と準備中。
熊避け鈴、まだ買って無い!



[1316] 素晴らしい
投稿者:みかりん 投稿日:2015/06/25(Thu) 19:18 [210.131.219.38] 


NHK公開セミナー にっぽん百名山

<第一部>にっぽん百名山 羅臼岳、斜里岳を10倍楽しむ方法
<第二部>世界遺産の海の魅力
       潜水カメラマンが撮った知床の海

っていうのが、抽選で当たった。
応募していたの忘れてた。(笑)

あ、司会が岩尾亮って書いてる。
岩尾さんだぁ。

7月4日。
楽しみ~。


そうそう、昨日原稿書き上げた。
「ネス湖とネッシーの話」
これは9月下旬放送、10月上旬メルマガ配信。



[1315] さすがのレスポンス
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/06/23(Tue) 23:32 [114.180.30.225] 

読んでたか。

ご指摘のとおり。読ませる配置ではなかった。

読んでほしい配置です。

自分も癌宣告されて、なにお?
って言う気持ちで今います。

みかりん、おいらと認識がかなり一致してるぞ。



[1314] もちろんさ
投稿者:みかりん 投稿日:2015/06/23(Tue) 23:16 [210.131.219.38] 

うん。
読んだよ。
で、とりあえずあのセンター寄せの文の並び、アレ読みにくい。
普通に左寄せで。

癌とかさ、何もしないと枯れるように死ねるんだって。
延命治療に意味はないよ。

日本人の寿命が世界一なのは、延命治療が推奨されているからなんだよ。
たとえばイロウは虐待だという認識の国は多い。

なぜ延命治療をするのかって?
それは病院と医薬品会社が儲かるからさ。
ヤツラのいう事を鵜呑みにしちゃいけない。




[1313] 奇しくも
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/06/23(Tue) 23:01 [114.180.30.225] 

Newtonの年間購読のオマケで貰った
星座表が、とってもいいんだ。

今までは、天の川とか北極星とか、北斗七星とか
金星とか見つけてほう!ってだけだった。

これからは、きっと星座表と睨めっこで夜空見上げる。

金環日蝕なんてワクワクだ。そんなページもあるのか?って感じ。


6月20日に登山した。その日が娘の命日だった。
これって、単なる偶然なんだけど、365分の1なんだけど
奇しくもって思ってしまいます。

 私の事を、想いだしてよって声が聞こえたのかもしれない。

実は、あのブログ記事は、閲覧数の断トツ1位なんです。
何故かって、同じ病気の赤ちゃんが、2000人に一人の確率
で居る。

 大抵は、流産するので気が付かないのですが、稀に生まれる
子もいて、そこから色んなドラマというか、あの記事になる。

 グーグル検索で見に来る人達の多さにビックリしている。
そんな人たちに、更に見て欲しい記事を書きました。
 きっと、賛否が分かれるなのですが、その当時の考えは

その当時としては正しい。

 でも、現在、同じ状況になったならその当時とは違うんだという事を書いています。

 もしよかったら、グーグル検索で「13トリソミー 命 娘は天使になったのか?」で出てくれば読んでみてください。

続編です。



[1312] 皆既日食
投稿者:みかりん 投稿日:2015/06/23(Tue) 08:56 [210.131.219.38] 

土日に天文台に行ったんだよ。
土星の輪も見えた!
その時の事は次回のやまねこに書こうと思う。

で、説明スタッフさんが数人いて何でも応えてくれるんだけど
2030年に北海道で皆既日食があるけれど
オススメの場所ってありますか?
って聞いたんだよ。

そしたらね、札幌近辺だと真ん中に来なくて少しズレるっていうんですね。
真ん中に来るのはもっと北の方、滝川とか岩見沢あたりだと真ん中に来ますね。
って言われたんだよ。

なるほどねー。
皆既日食に何を求めるかなんだな。
あ、ここに札幌での見え方があった。
http://www.eclipse-navi.com/ichiran/nendai/2030to2039/2030.html

6月1日午後5時頃なんだな。
帰ることを考えると、岩見沢とか遠いし。
だって15年後だよ。
かなりお年を召しているよ私。

タイトルはしりとりの関係で皆既日食としたけれど
ホントは金環食ね。




[1311] 何だか
投稿者:コロ助なりかも 投稿日:2015/06/22(Mon) 22:11 [114.180.30.225] 

アポイの練習です。
次は、尻別の予定。

みかりんのアポイ岳の、やまねこ見て興味持って
人生初の自主的登山ってなったのだ!

でも、ふくらはぎではなく、今は脛の筋肉がとてつも無く
痛いぞ。TOT 歳はとりたくないもんだ。

 なんとか、自分で指圧とかしながら男羊蹄山に登ってみる。

色々、調べて登山の世界がすこーし覗けているっぽい。

 地元栗山の、御大師山を何度も登ってみよう!
標高115m、八十八か所のお地蔵さんがある。

30分で登れるよ。
みかりんを、今度、栗山にご招待するから、一緒に
御大師山登ろうぜ!

2030年の皆既日食では、樽前山でばったり逢うかもだ。

何か、みかりんをきっかけに、人生面白くなってきてるんだ。

 あ、簿記試験は見事に・・・・・・・・
次は、11月だ。!たっぷり時間がある。ラーッキだ。

 何でも、前向きになっている。
もともと、前向きだが、あまり前のめりにならない様に気を
つけようと思って居る位です。(意味不明かも)





にょっきmasaki0kon at 21:20コメント(0)トラックバック(0) 
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ