7月16日付けの海上自衛隊ホームページのニュースリリースで、非公開のはずだった新型護衛艦の名前がうっかり誤掲載されて流出してしまったが(あとで黒塗りされている)、「いずも」にほぼ間違いないだろう。日本海海戦で活躍した旧海軍の装甲巡洋艦「出雲」のあとを継承する新型艦で、出雲出身者の一人としては非常にうれしい。いつかはこれで朝鮮の貧弱キムチ軍を蹴散らして、島根県の固有領土である竹島を奪還してくれることを願っている。プラモデルの発売が待ち遠しい!新型護衛艦の命名・進水式は8月6日(火)。

空母型護衛艦
写真の奥がいずも型護衛艦、手前がひゅうが型護衛艦。



ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)いずも

全長248m 全幅38m 基準排水量19500トン 満載27000トン 速力30ノット

対艦ミサイル防御装置SeaRAM) 最大積載機数14機

 

ひゅうが型護衛艦

全長197m 全幅33m 基準排水量13950トン 満載19000トン 速力30ノット

最大積載機数11機

 

中国人民解放軍海軍の空母「遼寧(りょうねい)」

全長305m(飛行甲板270m 全幅73m 基準排水量53,000〜55,00トン 速力29ノット

最大積載機数67機(推定)

 

大日本帝国海軍の戦艦大和

全長263m 全幅38.9m 基準排水量64000トン 満載72809トン 速力27.46ノット