能登の釣りバカ日誌

ここは能登、40年近く住んでいてこんな釣りがあるとは知らなかった。そうチヌのかかり釣りだ!走る穂先、かける瞬間、奴とのやりとり、そして数えきれないくらいの失敗。だからまた引きつけられる。そんな釣りに魅せられて・・・

黒鯛釣りを中心にご紹介いたします!

能登島のイカダに乗りました!

午前中から大物が上がる!

さっそく釣り上げたのは正基!

47の真鯛!

image1-3

それからしばらくして・・・

師匠の黒鯛!

40!

いい魚だ!

image1-4

帰ってから師匠に手ほどきを受けながら、

初めて自分で刺身を作る!

黒鯛VS真鯛!

image1-5

食べ比べ。

黒鯛:コリコリとした食感が最高!

真鯛:甘みがあってほんのりやわらかい!

楽しい一日をすごしました^ ^

次回は冒険丸出動か!?・・・

おしまい ^-^

 

みなさん、こんばんは。

久しぶりの投稿になりますことをお許しください^ ^

さて、本日はこの船でGo!

image1


出港前にピース(*・ω・)ノ

image2

手こぎボートに乗ってキス釣りに出かけます!

ひとりで初めての出航!

エサは師匠が用意してくれたゴカイ!

image1-2

潮の流れをみながらポイントを探します!

やった!いた!25cmクラスの大きなキッス!

それから2匹。合計3匹のキス 

その後、ベラ3匹!

夕ごはんのおかずには上出来!

焼魚と煮魚で美味しくいただきます!

image2-2

やはり!うまい!

とれたて!

身のやわらかさが違います!

骨からもスルスル身が取れてくるよ!

どうも、ごちそうさまさまでした!

 
 

この日はのぶおさんが京都から帰省されるとのことで、師匠と3人で麦が浦に出かけた。

今回は師匠ご推薦、あのチンタ合戦が繰り広げられた大イカダだ!

IMG_0001

この日はかめじゃこを愛媛の松山から仕入れた。

早速モーニングを狙うもアタリ無し。

すぐさま、師匠はカキに変更した。

師匠はこの日自作の穂先で挑んでいた。

自分ではまだまだと言いながらも、しなりといい感度といい羨ましい竿だった。

さて、カキに変更した師匠、作業をしていた道辺船長の横で、すぐさまアタリが出た。

ヒットエサはカキか!?

早速1匹目、また2匹目と釣り上げる。

このへんの師匠のすごさには驚かされる。

私たちもカキでアタリが出た。

すると、今度は春の珍事。

2本の針を飲み込んだチヌが釣りあがる。

とても食い気が立っていたのだろう。

IMG_0003

そして、のぶおさん遂にやりました!

能登での念願の40アップ、44の大物です!

エサはなんと松山のかめじゃこです!

IMG_0004

私も負けじとやってますよ。

同等の44cm!ニヤリ^ ^

IMG_0006

今年最後の牡蠣チヌか!?

よく釣れてくれました!

IMG_0002

最後に本日の釣果。

全員40アップ達成しました!

IMG_0005

チンタはほとんどなく、どれも30後半からの良型!

師匠は45サイズを2枚!さすが!

どれもこれも場所選び、エサ選びをしてくれた師匠のおかげです!

本当に楽しかった!ありがとうございます!




 

人生2度目の釣り大会だ。

主催は黒士道さん。37名の参加者。

緊張はなかったと言えばうそになるが、落ち着いていた。

IMG_0015

渡船。みな思いをめぐらせる。

IMG_0013

私は沖の方のカセだった。

かき棚も少なく、潮も流れていた。

同船者は偶然にも前回大会と同じ方だった。

まず、ひたすら播き餌。

魚の気配はなかった。

IMG_0008


9:30頃か、隣で大きな声。

見ると竿はしなり、大きな魚影が上がってきた。

45cm。

いい型だった。

10:00過ぎ、私にアタリ!

持っていかれる。

隣からは大きな声でゲキが飛ぶ!

何としても上げてやる!

しばらくの死闘の末、魚はタモに入った。

IMG_0007

興奮したし、うれしかった!


それからアタリはあったが、まだまだ私には合わせることはできなかった。

同船のベテラン釣師はさすがのロッドワークでそれから数枚上げた。

しかし、私たちは大会規定の30cm以上3枚には届かなかった。

終わってみると、なかなか厳しいこの日、規定の30cm以上3枚以上は3名だけだった。

IMG_0002

師匠は43cm1枚で9位入賞。

IMG_0001

親父はチヌはなくともカレイ1枚と奮闘。

私は41.2cmも圏外。

IMG_0004

みなさん大変お疲れ様でした。

主催の黒士道さん、協賛の方々、

そして開催地カセ釣りの島田さんどうもありがとうございました。

おはようございます。

牡蠣チヌシーズンも終盤を迎えております。

本日は先日行って参りました麦が浦での筏釣りをご紹介致します。 

IMG_0001

夜明け前に渡船。

気温は6℃、風が冷たく体感温度はそれ以下。
 
IMG_0003

早速準備にとりかかる。

久しぶりのチヌとのご対面に心は踊る。

IMG_0011


師匠にポイントを教えて頂き、竿を垂らす。

牡蠣チヌのおさらいと事細かに指示を仰ぐ。

ただこの日は寒かった。

IMG_0006

お湯を沸かし、かじかんだ手を温めたり、カップ麺をすすって暖をとる。

さすが師匠、このへんの準備まで抜かり無し。

牡蠣チヌを投入して3時間経過。

私は全くアタリが無かった。

師匠は30サイズ1枚。

本当に寒かった。

私は体調不良もあり、昼前に筏を去った。

それから数時間経った頃だろうか?

師匠から帰途の連絡があった。

IMG_0008


IMG_0009

能登の海人。

しっかりとした釣果。45、40、30の3枚!

渋いこの日に、まわりが沈んでいる今宵に。

ナイスサイズです!

IMG_0010

グッドスマイル!

最後にお世話になりました道辺さんです。

IMG_0007

次回大会に3名出場します!乞うご期待!

↑このページのトップヘ