能登小牧の釣りバカ日誌

ここは能登小牧、40年近く住んでいてこんな釣りがあるとは知らなかった。そうチヌのかかり釣りだ!走る穂先、かける瞬間、奴とのやりとり、そして数えきれないくらいの失敗。だからまた引きつけられる。そんな釣りの記事と宿泊所貸別荘の紹介。

能登はよいとこ海までも。

本日は私たちがいつも釣りをしている能登をドライブした旅をご紹介します。

久しぶりに家族で能登の内浦から外浦をぐるっと一周してきました。

その間途中の山越えをのぞいては車窓からきれいな能登の海がずっと見えていました。

内海はおだやかな母の顔、外海は気性の荒い父の顔とでもいいましょうか?

あらためて能登半島の海に囲まれた自然の豊かさが多いに感じられました。

まず、はじめに訪れたのは能登中島かき祭り。

会場はコンパクトですが、炉端焼きコーナーはぎゅうぎゅう詰めです。

あまりにも順番待ちが多くここでの食事はあきらめました。

IMG_0003

能登の太鼓も披露され、祭りはさらに盛り上がります。

そう、能登は和太鼓が盛んなんですよ〜♪

IMG_0004

さあ、おいしい牡蠣のあとに訪れたこの駅は、実はここあと1ヶ月もすればすごいことになるのです。

そう、それは桜!ここ能登鉄道のとさくら駅はサクラの中を鉄道が走っていくとても有名な駅なのです。

IMG_0019


今はまだ堅いつぼみですが、もう少し暖かくなればきれいな桜がご覧になれます。

ここはハートランドヒルズおまきから車で10分程度と近くとても便利ですよ^_^

それでは、ここからちょっとした峠を越えて内海から外海へ行きましょう!

そろそろおなかも空いてきたのでおいしいものでも食べに行きましょう!

私たちが向かったのは・・・

IMG_0011

IMG_0014

このおそばおいしいんです。

こしがありつるりと喉の奥に落ち着きます。

またおとをふも添えられおそばを引き立てます。

そばの下には石川県の県木アテの葉が。

みんなあっという間にごちそうさま。

ここは門前の手仕事屋というお蕎麦屋さんです。

くわしいことはわかりませんが、やっぱりお水がおいしいからですかねぇ?

今回は志賀から出発し中島おまきをとおり、輪島門前へとまわりました。

1周ぐるりと約4時間といったところでしょうか?

ですので半日観光コースにはなりますね。

しかし、能登に来れば過ごし方は勝手気まま!

みなさんも思いのままに過ごしてみてくださいね ^ ^









みなさんこんにちは。久しぶりのブログ更新です。

天候不順や忙しさにかまけていた今日このごろです。

さて、今日はな、なんと「生」で食べられるカキを発見しました!

IMG_0002

この船であがってきたそのカキは栄養が豊富で「海のミルク」とも呼ばれます。

早朝に出港し、かき揚げを行い、たくさん積んで帰港。

すぐに、作業員によってむき身になります。

IMG_0004


作業員の方はテキパキと殻を割り、カキを剥いていきます。

IMG_0001


それから、ここが一番大切です。

オゾン殺菌の水で殺菌。

ここが、「生」で食べられるポイントです!

この手間がかかるので、この中島でも「生食用」のカキを販売している所はわずかしかありません。

IMG_0005


わたしたちは酢ガキでいただきました。

さすが、その日に海からあがってきただけのことはあります。

鮮度はちがう!身はぷりぷり。のどの奥に吸い込まれていきます。

能登のおいしい生ガキの販売元はこちら↓

ぜんばなすいさん善端水産
所在地:中島町瀬嵐ク92-1
電話:0767-66-6641
営業時間:9:00~16:00
定休日:不定休


<おしらせ>
こちら石川県能登中島では今年も能登かき祭り2018が開催されます。

総延長100m超の炭火焼コーナー

日程:平成30年2月24日(土)
10:00〜16:00
25日(日)
9:00〜15:00

焼きかき・かき飯・かきフライ他

詳しくはこちら↓↓↓

event20160225






 

 


夜明け前。雪が降ったので久々の釣りだ。
IMG_0019

IMG_0020

和倉温泉の電灯がまだ明るく灯っている。

IMG_0021


かき揚げ船は今日も作業してくれている。ありがたい。

IMG_0004
 
波も小さく穏やかな天気。釣果は上々といったところ。

IMG_0025
 
竿先に集中。やはり能登の海はきれいだ。
 
IMG_0026

おっと忘れてはいけない。これが親父の45cm。
 途中のチンタ合戦もあって大漁。次点は正基39cm。悔しい(;´Д`)

IMG_0028

IMG_0030


刺身でいただきます。マスターありがとう。

にしても親父が好調だ!
チヌが親父の竿目指して喰って来ているような感じだ。
さあ、今年はまだ始まったばかり、どうなるでしょう?
 
IMG_0014

追申:39と45は親父の努力でアゴの標本になりました。



<CM> 
さて我々が黒鯛を釣っているとき、寒い中一生懸命かき揚げしてくれいる方々がいます。
そう、今は能登中島、穴水の牡蠣が旬。毎日たくさん水揚げしています。
もちろん身は大きくプリプリで、塩味がとてもおいしく何とも言えない味わいです。
そう!このカキ貝をハートランドヒルズ@おまきのバーベキューコーナーでおいしく焼いて食べませんか?中島のカキ販売店では1斗缶に約80個入って6,000円〜8,000円にて販売致しております。 
能登のカキはこれからますます身が大きくなるのでとても楽しみですよ〜♪
21photo17
 
ハートランドヒルズ@おまきにあるBBQコーナー


DSC_0828

中島のカキ1斗缶約80個は入り6,000円程度〜 

↑このページのトップヘ