6月の休診日のお知らせ

6月4日、11日、18日、25日の木曜日は休診です。

土曜日や日曜日は臨時で診察時間の変更が生じるかもしれません。ブログかお電話でご確認下さい。

病院に来院されるときに読んでください

これからもう少し、飼い主さん達にお願いがあります。このような連絡ばかりですみません。愛媛県でも不要不急な外出や他県への移動の自粛が言われておりますので、来院する際に関しての連絡事項となります。

3月、4月、5月に海外渡航歴のある方は、家族の方や代理の方に何か症状のある動物を連れてくることをまかせてください。申しわけありませんが病院へ来ていただいても、待合室や診察室には入らないようにお願い致します。

関東圏や関西圏や中部圏など新型コロナウイルス感染者が多い地域からの帰省などで、愛媛県に帰ってきた方も来院の際に付き添いで一緒に病院へ来ることはご遠慮ください。普段来院されている家族の方におまかせください。

職場などで新型コロナウイルス感染者が出ている方も来院の際は、代理の方などにお願いしてください。

④動物1匹に対して、飼い主さん達が4~5人で病院へ来ることは避けてください。病院の待合室の密集を防がなければなりません。

動物病院の待合室には高齢者の方も来院されます。やはり一番怖いのは、無症状の方でもウイルスを排泄していて周囲に感染が広がっていくことです。そのような状況を防いでいかなければなりませんのでご理解とご協力をお願い致します。

もちろん例外もあるかと思います。動物の調子が悪く、上記に該当する方しか病院へ動物を連れていける人がいないとか。そのような時は、一度お電話で私達と相談してください。飼い主さんに関する情報も正直に教えていただけるとありがたいです。上記の方々を差別しているわけではなく、人間同士お互いに感染をする人を増やさないようにし、頑張ってくれている人間の医療従事者の皆さんにかかる負担を絶対に減らしていかなければなりません。

5月後半のお知らせ

5月14日、21日、28日の木曜日は休診です。

5月24日(日)は午前臨時休診、午後3時30分~6時30分までの診察です。
地域の井手浚えに参加するので、診察が午後からと変更になります。
 
今年は飼い主さん達が、しっかりとフィラリア予防薬の処方で来られる方が多いので
予防開始のハガキをまだ出しておりませんでした。これから少しずつ連絡させていただきます。
このブログを見た方は、フィラリア予防薬を始めてあげて下さい。

明日から

明日、5月3日~5月6日までの診察時間の変更が多いのでご確認下さい。

院長が不在の時間帯などもありますので、この期間は病状によっては手術や入院の受け入れができないこともあります。特に初診の方は来院の際にはご注意下さい。

いつもと違うおやつやフードをあげたりして、下痢や嘔吐をすることもあります。それと暑くなってきましたので、そろそろ熱中症にもご注意下さいね。

IMG_2450
今年は花見もなかなかできなかったので、近くの山に家族で登って少しだけ桜を見ました。

新型コロナウイルスに関連するお知らせ

連日ニュースでとりあげられておりますので、コロナウイルスに関して皆様ご存知のことかと思います。病院からお伝えしたいことを書いておきます。

私達の病院でも、待合室や診察室などはアルコール消毒で拭いた後、別の抗ウイルス、殺菌作用のある消毒薬などで消毒をしております。獣医師も診察の度に手指や腕、体などを手洗い、消毒など行っております。

待合室や各診察室、入院室、手術室などは換気扇がついており、待合室も時々窓も開けて換気しております。病院の中央スペースには、天井に24時間換気のできる強力な換気システムも稼働しております。

それでもコロナウイルスは、空気感染するわけではありませんが飛沫感染や接触感染(おそらくいろいろ触ったりしたところにウイルスが付着しているのでしょう)により、感染がひろがっていきます。正直どこにウイルスが付着しているかなんて、なかなかわからないと思います。

飼い主さん達にご迷惑をお掛け致しますが、御協力していただきたいことがあります。これから春になると動物病院が混み合う日が多くなってきます。混み合っている待合室では、皆さん少し距離をとってお待ちいただければと思います(外のベンチなどで座って待っていただいたり、車の中で待っていただくのも良いかと思います)。診察の順番が来たらお呼びいたします。診察室の中も、動物1頭に対して4,5人の方がこられると人口密度が高くなってしまうので、代表者の方1,2名が診察室に入っていただけると助かります
お薬やフードを取りに来られる方は、心配でしたら電話していただいて暇そうな時間帯に来ていただいても良いかと思います。
当院の待合室は、あまり広くないのでご迷惑をお掛け致します。定期的に待合室も密閉された空間にならぬように8か所ある窓を開けて換気を行っております。消毒などに時間がかかることもありますので診察の待ち時間が長くなるかもしれません。

病院にはスプレー式の手指のアルコール消毒薬はありません(注文しようにも業者で完売しています)。そのかわり、受付で気になる方は言っていただければアルコール綿をお渡しします(少しですが)。また、使い捨てのビニール製の手袋などを普段から使用するのもよいのかもしれません。

様々な騒動が全国で起きています(マスクや消毒薬の不足、それを転売する人、ティッシュやトイレットペーパーを買い占める人)。いろいろと感じる不安もあるかと思いますが、こんな時こそ人間同士が争うのではなく、協力し合っていければと感じております(今回は人間対病原体(ウイルス)の戦いです)。

ご不便をお掛けすると思いますがよろしくお願いいたします。飼い主さん達は様々な職業の方がいらっしゃると思いますので、また『こうしたらいいよ』と言うような情報などありましたらなんでも教えてください。

院長より