こんにちは!まさきです。



前回の楽天スーパーセールでは
こちらのミニ掃除機を購入していました。

その名も『こまめちゃん(PV-H23)』!!


DSC_7539



名前がかわゆすぎるだろうっ・・!
ボディもコロンとして、
思っていたよりずっときれいなブルー。
(ブルーしかない)

「掃除機」と言わずに
「こまめちゃん」と呼びたくなる、
ちょっとかわいい家電であります。




こまめちゃん導入のワケ



なにゆえ こまめちゃんを
我が家にお迎えしたのかといいますと、
『汚部屋の住人』娘のため


もうほんとにね、すごいんですのよ。
片付けさせても数日で
足の踏み場をなくせるという特技の持ち主。
紙とか学校の教材とか
なんで床にばらまくん!?
(→机の上もいっぱいで置けないからですね)

物に執着があるタイプで捨てられないため、
どんどん物が増えていきます。
もう中学生なのに
まだしまじろうが捨てられないのよ!
おもちゃのキッチンだってまだあるよ!(泣)

そんなだから
学校に行っている間に
子ども部屋を掃除機かけようとしても
足の踏み場がないのでかけられず。

ガミガミ言うと機嫌が悪くなって
ややこしくなるのでガミくらいにしておいて
もうあとは自分でやってもらおうと。

そう思ってこまめちゃんを
娘の部屋に設置することにしたのです。




こまめちゃん最大のポイントは2つ!





こまめちゃんのサイズはこのくらい。

DSC_7543


ハンディクリーナーと掃除機を
足して2で割ったみたいな感じ。

付属品を含む重さは2.1キロです。


こまめちゃんの最大の魅力は
『紙パック型』であることと、
電源が直接コンセントから取れる
『電気コード型』ということ!

この2点が強みとなって、
ハンディタイプで
充電型&サイクロン型を避けたい人に
絶大な支持を集めているのが
こまめちゃんなのです!



DSC_7548



やる気の出たときにすぐ使えるように
充電タイプは選びませんでした。

電気コードは5mもあり、
使用後は巻き取りボタンを押すとスムーズに
全て本体に収納されます。




こまめちゃんの付属パーツ




標準付属パーツはこちら。


DSC_7552


本体と、床用吸口、隙間ノズル
延長パイプが2本です。


床用吸口の中はこうなっています。
いたってシンプル!


DSC_7551



手元で使う場合、
吸口は直接本体に差し込んで使います。


DSC_7549



本体底の一番後ろには
コロコロと転がるローラーがついているので、
本体を持ち上げる必要がなく
軽い力でお掃除できます。



パイプを2本つなげると、
立って掃除機をかけることができます。
この場合は本体を持ち上げる必要があります。
2.1キロですが
部屋やロフトベッド、布団などに
しばらく使った娘は「重い」と言っておりました
確かに長く使うと重いかも。


DSC_7561


隙間ノズルに付け替えて
高い場所や
エアコンのフィルター掃除に使ったり、

パイプを1本にしたりして
長さを調節することもできます。
(蛇腹ホースは別売りであります)

高い場所を掃除するには
普通の大きい掃除機より軽くて使いやすいと思います!




こまめちゃんの紙パック




DSC_7567



青いフタをパコっと開けると
紙パックの交換ができます。


紙パックは日立の
スティックタイプ掃除機などと共用のもの。
5枚入りで370円くらいでした。


DSC_7570


紙パックが満杯になると、
本体の「とりかえサイン」が
光って教えてくれます。



こまめちゃんの驚異的スペックとまとめ



こまめちゃんの消費電力は700W。
吸込仕事率は240W、運転音は73db。

大人気のマキタのコードレス充電式クリーナーは
吸込仕事率が最大で30W前後なので、
やはりコンセント式、
パワーは段違いに強力です。
運転音は同じくらい。
お値段は約半分!


サイズはコンパクトだから、
娘部屋のクローゼット隅に置くことにしました。

これで「こまめに」
掃除してくれるようになると良いのですが。


充電や駆動時間を気にせず使える
小さめ掃除機をお探しの方や、
紙パック式の小さめ掃除機をお探しの方、
ハイパワーの小型掃除機をお探しの方には
こまめちゃん、おすすめです!




テーマに沿った記事が見れます。
にほんブログ村テーマ お気に入りの掃除機へ




ランキングに参加しています。

更新のモチベーションになっておりますので
毎日お手数おかけいたしますが

ぜひ1日1回クリックお願いいたします
いつも応援ありがとうございます

コレも使っています

40代ファッションブログはこちら

にほんブログ村 ファッションブログ 40代主婦ファッションへ

そして
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
インテリアブログはこちら