おだやかにのんびりと暮らしながら、平々凡々と人生送れたらどんなに楽だろう。