夏の徳島南部を旅する10.三八製麺所はじめ で黄金スープの徳島ラーメン

2017年07月28日06:00
ちょっとガチョーンなことがあり少々呆然自失気味の私。カノン&奥さんと合流し手を引かれつつ何はともあれランチをしようと徳島駅方面へ戻ります。ランチはそごうか?徳島駅か?近くの商店街か?考えどころです。
IMG_2938

と、駅へ向かう途中のそごうが入っているビルに徳島ラーメン屋さんを発見。三八製麺所はじめさんか?黄金スープの徳島らーめんだって!?知ってるぞ!先日、高知の麺王で徳島ラーメンしつつ本場のラーメン屋さんを勉強していた時に読んだ記憶。たしか鳴門の方の老舗ラーメン屋さんだったね。これは期待できそうだとここに決定。
IMG_2974

店名 三八製麺所はじめ
住所 徳島県徳島市元町1-24 アミコビル 1F
電話 088-678-6538
時間 11:00〜21:00
休日 無休
HP  http://www.localplace.jp/t100144288/
IMG_2975

徳島駅から徒歩三分と便利な立地。

メニューをチェック。
つけ麺がメインな様子だけど、ここは黄金スープを味わいたいとラーメン系で勝負。そして店の前の券売機で三人分のチケットを購入し店に入ると、満席そして席待ちの人も。あちゃ〜しまったな。でも食券を購入しているから仕方ない。腹は減っているけど待つ事にします。私たちの後にもお客さんが続々とやって来てとても賑わっています。しばし待ってテーブル席へ。やって来たのは、支那そば620円。大盛り無料なのでお腹に余裕がある人は頼んでね。
IMG_2965

今まで食べた事のある茶系の徳島ラーメンとは少々様相の違う味わい。豚骨鶏ガラを20時間以上じっくり煮込んだという黄金スープ。徳島ラーメンというと濃いイメージがあるけど、これはあっさりしつつもコクがある感じでなかなかイケる。
IMG_2973

カノンは味玉入りに餃子とライスのセット。
さすがに全部は無理なのでラーメンは少し手伝う。
「このラーメン食べやすいね」とガツガツ食べていた。
もしかして手伝わなくても完食していたかも(^_^;)
IMG_2958

他の多くのお客さんがオーダーしていたのがつけ麺。
極太麺でこれもおいしそうだった。
何はともあれ、徳島の地で徳島ラーメンで来たので良かった。
IMG_2970

その後、そごうのロフトでお買い物。
IMG_2987

最後に三八製麺所はじめさんのお隣にあるこれも徳島レジェンドの元祖大判焼きあたりやさんで大判焼きを買って帰ったのでした。
BlogPaint

徳島南部を旅するシリーズ完結(^O^)/




シリーズスタートはこちらから
高知県 ブログランキングへ

夏の徳島南部を旅する9.徳島市を散歩そして今年最大級のガチョーン

2017年07月27日06:00
美波町は日和佐で薬王寺を参拝した後、大阪へ帰る予定のお義姉さん一家と一緒に徳島市方面へ車を走らせます。実を言うと徳島県南部は今まで来たことが無く初めての土地。知らない道をドライブのため少々緊張。途中、豚太郎チェーンを発見して興奮(^O^)/愛媛にあるのは見たことあったけど、徳島にもあるんだ♪
IMG_9854

やっぱ徳島味になってるのかしら?
一度、食してみたい。

そして徳島港のフェリー乗り場へ到着。和歌山へ旅行した時以来の久しぶり。特に急ぐ旅をしているわけではない我が家はお義姉さん一家の出港を見送りフェリーが港を出る時にはテープを投げてお見送りしようかと提案しますが固辞されました(^_^;)次はお盆にお会いし夜ましょうね。
IMG_9856

ここでお義姉さん一家とさみしく別れを告げて徳島市の街中へ向かいました。実は徳島の街でカノンと私には大いなる野望があったのです。ということで徳島市観光を楽しもうかと。徳島市のランドマーク的スポットそごう近くの駐車場へ車を停めました。
IMG_9861

水の都といわれる徳島市。
また高知とは違う街並みが魅力。
IMG_9870

徳島市をぶらつくのはけっこう久しぶり。
奥さんの友人の結婚式以来かしら。
カノンはまだ保育園に通っていた時分。
IMG_9874

アーケード街をぶらぶら。
BlogPaint

カノンの野望発見(*^^)v
「日本全国のアニメイトを制覇するがで!」
はいはい、勝手におやりなさい。
ということで5都府市目のアニメイトへ。
徳島のアニメイトは看板が阿波踊りだった。
IMG_9880

カノンがアニメイトを堪能する間、私は自由な時間を得ます。密かに温めていた私の大いなる野望を達成するため、その時間を有効利用。早足で徳島市を散歩。阿波踊り郵便ポストを発見。
IMG_9882

久しぶりに眉山のロープウェイにも乗りたいものだ。
IMG_9883

きょろきょろしながら徳島の街並みを楽しみつつ早足で歩く。
IMG_9887

その先に目的地はあるはず。
30度を超える気温の中、汗をダラダラ流しつつ歩を進める私。
IMG_9890

駐車場から20分少々真夏の徳島の町を早足で歩いてきた目的地はここ。そう、徳島ラーメン界のレジェンドいのたに本店。徳島に来たら絶対にここで徳島ラーメンしようと心に決めていたんだ。
IMG_9902

徳島ラーメンもいろいろあるけど、ここのラーメンも一度味わう必要があるよね。

そして私は店の前で今年最大級のガチョーンを味わっていた(+o+)
なんやて!定休日だって(>_<)
IMG_9900

ウソだろ?
ウソだと言ってくれ!
食〇ログではオープンだったのに(T_T)
また来るからなと三下っぽく捨て台詞を吐きつつもしくしくしながら、30度を超える気温の中を歩いて帰るのでした。




シリーズスタートはこちらから
高知県 ブログランキングへ

夏の徳島南部を旅する8.薬王寺を参拝する

2017年07月26日06:00
まだ朝の10時前というのにギラギラとした攻撃的ともいえる夏の陽光が空から降ってきている。セミの鳴き声が大きく響く。「暑いな」と誰かが言うと、メンバー全員が首を縦に振った。そして山の中腹にそびえる赤いお塔を見てあそこまで登ったらもっと暑くなるんだろうなと思った。
IMG_9763z

今朝は早起きし、海を見てサーファーを見て朝ご飯を食べて一日お世話になった遊遊NASAをチェックアウトし昨日トライアスロン大会を観戦した美波町は日和佐へ戻って来ていた。日和佐へ戻ってきた目的は薬王寺。そう、四国八十八箇所霊場第23番札所の「薬王寺」は、厄除けの寺として全国的に有名なのです。厄年ではないが最近ちょっとついてないことが多いから、ぜひ何かをはらってもらいたい。少々暑かろうが頑張って登って参拝するのだ。
IMG_9766

四国八十八箇所霊場第23番札所 高野山真言宗別格本山「薬王寺」
住所 徳島県海部郡美波町奥河内字寺前285-1
電話 0884-77-0023
HP  http://yakuouji.net/
IMG_9767

無料の駐車場なんと500台だけどお正月なんか三が日に20万人も参拝の訪れるそうだからイベント等ある日などは注意。また初詣の時は周囲で交通規制もあるそうだから気を付けてね。

門をくぐりまずは最初の坂は女厄坂。急こう配の階段が33段。
IMG_9777

その時は知らなかったけど女性の方が参拝する時はこの33段一段ずつに一円玉を置き真言を唱えながら登って厄を祓うんだそうです。一円玉を持ってないという人はお寺の入り口にある寺務所で両替してくれるそうです。
IMG_9778

登り切ったらお線香を上げました。
この場所近くに(たぶん)ある石臼。
その石臼に真言を唱えながら自分の歳だけ杵をつくと無病延命が得られるんだって。知らなかった(^_^;)確か臼があったような。カノンが杵を振り回そうとするのを止めた記憶が(;'∀')薬王寺を参拝し厄落としをする前にきちんと事前に情報を得ておきましょうね。
IMG_9782

続けて男厄坂42段。こちらは男性が真言を唱えながら一円玉を置くのだ。
IMG_9793

急こう配の42段を息を切らせながら登るとそこに本堂。ちなみに男厄坂から本堂の間に随求の鐘という厄除けの鐘があり、こちらはそこに書かれてある「大随求真言」を唱えながら自分の歳だけたたいて鳴らしたら厄が落ちる効果があるとのこと。知らなかった(T_T)
BlogPaint

その辺の細かい所を知らずに参拝したんですが、けっこう気合を入れてきちんと拝みました。
BlogPaint

参拝し上を見ると赤い塔までにけっこうまだ距離があります。本堂に参拝したしこの辺でいいかしらという意見も上がりますが、ここまで来たら行かねばならぬ。
IMG_9804

最後の坂が一番長かった。
この坂は男女還暦厄坂なんと61段。還暦の方用の厄坂なのです。ぜーぜーと言いながら汗を流して登りました。
IMG_9807

到着(*^^)v
この赤い塔は瑜祇塔(ゆぎとう)といって昭和38年9月に建立され瑜祇経の教理を形にあらわしたものなのだそうだ。興味ある人は調べて見て下さい。高野山にもあるそうです。
IMG_9817

瑜祇塔の中へ入ると戒壇巡りをしたり貴重な仏像や仏教絵を見ることができます。入館料は大人100円子供50円。暑かったけどせっかくなので戒壇巡りへ。先の見えない真っ暗い場所を体験するのは意義深い。展示されていた地獄絵図も興味深かった。
IMG_9822

さて無事に戒壇巡りを終えて二階の展望台へ。
IMG_9839

おお〜日和佐の町や海そしてお城が目前に広がり絶景(^O^)/
IMG_9830

薬王寺を参拝した後、私的に日和佐城へ登りたいといったんですが却下。
徳島土産を買い込みました。
IMG_9850

ここで徳島南部から離れ久しぶりに徳島中心部へ向かうのでした。
続く。




シリーズスタートはこちらから
高知県 ブログランキングへ

夏の徳島南部を旅する7.海陽町にて朝日射す海にサーファーがいた

2017年07月25日06:00
午前5時少し前。
遊遊NASAでぐっすりと寝ていた私は朝の気配を感じむくりと起き上がる。昨日の疲れでぐっすりと寝ているカノンと奥さんを起こさぬように静かに身支度をして車に乗り込み昨夜に地図を見てこの辺がいいかな?とアタリを付けたポイントへ向かう。
IMG_2875

今日は海から出る朝日の写真を撮れたらいいなと潮の匂いのする方向へ車を走らせた。
IMG_2880

宿からほんのすぐの漁港。
ここでいいかな?
IMG_2883

やって来たのはこのあたり。

堤防を上がり海を見る。
ざざんとかすかに波の音が聞こえ、ひんやりとした風が海面の上を渡ってくる。日中は軽く30度をオーバーすると思われるがこの時間は涼しいというか肌寒い。遠くを見回すと残念。水平線には雲がかかっているか。
IMG_9515

んんん!?
海面に何かいる。
まさか泳いでるの?
うわぁ〜早起きのサーファーの皆さんが朝の5時というのに10数人海に浮き波を待ってました。
IMG_2886

波が来るとサーフボードの上に身体を立たせ波に乗ってサーフィンを楽しまれています。
寒くないのかしら?
IMG_9522

朝の気配がだんだん近づいてきました。
IMG_9529

高知と言う都会の方からすると垂涎モノのサーフ環境にいながらサーフィンは未経験。たぶんこれから目覚めることはないと思うが、めっちゃ気持ち良さそうに波の上を疾走するサーファーの皆さん。少しうらやましい。目覚めようかな(^_^;)
IMG_9569

朝日は今にも姿を現そうとしてきました。
IMG_9602

そして海面に一筋の光が金色のラインを引きます。
IMG_9669

黄金色に輝く海面で波を待つサーファーの皆さん。
IMG_9681

特別な時間にいるんだと感じる瞬間。
IMG_9734

光り輝く海の上を滑走するサーファー。
早起きして良かったとしみじみ思いました。
IMG_9739

フルサイズがあればもっといい写真になるのかしら?
私はいま明らかにフルサイズ病に罹患している(^▽^;)
さて、遊遊NASAで食べた朝食バイキングはこんな感じ。早起きしておなかが空いていたから私的には朝からガッツリ。洋風にも出来るよ。
IMG_2905

次回は薬王寺を参拝だ。




シリーズスタートはこちらから

高知県 ブログランキングへ

夏の徳島南部を旅する6.ふれあいの宿 遊遊NASA に泊ったよ

2017年07月24日06:00
美味しい長尾鶏のランチをいただき満足した所で私たち一行は本日の宿を目指し国道55号線土佐浜街道を南下する。高知県からさして離れていないとはいえ街並みの雰囲気がなんだか違う感じがしてドライブしつつ興味深い。
IMG_2760

今夜は海陽町の「ふれあいの宿 遊遊NASA」さん。
どんなところ?と聞くと、全室オーシャンビューで天然温泉の大浴場、地元の食材を使ったお料理が自慢のお宿と聞きテンションが上がる。海部の町から少し南下し国道左手にある漁火の森公園へ入りそこからキュッと上がった所に遊遊NASAさん到着(*^^)v
IMG_2785

施設名 ふれあいの宿 遊遊NASA
住所 徳島県海部郡海陽町奥浦鹿ヶ谷58-3
電話 0884-73-0300
HP  http://uu-nasa.co.jp/
IMG_2784

部屋数は全23室、駐車場は100台と安心。

ロビーが広く開放感がありました。
家族連れやバイカ―の人々など多くの人が宿泊されている様子。
IMG_2811

お部屋は和室。
和室大好きなカノン歓声。
IMG_2776

窓をかけて外を見ると素敵なオーシャンビューが楽しめました。荷物を出して少しくつろぐ事が出来るようになるとさっそく天然温泉の大浴場へ。露天風呂こそないけど、ここの温泉めっちゃ泉質がいいの。ちょうど湯船で一緒になった全国をバイクで回っているという方も驚いた様子で本州の有名どころの湯よりいいんじゃないかとのこと。窓の外にはこちらも当然オーシャンビュー。美しい那佐湾の景色が眼下に見下ろせ気持ち良し。
IMG_2781

お風呂から出て少し休んだところでお楽しみの夕食タイム。
ホテルの近くでとれた海の幸、山の幸を使った料理が自慢。
まずはビールで乾杯。
IMG_2843

そして徳島の海の幸、山の幸がいっぱいのお料理登場。
IMG_2819

先付け。
IMG_2827

お刺身。
IMG_2824

冷製茶碗蒸し。
IMG_2823

カツオのタタキ。
IMG_2829

陶板焼き。
IMG_2822

煮物。
IMG_2828

ウツボの唐揚げ。
この辺でもいただけるんだね。
IMG_2854

汁ものは徳島名物ソバ米入り。
ご飯もついていたよ。
IMG_2869

カノンのお子様セットも上等。
IMG_2845

そして(たぶん)別注文で豪華新鮮魚介の海賊焼き。
IMG_2837

焼いて焼いて焼きまくりました。
IMG_2856

トライアスロンを完走されたお義兄さんのお話や初めてレースを見た私たちの感想など話して大いに盛り上がりビールも進み徳島の海の幸をいただきました。カツオのタタキやウツボの唐揚げなどちょっと高知のに近い印象。海賊焼きもめっちゃ豪華でウマしなのでした。
その後、その日はいい子ちゃんで寝たよ。
明日は朝散歩だ。



シリーズスタートはこちらから

高知県 ブログランキングへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
QRコード
QRコード
ブログランキングはじめてみました
最新コメント
楽天市場
最新トラックバック
ラーメン二星 (にゃお吉の高知競馬☆応援写真日記+α(高知の美味しいお店))
ラーメン二星で朝ラーメン
連絡先
フィードメーター