のんびりと高知で

高知でのんびり過ごしています。 お店の料金や時間などは行った時だから、現在と違う場合もありますのでご了承ください。60年代70年代のSFが好きなので時々このブログもSFになっている場合もあるかもしれませんのでお気を付けください。 ちくといろいろチャレンジ中で重くなってすまんス。 コメント・トラックバック等ちょっとと思うモノ迷惑がかかると思われるモノは消しちゃう事もあるのでご了承を。あと、無断転載禁止ということで文章や写真を使う時はメッセージ等で連絡くださいね。

2014年12月

去年の大晦日のご馳走

さようなら午年。
今年一年お世話になりました
IMG_0084

昨年の事。
ちょうど大晦日が休みだった私はカノンを連れて実家へ戻ります。(奥さんはお仕事。ご苦労様)女性陣が年末年始のごちそうの仕込みをする段取り中。私は食材の買い出し係。まずは上町へ戻り商店街でお買い物。
IMG_9745

オカンから晩御飯のご馳走代に預かった一枚の諭吉さんを握りしめ、まずはメインディッシュのお肉屋さん。最上級のお肉は100g1200円(この頃はまだ消費税5%だった)。蕩ける様な肉の色に目が吸いついちゃいますが、普通の(それでも我が家では買えない)値段の牛肉を1kgと豚肉のちょっといいのを500g。すごく贅沢しちゃった気分。
IMG_9746

隣の八百屋さんで野菜の買い出し。ネギに春菊にニンニク葉。お豆腐や糸コンはあるとのこと。
IMG_9747

さてくるりと土佐道路方面へ車を走らせて年越しそばを手に入れるべくおく実庵。
IMG_9752

おく実庵のお蕎麦ウマいのよ。
年越し蕎麦を店舗で食べる人も多く行列もできていました。
後で知ったけど、ちょうどこの時間に昔馴染みも入っていたとのこと。
(ちなみに今年は店舗でお蕎麦は提供せずに年越し蕎麦に専念するそうです)
IMG_9749

ちょっとお値段を見てビビってしまう私。(お値段は去年のです)
スーパーなら100円を切るお値段で買えるんだけど、ここは贅沢しなきゃ!
IMG_9750

最後にはりまや橋へ足を伸ばして甘栗次郎で甘栗
スゴイお客さんで次から次へやって来ていました。
IMG_9758

ちなみにこの買い物時は子供達を預かりドライブがえら行ってますが、後部座席で子供達は大騒ぎ。わめくは歌うは泣くは喧嘩するはで大変でした(^_^;)その我慢が実って女性陣によるお寿司や皿鉢が完成。我が家独特のこのお寿司がいいのよ。
IMG_9768

さて夕刻。
今年も余すところ6時間弱となった所でお料理スタート。
この清水ジャンプして買ったお肉の輝きを見よ!
IMG_9930

厚手のお鍋に牛脂を入れ馴染んだらお肉をドバッと投入。軽く火が通るまで炒めます。
IMG_9941

お鍋でお肉を炒めて火が通ったら割下(数年前からすき焼きの素を買うようになった)を入れて豆腐に糸コン・ネギの固い所を投入。ことこと煮ます。
IMG_9944

野菜は春菊におネギ。
そして高知らしくニンニク葉。
野菜に火が通るまでしばし待つの。
IMG_9954

いよいよ完成。
鍋を食卓へ移して乾杯♪
大人組はビールを飲みながら今年の成果や来年の抱負をひとりひとり発表。
IMG_9960

わいわいとたくさんで食べる晩餐は楽しい。
またご馳走だったらなおさらだね(^O^)/
IMG_9962

毎年恒例のお寿司。
子供達は好きなのを取りあい。
お正月が終わるまでずっとこれを食べていました。
IMG_9964

場を移して紅白を見ながら甘栗次郎。
みんなで剥き剥きします。
IMG_9761

最後に年越し蕎麦の出番なのだ。
IMG_9770

香川はうどんだそうだが高知はおそば派が優勢。
IMG_9776

チュルリといただく一年最後の麺。
今年はどれくらいの麺を食べる事ができてるのかな?
IMG_9782

今年の今夜も楽しい晩御飯を食べて来年を迎える事ができますように。

それでは皆様良いおとしを(@^^)/~~~

徳島ラーメン麺王でにんにくラーメンを食す

いよいよ2014年もあと二日。
これといって今から何か出来るというわけじゃないけど気ばかり焦っちゃう。
さて、ちょっと前のこと。
同僚が徳島へ出張していました。その出張の懇談会のシメに徳島ラーメンを食べてきたよとのこと。ふうん、どこで食べたんだろう?そんな話を聞くともなしに聞いていると徳島ラーメン食べたくなっちゃうな(^_^;)徳島まではなかなかちゃっと行けないけど(行こうと思えば2時間+高速料金か)、街に出れば徳島ラーメンが食べられるね。建設中の図書館を横目で見ながら追手筋。
IMG_0141

残念ながら母校ではない高校の前をを通り過ぎます。
IMG_0142

すると向こうに今日の目的地が見えてきました。
IMG_0145

徳島ラーメン「麺王」追手筋店に到着。
IMG_0147

店名 徳島ラーメン 麺王 追手筋
住所 高知市追手筋1-8-15 
電話 088-822-2541
時間 月〜土11:00〜3:00 日10:00〜24:00
IMG_0164

日本全国だけではなく世界各地へ進出中の徳島ラーメン界の雄「麺王」。高知でもこことフジグラン葛島の二店舗展開されています。ロスなんかにも店がある様子だけど、そちらでも徳島アピールで展開しているのかしら?一度行ってみたい。まずは入口の券売機でチケットを買います。
IMG_0154

生玉子を一個無料で付けてくれるサービスがあるんですが、チケットを買う時に無料券をゲットする必要があります。目的のラーメンを買ったら慌てずに玉子のボタンも探そう。
BlogPaint

お昼の忙しい時間帯が過ぎた頃。テーブルにはぼちぼちお客さんがいましたがカウンターは空いていました。
IMG_0153

席に座りお冷を持って来てくれた店員さんにチケットを渡します。
IMG_0157

まずやって来たのは生玉子。
思い起こせば、今年の初麺は新年会から流れたここ麺王であった。酔っちゃっていたから玉子を注文し忘れるという失態を思い出します。奇しくも今年最後の麺も麺王か。今年一年の思い出がササっと脳内ディスプレイを流れます。走馬灯じゃないよ(^_^;)ン、今じっくり見たら無料すだちがあったのかw無念ww
IMG_0158

そしてメインのラーメンはにんにくラーメン780円(税込み)をチョイス。
IMG_0161

席にラーメンが到着するとにんにくの香りが漂ってきて食欲中枢を刺激。フライドガーリックのチップに高知でしか食されていないかもというニンニクの茎の炒め物。チャーシューは細切りのと通常のモノとの二段攻撃。もやしにネギもたっぷり。なかなかニンニクが効いていい感じぜよ。
IMG_0162

麺を三分の一ほどすすった所で生玉子投入するのでした。
IMG_0163

帰り道。少し傾いてきた陽に照らされる高知城が美しい。
IMG_0167

江戸屋で木の葉丼セット

いよいよ師走もあと数日。今年ももうすぐ終わりとなります。ランチついでにお買い物もあったので街へ出る事に。奥さんに何を食べたいのかクエッション?「蕎麦がえいねぇ〜」ということで大きな看板で目立っているお蕎麦屋さんを目指します。
IMG_8035

場所は堀詰電停の南側という一等地。
IMG_8036

実はずっと気になっていたお蕎麦屋さん「江戸屋」さんへ到着。
IMG_8038

店名 江戸屋
住所 高知市本町1-4-24
電話 088-823-8188
時間 11:00〜14:00 17:00〜21:00
休日 土曜
IMG_8039

暖簾をくぐると券売機。ふむふむ何にしようかな?
IMG_8040

メニューはこんな感じ。
IMG_8046

カウンターにテーブル席と広々とした感じ。お昼前だから余裕を持って座れました。入り口の券売機でチケットを買ってテーブルに座り、スタッフの方に渡します。
IMG_8045

奥さんは大好きなゴボウに惹かれごぼう天そば900円。
IMG_8047

私はご飯物も欲しかったので木の葉丼セット850円。
IMG_8048

ちなみに木の葉丼とは近畿地方や関西圏でよく食べられる玉子丼の一種。親子丼の鶏肉の代わりに薄く切った蒲鉾や薩摩揚げを鶏卵で綴じた丼物なのだそうだ。名前の由来は蒲鉾を舞い散る木の葉に見立てたものというのが定説だがはっきりしないとのこと。丼物にもいろいろバリエーションがあるんだね。
食べてみると味付けは少し辛めの関東風(江戸屋だしね)。ほかにたけのことシイタケ、三つ葉。たけのこのシャキシャキ感が物珍しい。
IMG_8052

ミニ蕎麦も付いています。
IMG_8053

蕎麦は細切りでチュルリと胃袋に収まりました。
IMG_8054

へぇ〜年越し蕎麦をここもやるんだ。
それと1月から定休日が水曜に変わるんだね。
IMG_8055

街へ出ると電車のPRにいの駅のゆるキャラが歩いていました。
IMG_8056

牛丼専家(ぎゅうせん)で朝定食

電車でやって来た朝8時前の大橋通。
IMG_0051

土佐の台所とも称される商店街もまだこの時間は開いている店は少ない。
IMG_0055

降りる電停を間違えちゃったぜw
ビュービューと冷たい風が師走の街を吹き抜ける。
手をポケットに突っ込み身を縮めて目的地に向かって歩く。
IMG_0064

その目的地とは、牛丼専家、いわゆる牛専(ぎゅうせん)であった。
IMG_0081

今年の高知は歴史のある店、永野の蒲鉾やゑり忠、片桐書店など老舗と言われる店の閉店が目立った。リブロードが閉まったのも今年だったか。そして先日、高知で最も歴史のある牛丼専門店、牛丼専家いわゆる牛専(ぎゅうせん)も来年の1月31日をもって閉店するという情報は燎原に火が放たれたかのように広まったのだった。
IMG_0083

店名 牛丼専家 中央店
住所 高知市帯屋町1-3-12
電話 088-822-3020
時間 24時間
休日 無休
IMG_0083

店内に入りまずは券売機でチケットを購入する。
どれにしようか少し迷っていると店員さんがやってきて教えてくれました。
IMG_0104

この時間はさすがにお客さんは少ないが数人の先客が思い思いに座って牛丼などをかきこんでいる。
IMG_0089

初めてこの牛専にやって来たのはいつだっただろう?高知で牛丼と言えば、吉野家でなくすき屋でなく松屋でもなくこの牛丼専家であった時代が確実にあった。というか全国チェーンの牛丼屋は、まだ高知へ上陸してなく(マツヤはまだ四国山地を越えていない)牛専オンリーな時代だった。また狂牛病騒ぎで各チェーン牛丼が提供できなくなり豚丼などでお茶を濁さざるを得なかったあの時、この牛専だけは牛丼を提供し続けた。大手チェーンの素早くかっ込むだけの店舗と違い、ゆったりと長居が出来る座り心地の良いソファー。ちょっと特異なセンスで選ばれている大量の漫画や雑誌。二次会の後、最後のシメに何度ここで牛丼を食べたことか。
IMG_0094

最後に牛丼と言いたい所だが、まだひと月くらいあるし今朝は朝定食500円をチョイス。
IMG_0096

見よ、このたっぷりと盛り上がっているチリメンの山を!
大根おろしもうれしい。
ちなみに朝定食では鮭とサバとチリメンからメインを選ぶ事ができるぞ。
IMG_0103

そしてたっぷりほかほかのご飯。
IMG_0098

生玉子がうれしいね。
他に海苔と小鉢も付いてました。
IMG_0102

みそ汁も熱々。
IMG_0099

ごちそうさま(*^_^*)
必ず牛丼を食べにくるぜよと決心。お店の方に聞くと牛専という形態は一度終わるけど、新しい展開を考えておられるとか。
IMG_0084

たっぷり朝ご飯で満足したとホクホク温まった身体でてくてくと散歩がてら歩いて帰ります。
朝日に浮かび上がった高知城が美しかった。
IMG_0130






惜しまれつつ閉店されました。

こて福でお好み焼きを堪能する

土佐の玄関、高知駅。そしてその北口。
IMG_4564

そこから北の方に歩いて数分、およねさん弁当のもうちょっと先に、これは美味しいお好み屋さんがオープンしたという話を聞いた。それは食べてみたいねと高知駅からてくてく。ほんの4〜5分で辿り着いたそのお好み屋さんの名は「こて福」ちなみにイオンから南に歩いて10分ほどだそうだ。
IMG_4233

店名 こて福
住所 高知市新本町1丁目15−14
電話 088-821-8450
時間 11:30〜14:00頃 17:30〜21:30頃
休日 月曜(年末年始はHPをチェックしてね)
駐車場 なし(近隣にコインパーキングは数か所あり)
HP  https://sites.google.com/site/kotefuku7/home
IMG_4236

11月にオープンしたばかり。でもその味の評判は私の所まで届いてきました。これは期待できそうとワクワクしながら真新しい暖簾をくぐります。
IMG_4566

店内はテーブル席と小上がりに座席、カウンター。こじんまりしていて居心地の良さそうな空間。家族連れも歓迎とのこと。テーブル席に座ってビールをお願いします。
IMG_7990

メニューをチェック。(画像はHPより)
kotefuku_menu770

ここのお好み焼きはお店の方が焼いて持って来てくれるタイプ。鉄板に火を入れます。丁寧に心をこめて焼くので少々時間(20分ほど)がかかるとのこと。お急ぎの場合は店の電話に予約してくれたら時間に合わせて焼いてくれるそうです。また、テイクアウトもやっている様子で店にいる間、電話注文したお客さんが何人もお好み焼きを取りに来ていました。
IMG_4245

お好み焼きができるまでの間に、おつまみのすじこん300円をいただきます。
すじがやわらかく甘辛く煮込まれウマし♪
IMG_4246

おでんもいただきました。
すじは前述の通りながら大根の煮込まれ方、味のしゅみ方ヤバい(^O^)/
IMG_4247

そしてやって来た豚玉600円。
店名の由来であろうコテをお好み焼きに当て切り分けそのまま口にお好み焼きを運びます。さくり。え、なんだかこのお好み焼き、歯応えがフワッフワ。でもキャベツでシャキシャキの歯ごたえも存在。生地に空気をうまく取り込んで焼いているのか、摩訶不思議な食感でめっちゃ美味しい(*^_^*)ソースの味も絶妙。何これ?クセになりそうな味わい。あっという間に胃袋に消えてゆきます。
IMG_4250

焼ソバも炒め加減が素晴らしい。
もちふわ〜な食感でガツガツと食べてビールを飲んで。
ああ、幸せな時間が私の上を通り過ぎている(^◇^)
IMG_4253

あっという間にお好み焼きも焼きソバも胃袋の中に消えてゆきました。
ご馳走さま(*^_^*)
自分でお好み焼きを焼くのも楽しいけど、この絶妙な焼き加減は素人では難しいというか、このこて福で初めての出会い。さすがの味わいでこれはとても素晴らしかった。焼き具合だけでなく生地と具材のバランス、ソースとの相性も最高。まだ食べていないネギ焼きやせせりつくねといった焼き物も良さそうな予感。また来ますね♪
IMG_4255
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
ブログランキングはじめてみました
最新コメント
楽天市場
連絡先
月別アーカイブ
%3$s’, esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( ‘ID’ ) ) ), esc_attr( sprintf( __( ‘View all posts by %s’, ‘twentytwelve’ ), get_the_author() ) ), get_the_author() ); print($author); ?>