ブログネタ
好きな魚の食べ方を教えて! に参加中!
高知県は東部。ニュースの台風中継などでもおなじみの室戸へ来ています。まずこのGWにオープンした室戸世界ジオパークセンターに寄って室戸岬を散策。ちょいとおなかを減らしておいしいものを食べよう。私達はどうしても食べたい室戸の名物料理がありました。それはキンメ丼。前回室戸に来た時に食べてメッチャ美味しかった記憶。数日前、ちょうどTVでキンメ丼の紹介があり久々に食べたくなっちゃったの。岬を離れ室戸の市街方面へ向かいます。
IMG_9047

この室戸市は昭和30〜40年代マグロの漁で大変に栄えた街。現在でも漁師さんはたくさんいらっしゃいますが、その当時はとんでもない事になっていたそうです。その昭和時代の雰囲気を色濃く残す町並みはメチャメチャいい味が出ています。
IMG_9051

ゆっくりと街の風景を楽しみたいところですが、そうも言ってはいられない。
IMG_9050

おいしいおいしいキンメ丼を食べられる店を探さなきゃ!
ちなみに室戸市観光協会のキンメ丼のチラシ。
8714f7d5e392f4f80aa9f55ac3e48a1e-300x212

そのチラシを参考に店を探します。あ、この店すごく雰囲気良さそう(^O^)/
IMG_9079

店名 料亭 花月
住所 高知県室戸市室津2586
電話 0887-22-0115
時間 17:30〜23:30
休日 日祝
IMG_9049

実はこの花月、知っていました。友人のY君が室戸で働いている頃、遊びに行った折に、ここがすごく歴史があり雰囲気が良くておいしいと教えてくれたんです。基本的には夜の営業でランチタイムや日曜祝日はお休み。予約必須の料亭だと。営業中の文字を見てダメもとで店の暖簾をくぐりお店の方に声をかけます。すると、今日は大丈夫ですよとの答え。ラッキー♪GW特別営業だったのでしょうか。趣きある玄関から二階に上がり二階の広間へ通されます。うわぁ〜ここTVで見た事ある広間だ。私はうれしいんですが、店の方が申し訳なさそうに、いつもは個室でゆっくり食べてもらうんですが、今日は広間でお願します。とのこと。今日は予約もすごく入っているそうです。いえいえ、こちらこそダメもとでチャレンジだったので食べれるだけでありがたいです。
IMG_9058

席に座りメニューを見てみんなでディスカッション。キンメ丼だけではなく他にもウマそうなメニューがいっぱい。海鮮丼や刺身定食にカツオのたたき定食、少し贅沢に御膳系、地元特産マンボウのフライ定食も気になる。でも大人はキンメ丼カノンはミニキンメ丼をお願いしました。
IMG_9061

ちなみにキンメ丼とは、金目鯛で西日本で一番の漁獲を誇る(実に西日本で食べられる金目鯛の8割は室戸で捕られるそうだ)室戸でその金目鯛を使った名物料理を作ろうと企画され成功した丼。金目鯛の煮付けと地元の新鮮な刺身を使った丼で現在市内10ヵ所のお店で提供され料金は一律1600円。花月ではカノンのミニキンメ丼は1000円でした。待つ事しばし。やって来たキンメ丼に歓声が上がりました。
IMG_9065

さすがは料亭の料理。室戸へ来られた各界の著名人が食べられた味。ちなみにこのキンメ丼は、まずはそのままで、そして次に薬味を乗せて、最後に金目鯛から取った出汁でお茶漬け風にと三つの味を楽しめます。そんなことを話しながらふたを開けます。
IMG_9071

見よ、この美しいキンメ丼。
キンメ丼の中に作り上げられた華麗な世界に声を失いました。
丼の奥にキンメ丼に煮付け。
手前にその金目鯛とカツオ・カンパチのお刺身。
IMG_9069

このぷりぷりの金目鯛。
深海からわざわざ私達の前にようこそ。
ついついガツガツトやっちゃいそうになりますが、落ち着け。
ゆっくりと味わいキンメ丼味の三変化もしっかり楽しむのだ。
IMG_9072

おつゆは金目大の出汁がしっかりと出てこれまた美味。
IMG_9067

漬物もナイスでした。
IMG_9066

ごちそうさま(*^_^*)
いつか夜のご馳走も楽しみたいものだ。
おなかいっぱいで大満足。
笑顔で次の目的地へ向かうのでした。