だんだんと陽が傾きつつある春の日の夕刻。
昼間はけっこう暖かかったけど、風はまだまだ寒さを残している。小腹がすいちゃったな。少しラーメンでもしようかと自転車に乗ってやって来たのは堺町。
BlogPaint

今日のお目当ては茶華井屋さん。大きな黄色の看板に中華そばの文字。昭和三十年頃の昔なつかしい屋台の中華そばの味と雰囲気を味わえるお店だ。
IMG_8326

店名 茶華井屋(さかいや)
住所 高知市堺町6-7
電話 088-875-8095
時間 11:30〜14:30  17:30〜20:30
休日 水曜
IMG_8313


昭和30年代か。三丁目の夕日くらいの時代かしら?その当時の高知はどんな街だったんだろう?その当時を想像しながらを暖簾をくぐります。
IMG_8315

店内はテーブル席と座敷席。壁に貼られたメニューをチェック。壁一面に貼られたビッコミックと思われる猫や犬の表紙が気になる所。中華そば500円とリーズナブル。セットは焼き飯付きとのこと。
IMG_8317

身体が冷えているので少し温まるものをと考えにんにくラーメン550円をお願いしました。
IMG_8320

やって来たにんにくラーメンを見てしばしうっとり。郷愁を思わずそそられてしまうこのラーメン。透き通るようなスープから立ち上る湯気。かすかに漂うにんにくの香り。チャーシューにメンマそしてネギとシンプルな構成。これがいいんだ。
IMG_8322

鶏ガラ系と思われる優しい味わいのスープ。少しあっさり系だけど出汁のうま味はしっかり感じ取れます。生ニンニクのすりおろしがスープの味わいを深める。麺も何だかいい。すごくバランスの取れたラーメンで飲んだ後の〆にピッタリな気がします。
IMG_8325

身体ポカポカと温まったなと自転車に乗って街へ少し出るのでした。