ガタンゴトンと揺られながら始発の鉱山鉄道に乗って坑道へ向かう私たち家族と他のお客さん達。
IMG_5763

この汽車の中で新居浜ふるさと観光大使である声優歌手として有名な水樹奈々さんのナレーションで子の別子銅山や観光坑道の事を聞くことができます。声優に疎い私はアレですが、詳しい奥さんはメッチャ興奮。「水樹奈々さんって新居浜の出身ながや!これも何かの縁やね‼」そうなのか?
IMG_5747

駅へ到着。
鉱山鉄道さんありがとう。
IMG_5774

駅からすぐ。
橋を渡った向こうに坑道を発見。
IMG_5783

全長約333mの観光坑道。中へ入るとひんやりとした空気が流れていました。
IMG_5792

中には江戸ゾーン、近代ゾーン、体験ゾーンと3つのゾーンがあって採掘の様子を感じられます。まずは江戸ゾーン。
IMG_5806

そもそも別子銅山とは1690年(元禄3年)に発見された銅山で日本三大銅山と呼ばれ1973年(昭和48年)まで多くの銅を産出したんだって。
IMG_5808

なんと坑道は全長700キロメートル。最深部は海抜マイナス1,000メートルなんだぞうだ。ちなみに日本で人間が到達した最深部とのこと。
IMG_5809

江戸ゾーンでは江戸時代の採掘の様子を再現した人形、近代ゾーンでは明治から大正にかけての採掘の様子を巨大ジオラマで再現されていて興味深い。勉強になったよ。先へ進みます。
IMG_5838

体験ゾーンでは、ちょいと子ども向けなゾーンだけど大人も楽しめる工夫も。この地下1000mへもぐるエレベーター(ほんとに潜るわけじゃない)の仕掛けは秀逸。
IMG_5840

昔の機械なども興味深い。
IMG_5853

金鉱石に目を輝かすカノン。
「砂金掘り体験でこんながぁ獲れるろうかね!?」
なんぼいうたち無理だと思うよ(^_^;)
IMG_5851

この女性の妙な魅力に一発ノックアウトな私。
IMG_5871

思ったよりも楽しめたと坑道の出口へ向かいました。
IMG_5895

水樹奈々さんも大好評ないよかんソフト。
IMG_5906

坑道探検のチケットを見せたら300円のいよかんソフトがなんと2割引きの240円。これはいただかないとね。
IMG_5916

サッパリ系のミカン系ソフトクリームでウマし。
外には5月の爽やかな風が流れていた。


シリーズスタートはこちらから