その日の夕刻。
私は少々いやかなり緊張しながら帯屋町アーケードを歩いていた。横にはやはり緊張気味の奥さん。そして全く緊張してないカノン。君は緊張しなさいと思う。今夜はちょっと贅沢をする予定。いつもよれよれ系の服を着ている私だけど、少し上等な服を着ている。それは何故か?数日前の5月17日にオープンしたばかりの新店、鮨あおきさんへ予約してお寿司を食べに行こうとしているのだ。
IMG_1171

回転していないお寿司屋さんへ夜ご飯に行くなんて何年ぶり?それもピカピカの新店のお寿司屋さんだよ!奥さんが行く前に悩む。「いくら持っていったらえいろう?2万やろうか?3万やろうか?」3万円持って行こうと私は答える。念のため私も秘密のへそくり箱からいくらか持ち出しているのは奥さんにはくれぐれも秘密だ。そうこうしているうちに鮨あおきさんへ到着。もう一度、奥さんに身なりをチェックしてもらいOKサインをいただく。
IMG_1176

店名 鮨あおき
住所 高知市帯屋町1-5-2 3F
電話 088-821-6633
時間 現時点は不明も17:30〜からかな
休日 現時点は不明
IMG_1220

場所は帯屋町アーケードは大丸の北側。
前はスポーツ店があった所だよ。

看板にお品書きがあったのでチェック( ..)φメモメモ
え!?なんだって‼
一番お安いお寿司は40えんだって(;゚Д゚)
他にも100円以下のネタもありビックリ。
全般的にリーズナブルなお値段設定。一番お高いウニや大トロだって300円だよ。これはもしかして回転していないのに庶民の味方なお寿司屋さんなの?(ちなみに40円の「どうびん」とはググって調べたら蛸の頭な様子。間違っていたらごめんなさい)
IMG_1222

ちょうど予約の時間。エレベーターに乗って三階へ。やっぱ緊張するなぁ〜とドキドキ。ドアが開くと満月のような鮨あおきさんお看板が私たちを迎え入れてくれました。
IMG_1218

そして暖簾をくぐり店内へ入りました。入ると大きな水槽と生簀が目に入ります。そしてその向こうに高級感あふれるカウンター。カウンターは天然木の一枚モノとまさしく高級なお寿司屋さんをイメージした時に浮かぶ雰囲気。そしてその空間には凛とした空気が流れているのが感じられます。
IMG_1217

個室へ案内していただきました。個室も落ち着けるいい雰囲気。
IMG_1184

お醤油がお寿司用とお刺身用に分かれているのにこだわりを感じます。
IMG_1188

まずはビールで乾杯。
IMG_1189

お通し。
IMG_1190

カノンは子供用にさび抜きで好きなのをお願いしてました。ぱくぱく食べて「このお寿司、いっつも食べる回るがぁよりこじゃんと美味しいで」と喜んでいます。
IMG_1186

そして大人たちにまず刺身の盛り合わせ。
見よ、この豪華絢爛たる美しき海の幸を(^O^)/
ネタが新鮮なのも間違いないですが、しっかり職人の手も入り素晴らしい仕上がり。お刺身が舌の上でとろけちゃうの。
IMG_1187

こいつは、もうたまんないや!と日本酒へ。
日本酒もselectされた銘酒がリストアップされ迷っちゃう。ワインというチョイスもいいかも。考えてまずは故郷のお酒を選びオーダー。良く冷えたグラスにきりっと冷えた日本酒がなみなみと注がれ下の枡にいっぱいこぼれています。当然あとでその枡のお酒もいただくの
IMG_6493

寿司屋さんのつまみも欲しいねと玉子焼き。
焼き立てほわほわで出汁も効きおいしいの。
IMG_1203

天ぷら盛り合わせもお願いしました。
サクッと揚げられ粋を感じられます。
IMG_1208

そして今夜の主役、お寿司の盛り合わせの登場に大いに喝采を送る私たち家族。見て下さいよ、この煌びやかな光り輝くお寿司たちを。素晴らしい寿司ネタにしっかりと仕事されているのが分かります。まだまだ子供でわさびを苦手なカノンがこの夜このお寿司を食べたいがためにわさびを克服しました。
IMG_6485

まずは小鰭(だと思う)。
職人さんお仕事が丁寧になされているのが、わかります。
IMG_6491

金目鯛。
お寿司のネタも仕事も素晴らしいですが、お米いわゆるシャリもすっごく美味。聞くと「うちは赤シャリを使ってお箸でも食べやすいように少し硬めに握ってます」とのこと。
IMG_1206

そして王様の大トロ(*^▽^*)
食べた瞬間、歓喜が私を襲う。まさしく舌の上でトロが蕩け溶けていっちゃう。文章や映像でその表現は何度も聞いた事があるけど、自分の身に起こったのは初めて。この喜びをどう表現したらいいのか。一緒にいただいた奥さんと頷き合う私。
IMG_6500

ごちそうさま(#^^#)
美味しいお寿司を堪能しちゃいました。ああ幸せだねと喜ぶ私たち家族。鮨あおきさんありがとう。しかし帰る前に通らねばならぬ関門があります。それはお会計。お品書きはリーズナブルだったけど、この雰囲気にこの味でリーズナブルなわけないだろう!覚悟しようと奥さんと二人お愛想をお願いしレジへ向かいました。そしてレジで聞かされた金額に魂消る二人。それってめっちゃお安くないですか?間違ってませんか?と聞き直すくらい。そりゃ回転系よりは高級だけど、また気軽にまた来ようと思うくらいのリーズナブルなお値段。(福沢さんは一人で大丈夫でした)お店の方はまだ開店したてでバタバタしたりメニューも少ない(将来的に80種ほどまで増やすとのこと)と申し訳そうにされていましたが、そんなことありません。素晴らしい満足感を得ることができました。
IMG_6488

必ずまた来ると決意し帰路に向かう私たち家族なんでした。