屋島寺を参拝した私たちパーティはぶらぶらと水族館方面へ向けて歩き出しました。するとちょっとした土産物街を発見。
IMG_3623

その時、私に記憶のフラッシュバック。
今を去る数十年前の事。確かにここへ来た。小学校の修学旅行で屋島へ来た時に間違いなくこの道を歩き土産物を探した。一緒に土産物を探した友人の顔を久々に思い出しました。ちなみにその時、屋島の通行手形を買った事です(^_^;)
IMG_3645

お土産を買うのは後にしようと思いつつもお土産物屋さんの店頭を見ると、後で行く予定の水族館のチケットがここで買う事が出来るとのこと。
IMG_3636

どうせ買うものだからここで買って行こうか。
入場券を買おうとしたら、かわら投げの瓦を発見。
IMG_3648

10枚入って200円という値段設定。
そういえば小学生の時、投げたな。屋島へ来たらやっぱ瓦投げは必須でしょう。
IMG_3633

ついつい買っちゃう少年の心を残した大人。
IMG_3615

お土産と言えば、これが気になった。
IMG_4225

風にふわりふわりと揺れて美しい。
今になっても買えばよかったと心残り。
IMG_4236

狸の置物も買えばよかったな。
IMG_4223

話は戻り、かわら投げ用の瓦をゲットした私たちは瓦を投げるべく先を急ぎます。確かあのお茶屋さんの向こうにかわら投げスポットがあった記憶。
IMG_3656

茶屋を越えるとかわら投げスポット、屋島三大展望と謳われる「獅子の霊巌(ししのれいがん)」へ到着。
IMG_3657

瓦が足らなくなったら買い足しが出来る親切なスポット。
IMG_3666

瓦を持ちかわら投げポイントへ近付くと広大な景色が広がっていました。
高松の市街。
IMG_3699

瀬戸内海の島々も。
IMG_3695

確か海へ届いたら願いが叶うんだよねと勝手に伝承を作りながら瓦を投げた事でした。ちなみに平氏との戦いに勝った源氏が陣笠を山上から投げたという故事にならい素焼きの瓦を海に投げるようになり、合格祈願や願掛けの効果があるそうです。
IMG_3667

サイドスローからスナップを利かせ瓦を回転させ投げるのがコツ。川に平たい小石を投げて水切りショットを狙う要領か。意外とよく飛んで後ろで見ていた知らないおっちゃんから褒められいい気になった私でした。



Facebookはじめてみました。
アカウント Kouchide Nonbirito

Twitterもやってるよ
アカウント ふぉん7