真夏の夜よりも明らかに過ごしやすくなった夜の追手筋は大勢の酔客で賑わいを見せている。まだまだこれから飲む者、そろそろタクシーに乗って帰ろうとする者。どちらにしようか迷う者。二次会が終わるあたりの時間帯特有に感じられる、ざわざわした雰囲気だ。そして私は秋の夜長にちくと呑んじゃったなと、ややふわふわとした足取りで追手筋を歩く。
IMG_4470 (1)

若い頃は夜の街も大好きでよく飲みに出歩いたものであるが、近年はちょっと控えるようになった。でも飲みに出たら楽しいもので、けっこう気持ちよく酔っぱらっている。一次会は居酒屋で、二次会は知り合いのbarでしっかり飲んじゃった。さてと帰ろうか。ちょいとフラフラする足取りでやって来たのは、ひょっとこ寿司さん。高知ではだれもが知っている有名なお寿司屋さん。実際に店へ来たことはなくともお土産でこのひょっとこ寿司さんのお寿司をいただいた事がある人も多いだろう。私の父も街へ出るとよくこのひょっとこ寿司さんのお寿司を買って帰った事だ。そして息子である私も夜のお土産に時々ひょっとこ寿司のお寿司を買って帰っている。

初め、いつものようにお土産にお寿司を買って帰ろうかなとひょっとこ寿司さんへ来たのであるが、酔っていたためか、ふと気が変わる。たまにはお店に入ってみようかな?と。
IMG_4473 (1)

店名 ひょっとこ寿し 追手筋店
住所  高知市追手筋1-5-16
時間 月〜木18:00 〜 23:30
   金・土18:00 〜 24:30
休日  日曜日・第3月曜日
    ※日曜日を含む連休の場合は連休最後の日がお休み
    ※第3月曜日が祝日の場合は営業

店の外からメニューをチェック。
土佐沖で獲れた新鮮な魚介類のお刺身やお寿司が気軽に楽しめる夜専門の寿司店。土佐の旬と職人さんの技が味わえること間違い無しである。
BlogPaint

しかし今夜の私のお目当ては、この限定メニューの中華そば800円だ。ひょっとこ寿司さんはお寿司屋さんとしての実力も評判高いが、実はこの中華そばが飲んだ後、〆の一品にうってつけと人気なんだ。昔から知ってはいたけど、チャレンジするのは今夜が初めて。
IMG_4475 (1)

暖簾をくぐって店内へ。カウンター席が中心でテーブル席も一つ。お酒と寿司を楽しむお客さんで大いに賑わっていまる。カウンター席に座りお茶をいただく。やっぱお寿司も頼んだ方がいいのかしら?と躊躇いつつドキドキしながら中華そばだけでも大丈夫でしょうか?というと笑顔で大丈夫ですよと返答されホッとした。
R0012779

中華そばを待つ間、目の前で板前の方が熟練の手捌きで寿司を握る。さすがは職人の技。うっとりとその姿そして寿司を眺めた。次に来る時は必ずお鮨とお酒を頼もう。そうこうしていると、長年に渡り憧れていたひょっとこ寿司さんの中華そばが到着。
R0012783

寿司とお酒等々で土佐の夜を楽しんだ多くの人々最後の〆にと親しまれし中華そばの姿。伝統を感じる昔ながらなスタイル。醤油系のスープにチャーシュー・メンマ・もやし・青々としたネギ、レンゲに隠れているがナルトの姿も。寿司屋の粋を感じさせる一杯。
R0012784

チュルリとストレートな中華麺をスープに絡ませいただく。
なるほど。これが寿司屋のラーメンか。オーソドックスかつシンプルな中華そば。ちっくと飲み過ぎた身に醤油味のスキっとしたスープが心地よい。
R0012789

伝統の一杯を味わい店を出た。
お寿司も一度きちんと食べに来ようと思いつつフラフラと夜の街へ彷徨いだすのであった。
R0012791

ちゃんと家に帰ったはずであるが(^▽^;)
R0012785




Facebookはじめてみました。
アカウント Kouchide Nonbirito

Twitterもやってるよ
アカウント ふぉん7