9月ももう半ばというのに、高知の空は夏の暑さをまだまだ忘れちゃいない。いやホント(^_^;)風はちっと涼しさを帯びてきたとはいえ、昼間の日差しは未だに強烈にして灼熱。朝晩は大分過ごしやすくなってきたけどね。そんな秋の風にふらり吹かれて上町界隈へ。
R0012850

ちょうどお昼時。
そろそろお腹も減ってきた。
おいしい中華を食べようか。
R0012846

という事で、訪れたのは銀龍閣さん。幕末の英雄である龍馬の生まれた町、上町で長年に渡って地域の皆さんに愛されている庶民的中華の名店だ。私も大好き。
R0012854

店名 銀龍閣
住所 高知市上町5-5-5
時間 11:00〜15:00
   17:00〜21:00
休日 木曜日
駐車場 店の周辺にあるから店頭の地図を見てね。

店に入る前、まずは本日のサービスランチをチェック。フムフム、今日は酢豚か。
R0012856

そしてドアの横にすっくと立たれる龍馬先生に挨拶し暖簾をくぐる。
R0012855

お昼時の店内はお客さんによって賑わいを見せていました。テーブル席とカウンター席。大人数の場合は二階にも座敷がある様子。カウンターに座りメニューをチェック。
R0012857

サービスランチもいいけど、麺類も捨てがたいな。いや一品料理を定食にしてもらう方向も検討しなきゃ。セット物もあり悩み所。
R0012858

メニューを検討している時に、ふと気付く。
ザージャーメンって何だろう?麺類には間違いあるまい。どんな麺なんだ?知ってる人は知っているかもしれないが私にとっては謎の麺だ!?めっちゃ気になるじゃない。少し迷ったけど、意を決してザージャーメン800円税込みをお願いしました。
R0012860

ザージャーとは何ぞや⁉その謎が解ける瞬間がやって来ました。
私の前に銀龍閣さんのザージャーメン到着。
R0012861

な、なるほど。いわゆるポピュラーないい方であればジャージャー麺であったか。東北は岩手の方では非常にポピュラーなメニューでよく食べられているそうだが、高知ではそれほど見ることの少ない麺だと思う(もしかしたらみんな食べているかもしれないが)。そういえば、同様の麺を旭の老舗「旭軒」さんは「ヂャヂャメン」という名で呼ばれていたな。
R0012863

これはやはりシェイクしていただくべき麺であろうとシェイクシェイク。中華麺と肉味噌それに細切りのきゅうり&白髪ねぎを混ぜ合わせた所でチュルリといただきます。うむむ、コレ面白い味わい。肉味噌な甜面醤が効いて濃厚な甘辛味。その濃厚な肉味噌をキュウリと白髪ねぎそして麺が絡みウマい。
R0012872

こういう麺もいいものだ。
まだまだ知らないことがいっぱいだなと店を出る私でした。



Facebookはじめてみました。
アカウント Kouchide Nonbirito

Twitterもやってるよ
アカウント ふぉん7