先週くらいから急激に冷え込み始め、朝などはかなり寒くなってきた。そろそろ冬用の上着を探す必要があるな。でも日中はちょうどいい感じ。その気持ち良き秋風に吹かれながら鏡川は紅葉橋あたりで魚のはねる姿などをゆっくりと見ていた。
R0004803

大の大人が鏡川で魚のはねる姿を見ていたのには事情がある。断じて時間が有り余り、暇を持て余していたわけでない。時間調整のためだ(とはいえ少しヒマだったことは認める)。本日はお義母さんを招待し美味なるランチをいただこうと、お店を予約しているのだ。遅刻することは許されない。時間に余裕を持って家を出たら時間に余裕が有り過ぎたため魚の姿を見ていたのである。さて、その予約していた時間が近付いてきた。お義母さんのせっかくだから美味しくて落ち着いてたっぷり食べられるランチできるお店がいいなという要望に応えるべく予約したのは、高知市鴨部、国際化の進む高知西高校からちょいと南西にある「焼肉ぷるこぎ」さん。焼肉屋案だけのことはあり当然、夜の焼肉もおいしいが実はランチも大人気。週末などは予約必須のランチなのですよ。
R0004826

店名 焼肉ぷるこぎ 高知店
住所 高知市鴨部2-6-52-1
時間 11:30〜14:00 17:00〜22:30
休日 水曜
R0004827

駐車場は店の周りと道路をはさんだ店の向かいにも。

店の前でお義母さん及び奥さんと合流。
お義母さんに「焼肉ぷるこぎ」さんの説明をする高知県は最西南の町、土佐清水市に本店があり現在では中村とこの高知そして鳥取は米子にも支店がある焼肉屋さんで、どのお店も大人気。もともとお肉屋さんなのでお肉が上質にして少しリーズナブルという評判。そして「焼肉ぷるこぎ」さんが特にこだわっているのが、あの山形の誇る米沢牛。日本三大和牛の一つとされる米沢牛を高知で味わえるなんてありがたい話だ。という話をしながら暖簾をくぐり店内へ。
R0004829

店内は落ち着いた和風の造りで個室が中心。テーブル席と掘りごたつ席などあり、足を伸ばして食事を楽しむ事が出来て安心。ランチメニューをチェック。私は何を頼むか心に決めていきました。そのメニューは、ランチタイム人気1のぷるこぎ定食。一度食べてみたかったんだ。お義母さんも同じくぷるこぎ定食。奥さんは生姜焼き定食で勝負。
R0004830

焼肉ランチもあるんだと少し心が揺れる(^_^;)
チャーハンやビビンバも気になる所。
R0004833

しかし初志貫徹。
到着した、ぷるこぎ定食1210円税込みの雄姿に見惚れてしまう。さすが人気1ランチ。うまそうではないの(^O^)/
R0004845

ご飯は大中小を自分の体調によって選べ、少しダイエットを考え中を注文。昔だったら迷わず大と言っていたのにと代謝が良かった頃のことを懐かしく思い出す。でも中と云えどもけっこう量はアリ。
R0004847

お味噌汁。
R0004848

お漬物。
R0004850

そして、メインのぷるこぎである。
熱々の鉄板の上でジュージューと音を立て、食欲をそそる香りを湯気と共に盛大に立たせながらの登場であった。こいつは見るからにウマいこと間違い無しの逸品だ!
R0004852

日本三大和牛の一つである米沢牛の切り落としとたっぷり野菜。それを束ねるのが甘辛のタレ。熱々の鉄板の上で米沢牛と野菜をギュッとまとめ双方の美味さを引き出す甘辛ダレだ。ジュージューと肉と野菜の焼ける盛大な音、もうもうと上がる湯気と共に漂うガツンと食欲を刺激するこの匂い。ああ、もう我慢できない。
R0004854

パクリと一口。
めっちゃ、ご飯がススム君の味わい。
ああ、白米との相性も抜群だぜ(#^^#)
R0004861

なんと「焼肉ぷるこぎ」さんの定食系ランチはドリンク付き。コーヒーやジュース系もあるけど、今回は烏龍茶をお願いしました。
R0004841

奥さんの生姜焼き定食990円税込み。
R0004835

生姜焼きも、肉厚で生姜ダレもしゅんで、なかなかの味わいとのこと。
R0004839

今度、「焼肉ぷるこぎ」さんすぐ近くにある「にくのなかおか」さんで米沢牛を買ってねと奥さんにねだる私でした。
R0004863

週末ともなれば予約必須「焼肉ぷるこぎ」さんの人気1ランチ。さすがの貫禄でウマかったのです。
R0004851




Facebookはじめてみました。
アカウント Kouchide Nonbirito

Twitterもやってるよ
アカウント ふぉん7