お昼過ぎの事。
冬とは思えぬ春めいた風にふらり吹かれてやって来たのは高知市西部の町、塚ノ原界隈。高知商業のあたり。高知市立高知商業高等学校、高校野球などスポーツも盛んな学校で全国クラスの成績を誇る部活動も数多く高知の人は親しみを込めて市商と呼ぶ。
R0009439

近年は生徒会のラオス学校建設活動などのボランティア活動でも知られ、令和元年度外務大臣表彰を受賞されたのも大きなニュースとなった。
R0009437

さて、その市商を越え北へ向かう。
てくてく歩きお腹はペコペコ。
ストマックの中はすっからかんだ。
よしコンディションは整った。
R0009443

そうして空腹状態に自分を追い込み胃の中を空っぽにしてやって来たのは、密かに絶大な人気を誇る「幸園」さん。呼び名は「さちえん」さんでいいのかな(諸説あり)?先ほど前を通ってきた市商、前述したようにスポーツの盛んな高校の近くで、その部活動に励む運動部の生徒たちの食欲を長年に渡り満たし続けてきた名店である。
R0009416

店名 幸園
住所 高知市塚ノ原78-1
時間 11:00〜21:00
休日 月曜
R0009412

駐車場は店の裏に。
広めで安心。

カラリとドアを開けて店内へ。
長年の歴史を感じさせる街中華な親しみある雰囲気。カウンター席に小上がりのテーブル席。お昼時や放課後など多くのお客さんで賑わっているであろうという空気を感じるが、ランチタイムを外しているためゆっくりと座れた。カウンター席に着きメニューをチェック。
ん!?なんだ?
なんだかお値段がえらくお安くないか❓
R0009418

ラーメン350円から。麻婆丼や中華丼なども450円。一番高くて幸園定食が800円!麺類や丼物などのお値段はほぼ500円以内。名物五目焼き飯がわずかにワンコイン越えの550円。他の一品物もリーズナブルだ。
古き昭和時代の値段設定を思い起こさせるリーズナブルさ。もともと学生さんが多い店だけあって、お安いお店としても有名であったが、令和の世でもこの破格な金額で腹を満たせるなんて、とてもありがたいのだ。
R0009420

さてさて、何をいただこうか?
財布の心配をしなくていいと心が大きくなれる。
先日からちょっと私の中にオムライスブームが訪れているので、幸園さん名物のオムライス500円税込みを迷わず注文。少ししてやって来たオムライスを見て私は思わず呟いた。
で・デカくね(◎_◎;)
R0009427

そう、幸園さんは安いだけで有名な訳ではない。
デカいのでも有名なのだ!
近隣にあるスポーツで名を馳せる学校の運動部に所属する猛者達の胃袋を長年に渡り満たし続けてきたこの幸園さん。デカ盛りの聖地としても知られているのだ。
R0009424

分かりますか?
このオムライスの巨大さが!?
なんだか、これまで見てきたオムライスと明らかに違う質感。ナウシカに出てくるオウムのような存在感を発揮(そういえばナウシカ役等の有名作品の声を数多く演ぜられたレジェンドな声優であらせられる島本須美さんは市商のご出身。学生時代はこちらで食べられたこともあるのかしら?)。
R0009423

この驚愕すべきオムライス。
お値段なんと500円税込みのワンコイン。
デカい事、安い事にどうしても目は行きがちであるが、薄焼き玉子で作られるオムの巻き込み具合の美しさ。中に詰め込まれているであろうチキンライスを見事に巻いていて技術的にも優れていることが見て取れる。
R0009429

幸園さんのオムライスはデカい!安い!!そして、お味は?
熟練の技で巻きこまれたオムの中にはチキンライス。それもぎっしりと押し込められている。見た目以上にこのオムライスはボリュームあり。めっちゃ空腹にしてコンディションを整えてはいるが、食べきることはできるのか?わずかな不安を感じつつレンゲに取ってパクリといただく。うむ、チキンライスはやや甘め系。具は鶏肉がちょっとと少々サミシイがお値段を考えると具があるだけでも有難いことだ。ハードな運動を終えた空腹の若者にはちょうどいい味付けなのでは。
R0009435

時々休憩しつつ、このオムライスに挑む。
なぜ一人カウンターでデカ盛りチャレンジに挑戦しているのか?わからないが、そこにオムライスがある限り挑む。最後はヒーと言いながら完食(^▽^;)
R0009426

まだまだ私もやるもんだと自分を褒めたのであった(^O^)/




Facebookはじめてみました。
アカウント Kouchide Nonbirito

Twitterもやってるよ
アカウント ふぉん7