のんびりと高知で

高知でのんびり過ごしています。 お店の料金や時間などは行った時だから、現在と違う場合もありますのでご了承ください。60年代70年代のSFが好きなので時々このブログもSFになっている場合もあるかもしれませんのでお気を付けください。 ちくといろいろチャレンジ中で重くなってすまんス。 コメント・トラックバック等ちょっとと思うモノ迷惑がかかると思われるモノは消しちゃう事もあるのでご了承を。あと、無断転載禁止ということで文章や写真を使う時はメッセージ等で連絡くださいね。

カテゴリ: 高知そば

梅雨ですね。
毎日毎日雨。
それが梅雨というもの。
さて緊急事態宣言で寝かせていた記事をぼちぼちと。
季節がちょいと違ってきているのはご愛敬(^_^;)

それは春の日の事。
ふと思い立ち高知県西北部の町、梼原町へドライブがてらお出掛け。高知市から須崎まで高速そこからは国道197号線を安全運転でアバウト1時間半ほど。愛媛との県境に在る自然豊かな雲の上の町として知られる梼原へ到着。
R0011731

辿り着いたのはちょうどお昼前。
歴史豊かで情緒あるゆすはらの町を散策する前にランチをしようよと最初に立ち寄ったのは雲の上のホテル。瀟洒な建物が目を惹く。デザインは、かの新国立競技場の設計をされた事など多くの建築デザインで名を馳せる隈研吾氏。実は梼原町にはその隈研吾氏デザインの建物が数多くあり興味深いんだけど、その話はまた。人気のホテルで国内外から多くのお客さんが泊まりに来ているそうだけど、レストランも評判。さあホテルランチだ(^O^)/
IMG_4176

店名 雲の上のレストラン
住所 高知県高岡郡檮原町太郎川3799-3 雲の上のホテル
時間 11:00〜14:00 17:00〜21:00
(営業時間等いろいろ変更されている可能性もあるので訪れる場合は先に前に確認して下さいね)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

五月晴れの土佐道路を爽やかな初夏の風がさっと吹き抜けてゆく。
R0004978
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

うららかな春の日の事。
お蕎麦を食べたいという奥さんのリクエストに応じ香南市は香我美町方面へ足をのばす。そういえば「うららか」という言葉、調べると「空が晴れて日がのどかに照っている様子」という意の形容動詞で「春うらら」など春の日を表すことが多い用語であるが、山本リンダさんのあの名曲で歌われる「うらら う〜らら うら うら うらら」の「うらら」の用法はなんとなく春じゃなさそうな雰囲気である。どうなのか?いや、一種アレは春の激しい様相を表しているのでは?などと言った他愛もない会話を続けながら、のどかな春の田園地帯をゆっくりドライブ。
R0001305
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒューヒューと冬の風が師走の町に吹き荒ぶ。
というほど寒くはないんだけど、12月に入ると何だか焦燥感的な気持ちが湧いてくるのは何故?さて先日、来高した甥っ子と一緒に街へ出る。彼もいつの間にか二十歳を迎え一緒にお酒が飲めるようになった。時間が経つのはしみじみと早いと思う。さてさて、どこで飲もうかな?と思案しつつやって来たのは55番街入り口の湖月ビル。
IMG_8644

トントントンと階段を上がり二階へ。
そこに至福のお酒とお料理そして蕎麦が味わえる店がある。その店の名は湖月さん。
IMG_8615

店名 そばと酒 湖月
住所 高知市追手筋1-8-10 湖月ビル 2F
時間 11:30〜14:00 18:00〜2:00
休日 (昼)土、日、祝祭日  (夜)日曜、月曜、祝祭日
IMG_8646

夜のお蕎麦屋さんって大人な雰囲気が漂うよね。

IMG_8643

暖簾をくぐって店内へ。
カウンター席にテーブル席。奥には予約客用の桟敷席もあると聞く。4代続く老舗の蕎麦屋さん。こだわりの日本酒に蕎麦屋の肴。そして〆にお蕎麦。甥っ子に日本の粋を感じてもらおうかと考えてのチョイス。日本酒からのスタート。
IMG_8616

お通し。
洗練された味わいに舌鼓を打つ。
IMG_8619

生活の拠点は関西の甥っ子。
今までお盆や正月には帰って来ていたけど、数年後には社会人になる予定。そうなるとなかなか高知へ来れなくなっちゃうのか。その前に土佐のウマいものをと思いぶりぬた。これは高知在住の私も驚くウマさ。いや驚いちゃった。
IMG_8621

日本酒がすすんじゃうの。
二十歳の若者とガンガン飲む。
IMG_8623

何か好きなものある?と聞くと牡蠣とのこと。
それはいいねとオーダー。
これも絶品であった。
IMG_8625

あぶりイカをつまみにバカ話。
未来があるというのは素直にいいなと思う私。
IMG_8627

最後の〆は当然のもりそば。
IMG_8639

けっこう酔っちゃった身に冷たく絞められたお蕎麦がつるんと入った。
IMG_8641

ちょいと酔っちゃったから二次会にキャバクラ行こうよと誘うと冷静に断られた(^^;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

カラッと晴れ上がった青い空。
数日前とは明らかに違う熱を帯びた風が鏡川の上を吹き抜ける。
猛烈な暑さに噴き出した汗をぬぐいながら私はその暑さを歓迎する。
もしかして梅雨が上がったんじゃない!?
IMG_2603

こうしちゃいられないと新月橋を渡り上町へ自転車を走らせる。
IMG_2604

やって来たのは、そば処「唯」さん。
熱心なファンの方も多い上町の名店だ。
IMG_2606

店名 そば処 唯
住所 高知市上町5-7-25
電話 088-872-1536
時間 11:00〜14:30 17:00〜20:30
休日 月・第4日曜日

駐車場は店の向かい側に数台もお昼時は満車の事が多いので注意。
カウンターに座り期間限定メニューを熱心に吟味する。夏到来記念に今日は冷たいお蕎麦がいいな。冷やしきつねそばか?それとも冷やしたぬきそばか?少しおなかを減らしているからご飯モノも欲しい。そうだ!アサリのかきあげ丼とおそばのセットならお蕎麦がザルになるんじゃないんだろうか?ご主人に聞くと温かいお蕎麦と冷たいお蕎麦どちらも大丈夫とのこと。
IMG_2584

という事で、満を持してオーダーしたのはアサリのかきあげ丼とお蕎麦のセット900円だ(^O^)/
IMG_2587

ツヤツヤと光り輝くお蕎麦。
あったかいお蕎麦も好きだけど、この季節はやっぱ冷たいお蕎麦が恋しい。
IMG_2589

薬味。
IMG_2593

アサリのかきあげ丼から江戸前の粋を感じる。
IMG_2591

喉ごしの良いお蕎麦とアサリのうま味が感じられるかき揚げ丼。
いいバランスで美味しいねといただきました。
IMG_2594

さくらんぼのミニデザートがうれしい。
IMG_2595

電車通りのヒマワリは今年もすくすくと背を伸ばしていた。
IMG_2608
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ

%3$s’, esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( ‘ID’ ) ) ), esc_attr( sprintf( __( ‘View all posts by %s’, ‘twentytwelve’ ), get_the_author() ) ), get_the_author() ); print($author); ?>