スポーツ

中土佐町の小草ふれあい公園でパークゴルフを楽しむ

2016年03月05日06:00
春の暖かい日差しがふわりと射す週末。
奥さん仕事で私とカノンで一日遊ぶこととなりました。
「今日何するがで?」と聞くカノン。
ふっふっふ。いい質問だカノン。こんな日のためにずっと用意していたプランがあるんだ。と高速を西に走らせること30分ほどで中土佐町は久礼の町へ。そして久礼の町から黒潮本陣方面へ。
IMG_8317

その黒潮本陣入り口からほんの少し西へ行ったところへ今日の目的地、小草ふれあい公園へ到着。
IMG_8322

この小草ふれあい公園は2010年にオープンしたまだ比較的新しい公園。

2.3ヘクタールほどの広々とした公園で、青々とした芝生に覆われています。近くには海がありかすかに気配も感じます。そして、ここには18ホールのパークゴルフ場があるんです。ゆぅさんが訪れ遊んだ記事を読んで以来、ずっと行きたかった公園なのです。
IMG_8324

注意事項をチェック。
きちんと守ってマナーよく遊ぼうね。
IMG_8326

パークゴルフとは、1980年代北海道で「公園で幅広い年代の人ができるスポーツ」として生まれ、日本国内に1,200コース以上(想像より多いな)愛好者120万人を超える楽しいゴルフ的なスポーツなのだ。まずは受付のある管理棟へ行きます。
IMG_8329

施設名 小草ふれあい公園パークゴルフ場
住所 高知県高岡郡 中土佐町上ノ加江6684
電話 0889-40-1222
時間 9:00〜18:00(4〜9月) 9:00〜17:00(10〜3月)
休日 木曜日
IMG_2842

中の受付で利用料金を払い専用のクラブとボールをレンタルします。
ちなみに料金はプレー料金一日大人500円小学生250円それにボウルとクラブのレンタル料金100円それにバッチ100円で計大人700円子供450円。(プレーが終わりバッチを返却するとこの100円は戻ってくるよ)比較的リーズナブルに遊ぶことができそう。コースは何度プレイしてもいい様子だから遊ぼうと思わば一日この料金で遊べます。
IMG_2841

さっそくコースへでます。コースはゴルフ場の芝生管理を参考に手入れをしている、本格的なパークゴルフ場で美しい。公式ルールもあるけど、まぁあまり気にせず楽しむことに。
IMG_2843

ボールをセット。
コースの長さはそれほどでありません。
1ホールの距離は100mまで(9ホールで500m以内)とのこと。
IMG_2846

クラブよ。私の意志に応えてみせよ!
パッカァ〜ンとヒット(^O^)/
IMG_2847

何とかフェアウェイへ。
ラフへ入るとけっこう難しい。
IMG_2863

私の意志に応えてくれず(腕の問題がねw)あっち行ったりこっち行ったりでグリーンへ乗るまで数打かかったのは秘密(^_^;)
BlogPaint

グリーンに乗ったらこの穴へ入れるのだ。
本物のゴルフと違いクラブ一本で全てこなします。
IMG_2854

かっこよく慎重に狙ってパッティング。
IMG_2861

おしい!(^^)!
IMG_2862

さてさて次のホール。
IMG_2859

長いホールもあり曲がっているホールもありバラエティに富んだホールで楽しい。
IMG_2888

愛好者の方も多く楽しまれていて賑わっています。
時々休んで上級者には先に行ってもらいました。
理論上は一日遊び放題だけどほぼ2時間ほどで18ホールを回ったらちょっと疲れが出ちゃった。本格的なゴルフと比べ簡単で楽しく遊べるけど、うまくなろうとすると奥が深そう。調べたら高知県内に7つのコース。高知市内近辺では長浜とか香南市の河川敷とかにもあるよ。春休みにまた行こうねとカノンに言うと嬉しそうに「楽しみにしちゅうで」と言ってくれたことでした。(#^^#)

高知県 ブログランキングへ

トレスタ白山でスケート&うどんを楽しむ

2015年03月30日06:00
今年もやってきましたトレスタ白山。去年も来てスケートを楽しみました。今年はいとこ家族と一緒。大人数でワイワイ滑るの。高知からゆっくりドライブで2時間ちょっと。高松東インターを降りて香川大医学部脇の道を通り高松市から三木町、国道42号から10号を20分ほど。今年はカーナビを積んだ従姉弟の車の先導で迷わず来る事ができました。(じつは去年来た時、少し迷ったw)
IMG_7216

店名 トレスタ白山
住所 香川県木田郡三木町下高岡972−30
電話 087-898-8881
IMG_7361

うどん県香川にはうどんだけではなくスケート場もある。このトレスタ白山にあるスケートリンクはなんとアイスホッケーの国際規格である60m×30mの面積1800屬覆里澄なんと貸し靴の数もフィギアが1730足ホッケー40足スピード30足あわせて1800足。はじめにこの靴の数を見た時はこんなに入れるか!と思ったけど、キチンと入ったら1平方メートルに一人入る事ができるんだね(^_^;)他にも各種設備が整っているよ。
IMG_7363

今年の営業は4月19日まで。料金は大人1200円高校生1000円小中学生800円税込みだ。貸し靴は500円税込でサイズは15cmからあるそうだよ。
IMG_7364

調べたら割引などもあるかも。ちなみに隣の建物にはお風呂があってそこは入浴料600円の所スケートの後なら100円引きの500円で入ってサッパリする事ができるよ。その日はちょうど休日だったのでけっこうなお客さんが券売機に列をなしていました。
IMG_7218

無事にチケットをゲットしスケート靴をレンタル。靴について詳しくないが多分フィギア用なのだろう。サイズは普通の靴より1〜2cm大きめのものを選ぶのがコツ。
IMG_7220

この靴に装着されているブレードにしばし運命を預ける。
IMG_7221

とリンクに足を踏み入れるがけっこうな人でいっぱい。昨年は春休み期間とはいえ平日に行ったから大したことなかったけど、休日は賑わう様子。
IMG_7228

昨年転げ回った経験のあるカノンは颯爽と滑り出し速攻で転倒していたw
でも去年より確実にウマくなっている。
BlogPaint

いとこ達家族も楽しそうにみんなで手をつなぎながらスイスイ。
BlogPaint

今年は奥さんも滑る事に。靴をはきへっぴり腰で壁を頼りに氷上を歩いていました。リンクを半周ばかり歩いた所で奥さんは師匠をゲットする。その師匠はひかりちゃん。香川弁を達者にしゃべる5〜6歳の女の子。何とカノンよりも年下。壁につかまりながら歩く様子を見かねた様子でいろいろ教えてくれたそうです。
こけた回数だけ上手くなるのよとのこと(^_^;)
BlogPaint

1〜2時間滑った所でリンクの整備の時間。
BlogPaint

おお〜TVで見た事あるぞぉ〜
しかしホントにピカピカになるもんやね。
IMG_7301

さて整備の時間何をするか。
やっぱり腹ごしらえ。
エネルギーを補充してピカピカのリンクで滑るのだ!とやって来たフードコーナー。
BlogPaint

メニューをチェック。
隠れた逸品かけうどん350円で勝負でしょう!
IMG_7335

さすがうどん県のうどん。
寒くて腹が減っているという好条件もあり、おいしくいただけました。
好条件だけじゃなくコシも良かった記憶。
IMG_7337

カノンは久保田の肉まん。
って、香川にも進出しているんだ。
高知の名店久保田の県外発見にちょっとうれしくなる。
IMG_7338

そして整備終了。
ピカピカのリンクに足を踏み入れるとビックリするくらい滑りが違う。
結局その後も小一時間ほど楽しみリンクを後にするのでした。
IMG_7319

帰ろうとする時奥さんの師匠ひかりちゃんが寂しそうに来週も来る?と質問。
スマン(-_-)多分来年。
お風呂に入って汗を流しお昼にしようかとトレスタ白山を後にする私たちでした。

次回わら屋で家族うどん

高知県 ブログランキングへ

トレスタ白山でスケート

2014年04月18日06:30
やって来ましたトレスタ白山。
高知を出てアバウト2時間少々。高松東インターで降りて香川大医学部脇の道を通り高松市から三木町、国道42号から10号を20分ほどドライブすると来る事ができます。
IMG_2952

店名 トレスタ白山
住所 香川県木田郡三木町下高岡972−30
電話 087-898-8881
IMG_2883

なぜ、このトレスタ白山へやって来たのか?
今年はソチオリンピックがありました。羽生君の金メダルや真央ちゃんの勇気あふれる滑りに感動。カノンも食い入るようにTVをにらみつけながらフィギアに没頭。そしてポツリとつぶやきました。「かっこえいね」そして「わたしにもできるがやないろうか」いや、絶対無理だと思うw「でも、やってみたいが!」ゆぅさんがスケートをした記事を読んでうらやましかった記憶もあり、今年のカノンの誕生日プレゼントは思い出作りという事で春休みに行こうと計画したのでした。
IMG_2887

オープン時間に着いたんですが、けっこうお客さんが入って行きます。近くにリンクがある環境ってうらやましい。ちなみに私のスケートは人生3度目。たぶん四半世紀ぶり。
IMG_2888

スケート利用料は大人1000円小学生600円(そのシーズン)で貸靴1足500円。
IMG_2889

いつもの靴のサイズより1cmほど大きめの靴を選ぶのがいいよとのこと。ということで靴をレンタル。
IMG_2891

ふ〜んスケートの下の刃って、こんなんなんだ。
IMG_2895

安全のためにヘルメットも借ります(無料)。
IMG_2898

さて、この扉の向こうには氷の世界が待っている!
IMG_2899

と扉を開けるとスケートリンク。外は春の日差しで温かいがこの場所は冷たい。靴をはきメットをかぶり準備をします。
BlogPaint

当り前だけどリンクの中は氷。
328

こけたら痛いんやろうなぁ〜など少々マイナス思考で恐る恐る足を氷に踏み入れ一歩踏み出す。ずるりと滑りいきなりの転倒。少々恥ずかしく苦笑いしながら立ち上がる。カノンは大笑いだが、カノンも足を踏み入れた途端すってんころりん。
IMG_2904

リンクの中央部ではフィギアをやっているであろう少女が軽やかに滑りジャンプしたりスピンしたり。すげーカッコいい♪
342

カノンは予想通りスコンスコンと転げ回っている。そしてパパ手をつないでとお願いされるも私も助ける余裕はないwしかし二人ともちょっとずつコツをつかみ滑る事ができるように。自分ではカッチョよく滑っているつもりだけど、後でビデオを見たら、スゲーへっぴり腰で恥ずかしいwwカノンは楽しいらしくとてもいい笑顔。
399

そしてだんだん慣れてうまく滑れるようになったと思った時、スコーンと転倒。油断大敵。ケガでもして仕事に穴をあけたらマズイので、後はのんびり安全走行。カノンも転びまわった甲斐があり、とりあえず氷上を歩けるようになりました。
途中休憩しながら2時間ほど滑った所で、けっこう疲れたね、そろそろいいかなと靴を返しに行くとトレスタ白山の入浴券が100円引き。おお、こいつはありがたい。お風呂を浴びて帰る事にしました。露店からの景色も素晴らしいいいお風呂だったよ。
IMG_2951

風呂を浴び、おなかも空いたし今度こそうどん食べたいねと言いつつトレスタ白山を後にするのでした。

高知県 ブログランキングへ

鏡川の貸しボートを漕ぐ

2013年09月16日06:30
夕刻。カノンに付き合って自転車トレーニング。鏡川をチリンチリンと天神橋方面へ走ります。正直カノンの運転はまだまだだけど、とりあえずまっすぐ走る分には転倒しなくなってきました。天神橋のたもとへ着いて少し休憩。さて引き返そうかな。
カノンが天神橋のすぐ脇に立っている建物を見て言いました。
IMG_7033

「ねぇこれって貸しボートって書いちゅうがやない?」
え?マジで?
いやカノンが漢字を読んだから驚いたわけでなく、貸しボート屋さんがある事に驚いたのです。たしか今を去る昭和時代。この天神橋界隈には数軒の貸しボート屋さんが営業していました。彼女とボートに乗って鏡川をゆっくりとデートというのが定番。少年の心に、ちょっと(いや、かなり)やってみたいなと思いつつも大人になった平成の頃には、いつの間にやら無くなっていたのでは。
いつしか営業を再開されている様子です。
IMG_7030

営業している様子でカノンと話している私達におんちゃんが話しかけてきました。
「一時間1000円やけど、乗るかえ?」
IMG_7032

いや・・・私ボートなんて漕げるかどうか自信が(-_-;)
「乗ろうよ」カノンがキラキラした目で私をみます。
ええぃ乗ったら何とかなるやろ!
IMG_7034

鏡川にボートを下ろし、グラグラと揺れる艇におっかなびっくりと乗船。時間と料金を再確認してスタート。
IMG_7040

当然、はじめはまっすぐ進みません(;一_一)
IMG_7036

でも少ししたらコツをつかんで思う方向へ進むようになりました。
川面を流れる風は涼しいけどオールを握る私は汗だく(^_^;)
カノンは川の中に魚がおるなど喜んでいます。
IMG_7046

ちょっと橋の下をくぐってみようか。
カノンは下から見上げる欄干に大はしゃぎ。
IMG_7054

天神橋下流へ少し行ってみます。
IMG_7056

左手方面には料亭など。
IMG_7060

右手方面には大人の休憩所など。
あ、一台入った。。。
IMG_7061

あまり下流へ行っちゃうと戻る時にしんどいから体力あるうちに上流へ戻ります。
ガツンと力を入れて漕がずにスムーズにオールが回転するように心がけました。
IMG_7067

鏡川もけっこう広いね。
IMG_7073

けっこう時間が経つのが早く少し余裕を持って船着き場へ戻る私たちでした。
IMG_7077

一時間という範囲で頑張ったら鏡川大橋あたりまで行って帰って来る事はできるかな?なかなか楽しかったです。少しカヌーとかやってもいいなと思いつつ今朝起きると胸と上腕の筋肉に痛みを感じる私でした。

高知県 ブログランキングへ

ソルファ・オダスキーゲレンデでスキーを楽しむ。その2

2013年01月20日06:30
お昼を食べてゲレンデに戻る。
私も久々だがこちらもかなり久々の奥さんも靴がもう一つ合わずに痛む様子。心配。
スクール生もインストラクターの先生の元に集まりました。
いよいよゲレンデデビュー。
IMG_7778

ということで、まずは右下のファミリーコースへ。
(ちなみに学生時代に私が属していたビミョーな体育系サークルは初心者だろうが構わず上級者コースへ放り込み涙目を楽しむという悪い風習がありました。当時修学旅行でしかスキーをした事のない私は崖のようなコースに涙目で立ち向かった事です。そして上級生になるとその涙目を楽しむ)
リフト場へ着きグルングルンとリフトが二人もしくは一人を乗せて待っているスキーヤーやボーダーをゲレンデ上部へ運びます。そして私達の順番が近付く頃「私ね高いとこ、嫌いながやき」とカノンが怯え出しました。
IMG_7868

「パパが付いちゅうき大丈夫」と根拠のない発言でとりあえず安心させようとします。そして私たち親子のリフトデビュー。
IMG_7870

ゲレンデを横にリフトは空中を舞います。その下の横をスキーヤーやボーダーが滑ってゆきます。私がスキーを楽しんでいたのは20数年前。その頃にはいなかったボーダーの動きを興味深く見ます。ちくと面白そうやなぁ〜今度やってみようかな。
IMG_7877

また、その頃のゲレンデにはあういうトリックするアイテムはあまり見かけてないよな。時々挑んでいる人達を見ます。あれは私には危なそうだからやめちょこ。
IMG_7885

そしてリフトはもうすぐ終着点。カノンは高い所と今から降りるプレッシャーに涙目。ガタンとリフトが揺れるたびにヒーと言いシクシク。いよいよ降り口。キンチョーの一瞬。恐怖で身体がこわばり意思に関係なくこけそうになるけど、私がしっかりと身体を支えて無事にリフト成功。笑顔が見えます。
が、なぜか奥さんが後ろで前のめりに転倒。リフトを停めていましたw
IMG_7889

さて、いよいよ白銀のゲレンデ。開放感もあり、なだらかなコースで滑りやすそう。これなら初級者でも安心だね。
IMG_7893

華麗にシュプールを描こうと思いましたが、まずはカノンの練習にお付き合い。先生と一緒に滑る姿を観察。丁寧に教えてもらっています。カノン、ファイトなのだ!
IMG_7921

みんなも悪戦苦闘中。でも、みるみるうちに滑れるようになります。気持ち良さそう。
IMG_7916

カノンはインストラクターの先生に任せて私は少し自由を得ます。若い頃はそこそこスキーを楽しんだとはいえ、この20年で3回目ほど。最後に滑ったのは10年ほど前。滑れるか正直不安だったけど、まだ体が覚えていてくれて何とかスイスイと滑る事ができました。うん、楽しい。1時間ほど滑った所で疲れたと奥さんとカノンはスキーを脱ぎます。私はもう少し楽しもうか。
ということで、このソルファオダスキーゲレンデの目玉とも言うべきコース、全長1200m、四国最長のアイデイアルコースに挑む事にして、今まで滑っていたコースを外れ高速ペアリフトに乗り込みます。
IMG_7927

今までの初級者向けファミリーコースと明らかに斜度が違います。滑っている人達も明らかに姿勢がよい。
IMG_7931

四国最長約1000mのリフトで山頂を目指します。
IMG_7940

下から見る事の出来なかったコースは思ったよりハードそう。これはしくったかなと少々不安に思う。
IMG_7946

もうすぐ山頂。さすが四国最長のリフト。長い。
IMG_7950

リフトから降りると景色が変わっていました。雪質も良くなりパウダー状。
IMG_7952

しばし雄大な風景を楽しみます。石鎚山松山平野四国カルストの大パノラマを堪能。
IMG_7953

しかしゲレンデの滑降コースへ近付き下を見るとまた怖くなります。あの駐車場あたりまで滑らないかんのかw怪我でもして仕事に穴開けたらマズイよな。見た感じ斜度は最大で20%ほど。こぶこぶはコースを選べば避ける事は出来そう。でも周囲のスキーヤーボーダーが私とは比べ物にならないくらいの上級者に見えて怖じてしまいます。私の腕(いや足か)で無事に下る事は出来るのか?
でも度胸一発。GO(^O^)/
IMG_7955

思ったより楽しく滑る事ができました。私が滑っていた時にはあまり普及してなかったカービングスキー。長細い好きと違い記憶よりスッと足が上がりターンもできる。華麗なシュプールというには程遠いけど、転倒もせず怪我もせずに無事帰還。缶コーヒーがウマい。
IMG_7967

自分的にチャレンジして気がすんだのでファミリーコースへ戻り数本滑るとそろそろ集合予定の時刻。楽しかった♪
IMG_7968

鎌倉を作って楽しむ人達もいました。
IMG_7970

着替えて帰る前に一応ラーメン。
IMG_7990

多くは語るまい。
IMG_7992

帰りの車の中、最初はみんな興奮して今日の出来事をわいわいと騒ぎながらしゃべっていた子供達や奥さんもいつの間にかすやすやと寝ています。私は運転してくださっているインストラクターの先生といろんな話をする事ができました。なかなか含蓄深い話を聞けて良かった。
そしてトイレ休憩のドライブイン引地橋。もう営業は終わった様子。いつの間にか日はどっぷり暮れて夕刻となっていました。
IMG_7995

カノンはこの一日を楽しむ事ができたかな?聞くとまたスキーしたいとのこと。今シーズンはちょっと厳しいけど、来シーズンも行って楽しんでみようと思います。私はボードにチャレンジもありか?

高知県 ブログランキングへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
QRコード
QRコード
ブログランキングはじめてみました
最新コメント
楽天市場
最新トラックバック
ラーメン二星 (にゃお吉の高知競馬☆応援写真日記+α(高知の美味しいお店))
ラーメン二星で朝ラーメン
連絡先
月別アーカイブ
%3$s’, esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( ‘ID’ ) ) ), esc_attr( sprintf( __( ‘View all posts by %s’, ‘twentytwelve’ ), get_the_author() ) ), get_the_author() ); print($author); ?>