のんびりと高知で

高知でのんびり過ごしています。 お店の料金や時間などは行った時だから、現在と違う場合もありますのでご了承ください。60年代70年代のSFが好きなので時々このブログもSFになっている場合もあるかもしれませんのでお気を付けください。 ちくといろいろチャレンジ中で重くなってすまんス。 コメント・トラックバック等ちょっとと思うモノ迷惑がかかると思われるモノは消しちゃう事もあるのでご了承を。あと、無断転載禁止ということで文章や写真を使う時はメッセージ等で連絡くださいね。

カテゴリ: 読書

全国の天文ファンの皆さま。
2018年1月31日の今夜、待ちに待った天文ショーが見られます。
その天文ショーとは皆既月食(^O^)/
なんと三年ぶりのお出まし。
うれしくなって、生まれて初めて天文系の雑誌まで買って待ってます。
IMG_0951

今夜の月食は比較的観察しやすい時間帯に発生するからありがたい。去年の夏に起こった部分月食は朝方の午前3時台という非常にキビシイ時間帯だった。何とか起き出して撮影をしたものの眠くて設定も何も考える余裕がなく残念な結果になった記憶(-_-;)
IMG_1024

ということで、月食が始まる前に予習をしておこう!
まず今夜1月31日のの月さんのスケジュールから。
部分食(月の欠けはじめ)は20時48分ごろ。
完全に月が地球の影に隠れる皆既月食は21時51分ごろ。そしてピークと思われる食の最大は22時29分から30分ころで、皆既月食の終わりは23時08分ころとのこと。なんと皆既月食の継続時間は1時間以上続くのだ!私、天文の世界には詳しくないがかなりありがたいことな様子。次回の皆既月食は7月の28日にあるそうだけど、明け方なので条件がよろしくないんだそうだ。
さて次は、月食撮影の準備だね。
ネットをググって調べてみる。
何々?
>1)アップで撮るには1000mm程度の焦点距離が欲しい
無理っす"(-""-)"そんなレンズ買うお金ありません。
という事で、とりあえず出来そうな準備を。
まずはカメラ。
望遠レンズ。
三脚。
レリーズかリモコン。
そして一番大事なのが、しっかりとした防寒着(^▽^;)比較的観察しやすい時間帯とはいえメッチャ冷えることが予想されるからこれは必須。カメラはある。望遠レンズもショボいのがある。三脚も安物だけど持ってる。レリーズはどこに仕舞ったか?探さなきゃ。
次はロケ地。
インスタ映えする月食の写真をゲットするためには事前に月の軌道とか把握して背景にもこだわりたい。月の軌道などをシュミレートしてくれるアプリとかいろいろある様子だから気になる人はチェックを。ちなみに私も一つダウンロードしたけど使い方がよくわからない(>_<)高知城あたりを背景に撮影してみたい気持ちはあるけど、寒いからうちのベランダからの撮影になりそう。
そしてカメラの設定だけど、これは記事によって千差万別。
とりあえず満月の基本設定である(これも諸説あるけど)F8iso400ss1/800からセットして自分好みの設定に調整し月が欠けてゆく毎にシャッタースピードを長くしていく方向でチャレンジしようと思っています。
細かいことを言い出したら、まだまだいっぱい準備することはあるだろうけど、最後に一番大事なものを。それはテルテル坊主。どんなに準備しても曇ったり雨が降ったりしたらお月さまは見ることができません。お願い。今夜は晴れて!
という事で皆さまもテルテル坊主の用意をお願いしますね(^_^;)
IMG_1776

やっぱ望遠レンズほしいな






残念ながら高知市周辺は厚い雲に覆われ、皆既月食を観察することはできませんでした。残念(>_<)
次回7月28日リベンジやで!
このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨はまだまだあける様子を見せず毎日毎日しとしとと雨が降る。お一人様休日だったその日。朝からザンザカと雨が降っていた。いつもならプシューッと空気が抜けるようにテンションが下がっちゃう所だけど、今日は大丈夫。こんな日がやって来ると想定して準備していたんだ。ということで、奥さんとカノンがお仕事や学校へ出たあと、いそいそと本棚から取り出した本はこれ、「僕のジロ・デ・イタリア」プロロードレーサーとして活躍されている 山本元喜 選手著の自転車本だ。
IMG_2416

ちなみに数日前に発売されたばかり。
近所の本屋さんで見つけられない場合はこちらから。
スポンサードリンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕のジロ・デ・イタリア [ 山本元喜 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/7/8時点)




実を言うと私は自転車のロードレースが大好きでスカパーに加入しロードレースを熱心に見ている。昔はロードレーサーに乗って(遅いけど)峠を攻めたりするのも好きだったが、ここ数年は見るばかりだ。そして、おもにヨーロッパを主戦場とする自転車ロードレースの世界で数人の日本人が頑張って活躍しています。別府選手や新城選手などトップカテゴリーで活躍する選手は知っておられる人も多いと思いますが、そのレジェンドクラスの彼らに続けと多くの若者が自転車の乗って頑張っています。著者の山本元喜選手もその一人。昨年、世界三大グランツールの一つ、ジロデイタリアを完走するという快挙を達せられました。ふ〜ん完走なんて思う人もいるかもしれない。でもホントにこれはすごい事なんだ!世界で最も過酷なスポーツとも言われる自転車ロードレース。その中でも世界最高峰のレースの一つに挙げられるジロデイタリア。そのレースに参加できるだけでもすごい事で地元イタリアでも出場したことを孫に自慢できるクラス。総合優勝を目指す選手はこのレースにかけて年間スケジュールを調整し出場してくる。区間優勝したりマリアローザを着たりした選手はけっこうなベテランクラスの選手でも小さい頃からの夢がかなったと感涙にむせぶほどのレース。
そのジロデイタリアに山本元喜選手が挑んだ。
スカパーで放送を見ながら興奮したことです。
今年は放送局が変わり観戦できず残念(ToT)
来年はなんとか!
そして昨年のジロの様子を本にして待望の出版。
好きな人はぜひ読んで見て下さい。
雨の音が聞こえる部屋で佳境に入りつつあるツールを見ながらの読書。久しぶりにロードレーサーに乗りたいなと思ったけど、雨なんだよなぁ〜

山本元喜選手のブログはこちら。
http://genkibicycle.jp/
このブログもめっちゃ面白い。
何気に文章が上手い。
応援してますよぉ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ

%3$s’, esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( ‘ID’ ) ) ), esc_attr( sprintf( __( ‘View all posts by %s’, ‘twentytwelve’ ), get_the_author() ) ), get_the_author() ); print($author); ?>