2005年06月09日

姫路市互助会改革案骨格出る 職員互助会への公費1/4に 投入の割合、明確化

姫路市は職員互助会への公費負担の見直しの骨格を発表しました。
ヤミ退職金と非難を浴びている「退職生業資金」を廃止し、職員の掛金のみで運用する退会給付金に改め、大幅に給付を削減しました。
更に各種給付についても多くの廃止を決めました。廃止した中には大阪府市町村職員互助会にもある入学祝い金 小学校5万円、中学校5万円、高校6万円も廃止されました。
更に市の広報誌などを利用して、市から互助会への公金の支出額などを公開する方向で検討していることを明らかにしました。
この件は私が市に互助会の決算や予算が議会に全く報告されないのは問題だと質しましたが、市は互助会は報告の対象ではないとして受け入れませんでした。市民への情報公開の重要性を全く考えない市の体質が露呈したものです。
 
何れにしても互助会を中心とする職員厚遇問題は市政を預かる立場にとって(議会も含め)避けて通れない問題となっています。
和泉市も早く目を覚ましてもらいたいものです。間もなく私の住民監査請求に対する監査結果が出ます。市民の皆様も注目してください。
 

 


masako_hiroba at 11:21コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ