2005年06月11日

大阪府の市町村職員互助会、「ヤミ退職金」見直しへ

いよいよ大阪府市町村職員互助会もヤミ退職金の見直しに着手しました。
近く弁護士らを交えた検討委員会を設置、今夏中に結論を出すようです。最早ヤミ退職金は多くの自治体で廃止、見直しが相次ぎ存続し得ないことは明らかとなりつつあります。
今回の検討には退会給付金と同時に生業資金についてもメスを入れて貰いたいものです。
仮に廃止が決まった時は現在保有している退会給付金の責任準備金519億円の内その他の給付に必要なものを除いた残額を会費分は会員に返還、自治体補給分は自治体に返還すべきと考えます。
生業資金についても458億円の預かり基金は同様の処理が必要と考えます。
 
これらが実施されると既に退職し給付を受けた人と、在会している人に大きな格差が生じますが、制度変更に伴うものでやむを得ないと考えます。
 
かりにも格差是正のため自治体補給分も会員に返還するような事になると、自治体補給分は実質給与に該当し、給与条例主義違反することになります。
現実に兵庫県高砂市で同市職員互助会が退職生業資金制度廃止に伴い02年度当初に還付された総額約5億5900万円のうち、市の支出分とする総額約3億3500万円は、給与条例に基づかない不当な公費の支出として返還を求める住民監査請求が出ています。
 

 


masako_hiroba at 07:45コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ