2005年07月13日

監査結果を伝える地域コミュニティー紙

大阪府市町村職員互助会の退会給付金の支給を違法として起こしていた住民監査請求に対する監査結果が堺市、大阪狭山市、和泉市で出ました。
 
それを地域コミュニティー紙が報じています。
堺市、大阪狭山市は棄却の結果で、殆ど監査結果の内容が同じで、監査委員事務局が関係部局の意見をそのまま監査結果の案とし、委員らにそれを示してハンコをもらったようだと報じています。
 
一方私が請求しました和泉市では意見が分かれました。
自民党系の市会議員が務める監査委員が
「退会給付金は実質的な給与で、職員の"適正な福利"からかけ離れており、違法支出だ」とし、市長や収入役らは損害(違法支出分)を補てんするか、互助会に返還させるよう求めた。
と報じています。
勇気ある監査に敬意を表します。
 


masako_hiroba at 13:07コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ